モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

遠足初参加でした!

2017-03-29 21:00:45 | 小学生 イベント


水曜クラス担当の黒羽です。動物園に行ったのは何年ぶりだろうか。遠足の前にふとそう思いました。
3月28日に小学生遠足に行ってまいりました。
コースは元住吉に集合して電車で移動し、野毛山動物園に行き、スケッチをします。その後動物園で昼食をとり、横浜美術館に移動し電車に乗って元住吉に帰ってくるというコースです。
僕がミオスで生徒さん達に教えて初めての遠足だったので、僕が一番の初心者です(笑)
 
動物園では動く動物達に悪銭苦闘しながら絵を描いていました。普段は図鑑や参考になる絵、動かないモチーフを見て作品を作っているので、やはり生の動物を描くのは大変なようで、「あー!こっちみてよー」と動物達に話かけていたのがなんとも印象的でした。
動く動物をうまく描けない子でも安心のミオスの秘密兵器「動物の描き方プリント」を見ながら一生懸命描いていました。
 
左上から 駿先輩(高1) / 真彩先輩(中1) / なつめ先輩(中2)
下段左から 喜一先輩(中2) / りな先輩(高2) の作品紹介の様子 

美術館では中学、高校の先輩達が絵の説明をしてくれて、それを一生懸命に聞いていました。
絵の感じ方は人それぞれですが、意外と「自分はこう感じた」という生の声を聞けるのはなかなか無い事なのでみんなにとってもいい経験になったのかなと思います。
美術館には日本画から立体物、部屋全体をつかった空間作品まであり、子供達にとっても刺激的な一日だったと思います。
 
行儀良さでは定評のあるミオスの子ども達!きちんと整列して移動します↑w

引率する側としては道中の車が一番怖いのでスタッフ側できちんと声を掛け合い引率しました。子供達も言うことを聞いて道の邪魔にならないように意識的に歩いていました。
(そして車の危険がないところでは、意識的に?弾けていました!)

泣き出す子も具合悪くなる子も喧嘩する子もなく、みんな(僕を含めて)笑顔で楽しむ刺激的な「非日常」だったと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小学生遠足、行って来ました!(学生引率編)

2017-03-28 20:58:43 | 小学生 イベント

宙紀です。4歳の時から生徒として参加した遠足が8回、中高生の学生クラス先輩ボランティアとしての参加が5回、大学生になって今回2年ぶりのアトリエ遠足への参加で、初めて先生として引率であった為、緊張したと共に「今日の遠足を最高に楽しい思い出にしてあげたい!」と言う強い思いで1日やらさせていただきました。
今回先生としての立場から子ども達を見て、学生と言う立場以上に責任感があり自分が今やっている事が正しいのか困惑することがありましたが、1日終えて解散の時に引率した子ども達の顔を見ると今日1日出来る限りの事は出来たのではと感じています。
反省する点はありますが子ども達には楽しい思い出を作る1つの要素になれたと感じています。
関わらせていただきありがとうございました。

高校2年のりなです。今日は久々に小学生とお菓子交換をしました。小さい頃に行った遠足ってこんな感じだったな~など思うととても新鮮でした。動物園でも美術館でもそうですが、子供達と同じくらい楽しく過ごさせていただいて、今回は学生ボランティアなのにこんなに楽しんでよかったのかと不安になるくらい楽しかったです。最初は小学生7人も担当して目的地まで連れて行けるかとても不安でしたが、どうにかなって良かったです。それでも今回はしっかりしてる後輩のなつめちゃんがいたので、どうにかなった部分も大きく、次はもっとしっかりしないといけないなと反省しました。

高1の駿です。アトリエの遠足は自分も小学生の頃さんざん参加しましたし、中学生になってからも毎年欠かさず学生ボランティアに参加していた為、引率には慣れていたので今回も楽しく参加させて頂きました。
今年は人数少なく程よく皆でワイワイ楽しんでもらえたと思います。自分自身、美術館も久しぶりに行ってとても有意義な時間を過ごせました。作品紹介のプレゼンも、学校で『自分のアピールポイントばかり押し出しても、他人には響かない。客観的な言葉で総合的に話さなくてはならない。』と習っていたので、できるだけ冷静に話すことを心掛け、小学生相手に作品の魅力を充分伝える事ができたのではないかと思います。
来年は受験に向けて忙しくなり参加しにくくなるので、最後の思い出のつもりで存分に楽しめました。

 

中2のなつめです。今までは参加する側で、引率側に回るのは今年が初めてでした。自分から積極的に動いて、工夫して小学生に接していかないと興味を持ってもらえなくて、普段そういう風に小学生と一緒にいる機会なんてないので、そこを自分で考えていくのが難しかったです。
いままでもボランティアとして(?)様々なワークショップをお手伝いさせていただいていて、そこでの経験を少しでも活かせたらいいな、と遠足前は考えていたのですが、実際に相手をしているとそんなことを考える暇もないほど忙しかったです(笑)
自分が何て話しかければいいかわからなくて黙ってしまったりした時に、小4の子が話しかけてくれて、他の子もそれに乗って話しかけてくれたのがすごく嬉しかったです。
また、学生は小学生に美術館に展示してある作品のプレゼンをしました。自分が好きな絵を見つけたはいいものも、その好きなところをどうやって伝えたらいいのか、自分の番までずっと悩んでいました。皆に伝わる言い方を心がけたつもりでしたが、ちゃんと伝わったのかどうか…(苦笑)
私が至らない点も多くありましたが、すごく楽しい遠足でした。反省したり、小学生に教えられたりする点も多く、とても勉強になりました。今日はありがとうございました!

中2の喜一です。今回は何年も通っている身でありながら初めての遠足ボランティアであまり自信がなくましてや低学年の担当とは死ぬかと思いました。幼児との接触に苦手意識は無かったかものの子供たちのはしゃぎ様が予想以上で先生たちには迷惑をかけてしまったと思いました。また、先生たちの指示の意図が理解できずに行動に支障を招きかねないことをしてしまったのが今回の反省点です。ニアミスは何点かあったものの電車内でのトークやお弁当を食べている時間など、子供たちへの配慮はできていたと感じました。

中1の真彩です。初めて引率の身として参加させて頂き、今まで先生や先輩達に、こんなにお世話になっていたんだなと思いました。
具体的に言えば、小学校低学年の子と私の会話のキャッチボールが全くなりたたない為、どちらかがなぁなぁになって話が終わってしまったり、どこの道へ行くのか全くわからなかったりと、色々と大変でした。
また世話をしていたというより、世話になっていた部分もあり、中学生としてこれで良いのか?とも思いましたが、無事に皆遠足に参加できて良かったと思ってます。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遠足下見してきました!

2017-03-20 22:21:05 | 小学生 イベント


さて、来週は小学生・幼児クラスと二日連続で動物園に遠足です!
小学生は野毛山動物園・幼児は夢見ヶ崎動物園と行先は違いますが、下見に行ってみるとどちらも鳥インフルエンザの影響で、公開されている動物の種類が半分ほどに減らされていましたので、今年は動物の特徴の捉え方・描き方を簡単にまとめたプリントを作り、参加者にレクチャーした後スケッチしてもらうことにします。骨格や習性からしっかり学べば、見ないでリアルに描くこともできるようになりますので、参加予定の皆さんは期待していて下さいね!
ちなみに一番右は、小学生の遠足で行く横浜美術館の展示作品(丸山晩霞)。水彩で自然に向き合い映した風景、庭園や植物などを描いた絵が集められています。お弁当を食べて走り回って遊んだ後は、心静かに鑑賞しましょう!今から遠足が楽しみでならないオバラでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東住吉フェスティバル!

2016-11-18 23:06:12 | 小学生 イベント

こんばんは、大竹です。先週の土曜日に松井先生と共に東住吉小学校で行われる東住吉フェスティバルに参加しました!アトリエミオスは過去にもフェルト工作パフェ作りで出張授業をしています。そして今回はハロウィンでも活躍したブラックライトを使用し、暗闇の中でモンスターハウスを作るというワークショップを行いました!ブラックライトで発光する蛍光紙やペンを使い、暗闇の中でも工作が出来るようにしました。

部屋に入るとまずいつも勉学に励んでいる教室の変化に驚き!そして自分が身につけてるものや教室で光っているもの探しが始まり…席に着いてからは、蛍光紙を切り貼りして一人一人違った姿のモンスターを作って行きます。口の切り方や目の形など、自由に作れる部分を多くしていたので同じ顔は一つとしてない奇妙なモンスター達が沢山生まれていきました。私たちは紙の切れ端などはゴミとして処理していたのですが、ある子は角のようにくっつけたり目玉をもう一つ作ったりしていて、松井先生とこれが日本人のもったいない精神…!と感動すると共にお互いの発想力の乏しさを反省致しました。最後には教室中央にある光るお城の周りにモンスターハウスを並べて城下町を作りました!一コマ30分で4回行いましたが、それぞれの回によって街の様子が全く違っていました。

知らない先生が来ていることへの緊張もあった為か、皆静かに説明を聞いてくれたのでアトリエの時のように頭突きや突進をされる心配もなく進行する事が出来ました。ちなみに東住吉小学校は松井先生の母校でもありました。準備中には全然変わってなーい!!でもトイレはメチャクチャ綺麗になってるー!!とはしゃぐ松井先生の姿がありました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もうクリスマスです。

2016-11-07 20:52:28 | 小学生 イベント

クリスマス会・食べられる工作 2016年の見本

どうも幸介です!!展覧会とハロウィンと立て続けのイベントごとで、あたふたしている間に気付けばもう冬。来月にはクリスマスですね。ちょうどミオスのビルの外装工事中ですので、いつものように階段下には展示できていないのですが、階段途中の出窓の部分にありました「クリスマス会の見本」は皆様すでにご覧になりましたでしょうか??

画像の通り、今年のテーマは「サンタクロース」です!!スポンジケーキのソリにマシュマロのサンタ、チョコ棒とポッキーのトナカイ!!ソリの中には、いろいろお菓子を詰め込めるよう、スペースも確保できている作りになっています。…そしてもうこのクリスマスのケーキ見本作りも何年目になるのでしょうか…

クリスマスのお菓子についても、ここ3年ぐらいで書きつくした感がありまして、自分は今までどんな文章を書いていたのだろう。と今までのブログを遡ってみたのですが、だいたい「例年よりも飾付けの自由度が高そう!」とか「お手軽・かつ強固!今年は壊れにくい!」とか「今年は見た目も味も良い!」とか、なんかもうボジョレーヌーボーの謳い文句のような無理矢理レコメンド(笑)当たり障りのない推薦文に、食傷気味になってしまいました。

あーだこーだ書くのも違うかな、ということで、今年のケーキについてシンプルに書きたいと思います。
 
・ソリとトナカイなので、例年よりも少し大きなサイズになる可能性あり。
 ・トナカイは基本チョコなので味の統一感あります(サンタとソリの味はご想像にお任せします)
 ・ソリとトナカイの組み立てに少しコツがあります。先生と一緒に作りましょう。
 ・ベースの組み立てに時間を割かずに、今年は飾付けに時間を割けそうです。
 ・時間はありそうなので、ガンガン派手に飾付けしましょう!!

てなわけでクリスマス会、どうぞお楽しみにしていて下さいませー!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美術館に飾られています!

2015-11-20 22:30:28 | 小学生 イベント

第5回 キッズTARO展

「なんだ、これは!」と、1ヶ月程前に何度もこのブログで聞かれていましたが、(記事はこちら)とうとう美術館に飾られました!
美しい美術館の壁を飾る、ミオス【おやこクラス】【幼児クラス】【小学生クラス】の子どもたちの作品群。益々カッコ良く見えてしまって、目を見張ってしまいました!素晴らしい!誇らしい!
(と言いつつ、「あれ?なんかうちの子達の作品以外、出品少なくない?」が本音。うちが100枚近く出品しなかったら、寂しかったんでない?まぁ、貸し切りみたいでいいんですけど。)
観覧料は無料ですので、ぜひ多くの皆様に足をお運び頂ければ嬉しいです!
以下、川崎市岡本太郎美術館HPより抜粋

常に現実と対峙し、自分の信念を貫き、作品を作り続けてきた岡本太郎。
その精神は今の芸術にも大きな影響を与えています。美術館で岡本太郎作品と共に子どもたちの絵画作品を飾る、無邪気な自由の表現として、今年も「キッズTARO展」を開催します。今年のテーマは岡本太郎さんの言葉の中でも有名なひとこと「なんだ、これは!」です。太郎さんの作品も思わず「なんだ、これは!」と言ってしまいそうな不思議でおもしろいものばかりです!太郎さんに負けないくらいの、子どもたちの「なんだ、これは!」な作品展示をします。

日時  : 2015年11月14日(土)~2016年1月11日(月・祝) 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 : 月曜日(11月23日、1月11日を除く)、11月4 日(水)、 11月24日(火)12月24日(木)、12月28日(月)~1月4日(月)
会場  : ギャラリースペース

岡本太郎美術館の最寄り駅は「小田急線 向ヶ丘遊園駅」です。 そこから徒歩で約17分。生田緑地の中にあります。隣接している川崎市立日本民家園も、見応えのある野外博物館です。秋の行楽にお勧め!東日本の代表的な民家をはじめ、水車小屋・船頭小屋・高倉・歌舞伎舞台など25件の建物をみることができます。   オバラ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小学校へ行ってきました!

2015-11-17 20:21:07 | 小学生 イベント


本日は火曜日ですが磯辺が代打を務めてブログを書いております。
私、なんと先週の土曜日に東住吉小学校のイベントで、予約参加型の授業をしてまいりました!写真の黄色いのが私磯辺です!
黒板にある通り、羊毛フェルトで変な生き物をつくろう!というカリキュラムだったのですが、みなさん、最近はやりのニードルフェルトってご存知ですか?
羊毛を針でちくちく刺して固めて作品を作るものなのですが、今回私が行った授業では、ニードルフェルトではなく、石鹸水をつけてこすって固めるウェットフェルトという手法を用いました。



羊毛が三色入ったパックを選んで、それをほぐして毛糸に巻きつけ、石鹸水をつけてこしこしこし。10分ほどこすると、小学生の力でもしっかり固まってマスコットになるのです。ニードルフェルトでこのくらいかたくしようとすると、軽く1時間はかかってしまいます…。
最初のうちは、「こんなんで本当にかたまるのー?」なんて言っていた子供達でしたが、10人×4クラス、みんな完成して持って帰れていたので良かったです。
アトリエで普段小学生クラスの授業をしているとはいえ、小学校で授業をするのは初めてのことだったので緊張していたのですが、みんな前で話している時は聞いてくれるし、悪ふざけをしたりもしないし、指示には従ってくれるしでいい子たちばっかりだったのでこちらも楽しく授業することができ、本当にいい経験になりました。

そして、実はこの時、アトリエミオスの学生クラスの3人(はるかちゃん・高2、としくん・中1、なつみちゃん・中1)がボランティアでアシスタントに来てくれていたんです!最初は一人で授業する計画で進めていたのですが、今思うと、この3人がいなければ私一人でてんやわんやになっていたと思います。一人一人に丁寧に説明してくれていたはるかちゃん、高学年の女子にいじられながらもいろんなところに気を配ってくれたとしくん、緊張している中黒板にかわいいジバニャンを描いてくれたなつみちゃん、本当にありがとう!最後に、当日朝、激励に来てくださった田中先生、準備から当日までありとあらゆるサポートをしてくださった小原先生、本当に有難うございました!!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お休みします

2015-09-18 19:20:53 | 小学生 イベント

シルバーウィークは、授業もブログもお休みさせて頂きます。
皆様楽しい連休を…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

授業納め

2014-12-22 19:43:46 | 小学生 イベント

オバラです。本日で今年の授業はおしまいになりました。
明日から通常授業はお休みです。
小学校受験の幼稚園児と美術系進学の学生対象のプライベートレッスン(予約は28日まで承ります)のみとなりますので、皆様お間違えのないようお気を付け下さい。

また、25日(木)9:00~アトリエの大掃除をしますので、暇な学生達は手伝いに来て下さいね☆
お昼はココ壱で好きなカレーをご馳走します。おやつはホットプレートを持って来るのでクレープを焼いて、クリパで余ったホイップクリームと大量のお菓子を消費しよう!(私と田中先生は余ったアルコールを消費する!)

◆ 日  時 ◆  12月25日(木)9:00から18:00位
◆ 対  象 ◆  イキのいい中高生
◆ 持 ち 物 ◆  汚れてもよい服装

今年のクリスマスは去年より少ない、合計165人の参加者となりました。
大人クラスの生徒さんにクリスマスのお菓子作りをお誘いするようになって7年目。そろそろ飽きてきた大人が増えたのが参加者の減った原因ですが、お菓子をつまみに宴会気分のクラスもまだまだあります。パーティー初日の大人クラスで田中先生が「ここで飲む為に花粉症の薬を我慢しました!」と真っ赤な鼻で言うので私も「風邪ひいてるけど朝から薬は我慢して飲みませんでしたよ!」と応戦。生徒さんに「我慢するの、酒じゃなくてそっちなんだ!?」と呆れられながらのクリスマス週間でした。
毎年アトリエで楽しませて頂きますので、すでに私達スタッフのクリスマスは終了気分ですが、明日は祝日。ぜひ皆様楽しいクリスマスをお過ごし下さいませ♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東住フェスティバルに久々に参戦!

2014-11-17 20:32:24 | 小学生 イベント

課外授業 東住フェスティバル参加風景

どうも幸介です!ハロウィンなんてとっくに終わったハズなんですが、まだまだゾンビメイクをする日々続いております!!本日掲載した写真ですが、少々ミオスの教室の風景と違う事にお気付きでしょうか。先週、近くの小学校で行われた「東住フェスティバル」という、手遊びやダンスやサッカーなど様々な体験教室を開く行事の一区画として参加してきました!!

こういうのは出だしの印象が大事ということで、私達講師陣もゾンビメイクのまま小学校へ。受付の人や学校関係者の方々も対応に困ったのか、皆さんほぼノーコメントで、完全にアウェイな雰囲気が漂っておりました。受付からこうもノリが悪いと、「参加する小学生達にも不評だったらどうしよう」と不安でしたが、蓋を開けてみれば皆ノリノリで参加してくれたので大成功だったと思います!

アトリエと違い授業時間が短く、30分のワークショップ×4回の、計2時間の授業。各回定員15名でしたが、定員オーバーで回すほどの大盛況でした。「もっとやりたい!」と顔面血みどろで帰っていく生徒も多かったのですが、達成感よりもその回転率にてんやわんやで、まるでわんこそばを食べているかのような時間。ほぼ1か月ぐらいずーっとゾンビの格好をしていたゾンビマニアの僕も、さすがに「当分ハロウィンは無くていいかな……」という気持ちが強く残ったワークショップなのでした!

『絵画教室』として参加してきて、この授業内容。きっと参加した生徒の中の誰しもが僕らの事を「絵の先生」なんて思わないのでしょう。
そして外部の生徒と出会って改めて「あぁ、アトリエの生徒の皆って好き勝手ふざけているように見えて、やっぱ絵の事は他の子ども達に比べるとだいぶ真剣なんだなぁ」と感じたのでした!!

田中幸介
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

賑々しくもしっかり鑑賞中!

2014-10-08 23:22:00 | 小学生 イベント
2014_10_8_01
アトリエミオス展覧会、二日目となりました。皆様ご来場ありがとうございます!

本日は、水曜小学生クラスの鑑賞授業の様子をお伝えしますね。
すでにご来場いただいた方も、写真に見慣れない風景が混じっているかと思います。実は小学生と幼児クラスは展覧会見学の授業となるので、一足先にアトリエ教室内の展示も鑑賞しているのです。本来は教室展示は10月11~13日の土・日・月三日間なのですが、ちょっとラッキー?大人クラスやご家族、ご友人の方々、週末までしばしお待ちを…。
じっくり見ていると、この人はなんでこういう絵を描いたの?と悩んで議論が始まったり、自分の作品探しに熱中したり…様々ですが、皆想像以上に真剣に、作者を想像したりと鑑賞を楽しんでいました。

アトリエ内を見終わった後は、メイン会場の国際交流センターへ!
毎回恒例、作者への感想の手紙を鑑賞しながら書いていきます。大人クラスの作品を前に、これは写真でしょ!違うの!?上手すぎ!なんてびっくりしている声も飛び交いつつ…。どうやったらこんなふうに描けるんだろう?と悩んだり、幼児クラスの作品にカワイイ!と歓声があがったり。しっかりと絵を鑑賞し、自分の気に入った作品を見つけメッセージをしたためていました。なんと15枚以上書いた子まで!メッセージカードも足りなくなってしまうくらいの勢いでした。最後はクラス皆で集合写真でシメ!元気いっぱいの小学生クラスの様子が写真からも伝わるかと思います。

2014_10_8_02_2あんなに黙々とメッセージを書いていた子も集合写真を撮る段になれば、こんなに大はしゃぎでした。ブレブレだよ!切り替え早いなぁ! そんな様子もまた楽しくおかしいものですね、庄司でした。

展覧会は始まったばかり!皆様ぜひ、何度でも!ご来場くださいませ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏休みのイベントを振り返って

2014-09-02 21:53:54 | 小学生 イベント
夏休み中、通常授業に加えて数々のイベントを開催していたアトリエも、9月になってようやく少し落ち着きを取り戻しました。
休み中は小学校受験のプライベートレッスンの予約も朝から入りますので、朝から晩まで子ども達と接していた気がします。それに加えなぜか今夏は、学生達を説教しなければいけない機会が多く、昨夜は遅くまで田中先生とどうしたら世の中に必要とされる人間に成長させられるか、愚痴まじりに話していました。
夏休みが終わってくれてホッとしたところで、振り返ってみます。

201411
左から
7月24日(木) *対象 小学校受験予定の年長 『集団絵画-行きたい場所/かばん製作』
どんな場所に旅行したいか、皆で相談して大きな紙に描き、その場所に似合い活躍するようなバックを製作しました。

7月26日(土) *対象 小学校受験予定の年長、年中 『傘袋で乗り物制作/嬉しかった場面の絵』
傘袋を使い乗り物を制作し、次に「今までで一番嬉しかった場面」を考え描きました。

7月29日(火) *対象 幼稚園児 『植木鉢制作/ジャックと豆の木のお話し絵』
植木鉢に粘土とビー玉で飾りをつけ朝顔の苗を植えた後、豆の木に登るジャックのような朝顔に登る自分をイメージして絵を描きました。

20142
7月31日(木) *対象 幼稚園児・小学生 『うまい棒1人100本でテント作り(集団制作)』
うまい棒で、入れるおうちを建築しました。もちろん、完成した後は食べました!

8月1日(金) *対象 小学生 『一日で仕上げる油絵』
大きな花瓶に入った豪華な花を見ながら、下描きなしで油絵を描き、2時間で完成させました。

2014_3
8月4日(月) *対象 幼稚園児 『スライム作り/動きのある人物画』
科学の実験のようなスライム作り+成長レベルにあわせた動きのある人物画を描きました。

8月5日(火) *対象 幼稚園児・小学生 『小田原の海でスケッチ&砂の城作り(集団制作)』
カニを捕まえてスケッチしたり、みんなで砂のお城を作って遊びました。

20145jpg_2
8月19日(火) *対象 内部学生 『小田原の海でBBQ』
小田原の海の目の前にある幸介先生のアトリエ訪問がてら、浜辺でBBQをしました。たくさん買った花火までする時間が足りず、後日学生クラスの授業時間中に公園でやりました。

2014_4
8月22日(金) *対象 幼稚園児 『紙コップのお城を作ろう(集団制作)』
一人一人紙コップを高く積み上げ、お友達の壁と繋げてお城を作りました。エレベーター付きの塔は持ち帰りました。

8月24日(日) *対象 小学校受験予定の年長 『折って変化する絵/写真を見ながら粘土立体』
半分に折った時と広げた時で違う見え方のする絵を描いた後、角カエルの写真を見ながら油粘土で立体模写をしました。

20144_3

7月22日(火)~8月21日(木)の小学生クラスと合同授業 『写真模写鉛筆デッサン or 模写クレヨン画』
好きなモノクロ写真を選び鉛筆デッサンか、名画を選びベニヤ板にクレヨン模写を、アカデミックに制作しました。

20146jpg_2オマケ 8月30日(土)
学生達に『夏休み中、時間がある時は後輩達の夏のイベントを手伝いにおいで』と言っていたので、何人かが手伝いに来てくれました。そのボランティアをねぎらう為に小原家の駐車場でBBQをしましたが、22時過ぎまで騒いでいたので裏のマンションからクレームが来てしまいました!怒られたのも合わせて夏の思い出です。

ま、なんだかんだ言って終わってしまえば「早く来年の夏休み来ないかな!今度はどんなイベント考えようかな?」と能天気に思うオバラでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20周年キャラクター総選挙

2014-03-19 19:53:00 | 小学生 イベント
20140319
小学生クラス 20周年キャラクターデザイン

どうも幸介です!すでにご存知、というか投票済みの方もいらっしゃいますが、アトリエ20周年にあたり小学生クラスの皆が描いた「20周年マスコットキャラクター」の人気投票を行っております!!

全部で60キャラ以上、背景まで完成度の高いものや、およそ「絵画」とは程遠いもの、試行錯誤の跡の見えない思いつきキャラや、講師の名を使い講師への当てつけのようなものまで、様々なキャラクターが出揃っております。中には「ゆるキャラとして売り出せるデザインだな…!」と思わせるものもあったりして、見ていて飽きませんね。皆様ふるってご投票ください!

ちなみに今回の投票で晴れて1位となったキャラクターには、アトリエ公式マスコットとして月謝袋などにて要所要所に登場もらうことになるのですが、幼児から大人、講師など、年代によって票も割れております故、はたしてどのキャラが1位となるのやら…

ちなみにキャラクター説明が中々に面白く、説明を読むことで投票したくなるようなキャラもいます。…僕や小原先生を題材にしたキャラの説明には総じて「怒りっぽい」旨の説明書きが入っていることに些か疑問を感じますが、皆様お時間ある時にでも是非説明を読んでみてください!

田中幸介

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音の響きとリズム

2014-01-15 23:07:03 | 小学生 イベント
Karutasui
オバラです。火曜に引き続き水曜クラスのカルタをご紹介。
水曜小学生クラスは他のクラスに比べて圧倒的に低学年が多く、歌詠みが難しいかと思いましたが、
・読んだことのある文章の真似でも構わない
・語呂がいい、リズム感がある、など575にこだわらなくてよい
・声に出して読むと響きが美しい
という目標のもと考えさせると、

のりまきを まきまきすると おいしいよ
よるに ふくろう ほうほうほう
イチゴがり あまいにおいが プンプンと
スイカ むしゃむしゃ おいしいな
まくらもね ごろんとごろり ねころんだ

など、音が復唱されるリズムが楽しい歌が続々生まれるではありませんか!
季節感もバラバラなところがユニークですね!
こういう課題をやると、いつも絵に劣等感を持っている子が、文章力で自信を取り戻して輝いたりするのでいいんです。逆に絵は素晴らしいのに、「日本人として7年も生きていながら、この文章はどうなの?」という子もいて、これまた面白い。
カルタいいなぁ。毎年恒例にしようかな?

Karutasui1
カルタが残り少なくなってきたので、教室の壁まで下がらせて取らせたところ。
興奮しすぎて、怪我人続出!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴーシチゴーで詠いましょう!

2014-01-14 02:00:00 | 小学生 イベント
南澤です。本年もよろしくお願い致します。

小学生クラス今年最初の課題は、かるた作りです。ところが月曜日の作品を見たところ字余りばかり。これは実にけしからん事態。日本文化が崩壊に瀕していると憤慨し、火曜クラスは575リズムを死守いたしました。
戦後を代表する思想家であり詩人の吉本隆明も言っております。思想としての百人一首とは、言葉のリズムが意味に先行する事だと。まあ今回は百人一首ではありませんが、内容よりもリズム!に徹した本家本格派の思想を導入です。
ウンチクはさておき、いくつか個人的趣味でご紹介してゆきましょう。

Karutaka

(あなたもね そろそろついにおじいちゃん) ひたすら僕に喧嘩を売るために作っていました。顔の絵も傑作。

(ニコニコにっこり冬休み)     あえて省略した大胆なリズム感と、休日気分がご機嫌な潔い作品です。

(るんるんと 楽しいことを待っている)  待ってるときからルンルンしてる哲学的な作品。

(やかんから 水がこぼれて大惨事) 原発問題を意識した政治的作品でしょうか。  

(はつもうで お金をいれて願いごと) 神様が自動販売機みたいな感覚でクールです。  

(今年もね よろしくイモリこれからも) イモリを愛する気持ち、フォーエバーです。

Karutaka1
白熱するかるた取りの風景。

なんだか楽しい一年になりそうな予感をさせる、素敵な授業でありました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加