山上俊夫・日本と世界あちこち

大阪・日本・世界をきままに横断、食べもの・教育・文化・政治・歴史をふらふら渡りあるく・・・

翁長知事のオバマ大統領との面談要求は当然

2016年05月24日 11時59分03秒 | Weblog
 翁長沖縄県知事は、23日(2016・5)、安倍首相と短時間会談した際に、元海兵隊員による女性殺害遺棄事件について強く抗議すると述べた。責任の何割かは日本政府も負っている。翁長さんは、さらに日米地位協定の改定を含む抜本改定とともに、オバマ大統領との直接面談の機会を設けるよう求めた。正しい要求だ。
 これまで何十年も何百回も「綱紀粛正」「再発防止」をくりかえしてきたが何の効果もなかった。翁長さんは「広大な米軍基地が存在することに大きな要因がある」と強調した。その通りだ。安倍首相は、「沖縄の気持ちに寄り添って全力を尽くす」とあいまいな言葉で逃げた。菅官房長官は、「外交問題は中央政府間で協議する」とこれを退けた。
 わたしは思う。サミットではオバマ大統領との会談の一定時間だけ翁長知事を同席させて直談判するのは決して不可能なことではない。安倍首相が本気で抗議するのなら、翁長さんを同席させるのが一番の圧力になるではないか。
 中央政府が何の役にも立たないから、翁長さんが名乗り出たのだ。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄で女性殺害、基地撤去でしか根本解決ない

2016年05月22日 11時03分59秒 | Weblog
 沖縄で20歳の女性が元米海兵隊員に殺害される事件が起きた。これまで数限りなく「綱紀粛正」を約束してきたが同じだ。このようなことをくりかえすものは取り払う、すなわち撤去するしかない。沖縄での怒りはおさまらないだろう。
 だが米軍も安倍内閣も、この問題と基地の存否、辺野古新基地建設はきりはなす態度で一致している。政府は「厳しく抗議」したし、米軍は「綱紀粛正」を約束するだろう。これでは何も変わらない。
 米軍人・軍属の事件は「日米地位協定」で第1次裁判権は米軍が持つ。被疑者が公務中だと米軍が恣意的に判断すれば、日本の司法は手出しができない。2004年に米軍大型ヘリが沖縄国際大学に墜落したときは、警戒線が張られ、沖縄県警は立ち入りも現場検証も現場保全もできなかった。米軍は事故機、すべての破片、さらに現場周辺の土を2メートルも掘り起こして、すべて持ち去った。まさに植民地状態だ。それでも日本政府は運用改善をお願いするだけだった。
 安倍首相は、日本国憲法(国民が度重なる選挙でこの憲法を選び取ってきた)を押し付け憲法だとして日本をとり戻すといい、改憲反対を思考停止だといいつのる。だが植民地的地位協定を押し付けられ続け、沖縄県民の命と人権が無残に踏みにじられているのに、地位協定改定さえ口に出せない。安倍首相は地位協定に対して「日本をとり戻す」とはいわない。みごとな植民地根性だ。
 今度の事件は、さすがの米軍も公務中だとは言えなかった。沖縄県警の捜査で犯人が逮捕された。
 米軍は日本を守るために駐留していると政府は言う。日本が侵略される危機がいつあったか。逆に日本国民の命がどれだけ奪われ、人権が侵害されたか。そもそも在沖縄米軍は海兵隊ではないか。海兵隊はベトナムやイラクなどに攻め込むための軍隊だ。防衛ではなく侵攻仕様の部隊だ。攻め込んで人殺しをする訓練をし、実際に動くものには銃をぶっ放してきた部隊だ。その構成員が弱い立場の沖縄女性を虫けらのように扱うのは、その軍隊の性質が土台にある。侵攻仕様の軍隊は、日本国憲法の下ではもちろん違憲だ。撤去するしかない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舛添知事の、「第3者の弁護士の厳正な目で」というインチキ

2016年05月21日 00時00分34秒 | Weblog
 舛添東京都知事の公私混同、公金の私的費消の問題について、今日(2016・5・20)記者会見で舛添知事は説明した。だが期待とは真逆のごまかしに終始した。
 いわく「第3者の専門の弁護士に依頼して、厳正に判断していただく」というものだ。すべての問題指摘にこのように答えたのだから、説明会見とは名ばかり、ごまかし会見だった。
 第一、この専門の弁護士とは何か。第3者というが、誰が弁護士を雇い、任命するのか。政治資金の問題に詳しい、舛添知事が親しい弁護士を、舛添知事が雇って、調査を依頼するのだ。なんのことはない。舛添知事の分身が調査し、判断するのだ。こんなものを第3者とはいわない。
 こんな猿芝居にごまかされてはいけない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊本スイカがおいしい

2016年05月20日 20時09分01秒 | Weblog
 今日(2016・5・20)、関西スーパーで熊本スイカを買った。2回目だ。甘くて、さくさくして、おいしい。熊本はスイカ生産では全国一らしい。スイカは5月から8月にかけて足早に産地が代わっていく。5、6月が熊本スイカの時期だ。チャンスをのがさずに食べよう。熊本の生産者を思い浮かべながら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舛添知事、政党交付金でリゾートざんまい

2016年05月17日 23時53分09秒 | Weblog
 東京の舛添知事。湯河原別荘公用車、高額海外出張などが問題になっている。さらに参院議員時代にもさまざまな不適切な金の支出が明らかになってきた。舛添参院議員は、新党改革への政党助成金による政治資金から高級リゾートやミシュラン料理店に多額の支出をしていた。表向きは会議費となっているが、家族などでの豪華旅行だった。
 これが税金から政党への助成金の実態なのだ。舛添さんは問題になったから、議員時代のこともあからさまになった。他の自民などはどうなのか。リゾート豪華旅行をなぜ政党助成金という名前で税金で支出しなければならないのだ。
 つい先日、衆院の議員定数が削減された。議員定数ではなく、こんな腐った使い方をしても許される政党助成金を廃止しろ。身を切る改革というなら、少なくとも政党助成金を半分にする、3分の1にするという形で身を切れ。議会制度を切りちじめるのは身を切ることではない。民主主義を切ることだ。議会制度は自民公明などの持ち物か。自分の持ち物を切れ。それは政党助成金か、議員歳費のどちらかだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊本地震。住宅再建の問題

2016年05月17日 23時33分39秒 | Weblog
 熊本地震でようやく罹災証明の交付が始まった。でも半壊では住宅再建支援金はゼロだ。支援金の上限は300万円だ。国会ではこれを500万円にとの要求が出ているが、政府はつめたい。公平性を盾に拒否だ。でも過去の震災との公平性がないとしても、改善するのであれば、過去の被害者も賛成するだろう。もともと日本は資本主義の国だから、個人財産が損壊したからと言って財産再建に税金支出はできないと政府はいっていた。だが阪神大震災の被害者の運動でのちにできた制度だ。一方で、資本主義の権化の銀行がバブルに踊って倒産しそうになったときどれだけの公的資金投入をしたか。返せない分は税金で補てんした。強者には税金で助けるのが資本主義国家なのだ。
 熊本では、民間アパートなどを仮設住宅扱いで入居するのにも、当然とはいえ罹災証明が必要だ。半壊や一部損壊ではアパート家賃が出ない。でも半壊や基礎が崩れて傾いた家では実際住めない。傾いた家では脳神経が狂ってくる。実際に住めるかどうかで判断するべきだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めての葵祭

2016年05月15日 23時26分35秒 | Weblog
 今日(2016・5・1)、初めて葵祭を見物した。10時20分頃に京都御所についた。有料観覧席はいっぱいで予約客がどんどん詰めかけていた。御所からの出口に陣取ったが、なにしろ人垣の後ろの方なので具合が悪い。やがて行列がでてきた。みんなカメラをかかげるのでなおさら見にくくなる。わたしはカメラも携帯カメラも撮らない。旅行でも写真は撮らない。目で見、感じ、記憶するだけ。記憶は悪いのであまり自慢にはならない。
 馬がたくさん出てきた。牛車が2両。何百人の行列だ。ほとんどアルバイトだろう。馬を雇うのも大変だ。ずいぶん金がかかると思った。馬糞の掃除をするちり取りとゴミ袋を持つ人までいた。
 驚いたのは外国人の多さだ。いまやピンポイントで外国人がくるのだ。欧米系の女性はやはり日焼けへっちゃら。肩を露出して赤くなっている。すでに茶色の人も多い。日本人との違いが一番でるところだ。
 御所出口からもっと離れたところで見た方が、行列を広く見ることができることがわかった。行列の終わりとともに、歩いて四条河原町に向かった。途中でざるそばを食べた。葵祭はずっと行きたかったのだが、現役の時代には、忙しく無理だった。祇園祭もだ。現役の時は、日曜日は、翌日月曜の授業の準備ができているか、まだならばやらないといけない。できていない場合は、サザエさんが終わるころから気分が暗くなる。そんなことの繰り返しだったから、日曜だからといって、気楽に遊びまわるわけにはいかなかった。今は、預金取り崩し生活だから心もとないが、明日の授業の心配はしなくていいので、気楽なものだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「引きこもり研究は今」

2016年05月14日 21時30分13秒 | Weblog
 今日(2016・5・14)『日本の科学者』6月号が届いた。特集テーマは「ひきこもり研究は今」。論文は「ひきこもりの人びと―精神科医の経験から」漆葉成彦、「ひきこもり周縁の若者たちのフリースペースをつくる」原未来、「教育現場からの支援」鎌田ユリ、「ひきこもりは日本特有の現象か」藤本文朗。
 この特集は著名な障害者教育学者の藤本文朗さんが提案し、実現したものだ。じつは藤本さん自身、現在50歳のひきこもりの子を抱えているそうだ。ひきこもりになって10年余りだそうだ。藤本さんは自閉症や登校拒否の研究者として活躍し、長年相談活動をしてきたのに、自身の子が引きこもってということで、ずいぶん悩み、一時うつ病にもなったそうだ。そのつらさは想像を超えるものがある。それをのりこえ、『ひきこもる人と歩む』(新日本出版社、2015年)を共同出版し、今回の特集につながった。
 「HIKIKOMORI]は、オクスフォード英語辞典2015年版に収録されたそうだ。「KAROSHI」「OTAKU」などとともに日本発の共通語になった。事態の深刻さはわたしも理解している。保護者、関係者、研究者の努力には頭が下がる。でも風邪をひいたから投薬をして治るというたぐいのものではない。悩みの深さの前に軽い言葉は慎まなければならないほどだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舛添知事の週末公用車利用問題。舛添よりひどい知事がいた

2016年05月13日 09時36分53秒 | Weblog
 舛添東京都知事が毎週末、湯河原の別荘に公用車で行き、週明け公用車で迎えに来させていたことが問題になっている。公用車運用規則では範囲内のことなのだが、年52週のうち48回も別荘への送り迎えさせていたことに厳しい批判が起こっている。怒るのは当然だ。豪華外遊などもやり玉に挙がっている。さらに、家族旅行や美術品も政治資金から支出していたことが暴露された。政治資金規正法違反だ。舛添辞職の声が出るのも当然だ。
 ところがマスコミでは、舛添知事辞職の後釜に橋下徹をという声が出ているらしい。とんでもない。橋下は舛添の上をいくケチだ。
 橋下が大阪府知事の時、土日にスポーツジムや政治活動で移動する際にタクシーを使ってばかりだと金がかかりすぎるといって(実際に言った、記録が残っている)、公用車規則を知事権限で変えて、休日の公務でないものでも使えるようにした。結果、橋下は年中、府の公用車を使い放題使った。
 舛添より悪質だ。舛添の後釜に橋下などという悪ふざけはつつしんでほしい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

首相官邸がUSJ誘致の異常が失敗

2016年05月11日 22時24分23秒 | Weblog
 今日(2016・5・11)菅官房長官が、沖縄の海洋博跡へのUSJ誘致話が消滅したと発表した。残念だという言葉が真に迫っていた。USJの運営会社が、あらたにUSJをつくるより大阪の既存施設に投資を集中することを最終的に決めた。
 海洋博跡へのUSJ話と普天間基地跡へのディズニーランド誘致話は、安倍首相官邸が沖縄の各種選挙で勝つための大花火だった。実際、普天間を抱える宜野湾市長選挙ではこの与太話が一面功を奏して彼らは勝利した。一国の政権が、政治目的のために特定企業の誘致に血道をあげたことは異常だ。
 USJは企業としての合理的判断をした。ディズニーランド話は実にいかがわしい。普天間に関わるあらゆる裁判に勝って押し付けに成功したとしても、すいすいと基地建設はできない。普天間跡地ディズニーなど20年単位の話だ。それを現下の選挙に利用したのだから、利用された方もいい気がしないだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オバマ広島訪問。これを利用する安倍

2016年05月11日 08時57分01秒 | Weblog
 オバマ大統領が、伊勢志摩サミット終了後に広島を訪問すると発表した。遅きに失したとはいえ、歓迎したい。2009年4月のプラハで「核なき世界」の夢想的発言をしたことでオバマはノーベル平和賞まで受賞した。わたしも期待を寄せて、このブログにも書いた。だが、みごとに裏切られた。
 広島を訪問して、平和記念資料館をしっかり見学して、学びなおすことを求めたい。できれば被爆者から直接聞き取りをしてほしい。
 この訪問に、安倍首相が同行するという。選挙向けの見え見えのパフォーマンスだ。オバマの広島訪問は日本人の喝采を浴びるだろう。それに同行して、戦争モードの安倍ではなく、平和を偽装した安倍を売り込もうということだ。だが、それなら、なぜ国連総会で「核兵器禁止条約の交渉開始を求める決議」に賛成しないのだ。究極的(=永遠のかなたでの)核兵器廃絶論者の安倍のパフォーマンスに惑わされてはいけない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パナマ文書、課税逃れ逃れに動きがにぶい安倍内閣

2016年05月06日 10時11分29秒 | Weblog
 オバマ大統領は6日(2016・5)、パナマ文書発覚以来、課税逃れが世界中で大問題になっているとして、5日米財務省が発表した課税逃れや資金洗浄の取り締まり強化策にもとづいて、議会が法整備をするよう呼び掛けた。財務省案は、課税逃れに利用されるペーパー会社設立を難しくさせるために、金融機関に口座を開く企業の実質的所有者の身元を確認する、海外の銀行での資金隠しを防ぐために口座情報を各国で共有する仕組みを強化するなど。すくなくとも米政府の姿勢は積極的だ。
 一方わが安倍内閣はどうだ。菅官房長官は、政府として調査することを否定した。日本経団連は、タックスヘイブンへの規制強化に欧州諸国と協力することに従来から否定的だった。パナマ文書対策でもしかり。
 我が国政府・財界は相当悪質なことだけははっきりしている。パナマ文書の詳細が、5月10日には明らかにされる。消費税庶民増税と同額の法人・富裕層減税がやられてきて、今も、これからもやろうとしていることに国民は目覚めなければならない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ISD条項はインチキ裁判、TPPは売国条約、安倍は売国奴

2016年05月05日 14時19分45秒 | Weblog
 農業は国によってその条件が異なる。耕作面積は、アメリカやオーストラリアは日本の1500倍だ。農業とその従事者を保護すること、食の安全の確保が最重要だ。
 農業とともに重大なのが、ISD(投資家対国家紛争解決)条項だ。『赤旗』2016・5・2付けにISD条項の特集があった。弁護士の岩月浩二さんの解説でその恐ろしさがよりわかった。
 ISD条項は、外国投資家が、投資先国家の協定違反で損害を受けたとして、その国を国際仲裁という裁判に訴えることができるとする。岩月氏は、大規模環境汚染を起こしたアメリカ企業にエクアドルの裁判所が損害賠償命令をだしたのに対し、仲裁廷はエクアドル政府に同判決の執行停止を命じたことを紹介している。つまり独立国家の司法権が外部から破壊される。国家主権はどこにいくのか。
 では国際仲裁というのはいったい何なのか。国際裁判とはいっても、常設の裁判所はない。国際仲裁は、私的な第3者に紛争解決を求める制度だと若月氏はいう。あやしい。仲裁人は、提訴した外国投資家が一人、訴えられた政府が一人を選び、両社の合意で第3の仲裁人が選ばれる。その仲裁人は、グローバル企業に雇われる弁護士や法律家だというのだ。いよいよあやしい。結論を出せば解散する、一審限りの裁判だ。
 こんなあやしい制度で、国の制度や規制がくずされる。農業、環境、食品安全規制、医療、労働規制などがやり玉に挙げられ、グローバル企業好みの判決を出し、押し付けられる。押し付けれっぱなしになる。
 こんなものはとうてい裁判とはいえない。裁判の体裁をなしていない。これでは司法権の崩壊になる。国家主権の否定になる。
 国家の立法権をも浸食する。日本は国会が国権の最高機関で唯一の立法機関だ。そこで作った法律が、いかがわしい国際仲裁なる裁判で、否定されるのだ。いかがわしい判決が押し付けられ、それに基づいて国内の法律を変えることまで迫られる。植民地的だ。
 憲法の上にTPPがくるのだ。憲法が最高法規ではなくなる。主権国家の集合体で国際社会が成り立っているのに、主権国家をかってに浸食し、食いちぎるグローバル企業が世界を支配するのだ。
 安倍首相は、企業が世界で一番活動しやすい国をつくることをかかげている。もちろん中小零細企業ではなく巨大企業だ。日本の巨大企業にもアメリカと並ぶグローバル企業がある。だから安倍首相はそのためにTPPをつくったのだ。ISDによって日本の環境や、食の安全や農業、労働者がどうなろうといいのだ。逆に日本のグローバル企業がISDでアジアなどに浸食するのを後押ししようというのだ。
 国家主権が侵され、したがって国民主権も侵される。近代国家、近代国際社会の否定だ。日本国民から見れば、TPPは売国条約、安倍は売国奴だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016・5・3憲法集会に参加した

2016年05月03日 21時16分45秒 | Weblog
 昨日(2016・5・3)「憲法こわすな!戦争法廃止へ!5・3おおさか総がかり集会」(扇町公園)に参加した。地下鉄扇町で電車を降りたら階段のところで人が大きなかたまりができたのを見て、たくさん来ていると実感した。2万人が参加した。多彩な人の発言、各党代表の決意、定員4の参院選で改憲派を2に押しとどめようとのよびかけなどに大きな拍手があった。デモは3コース。わたしは中崎町コースへ。
 今日の新聞を見ると、改憲派も集会をやっている。250人が集まったようだ。例年は護憲集会といっても千人前後だった。だが今年は、かまえも、熱気も違う。憲法の根幹である立憲主義の回復がかかった参院選挙が控えている、野党の共闘がちゃくちゃくとすすんでいる下での集会とあって吸引力が違った。
 5野党合意の2・19が第1コーナー、5・3憲法集会が第2コーナーだ。戦争廃止を求める2000万署名は1200万を突破した。最3コーナーをめざしてスピードをあげるときだ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都鉄道博物館見学、琵琶湖l、水鳥

2016年05月03日 08時45分37秒 | Weblog
 4月29日(2016)、孫たちと京都鉄道博物館(大人1200円)を見学した。じつは開館日だった。大変な人出で、人気のコーナーは長い行列だった。いろいろ操作ができる展示があり、勉強にもなるし十分楽しめる。電車の運転コーナーは幼児の行列だ。弁天町の交通科学館にあった車両も展示されていた。
 梅小路機関区の扇形の機関庫はそのまま引き継がれ、義経号や北びわこ号など17台の蒸気機関車があった。SLスチーム号(大人350円)に乗った。50年ぶりに蒸気機関車の煙の臭いを感じ、汽笛の轟音に体が震えた。数分間の、電車ではない、汽車の旅を楽しんだ。家から持ってきたおにぎりとサンドイッチをのんびり食べた。
 孫は鉄道もお気に入りだが、初めての琵琶湖にも虜になった。湖岸で裸足になりバチャバチャやったり走ったり、小石を拾ったり。遊び道具はいらない。
 湖北の野鳥センターもよかった。本格的双眼鏡・望遠鏡をたくさん備え、ひとり占めで観察できる。大きいアオサギ、真っ白なダイサギ、カルガモ、オオバン、カワウ、ハシボソガラス。空にはトンビ。木にはトンビの巣があり、子育てをしていた。学芸員かと思われる人が親切に教えてくれた。
 大阪市にも南港野鳥園があり、水鳥観察で子どもに人気があったが、橋下徹なる人物によって廃止された。水道博物館のイタセンパラなどの飼育展示も水道局のやることじゃないといって、彼は廃止した。いずれも幼児や小学生の自然学習の格好の場所だった。橋下にとって教育とは競争に追い込んで点数を取ることでしかない。両園の教育的価値を理解できない。非教育非文化極まれりだ。
 京都東山あたりでびっくりしたのは、着物を着た若い女性がたくさんいたことだ。はじめは何かのお祭りかと思った。だがわかった。レンタル着物という店があり、そこから着物女性がどんどん出てくる。中国人はじめ外国人の方が圧倒的だ。東山界隈は着物天国と化していた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加