柳美里の今日のできごと

小説家、劇作家の柳美里のブログ

大悲山

2018年12月07日 22時52分32秒 | 日記
いろいろ大変なこと(主に、金策)があり、
目を落とすことが多い。

でも、この季節、足下には落ち葉があり、きれいなんですよね。

落ち葉がきれいだ、ということに、気持ちが救われた。









ツマグロヒョウモンの子

2018年12月06日 01時42分56秒 | 日記
この子、割り箸に逆さになってる。

朝には、前蛹になってるはず。

寝ずの番は出来ないから、眠るね。

おやすみ。


散歩と映画、すなわち、御本陣山とケン・ローチ

2018年12月06日 01時31分02秒 | 日記
書いて送らなければならないメールやメッセンジャーや手紙が山のようにあり、なかなか小説を書くことができない。

その焦りを鎮めるために、今日も御本陣山を30分ほど歩く。

色が褪せはじめた木の葉の道、鳥たちのための柿の実、蜘蛛の糸で吊り下げられたイチョウの葉っぱーー、秋を惜しみながら歩いた。







1日の終わりに、ケン・ローチの『やさしくキスをして(Ae Fond kiss...)』を観た。

贅沢な黄色

2018年12月05日 00時52分56秒 | 日記
今日は、原町の夜の森公園を歩いた。

奥のイチョウの木は裸になっていたのに、手前のイチョウの木は黄葉の盛りだった。

日当たりは同じなのに、何故だろう?

不思議。


落ち柿

2018年12月04日 10時35分48秒 | 日記
カラスが木の上で食べて落とした柿、だと思う。

きれいな色だ。


きれいだ。

2018年12月04日 10時33分56秒 | 日記
ススキは、もう穂が飛んで、筋だけになっている。

でも、きれい……


秋の黄色

2018年12月04日 10時29分59秒 | 日記
昨日は、原町のヨークベニマルに買い物に行くついでに、御本陣山を歩いた。

イチョウの葉が散って、黄色い絨毯になっていた。

きれい、という声が我知れず洩れることが多いのは、やっぱり秋かな。

つぎに、春。


わ! あ!

2018年12月04日 01時27分17秒 | 日記
外のプランターのラベンダーの茎にしがみついて蛹化し、越冬しようとしていたツマグロヒョウモン。

二日前にそっと触れたら、びくびくっと尾部を振っていたサナギーー、昨日見たら、すっかり黒ずんで横腹に小さな穴が開いていた。

寄生蜂か寄生蝿の幼虫に食い荒らされたんだーー。

かなしい。

とっても。


3びきの幼虫

2018年12月04日 01時10分08秒 | 日記
12月になりました。

南相馬も、最低気温が一桁の日が出てきました。

でも、我が家のスミレの鉢植えに、まだツマグロヒョウモンの幼虫がいたんです。

梅雨前に初代が羽化して、二代目が誕生し(全国のみなさんがスミレを送ってくださったおかげで)無事に羽化し、10月半ばに蛹だった三代目がですね、そのまま越冬するのかと思いきや、次々と羽化して、なんとどこかで交尾をして、里帰り出産してしまったんですね。

羽化した四代目の幼虫たちは、寒さにやられて次々と死んでいきました。

今朝見たら、3びき残っていたんです。

寒さで動けないでいる幼虫たちを見ていたら、あまりにもかわいそうでかわいそうで、家の中で飼育することにしました。

蛹になったら、羽化しないように暖房のない寒い場所(猫たちに齧られない場所)に、スミレの植木鉢を移します。

そして、じっと春を待つーー。

全員、蛹になりますように。


短髪、断髪、

2018年12月01日 01時49分00秒 | 日記
ちなみに、髪、ここ30年ではいちばん短くしましたね。

いや、ここ40年、かもしれない。

一回バッサリ切ると、とめどなく短くしたくなるみたいで、美容院行くたびに短くしてもらってます。

雪歩さんには、「マルサの女みたいな髪型して、どうしたの?」と言われましたが、わたしは鏡を見て、『おそ松くん』のイヤミ? いや、やっぱり、『ちびまる子ちゃん』の野口さんか?と思いました。