**アカシアの木蔭で**

庭の薔薇をUP。咲いていた日時にはこだわらず、気ままに…です!サンノゼのバラは手付かずです。枚数が多すぎて つらい…

ER ローズマリー

2006年05月28日 | 白・薔薇色のイングリッシュローズ
久しぶりのローズマリーです。
なんだか調子が悪く、枝は細くて弱々しいし
今年は樹を育てる年と割り切って
このほかのつぼみは切りました。
2本太いシュートが上がってきたので
3年後にはしっかりするでしょう。

雨続きで せっかくの優しいクリーム色が茶色くなってしまいます。
涼しいのは歓迎なんですが・・・。
コメント

生きる気力

2006年05月28日 | 病棟
Kさんが夜中にひっそりと旅立ちました。
ラウンドの合間のたった一時間の間に
誰にも世話をかけず 静かに逝ってしまいました。
エコヒイキはいけないのですが
いつも穏やかな空気を纏ったKさんが わたしは大好きでした。

Kさんは昨日まで元気に畑仕事をしていたのに
急に寝たきりの状態になったのに気持ちが付いていけませんでした。
それでも最初は 若かった頃の話を不自由になった言葉で話してくれたり
大相撲の取り組みを楽しみにTV観戦しました。
それが嚥下反射が極端に悪くなり食事が取れないことが分かって
胃婁を造らなければならなくなり
家族が 自宅では介護できないのでどうしようか と相談を始めた頃から
Kさんは話すことをやめました。
TVを勧めても首を振り、一日中目を閉じたまま。
でも寝ているわけではないのです。
心配して助手さんは
 「Kさんは私のお父さんによく似てるの。
  Kさんがいるこの部屋に来るとほっとするの。
  いつまでもお世話させてくださいね」と話しかけ
胃婁になってからグンと生きる気力を無くしたように感じていた私は
マウスケアに濃く出したお茶を使って
せめて味わうことを楽しんで欲しいと願ったりしていたのでした。

10日ほど前、久しぶりにKさんの声を聞きました。
「・・・イ、イエ・・・カエリタイ・・・」
目尻に溜まった93歳の男の涙の重さに
もう少し元気になったら、とついた嘘は
あれで良かったんだろうかと悔やまれます。
正直に現状を伝え、それでも残された可能性を目指して
がんばれっていえばよかったのか・・・。

受け止めた気持ちに最善を返すなんて、未熟な私にはできない。
最善ってなんだったんだろう。
コメント (2)

愛しのフェリシア満開!

2006年05月28日 | 我が家でつるになってないオールドローズ
香りは強くシャリファアスマに似て香水のように複雑で
花つきは それこそ一枝で花瓶に飾れるほどつぼみが付いて
アプリコットがかった桃色は暖かく優しく
病気に強くて太いシュートもよく上げて
花持ちがとっても良く、個々が1週間以上綺麗に咲き続ける。
私的には あまりに完璧すぎて時に風景化して
申し訳なく思う薔薇なのです。
我が家の外通りに漂う香りは、間違いなくフェリシア。
コーネリアもメアリーローズも きっと
「フェリシア様」と呼んでいるに違いありません。
写真うつりはパッとしません。地味です。
でも嫁に貰うなら フェリシア だな。

コメント

5/24 キャサリンモーリー

2006年05月24日 | ピンクのイングリッシュローズ
今年、キャサリンモーリーが不調です。
去年はもりもり花を付け、返り咲き良好、
(噂と違って、もしかして四季咲き?)
なんて思うほど絶好調でした。

ツルのように誘引したらもっと見事に違いない!!

今年はシュラブ→ツルへ 扱いを変えてみましたが・・・。
やっぱり、咲いては切り詰めるほうが花をつけてくれるみたい。
「裏年かもね~、思い通りにゃいかないモンだよ」なんて、
通りすがりの農家のばあちゃんが笑ったけど
もしかして欲張った罰が当たった?
小心者の私は、小さなつづらを選べばよかったと 後悔しました。

他の薔薇だって、花数をとるか大きくて立派な花をとるか
選ぶんだもんね。
コメント

5/24 エブリン

2006年05月24日 | アプリコットピンクのイングリッシュローズ
エブリンは アプリコットに咲き始め
少しずつピンクを強めていきます。
四季折々 いろいろな顔を見せるそうですが
わたしは このままの色で咲き終わって欲しいと
密かに願っています。

艶やかな花びら、きれいでしょ?
コメント

5/24 メイデンスブラッシュ

2006年05月24日 | 我が家でつるになってないオールドローズ
一年に一度、会うのを楽しみにせっせと世話してるお姫様。
妖精のキス、ほんとにそうね。
咲くとかぐわしい香りを確かめて
毎日キスしてる。
コメント

5/24 ハートのシャリファアスマ

2006年05月24日 | 白・薔薇色のイングリッシュローズ
淡い花びらの重なりの真ん中に
こんな甘いピンクのハートを見せてくれました。

あなたは私が好きなの?
わたしもあなたが大好きよ!

あっという間にはらはらと ほどけてしまうけれど
寸前の透明感には いつもはっとさせられます。
コメント (2)

5/23 シャリファアスマのつぼみ

2006年05月23日 | 白・薔薇色のイングリッシュローズ
もうたくさん咲いてくれているけれど
うっとりと眺め、美しい香りを楽しみ
気がつくと写真を撮っていない!

あわてて 開きゆくつぼみを撮りました。
もういい香りがこぼれています。
コメント

5/23 のジュビリーセレブレーション

2006年05月23日 | アプリコットピンクのイングリッシュローズ
たった一日で ぐんと開きました。
花びらがたくさん詰まって 濃い影をつくっています。
温かみのある、ローズにゴールドをまぶしたような花からは
うっすらと果物の香り。
ほんとはとても強い香りのはずですが、最初だものしょうがない。


まだ60センチくらいの株なので
大きな花が重たげにうつむくと
写真を撮るために地面に肘を着かなくてはなりません。
アブラハムダービーと同じくらい大きくなるといいな。

コメント

昨日のジュビリーセレブレーション

2006年05月23日 | アプリコットピンクのイングリッシュローズ
今年の冬に購入したジュビリーセレブレーションの
初めての一輪が開き始めました。
噂にたがわず、なんて華やかなつぼみ!
花びら一枚も艶やかです。
真ん中に覗く色合いに、期待が膨らみます。
コメント