ウィステリア家具工房 ブログ

東京都あきる野市にて無垢材で家具を作っているウィステリア家具工房。仕事や趣味、日常の事を写真を添えて書き綴っています。

テーブルの削り直し 2

2012-08-30 08:30:32 | 木工
まずは鉋で1削りしたのですが、導管の中に詰まった汚れが取れなく焼けで色も濃いので電気鉋で横削りを軽く1回してから再度手鉋で1皮剥きます。
木端は平鉋で削った後に強力はスピンドルサンダーで成形。
多少逆目が出たので#180のペーパーで研磨その後#320で研磨しました。

あとはオイルを塗れば完成。

合板や突き板家具では諦めなきゃいけないところ、無垢材家具なら手間は掛かりますが新品の様にきれいになるものです。

コメント

テーブル天板の削り直し

2012-08-29 09:11:37 | 木工
今、ダイニングテーブルのリニューアル中。

展示会出品の為に製作し、委託販売先に貸し出したり展示室で展示したりして、実際に使用してはいなかったのですが長年の間に傷や日光による焼け、黄変が激しくなって汚くなってしまったので削り直しをしています。導管内部の黒ずみはカビか?
天板の裏に反り止めがあるので全体の反りは0.5mm以下なので、まずは手鉋で削ってみた所、写真の様に矧ぎ合せの場所に楕円形の凹みが!! 
全体を1削りして気付いたのですが、ここはビスケットの場所なのです。接着面強化とズレ止めの為に入れる楕円形のブナ圧縮材の事を形状が似ているのでビスケットと言います。
この天板は厚いので2枚入れたのですが、位置が悪く、上面に近かったのでしょう。矧ぎ合せの直後は水分を吸って膨張していたのが、暫く経ち収縮したのだと考えられます。膨張時に鉋で平面をだしたので、後に凹んだのでしょう。
展示会の為の製作で急いでの製作だったので養生期間が短かったのが原因だと感じています。
実際の使用では0.1mm以下の凹みで触っても分からないほどですが、材は正直です。
当時、経験と想像力が足りなかったと反省しています。そして次に活かさなければとも感じています。


コメント

材木の乾燥

2012-08-28 13:04:32 | 木工
小さな板の乾燥は工房の奥の天井近くの棚の上に保管しています。
湿度が低く外気の影響を受け難い場所で少しずつ水分が抜けて行きます。
でも木口(年輪部分)や芯近くは急激な水分低下で割れやすいので養生しています。
しばらくしたらエアコン下に移動する予定。
この位の短材なら1年後には加工に入れるでしょう。

コメント

昨日の夕飯は

2012-08-27 08:20:36 | 日記
有名な焼肉チェーン店へ。
お味の方は・・・。 
生ビールの味がイマイチでした。通の同行人が言うにはサーバーの洗浄をしっかりやっていないのでは?と言う事ですが・・・。
それと、赤ワインは常温(25度)で出てきました。

う~~ん、次はないな。



コメント

プリンターの故障

2012-08-26 09:01:56 | 日記
前モデルのプリンターCanon MP540は3年位は使ったのか?
しばらく前から動作の時に異音がしていて、そろそろ故障か?って不安に思っていましたが、とうとう。
修理に出そうとも考えたけど至急プリントアウトしたい書類もあったので新品を購入。
電気店の店員さんに意見を聞いたらCanonの単色交換インクの機種がオススメと言う事でMG5330に決めました。
使ってみたところ、あんまり変わんない??? 前のタイプより少し速く、静かにはなっていますがサイズは ほぼ同じ。

次はPCの本体が危ない!! 8年前のXPだからなぁ~~。




コメント

ヨルイチ

2012-08-25 21:30:56 | 日記
今日は、ちょっとだけ早く仕事を切り上げてお出掛けして来ました。
あきる野の奥、五日市のイベント『ヨルイチ』に。
夕方4時~夜の10時まで 夜のお祭りです。
浴衣を着た女性には提灯のプレゼントがあるみたいです。
出店や商店のセール、骨董市、アマチュアの絵画、ジャズや昔の映像・写真を眺めてきました。
派手さも珍しさもないけど、心地よい夜風を感じながらの散歩でのんびりゆったり感を満喫しました。

コメント

好きな植物(ヤブラン)

2012-08-25 08:45:39 | 植物
ウチは南側に1M程の石垣があり日当たりが良くないので日照を好む植物よりも林床に生える草の方が生育し易い様です。
自然発生か?植えたのか? ヤブランの株があるので毎年冬に黒紫色の種を取り、蒔いていたら、だいぶ増えました。
綺麗な花は咲きませんが1年中緑が楽しめ新芽時~花~実 と姿を変えて楽しませてくれます。

コメント

ケンシローの引越し

2012-08-24 08:15:04 | アクアリウム
昨日、ケンシローを親の水槽に移しました。

今朝、餌をあげましたが、まだ環境に慣れていないようで食べませんでしたが、お祭りの金魚よりサイズが大きく小粒の餌も充分食べられる大きさなので心配ないでしょう。

色はこれから赤くなるのか?このまま金色か?



コメント

好きな植物(アイビー)

2012-08-23 07:40:18 | 植物
実家の庭に植えたアイビー。

15年位前に観葉植物として購入したけど、直植えも出来る様なので庭に植えたものが増えました。
2箇所2種類植えてあります。

石の硬い雰囲気を和らげる効果があり好きな植物です。

コメント

木工屋さんですが

2012-08-22 11:15:20 | 木工
家具や木工が本業ですが、鉄の加工もやらなければいけません。
簡単な鉄類の切断や曲げ、溶接の心得もあると便利です。
以前、近所のホームセンターで格安の切断機を買って使ってますが、精度が悪くダメですねぇ~~。やっぱ価格の安いものは“それなり”です。

コメント

819の日です

2012-08-19 21:24:53 | バイク
今日はバイクの日なんです!! 819をバイクとは・・・。

ダジャレの類の安易な笑いが好きじゃない私としては???ですが、やっぱりバイク乗りとしては“特別”な日です。

なので、数ヶ月乗らなかったバイクを引っ張り出し、プラグを磨き、エンジンをかけて数キロ走りました。

う~~~~ん 気持ち良い!! 五感が磨かれる感じがします。 “危険”と引き換えに“快感”が走るのです。

肉体は老年、気持ちは20代(笑)  あ~~バイクはいいものです。



 
コメント

ケンシロー その後

2012-08-19 09:19:37 | アクアリウム
金魚の稚魚が生まれてから2ヶ月が経ちました。
相変わらず沢山います。
家の中の60cmガラス水槽は外掛け式のフィルターをセットしたので水換えがだいぶ伸び1週間1回半量になりました。
外の方は3~4日に1回半量です。どちらも排水給水の場所が近いので数分の作業で終わるので、それほど大変ではありません。

さて、前に書いた『ケンシロー』ですが、どんどんデカくなり5cm程に。
お祭りの金魚掬いよりも大きくなってきたので、そろそろ親の水槽に放してあげようと思っています。
他の稚魚より体長で3~4倍で体重なら何倍だろうか?
なんで奴だけこんなに大きいのか?不思議です。


コメント

換気扇を洗ったら

2012-08-17 13:13:16 | 日記
台所の換気扇が油で汚くなったのでフィルターを交換し、ついでに洗浄したのですが、なんと!! 黒い塗料が剥がれてしまいました。
15年も使って何回も洗ってるのに・・・。
オレンジオイル配合の洗剤(油汚れ用)に変えたのが原因だと思うのですが、あまりにも弱い塗装にビックリしました。ペロペロと綺麗に剥がれました。
多少、黒い部分が残っているのは洗剤が空っぽになって真っ白にはならなかったため。
なんか気分が悪いので早く洗剤を買って真っ白にしたいのですが・・・。

コメント

超撥水

2012-08-16 09:33:04 | 木工
先日、指定の塗料『超撥水』を塗ってみました。

まずは、針葉樹のトドマツ3層合板へ。1度目は直ぐに吸い込みます。
オイルの2倍近くは吸う感じです。ただ拭き取りの必要がないので簡単。
その後にオイルの様に噴出しもなさそうです。
1晩置いてみると、ほとんど無塗装に近い感じです。
もう1回塗っても浸透性は変わらず。しっかり吸い込みます。
臭いも気になりません。

その後に広葉樹のメープルとミズナラの木っ端に試し塗りをしてみましたが、最初はオイルと同じで濡れ色になりますが、乾燥した後はオイルより色が付きません。 メープルのムラ対策には有効かも? ただ、シリコン系なのでツルツルになります。テーブルトップだと触感が気になるかもしれないし、滑べり過ぎると問題も出るかも?

針葉樹の場合は滑りは気になりません。

防水性ですが、1回塗装の針葉樹に水を落としてみましたが、見事な水玉になります。
初期はオイル以上の撥水性がありますが、どの位で落ちてくるかは?使ってみないと解かりません。

防汚性に関してはオイルと同等かな?と感じています。
1度の使用では、なかなか性能が解かりません。比較実験も必要でしょうね。

1回目の塗装12時間後の状態(トドマツ3層合板)



2回目の塗布直後(トドマツ3層合板)

コメント

展示会のお知らせ

2012-08-15 10:09:10 | お知らせ

2012年 9月12日(水)→18日(火) 

午前10時~午後7時 最終日5時閉会

場所 港南台島屋 スウィングスペース 

素敵なリビングライフ

湘南の陶・ガラスと多摩の木工作家5人展


陶/岡村友太郎 陶/佐野智子 木工/藤本充郎 ガラス/マツザキタカシ 陶人形/渡辺信史

コメント