ウィステリア家具工房 ブログ

東京都あきる野市にて無垢材で家具を作っているウィステリア家具工房。仕事や趣味、日常の事を写真を添えて書き綴っています。

ランダムオービットサンダー 購入

2021-01-14 13:57:28 | 道具

昨年の年末から年始にかけていろいろな機械が故障しました。

充電式のドライバードリルやトリマーのコレット部分

そして、マキタのランダムオービットサンダーも。

この機械、かなり研磨力があり、振動も激しいので壊れやすい気がします。

それと、コードに足を引っかけて落とす事もあるので・・・。

古い方は一応修理に出しましたが、ないと困るので新しいのも買いました。

新機種は取手が付いてましたが片手操作が多いのであまり使わないかも?

ランダムオービットサンダー 今はマキタ位しか出してないのか?  以前ボッシュのランダムオービットサンダーを買いましたが、全然研磨力が弱く使い物にならなく、知人にあげちゃいました。

これ、椅子の座掘りの研磨にはなくてはならない機械で、深い逆目の研磨にも重宝してます。

 

コメント

あけましておめでとうございます

2021-01-01 17:01:55 | 道具

新年 明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

 

一応 こんな書き出しで始まりましたが、私はあんまり“四季の行事や習わし”をあまり重視していなく、正月にこれと言った決まり事もなく、元旦に実家で食事をする位なんです。

休みも用事があればお休みにするし、なければ2日から工房で作業することもあります。

今年は、急ぎの仕事もないので定番品の木取り、試作等 軽い仕事を2~3日から始めたいと思っています。

そんな感じなので何かありましたらお気軽にご連絡ください。

一人でやっていますのでご訪問の際はご連絡の上お越しください。

 

さて、今年最初の記事ですが、年末に届いたルーター

BOSCH  GOF1200A  

創業前に買ったから20年以上前のモデル 今でも売っているのか? 検索しても直ぐに出てこなかったから廃盤かな?

当時は使いやすいと評判だったので新品で購入。

工房には大きなルーターマシンがあるし、面取りはトリマーを使うのでルーターの出番は少ないのですが、この機械でしか出来ない加工もあり、なければ困る機械の一つ。

使用頻度は少ないけど20年も使っていれば不具合も出ます。なじんだ機械なので違う機種に買い替えるのもなんか・・・。

そんな中、オークションサイトを見てたら、まあまあ綺麗な物が出品されていたので落札してみました。

送料込みで9000円程 

届いて開封したら なんと軸が8mm ビット取付のスパナもなし。

同じ機種を持っていなかったら直ぐに使えず困ったところですが、私は問題なし。

オークション ちゃんと説明や写真をみないとダメですね~。

写真左が新しい方 若干プラスチックの劣化が少ないようなので、今のより新しい年式の物かな?って感じ。各部の動きもOKなので予備機として問題なさそう。

これで暫くは安心です。

 

ルーターの前に転がっているのがコレットと言う部品。

日本では6㎜軸と12㎜軸が一般的 このコレットは8㎜のビット用のもの

12㎜軸で使いたい場合はこれを交換しなくては使えません。

さて、メーカーはこの部品を在庫しているのか?

コメント

吸い付き桟の製作

2020-12-31 15:20:42 | 家具製作

今年も終わりですね。

blog・facebook共に最近記事を書けなかったのは忙しかったからと、なぜか?パソコンに写真を取り込めなくなっていたからなのです。

12月半ば頃から不調で写真が入りません。SDカードリーダーの故障かも?

仕方ないので古いパソコンに取り込みメールで送ると言う面倒な作業を行いました。

 

さて、今回はテーブル天板の『吸い付き桟』の製作工程の紹介。

これまで何回か記事を書きましたが、今回は写真を多く撮り、説明致します。

 

まず、吸い付き桟とは・・・

板の伸縮を妨げずに反りを止める仕口の事で、アリ溝と呼ばれる台形の溝を掘り、それと同じ形に加工した角材を作り滑り込ませ固定するもの。固定と言っても接着剤は使いません。

昔からある蒸籠(せいろ)や鍋の木の蓋同じ構造 と言えば分かりやすいかな。

 

① この様な治具を作り、ルーターで溝を掘ります。アリ溝ビットを付けて掘りますが、最初にストレートビットで荒堀りをしてからアリビットを使わないとビットを痛めます。

切削量が多いと、とがった刃先が欠ける事があるのです。

② こんな感じの溝が掘れます。 この溝ですが、片側だけ勾配がついているのです。

先に行くに従って細くなってます。2㎜ほど。

③この溝に合わせた角材を作り滑り込ませます。

④何度も削っては入れ、削っては入れ を繰り返します。

ショックレスハンマーで叩き、最後はクランプで押し込めます。

⑤しっかり押し込み蓋をします。今回は4本脚の幕板構造の脚が付くので蓋は接着剤で付けず、木ネジで止めました。

幕板の下になって見えないところにビスを打ちます。

⑥全体の写真がこれ 二本の吸い付き桟 同じ方向からではなく“互い違い”に入れてあります。

こうすることによって伸縮を妨げず位置もズレることがないのです。

 

吸い付き桟 何度やっても緊張する。ちょっと間違えば部材がパーになります。繊細な加工が必要なので時間もかかる。

それと、材のコンディションにも気を使います。

乾いた材を使わないと緩んでしまいます。入れる角材も太ければ良いってものではありません。太いと強度はありますが伸縮率が大きく緩みやすいのです。 

細いと天板が反る力に負けてしまいます。

天板の厚みから計算して寸法を決めています。

なかなか難しい加工なのですが、ビシッと決まると丈夫で何年経っても歪みのない天板となるので大事な加工だと思っています。

 

 

コメント

木材 購入

2020-12-17 22:41:48 | 材木

ここ最近ですが、運送屋さんも効率と言うか利益重視になってきました。

従業員の負担軽減もあるんでしょう。

 

 

何を言いたいのかと言うと

 

 

材木を運んでくれないので~~す。

 

 

長くて、重くて、かさばる。荷降ろしに手間が掛かる・・・。

まぁ仕方ないのかなぁ

 

 

って事で、運送屋さんの営業所止めの材木を引き取りに行ってきました。

 

今回は引き出しの側板のシナがなくなったので在庫の補充。ついでに、これまで扱っていなかったクルミを購入してみました。

 

国産のオニグルミ。

 

切削は容易で優しい雰囲気の材です。粘りがあって強靭な材ではないので椅子の脚やスピンドルにな向きませんが箱物には最適です。

作品の幅を広げるために必要な材だと思い購入してみましたが、どうか?

いろいろと試してみないとわからないなぁ。

 

相性が合うか? 楽しみですが、その前に工房に入るのか 

もう隙間はありません。悩みますがどうにかしなければ・・・。

 

この ↑ 27㎜のクルミはなんとか収まりました。

 

残るは42㎜の ↓ クルミです。 明日 頑張りまっす!!

 

 

コメント

毛引き 納品されました

2020-11-30 14:22:50 | 木工教室

木工教室の入り口にある販売棚

鉋や鑿等 木工教室の生徒さん用に工具の販売をしています。

最初は「各自が好きに工具を購入してください。アドバイスはします」

と言う形でやっていましたが、購入する場所がわからない 何を買っていいのか?と言われたので、教室で一般的な道具を販売することに致しました。

問屋やネットを駆使してなるべく安価で良い品を選んでます。

道具屋さんやホームセンターより安く販売してます。

利益は考えてませんので木工教室の生徒さん以外の方には販売しておりません。

ご理解ください。

コメント

古材(脂松)のテレビ台 完成

2020-11-22 10:02:31 | 家具

古材家具を製作致しました。

床の間材を再利用して作ったAVボード(テレビ台)です。

旧家の床の間を解体した際に保存しておいた古材、何度か加工したことがあるのですが、多くは欅でしたが、今回は松材。

それも脂を多く含んだ材。節もあります。

味わいがあって良いのですが、加工が大変なんですよ~。

それに、材が全然足りない。床の間の床板と違い棚の3枚が支給品 仕方ないので内側は工房在庫のイエローポプラを使いました。

北米材のイエローポプラ 日本の朴の木とすごく似てます。心材が緑がかったグレー、辺材がくすんだ白色

見える手前30㎜ほどは松で内側はポプラを矧ぎ合わせました。

側板と天板、台輪の前と横は松材です。

サイズはW1500 ×D340×H400

天板の上にはWのスライドコンセントがつきます。

脂松なのでたぶん上に物を置くとベタベタになり、くっついてしまうでしょう。

今は取り付けていませんが、内部に強化ガラスの棚板1枚がつきます。

中央は強化ガラスでプッシュオープン式の扉

左右の扉は無垢板なのでコの字アングルの反り止めが付きます。

インセットのスライド丁番(LAMP  OLYMPIA 厚板用H360シリーズ)を使用。この型は初めて使いましたが調整が楽で簡単、精度も良さそう。

コメント

裁ち板 再利用テーブル

2020-11-21 12:53:35 | 家具

和裁の裁ち板を使ってのリメイク家具

今は使わないワレの入った裁ち板を使ってテーブルを作って欲しいと言うご依頼。

お預かりした古い裁ち板ですが、ワレ止めに板や釘が打ち付けられていたので、両端を詰めて1350mmにしました。

紫檀のチギリを両面に入れてあります。

センターテーブルとして使いたいとのご希望でこの様な形にしましたが幅がないのでベンチっぽい感じですね。

脚部は北海道産の緋桂の最良材 こちらは工房在庫の新材です。

角材を挽き割って木取りしましたが、まったく動きません。

色も木目も乾燥状態も文句なしの材でした。

塗装はオイルフィニッシュ

サイズはW1350×D400×H450

コメント

チギリの入れ方

2020-11-07 13:17:08 | 家具製作

今、古材の加工をしているのですが、ワレが入っているのでチギリを入れました。

その加工方法の紹介

まずは、こんな道具を使います。

チギリの部材は紫檀、角度出しが容易な軸傾斜の昇降盤で切ってこの形にします。

道具は トリマー 追い入れ鑿 鎬鑿 玄翁

先を細くとがらせた鉛筆で形を写します。

トリマーに6mmのビットを付けて荒堀りします。 数が多ければ型板を作りますが少数ならフリーハンドで削ります。

追い入れ鑿で大体の形を削り、角はこの鎬鑿(しのぎノミ)を使います。

木工用ボンドを入れて叩き込み、出っ張った部分を切り落とします。傷つき防止に厚紙を敷いています。

その後に鉋で削れば完成

コツは『精確な加工』と『ノミの切れ味』 

当たり前の事で“コツ”になっていませんね(笑)

チギリは目立つので失敗出来ません。慎重に丁寧な加工が必要ですが慣れればそれほど難しいものではありません。

 

 

 

 

コメント

商品棚の製作

2020-10-27 12:49:46 | 家具

今回はお客様からの直接のご依頼ではなく、業者様を介してのご注文。

写真は パン屋さんの商品展示販売用の棚 です。

18㎜パイン集成材を使って製作。

幅1800~1000mm 分解式 4台作りました。

今回は塗装は別、ここまでが私の仕事となります。

完成まで見られないのが残念ですが、まぁ仕方ない。

 

コメント

材木到着

2020-10-21 14:36:14 | 材木

昨日、大阪より材木が大量に届きました。

ウォールナットにチェリー アメリカ産の特選材

お客様 自らが選んだ材でテーブルを製作します。その数 5台

なかなかボリュームのある仕事。たぶん本年最後の仕事となるでしょう。

完成後の写真はたぶん撮れないので材木だけ載せます。

コメント

クルミ油と蜜蝋で

2020-10-19 09:12:59 | 家具製作

先月に作ったカッティングボードに亜麻仁油で仕上げをしましたが、次はクルミ油と蜜蝋をブレンドしたオイルワックスで艶出しの塗装をしてみようと考えAmazonで注文してみました。

油を単体で使うよりもいくらか艶が増して撥水性も上がるかも?

試してみようと思ってます。

コメント

集成材でのお仕事

2020-10-18 16:54:50 | 家具製作

今、製作中の家具部材 大量です!!

全部集成材で店舗の販売棚。大きな物は幅1800mmあるので組み立て式。

集成材は規格品なので切ればすぐに使えると思うかもしれませんが、しっかり直線で、直角になっていないと組み立てられません。

手押し鉋盤・自動鉋盤等々の大型機械が必要になるので、大工さんではちょっと難しい。。。

家具屋さんの出番なのです。

大きな分解式で塗装は請け負ってないので完成品の写真は撮らない予定 なので部材写真だけです。

しばらく投稿忘れてましたが元気に働いております。

注文が重なりしばらくは忙しくなります。

ありがたい事です。

 

コメント

カッティングボードの塗装

2020-09-22 10:46:09 | 木工

先日、木固めエースで下塗りしたカッティングボード 数日経ってしっかり固まったので研磨し、上塗りに入りました。

まず、木固めエース(商品名)ですが、木材の内部に入り固まり、材を保護する塗料。

含侵し固まれば無害で食器にも使える塗料。

 

木固めエースを数回塗り、仕上げにも上塗り剤を吹き付ける方法もあるのですが、私はしっかりコーティングすると艶々で無垢材の質感が無くなってしまう感じがするので独自の方法にしてます。

私の場合は、木固めエースを1~2回塗布し木地を固めて水分に強くします。

その後、ウエットサンディング(水研ぎ)をして乾かし艶出しのオイルを塗布します。

今回はクルミ油が売り切れだったので亜麻仁油にしました。

亜麻仁油は黄変すると言われているのですが、まぁ大差はないでしょう。

クルミ油も亜麻仁油も食用油なので安心。でもクルミ油の方が美味しそうな匂いで塗ってると気分が良いので、こっちの方が好きですが、乾燥性は亜麻仁油の方が上で使いやすく便利です。

 

木工の塗装用のオイルですが、油ならなんでも良いと言う訳じゃなく。乾性油じゃないとダメなのです。

読んで字の如く、乾いて固まる油 代表的なのが 荏油・桐油・亜麻仁油 

不乾性油は 椿油・菜種油・オリーブオイル等 

不乾性油はいつまでもベタベタしているので汚れが付きやすく、おすすめできません。

 

ついでに家具塗装(オイルフィニッシュ)で使うオイルは乾性油をブレンドし乾燥促進剤を混ぜたもの。

創業当時天然の油脂にこだわりいろいろと自分で研究しブレンドしたりしましたが、素人知識では納得いくオイルは作れませんでした。天然の油だけだと、どうしても乾燥が遅く不都合があるのです。

結局は数社のオイルメーカーを試し、乾燥性やコスパで下塗りに ターナー色彩 ESHA クリアオイルラピッドorクラフト 上塗りの艶出しにリボスのクノス に落ち着きました。

両方ともに安全性に配慮された塗料となります。

 

コメント

ロードバイク購入

2020-09-14 16:10:23 | 自転車

少し前から欲しいなぁ~ と思っていました。

自転車が趣味ってほど走らないけどクロスバイクではなんか物足りない感じなのでドロップハンドルのロードバイクを買いました。

と言っても中古です。

TREK one series1.1   6~7年前のモデルか?

入門用のロードバイクらしい。

乗ってみたら、もう1台のクロスバイクよりもパーツのグレードが低いのが直ぐ分かった!!

ギヤの変速時にガチャガチャとスムーズにいかない。

ブレーキが効かない。

中古なので仕方がない部分はありますが、どうにかしたい。

そこで、変速機周りの交換はだいぶお金が掛かるのでブレーキのみ交換することにしました。

 

シマノの105 と言う上級モデルのブレーキ

取付て試走してみましたが、Good!!  カチっと止まります。

タッチも良い。

これで安全に乗る事が出来ます。

自転車 なかなか良い運動になりますね。

 

 

 

コメント

丸型カッティングボード 塗装中

2020-09-11 22:40:28 | 木工

定番商品の『丸型カッティングボード』 製作中

これまでかなりカッティングボードを作ってきましたが、その中で1番の人気商品。

最初は円形部の材料は『桜』と『ブナ』 取手はウォールナット。

そこそこ売れたのですが、試しに作ったチェリーが好評でチェリーとウォールナットに決まりました。

用途は 小さな まな板、キッチンで果物やチーズを切ってそのままテーブルに出してお皿として使えます。

鍋敷きにしたって良いでしょう。

卓球のラケット代わりにもなります。

多用途なのです(笑)

キッチン用品なので、ある程度の耐水性は必要なので含侵して保護する塗料の『木固めエース』を2回塗布してからウエットサンディングして、最後に艶出しのクルミ油を塗って完成。

販売価格 2,500円 

 

コメント