のぶさんの花便り

デジカメと花に夢中な《のぶさん》ですが
これからは、風景やスナップにチャレンジ

隅田川に架かる橋 その6

2018年06月18日 08時32分36秒 | 写真

吾妻橋は、隅田川にかかる橋で、東京都道463号上野月島線吾妻橋支線(雷門通り)を通す。西岸は台東区雷門二丁目、および花川戸一丁目を分かち、東岸は墨田区
吾妻橋一丁目。橋東岸の墨田区の町名でもあり、一丁目から三丁目まで存在する。この橋の西岸の交叉点には浅草一丁目がかかり、神谷バーなど、いわゆる浅草
心に近い橋である。また、東岸にはアサヒビール本社などが入る墨田リバーサイド地区がある。なお、サクラの名所として著名な隅田公園はこの橋がほぼ南端にあたる。
なお東武伊勢崎線・東京メトロ銀座線都営地下鉄浅草線の浅草駅はこの橋の西岸にあり、東岸約500メートル先にこの橋の名を冠した本所東橋駅(都営浅草線)がある。
また、東京都観光汽船の桟橋である浅草ステーションが橋の西詰に設けられている。ここから浜離宮を経由して東京港日の出桟橋まで運航されている墨田川ラインと称す
る航路が出発している。この為、隅田川下りの拠点の一つとしても著名な地点でもある。  (Wikipedia より引用)

駒形橋は、1927年(昭和2年)に竣工した隅田川にかかる橋で、東京都道463号上野月島線(浅草通り)を通す。西岸は台東区雷門二丁目、および駒形二丁目を分かち、
東岸は墨田区東駒形一丁目と吾妻橋一丁目を分かつ。橋名は橋の西詰にある「駒形堂」に因む。
関東大震災後の復興計画により現在の橋がはじめて架橋された。それまでは「駒形の渡し」があった場所である。  (Wikipedia より引用)

厩橋は、隅田川にかかる橋で、東京都道453号本郷「亀戸線(春日通り)を通す。西岸は台東区蔵前二丁目、および駒形二丁目を分かち、東岸は墨田区本所一丁目。
橋全体に馬を連想させるレリーフなどが施されている。橋名は西岸にあった「御厩河岸(蔵前の米蔵の荷駄馬用の厩)」にちなむ。もともと元禄年間ごろから続いていた
「御厩の渡し」のあった場所である。1872年(明治5年)に花見客の人出でこの渡し舟が転覆する事故があった。以前から転覆事故が多く「三途の渡し」と揶揄されて
いたこともあり、民間の手により架橋されることとなる。 1874年(明治7年)10月6日完成。長さ511尺(約150m)、幅20尺(約6m)の木橋が架けられたと伝えら
れる。現在よりも約100mほど下流の位置にあった。
この橋は老朽化のために東京府によってプラットトラス形式で長さ86間(約154m)鉄橋に架け替えられた。1893年(明治26年)5月6日に完成した。

  (Wikipedia より引用)


                                      (2014.07.08 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

隅田川に架かる橋 その5

2018年06月17日 06時29分50秒 | 写真

桜橋は、隅田川に架かる橋梁である。台東区と墨田区の姉妹提携事業として1980年に創架が始まり、1985年に完成した隅田川唯一の歩行者専用橋で、両岸の墨田
公園を結ぶ園路の役割を持つ。形状は平面のX字形の特異な形をしている。花見のシーズンには、両岸の桜を楽しむために多くの人がこの橋を渡る。
総工費、28億3000万円は台東区、墨田区の折半である。美しい橋で周辺との景観との調和を考慮して色彩や素材に工夫が見られる。
映画、ドラマ、バラエティなどのロケによく使われることでも知られ、東岸(墨田区側)は背後に墨堤通りが走っている狭小地であり足場用地確保のためか、通り
上面に覆道を置きこれが橋と一体化している。 (Wikipedia より引用)

言問橋は、隅田川にかかる橋で、国道6号・東京都道319号環状三号線(言問通り)を通す。西岸は台東区花川戸二丁目と浅草七丁目を分かち、東岸は墨田区向島
一丁目と二丁目を分かつ。もともと「竹屋の渡し」という渡船場があった場所である。関東大震災の震災復興事業として計画された橋。両国橋や大阪の天満橋と
並んで三大ゲルバー橋と呼ばれた長大な橋である。川端康成は小説『浅草紅団』の中で、その直線的で力強いデザインを曲線的で優美な清州橋と対比させ、「ゆる
やかな弧線に膨らんでいるが、隅田川の新しい六大橋のうちで、清洲橋が曲線の美しさとすれば、言問橋は直線の美しさなのだ。清洲は女だ、言問は男だ。
」と記
している。 (Wikipedia より引用)

隅田川橋梁は、隅田川に架かる鉄道橋で、東武伊勢崎線を通している。形式は中路カンチレバーワーレントラス、鋼材重量910(重量トン)、橋長166mの鉄道橋
梁である。別名、花川戸鉄道橋とも呼ばれている。この橋は、東武が浅草駅まで延長するために隅田川に架けた橋で、隅田川の景観に配慮するためと車窓からの隅
田川の景観を考慮して、高いトラス橋にせず架線柱に曲線のデザインが取り入れられた。また、計画の際には隅田公園を通る路線が計画されていたが、隅田公園の
景観を損なわないよう公園を避けるようにルートの設定がなされた。 なお1931年から1943年まで、橋のすぐ東側に隅田公園駅が設けられていた。
デザイン性の高さを物語る逸話として、戦後間もなく進駐軍から設計図の提出を求められたという。
なお、浅草駅入線に際する運転の制約上、この橋梁付近での制限速度は15km/hとなるほか、両渡り線が設置されている。橋梁上に分岐器は設置されないのが通例
であるが、浅草駅寄りの高架区間に設置するスペースがなく、やむを得ず設置されているものである。
列車がゆっくりとこの鉄橋を渡る風景は非常におだやかで、鉄橋のつくりもあいまって、現在は浅草の情緒を引き立てる役ともなっている。  (Wikipedia より引用)


                                      (2014.07.08 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

隅田川に架かる橋 その4

2018年06月16日 00時49分08秒 | 写真

千住汐入大橋は、隅田川に橋で、東京都道314号言問大谷田線を通す。北岸は足立区千住曙町、南岸は荒川区南千住八丁目。橋名はもともとこの場所にあった渡船
場、「汐入の渡し」にちなむ。隅田川に架かる橋の中で2番目に新しく、2006年(平成18年)2月19日に開通した。東京都が災害時の防災拠点として整備している
白鬚西地区の主要連絡路であり、足立区、荒川区、葛飾区を相互に繋ぐ重要拠点として架橋された。 (Wikipedia より引用)

水神大橋は、隅田川にかかる東京都道461合吾妻橋伊興町線支線の橋。西岸は荒川区南千住八丁目、東岸は墨田区堤通二丁目。橋名は東岸にある「隅田川神社(水
神宮)」に因む。創架は1989(平成元年)3月。橋の組み立てを陸上で行い、橋桁を台船に乗せて干満の差を利用して橋脚に乗せるという方法を利用した。
付近の塩入公園、東白髭公園は東京都の防災拠点として位置づけられており、そのため双方を繋ぐ連絡橋として千住汐入大橋と共に計画された。
当初は歩行者専用橋で、接続する道路の整備が完了した1996年(平成8年)7月10日より自動車道路供用が開始された。もともと「水神の渡し」という渡船場が
あった場所でもある。 (Wikipedia より引用)

白鬚橋は、隅田川にかかる橋で、東京都道306号王子千住夢の島(明治通り)を通す。西岸は荒川区南千住三丁目と台東区橋場二丁目を分かち、東岸は墨田区堤
一丁目と二丁目を分かつ。橋名は東岸にある「白髭神社」に因む。 (Wikipedia より引用)

                                      (2014.07.08 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

隅田川に架かる橋 その3

2018年06月15日 02時19分26秒 | 写真

尾久橋は、隅田川にかかる橋、都市計画道路放射11号尾久橋通りを通す。北岸は足立区小岩1丁目、南岸は荒川尾久8丁目。橋名は荒川区の地名にちなむ。
昭和7年(1932年)荒川放水路の開削時に創架された。初代の橋はカンチレバープレートガーダー形式で、橋梁設計は白髭橋や十三大橋などを担当した橋梁技術者の
増田であった。のちに交通量の増大に伴い、老朽化が進み 昭和43年(1968年)5月に現在の橋に架け替えられた。隅田川に架かる橋であるが、北岸部で扇大橋と
直接つながっており、通行する人には一つの橋と思われている。 (Wikipedia より引用)

日暮里・舎人ライナーは、コンピュータ制御による自動運転を行う新交通システムで、日暮里~見沼代親水公園間(9.7km・13駅)を運行しています。
2008(平成20)年の開業以来、主に沿線の足として親しまれています。

尾竹橋は、隅田川にかかるで尾竹橋通りを通す。南岸は荒川区町屋六丁目と七丁目を分かち、北岸は足立区千住桜木二丁目。橋名はこの場所の足立区側にあった
「尾竹の渡し」の名に因む。尾竹の渡しは元来お茶屋の渡しと呼ばれていたが、茶屋に「おたけさん」という女性がいたことから呼ばれたとされている。
付近は千住や西新井大師への渡船場として栄えてきた場所であり、昭和9年3月に関東大震災後の復興事業の一環として計画、架橋された。
当時の橋は長さ132m、幅10.2mで、当時最新の5径間突桁式上路鋼鈑桁、いわゆるゲルバー桁橋であった。 (Wikipedia より引用)

千住大橋は、隅田川にかかるで、国道4号線(日光街道)を通す。北岸は足立区千住橋戸町、南岸は荒川区南千住六丁目。旧橋(下り方向)・新橋(上り方向)
の二橋で構成されており、旧橋の上流側にに東京都
水道局の工業用水道専用橋である千住水管橋がほぼ並行する。 (Wikipedia より引用)

                                      (2014.07.08 撮影)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

隅田川に架かる橋 その2

2018年06月14日 06時07分21秒 | 写真

川沿いには多くの中高層の都営住宅やマンション群が続きます。川沿いの遊歩道に植えられたアジサイが華やかな彩りをそえます。

もともと現在の橋の上流300メートルほどの隅田川が大きく蛇行する「天狗の鼻」とよばれる場所に鎌倉時代から続くとされる「六阿弥陀の渡し(豊島の渡しとも)」
があり、六阿弥陀詣の人々で賑わったと伝わる。1925年(大正14年)、この場所に最初の豊島橋が木橋として架けられた。初代の豊島橋は荒川を渡る同じく木橋
の旧江北橋と結ばれていたが、老朽化によって1960(昭和35年)に下流の現在の位置に両橋ともどもゲルバー式鋼製桁橋として改架された。
なお旧江北橋はすぐに撤去されたが、旧豊島橋は1967(昭和42年)まで存在していた。
2代目の鉄橋は1995年(平成7年)に地盤沈下と老朽化によって再度改架されることとなり、7年の工事期間を経て2001年(平成13年)に現在の橋となった。
 (Wikipedia より引用)

豊島橋近くのファミレスでランチタイム。炎天下でのデジカメ散歩でのどがカラカラに、水分補給のために、かき氷を注文すると、大皿に山盛りされたかき氷が
のどの渇きを癒すことができました。

小台橋が、架橋前は付近に「小台の渡し(尾久の渡しとも)」があり、江戸時代より江北・西新井・草加方面への交通の要所として賑わっていた。
西新井大師
や六阿弥陀のひとつである沼田の恵明寺に詣でる人々も多く利用した。小台橋が最初に架橋されたのは昭和8年(1933年)で、関東大震災後の都市復興事
業により架橋された。いわゆる「震災復興橋梁」には数えられないが、復興都市計画に基づいて架橋されたものである。その後老朽化によって、平成4年(1992年)
に現在の橋に架け替えられた。 (Wikipedia より引用)

                                      (2014.07.08 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

隅田川に架かる橋 その1

2018年06月13日 03時38分09秒 | 写真

近年、隅田川では親水テラスや緩傾斜の親水護岸の整備が進む一方、川の水質も浄化が進み水辺の環境が大きく変わってきました。
そして改善された環境に呼応するように川沿いでの再開発などが進行し、高層化された近代的ビルの立ち並ぶリバーサイトの景観が生ま
れてきています。 中央大橋など最近架けられた橋は、新しく生まれ変わった周辺環境にふさわしい橋景色を見せています。
 また、隅田川花火大会や早慶レガッタの復活、桜祭り、川辺での音楽祭、遊覧観光船の就航など隅田川はまさに都民の憩いの場として
よみがえりつつあります
。 

隅田川に架かる橋を上流から巡ることを思いつき、4年前に実行し撮影したものを、私の拙いブログに連載しますので、ご覧いただければ
と思います。

旧水門はその色から通称「赤水門」と呼ばれる。1916年(大正5年)に着工し、1924年(大正13年)10月に完成した当初の水門。RC造(一部S造)で、9m幅の
ゲート5門で構成されている。1960年(昭和35年)3月に通船のために5番ゲートが改造された。完成以来、最大2m以上にもおよぶ地盤沈下や、左右岸の不等沈下
が発生するなどの問題に悩まされ、新水門完成に伴ってその役割を終え、取り壊されることになったが、地元の人などから惜しまれ保存されることになった。
のちに、土木建築物としての価値が高いと再評価され、1995(平成7年)には産業考古学会によって推薦産業遺産に、1999年(平成11年)には東京都選定歴史
的建造物に指定された。水門上は歩行者自転車専用橋として開放され、川に囲まれた中之島(水門公園)に渡ることができる。 (Wikipedia より引用)

新水門はその色から通称「青水門」と呼ばれる。旧水門の老朽化、地盤沈下対策、また洪水調整能力の強化を考えて、300mほど下流に作られた。
1974(昭和49年)に着工し、1982年(昭和57年)に完成した。事業費は約70億円。200年に1回の大洪水にも耐え得るように作られている
RC造で、10m幅のゲート3門で構成されている。重さは1枚あたり214tで1500tの水圧に耐える
。増水時には、水門を閉じ、荒川上流と隅田川の水流と途絶させる。
通常の閉鎖にかかる時間は約45分だが、クランクハンドルによる手動の閉鎖では30日かかる計算になる
。これでは大地震等で電源を喪失した場合に閉鎖できなく
なってしまうため、自家発電
装置や電源が無くても門扉を自重で降下させる装置の設置が行われている (Wikipedia より引用)

新神谷橋は、橋長153.0メートル、3径間の鋼鈑桁橋の1等橋である。橋の右岸側には延長139.1メートルで幅員10.0メートル、左岸側は延長444.3メートルで幅員
10.0メートルの取り付け道路を有している
。また、水道道路併用橋でもあり橋に付帯設備として内径1.2メートルの水道管を4本(送水本管2本、工業用水道管2本)
併設し、水道橋
の役割も持ちあわせている。 また、災害時に防災拠点等に緊急輸送を行なうための、東京都の特定緊急輸送道路に指定されている
北岸は
足立区新田しんでん)2丁目、南岸は北区神谷1丁目に位置する。橋名は北区の地名にちなむ。岩淵水門の管理橋を別とすれば、隅田川最上流の橋となる。
(Wikipedia より引用)

新田橋は、もともと「野新田(やしんでん)の渡し」(馬場の渡しとも)という農業渡船があり、荒川放水路開削に伴って中州状に孤立した付近の交通路として
利用されていた。1939
(昭和14年)に最初の木橋が木造下路ハウトラス橋として架けられた後、トラス部分の改装を経て1961(昭和36年)3月に現在の橋に
架け替えられた。珍しいA字型をした橋脚は、木橋時代の橋脚を模したものである。 (Wikipedia より引用)

新豊橋(しんとよはし)は、隅田川に2007年(平成19年)3月24日に開通した橋。交通開放は、2007年3月26日15時にされた。北岸は東京都足立区新田(しん
でん)、南岸は北区豊島
。橋名は両岸の地名にちなむ。 (Wikipedia より引用)

水門は橋ではないから、ここで岩淵水門を取り上げるのは場違いかもしれませんが、隅田川の橋を語る際には、この水門に触れないわけにはいきません。
明治の洪水をきっかけに、治水事業として荒川放水路が開かれ、大正の末に完成することになるわけですが、隅田川につながる旧荒川と新たにできた放水
路とのあいだの水流を調節するものとしてこの水門が作られたのでした。時に大正13年のことです。
荒川の上流はこの水門を境にして、隅田川の流れと現在の荒川の流に別れます。水門は通常開かれていますが、上流部の水位が増すと、隅田川の増水を調
整するため閉じられます。放水路とこの水門ができて以来、東京は大きな水害に見舞われることがなくなりました。
昭和57(1982)年、水門が老朽化したため、新しい水門が作られました。これをきっかけに、古い水門は取り壊されそうになりましたが、地元の人々の
熱意によって残されることとなりました。いろいろな意味で愛されていたのでしょう。古い水門は赤く塗られ、新しい水門は青く塗られています。

(2014.07.08 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

堀切菖蒲まつり 2018 その6

2018年06月12日 00時53分51秒 | 写真

拙い説明は省き、写真のみご覧ください。 

(堀切菖蒲園:東京都葛飾区   2018.06.03 撮影

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

堀切菖蒲まつり 2018 その5

2018年06月11日 00時58分00秒 | 写真

拙い説明は省き、写真のみご覧ください。 

(堀切菖蒲園:東京都葛飾区   2018.06.03 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

堀切菖蒲まつり 2018 その4

2018年06月10日 07時11分46秒 | 写真

拙い説明は省き、写真のみご覧ください。 

(堀切菖蒲園:東京都葛飾区   2018.06.03 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

堀切菖蒲まつり 2018 その3

2018年06月09日 02時33分01秒 | 写真

拙い説明は省き、写真のみご覧ください。 

(堀切菖蒲園:東京都葛飾区   2018.06.03 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

堀切菖蒲まつり 2018 その2

2018年06月08日 06時13分19秒 | 写真

堀切菖蒲園は、平成30年4月2日にリニューアルオープンしました!車いすの方でも使えるトイレ、通りやすい園路などを整備し、多くの方
が楽しめる
公園になりました。花菖蒲をはじめ、四季折々の花が植えられています。   

(堀切菖蒲園 : 東京都葛飾区 2018.06.03 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

堀切菖蒲まつり 2018 その1

2018年06月07日 05時07分05秒 | 写真

堀切菖蒲園の花菖蒲は江戸名所のひとつとして古くから知られており、その景観は安藤広重や歌川豊国らの錦絵の題材にもなった。
花菖蒲の種類は約200種、6000株にもおよぶ。水元公園は都内で唯一、水郷の景観をもった公園で、四季折々の眺めは訪れる人々を自
然に魅了する。この時期は約100種、1万4000株の花菖蒲が見ごと。このふたつの公園を会場に、今年も菖蒲まつりが開催される。
期間中は歌謡ステージなど、さまざまなイベントも開催。イベントのスケジュールに合わせて出かけるのもおすすめです。  

(堀切菖蒲園 : 東京都葛飾区 2018.06.03 撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイサンボク

2018年06月06日 00時26分20秒 | 写真

タイサンボクは、モクレンやコブシなどと同じ仲間。早春から続くこのマグノリア(モクレン)属の開花の最後を飾るのが、タイサンボクです。
こんな時期にと思うほど遅い6月から7月に、大輪で純白の香りのよい花を咲かせます。花の白と、常緑で光沢のある葉の深緑色との対比
は非常に美しいものですが、花が上向きに咲き、樹高が高いため、見上げないと開花に気づかないことがあります。
大きな葉の裏面には、茶色の毛が密生し、花のない時期にも端正な樹形と相まって美しいものです。  

(皇居東御苑 : 東京都千代田区 2018.05.31 撮影) 
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カイコウズ

2018年06月05日 02時05分17秒 | 写真

アメリカデイゴはマメ科デイゴ属の小高木で、高さ6mほど、時にもっと大きくなることがある。愛知県豊橋市でかなりの巨木を見て驚いたが、
横に大きく広がった樹冠を形成した姿はなかなか美しい。本種の和名はカイコウズ(海紅豆)であるが、この和名で呼ぶことは少ない。
枝の先に着く花序は長さ50~70cmほどと長く、深紅色の美しい花を多数着ける。花はマメ科特有の蝶形花で、下側にある旗弁は幅が広く、
長さは5cmほどある。花は6月から9月頃まで、花序の下の方から次々と咲き続ける。  

(皇居東御苑 : 東京都千代田区 2018.05.31 撮影) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花菖蒲 2018 その6

2018年06月04日 04時53分10秒 | 写真

花の見ごろは6月上旬から中旬頃。美しい回遊式庭園で見られる気品漂う花菖蒲の姿は、この季節ならではの特別な景観です。
ご覧になる方は、お早めにどうぞ! 

(皇居東御苑 : 東京都千代田区 2018.05.31 撮影)  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加