りおちんの縁側

ひなたぼっこしながら、お茶を飲むのが好きなりおちんの、お気楽日記帳でっす♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

寝ぼけ坊

2019年10月23日 | 丈夫な路
ぐっすり寝ていた息子さんがむっくり起きて


隣にいた私の膝を人差し指でトントントン



「な、なに?」


うっすらと目を開けて


「何時かと思って^_^」
と答えながら寝返りをうってすぐさま夢の国へ帰って行った。






母の膝はスマホではない
コメント

怒涛の成長期

2019年10月15日 | 丈夫な路
制服のズボンの丈上げを制服屋さんに頼んでみました。
いつも自分でするんだけど、そういや無料でやってくれるって言ってたなって思い出して。
そしたら6月7月持込だけ無料だった。
え。。。そうだっけ。。。


それにしてもまあ!
大きくなりました。



来年。。。
まさかの買い替えでしょうか。。。
コメント

仲間の力

2019年10月13日 | 丈夫な路
今まで部活のみんなで遊びに行くとなっても行かなかった息子さん。
やっぱりお小遣い問題だったみたいで、値上げした後の初のお集まりには朝からソワソワしながら出かけて行った。
「イオンで新発売のハンバーガーを食べた後、中広場で鬼ごっこ」が今日のスケジュールらしい笑
鬼ごっこって。。。
中学生男子、まだまだ子供ですw
あの中広場、ちびっ子メインじゃないのかしら。
ケガさせんなよ。。。


学校近くで待ち合わせ。
集合時間から30分くらいした後、しなきゃいけない家事もせず見れてなかった映画を見てたら、外から尋常じゃない賑やかな聞き覚えのある声が。。。
慌てて外を見ると、昨日も練習試合で会ったよく知ってる集団が1年生を先頭に続々と我があばら家前に集結していた。
なんだなんだ?!自転車暴走族の集会か!?

「どうした?!」
「じょんじー先輩、走りですか?」
「可哀想だと思って!」
「筋トレですか?」


息子さんの自転車はあるが、テストで全教科80点を取るまでは自転車に乗る事を許されていない。

部内でもう1人、自転車を使わず走って来る子(パンクさせて修理に持って行けと言われても持って行かないとお母さんが怒ってた)がいるのを知っていたので、その子と走れと徒歩で行かせたらまあ笑
じょんじー先輩のお母さんは怖いけど、みんなで頼んであげよう!となったのかしら笑
見るともう1人の走りのはずの子が自転車に乗ってる。
「どうした?」
「修理しました!」





仕方ない(苦笑
「英検に受かったらスマホ返還」希望を「自転車返還」に変えるとしよう。
母の一存で。
嫌がるだろうけども。
仕方ない仕方ない笑笑




自転車の鍵を渡すと、周りから「良かったー!!」と歓声が。
自転車集団は嬉しそうに頭の上に🎶マークを沢山浮かべながらお出かけして行きました。
その後ろ姿を微笑ましく見送っていたら、聞こえてきたいくつかの恐ろしい異口同音。






「よし!家、覚えた!」







覚えなくていいです(苦笑
コメント

抜ピン

2019年07月30日 | 丈夫な路
骨折して約1ヶ月。
今日は抜ピン。
指に埋め込んだ2本のピンを抜きに来ました。

子供の隣に座ってると、看護士さんが心配そうに
「お母さん、一緒で大丈夫ですか?」

ん?なんで?


すると遅れて来た医師も
「お母さん、一緒で大丈夫?ここ数人、連続で付き添いのお母さんが倒れてるんだよね」

へー、そうなんだー。
大丈夫だと思うよ?


「本当に?気分悪くなったら早めに言ってね?
血が少し出ますんでね。
ま、お母さん大丈夫そうね^_^」


なんだよ、どういう意味だよ笑


ピンを抜く作業は、麻酔もなくスー、スーッとあっという間に終了。


「お母さんの平気加減がすごいね!笑」


なんだよ、棘を抜くのと大して変わんないでしょうよ。
そもそも残念な事に、ここからじゃ先生が持ってる血受けのガーゼが邪魔で見えなかったよ😗



わたくし、一体どのように見えるのかしら?



当の本人は
「ピンを抜くのは注射の針を抜くみたいな感じなんだけど、その後の消毒が痛い😖」と、しばらくヒーヒー言っておりましたw

あとは、ピンの穴がカサブタになってポロっと取れたらプールOK。
バスケは9月から。

8月末の新人戦は「うーん、うーん。。。手を使うスポーツだからなあ。バンって当たったらまた骨が飛んじゃうかもしれないから、OKは出せないなあ。。。出してあげたいんだけどねー、うーん」

ま、どうせ下手っぴで出れないしね🤫
コメント

苦手な場所と苦手な事

2019年06月30日 | 丈夫な路
月曜日から定期テスト。

先日、初めて図書館で勉強した息子さんに

「また図書館で勉強しようか?」

と提案したところ、速攻で拒否されました。
理由は







「過度に緊張するから」








笑笑





ちなみに、勉強のため机に向かうと、途端にお腹が痛くなってトイレにこもります。。。
コメント

経験豊富

2019年06月29日 | 丈夫な路
息子さんの通院履歴


全身麻酔…1回(眼科検査)
骨折…4回(年少、年長、小1、小3)
3針縫合手術…1回(年長)
CT撮影…1回(小1骨折判断のため)
捻挫...数回


骨折と言っても、年少、年長は足の骨にヒビが入ったもの。小1は子供同士の正面衝突でメガネの鼻パッドで鼻骨がパキッと。。。

そんな経歴豊富な息子さんに新たな1行が追加されました。。。



「左環指末節骨骨折」



月曜日の夕方。
「昼休みに突き指したから痛くないけど念のため冷やしとくねー」


火曜日の夜。
「痛くないし曲げ伸ばしもできるんだけど、指の形が変なんだよねー」

……。
薬指の第1関節が曲がったまま伸びない。
なぜもっと早い時間帯に言わないのだね?
腫れてもないし、痛くもない。。。
んー。。。


水曜日の放課後。
仕事を早退してかかりつけの整形外科へ。
「骨折です。手術が必要なので、専門医のいる病院へ紹介状を書くから明日必ず行って」

えーーー???


木曜日。
週明けの月曜手術になりかけたけど、定期テストですって言ったら、受診当日に入れ込んでくれ、1時間ほどで手術完了。
「今夜は眠れないかも。みんな痛くて眠れなかったって言うよ。たまーに平気だったって子もいるけど」と散々脅されたその夜、夕食の後に「痛くなってきた気がする」と痛み止めを飲み、1度も起きることなく爆睡(笑


金曜日
「次の日の方がキツイかも」と言われて仕事を休ませてもらったが、ケロッと平気そうなので、術後消毒の後、病院近くの図書館でテスト勉強。


土曜日
「近くの整形外科で2日に1回消毒を」の指示に従って、消毒。←今ココ。



「左環指末節骨骨折」っていうとなんだか大変そうだけど、2mmほどの剥離骨折で、その骨のカケラを元の位置に戻して針金2本を埋め込んで固定。
針金を抜くまで4週間。長くて6週間。


「骨折は痛くないけど、手術の麻酔とか、こないだの捻挫の方が痛かったんだよねー」



重大な方を痛がっていただきたい。。。








怪我しすぎて、痛みに慣れてしまったか?
コメント

モナカと指と思いやり

2019年06月24日 | 丈夫な路
チョコモナカジャンボを2人で半分こして食べた後、ボロボロの手の指の皮を剥きながら

「お母さん、洗剤で手が荒れて皮がボロボロ剥けるとよねえ」
「指の皮じゃなくてチョコモナカジャンボの皮じゃない?」



違うし!



もっと労われ!母を!
洗え!皿を!
コメント

ボールがあれば友だちに

2019年06月16日 | 丈夫な路
浜のコートでバスケ中。

今日は4人の先客がいて、モジモジしていた息子さん達。
母が、水を飲みに来た先客君たちに「仲間に入れてやってよ^_^」と言うと、ニコッと頷いてコートに戻り、サラッと誘って一緒に遊んでくれました。
いい子達や^_^
よくよく聞いたら、中体連の1回戦で当たった子達でした。
今後、試合で何度も顔を合わせていくのでしょう。

3on3から始まって、次々と増えて今5on5
楽しそうです^_^
熱中症も恐れず、燦々と照りつける太陽の下で熱中しています。


てゆーか、息子達よ、自分で声かけろ笑
シャイ過ぎw
コメント

冗談か本気か

2019年06月01日 | 丈夫な路
バス停の時刻表を見て、息子さんがのたまった。

「さたすん」


誰のニックネームだよww

SatはSaturday、SunはSundayの略だと真顔で教えると
「知ってるよ!冗談だよ!」
と怒られた。
あら、こら失礼w


しかしながら




次に彼の口から飛び出した言葉で、冗談の真偽が一気に怪しくなった。





「ほりでーって何?」


pardon?



「そこに答えが書いてあるでしょ?土日祝!
satが土曜日、sunが日曜日、holidayは祝日!」


「あー、そーなんだー^_^」





Are you xxx?😅



それでも英語の点数は悪くないというナゾ。。。
コメント

心配される母

2019年06月01日 | 丈夫な路
息子さんと整形外科までお出かけ。

現在地から少し距離がある信号が青。ビミョー。。。

「間に合うよ!」と息子さん。
「えー?無理じゃなーい?」と母。
「大丈夫だって!」


仕方なく走る。ローヒールで走る。


横断歩道を渡る途中で点滅しだした。


先に渡り終えて心配そうにこちらを振り返る息子さん。


なぜか?




こないだの雨の夜にあった、部の新人歓迎会の帰り道。
同じシチュエーションで走り始めた母。
田舎の夜は暗い。
コンビニの駐車場と歩道を区切るブロックに気づかず派手にすっ転んだ。バッグが遠くに吹っ飛ぶほどに。

恐らく自分のせいだと思って責任を感じていたのだろう。


無事に渡り終えた母を見てわかりやすくホッとした表情で「渡れたねえ!」



笑笑



もう介護の始まりか😅
コメント