情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

PCサーバーのCPUファンは空冷をお勧め-水冷クーラーはいつかは止まる

2022-09-08 17:27:01 | システム開発
多数のPCサーバーを運用しています。一部のPCサーバーのCPUクーラーを「簡易水冷(以下水冷)」にしていますが、CPUクーラーの寿命がきて止まるものが出てきました。既設の水冷PCサーバーCPUクーラーは、順に空冷CPUクーラーに戻します。

簡易水冷の良さは、取り付けが楽で、排熱の効率が良く、静かなことです。
長年使うと、熱交換のために封入してある液体が少なくなり、排熱が間に合わなくなります。マザーボードは、マザーボードの高温化を検出すると、CPUを含めて、システムをシャットダウンし、CPUなどの破壊から守ります。その状態に陥ると、CPUクーラーを交換するまで、復旧できません。

一方、一般的な空冷のCPUクーラーは、クーラー上のファンが壊れるまで動き続けます。ファンも消耗品ですが、これまでにCPUファンが壊れたことはありません。ファンを二基搭載した障害に強い機種もあります。

PCケース内の気流を予め計画し、ファンの配置を適切にしておけば、一部のファンが止まっても動き続けます。これは大きな利点です。

いつもアクセスありがとうございます。水冷CPUクーラーの寿命について共有します。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« Microsoft(Windows Defender)... | トップ | Wi-Fi 6E対応機が市場投入へ-... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

システム開発」カテゴリの最新記事