情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

ヤマハルータにUbuntu 20.04 LTSからSSHログインできなくなった場合の対処

2020-09-24 16:23:15 | ヤマハルータ
今回は「ヤマハルータにUbuntu 20.04 LTSからSSHログインできなくなった場合の対処」を共有します。

Ubuntu Studio 20.04 LTSを使ってヤマハルータへのsshをしようとしたところ、以下の通りエラーとなります。回避方法は以下の通りです。

エラーの理由は最新のUbuntu側のSSHクライアントの設定に変更があり、ネゴシエーション時点で終了します。ヤマハルータ側を変えるのは難しいので、Ubuntu側で対応します。

■接続エラーが発生
takumi@taniubsd:~$ ssh -p PORT_NUM  login_user@HOSTNAME.aa0.netvolante.jp
Unable to negotiate with IP_ADDR port PORT_NUM: no matching key exchange method found. Their offer: diffie-hellman-group-exchange-sha1,diffie-hellman-group14-sha1,diffie-hellman-group1-sha1
takumi@taniubsd:~$

■Ubuntu側にSSHクライアントの設定を追加する
takumi@taniubsd:~$ cat .ssh/config
Host HOSTNAME.aa0.netvolante.jp
KexAlgorithms +diffie-hellman-group14-sha1

■接続を試行する
初回接続なので「接続して大丈夫?」と訊かれる。
takumi@taniubsd:~$  ssh -p PORT_NUM login_user@HOSTNAME.aa0.netvolante.jp
The authenticity of host '[HOSTNAME.aa0.netvolante.jp]:PORT_NUM ([IP_ADDR]:PORT_NUM)' can't be established.
RSA key fingerprint is SHA256:3TPjWUHaKj5f8SWvEcKv8I8HkJP1iO+1WIxBqMAgTd4.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no/[fingerprint])? yes
Warning: Permanently added '[HOSTNAME.aa0.netvolante.jp]:POORT_NUM,[IP_ADDR]:PORT_NUM' (RSA) to the list of known hosts.
login_user@HOSTNAME.aa0.netvolante.jp's password:[PASSWORD]

RTX810 BootROM Ver. 1.00
RTX810 FlashROM Table Ver. 1.00

RTX810 Rev.11.01.34 (Tue Nov 26 18:39:12 2019)
Copyright (c) 1994-2019 Yamaha Corporation. All Rights Reserved.
To display the software copyright statement, use 'show copyright' command.
Memory 128Mbytes, 2LAN
 >

いつもアクセスありがとうざいます。引き続きよろしくおねがいします。
コメント

Raspberry Piをデスクトップコンピュータとして試す-第二回

2020-09-23 14:20:09 | AI,IoT,SensorNetworking
今回は「Raspberry Piをデスクトップコンピュータとして試す-第二回」です。

RaspBerry Pi 3B+までもデスクトップコンピュータとして使うことはできます。ただ、RAMが高々1Gで、RAMの増設はできません。

Raspberry Pi 4Bになり、RAMの搭載容量が大幅に増え、かつ通信の仕様が最新になったので、本格的なデュアル・ディスプレイのPCとして使うことを目指しています。使い方が判れば、これまで、PCハードウエアとLinuxで作ってきた「表示目的のアプリ」の実行環境を、Raspberry Piに置き換えていきます。

■Raspberry Pi OSの初期起動画面
これまでのRaspbianはRaspberry Pi OSに統合されています。32bitに加え64bit版が公式に配布されています。

これまでの32bit版OSももちろん動きますが、Rspberry Pi 4Bの4G/8G版を使うのであれば、64bit版が基本です。64bit版OSは搭載RAMの全域を使うことが可能で、4Gを超える大きなサイズのファイルを操作できます。

「4Gを超えるファイルはそうそうないだろう」と思いますが、OSのISOイメージの中には4Gを超えるファイルがあります。先般、32bitOSの上で、4Gを超えるISOファイルが正しく扱えない状況に遭遇しました。

本格的にデスクトップとして使うのであれば、64bit版のOSを選びます。


いつもアクセスありがとうございます。次回は物理的なインターフェイスの仕様確認です。引き続きよろしくお願いします。
コメント

Windows 10のWSLをコマンドで利用可能にするには

2020-09-22 23:43:16 | Windowsの備忘録
今回は「Windows 10のWSLをコマンドで利用可能にするには」です。
MicrosoftはWindows上でのLinux環境を提供しています。
WSL(Windows Sub system for Linux)は、ほぼ完全なLinux環境を使うことができ、試験的にプログラムやスクリプトを書いて動かすにとても便利です。
さらにWindows Terminalと併用するとLinuxコンソールが使いやすくなります。どちらもMicrosoft Storeからダウンロードしてインストールすることができ、とても簡単です。私は"Ubuntu"と”Windows Terminal”をインストールしました。

さて、そのWSLを使うためには、まずWindowsの設定を変更する必要があります。管理者権限のPowerShellで実行します。このコマンドを実行する前でもWSLのインストールはできます。WSL初回起動時に設定を促されます。設定はGUIからもできます。

■Microsoft の公式ガイド

■コマンドライン
dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart

■コマンド実行例

いつもアクセスありがとうございます。引き続き、よろしくお願いします。
コメント

Raspberry Piをデスクトップコンピュータとして試す-第一回

2020-09-22 10:55:43 | Linux日本語デスクトップ
今回は「Raspberry Piをデスクトップコンピュータとして使えるか」です。
日常Linuxデスクトップを仕事に使っています。仕事の効率化のためにデスプレイを二枚使う必要があります。

■Raspberry Pi 4はRAMが2/4/8G
Raspberry Pi 4Bは2/4/8G RAM版が登場し、実用的にデスクトップPCが使えるスペックになりました。本家サイトでも"Desktop Computer"と紹介されています。

RAMが大きくなったことで、今風のRAM消費の大きなアプリケーションでも動かすことができます。またデスクトップが広がるに伴いより多くのアプリを同時実行しても大丈夫に見えます。


■最新の通信環境に対応
通信関係も有線LANは1G、無線LANも11ac、そしてBluetoothも5。ほぼ最新の通信スペックです。これがこの小型サイズに収まっているので、置き場所も簡単です。



■Raspberry Pi 4Bはmicro HDMI Port x 2(4K/60fps)
Raspberry Pi 4Bからmicoro HDMI x 2ポートを標準で備え、さらに4K/60fpsと、私の今の環境には良すぎる程です。


いつもアクセスありがとうございます。次回はコンピュータを起動するまでです。
この投稿はLinux / UbuntuStudio 20.04 LTSのデスクトップで作成し投稿しています。

コメント

日本語フォントNoto Sans / Serif CJK JPをLinuxのChromiumに設定し綺麗に表示

2020-09-22 08:32:53 | Linux日本語デスクトップ
今日は「日本語フォントNoto Sans / Serif CJK JPをLinuxのChromiumに設定し綺麗に表示」の話題です。
LinuxのデスクトップでChromeの原型であるChromiumuを使い始めました。Ubuntu Studio 20.04 LTSでChromiumuをインストールしたところ、日本語表示がギクシャクしています。

日本語フォントを修正しようと、デフォルトでインストールされ、綺麗に見えている「Firefox」を参考に以下のようにNotoフォントに設定しました。Firefox同様「綺麗に」表示。このブログも、その環境で作成し投稿しています。記事作成もとても快適になりました。

Noto Sans / SerifフォントはGoogleが開発し、公開しています。


コメント

Linux/Ubuntu Studio 20.04 LTSを使い始めます

2020-09-19 19:17:30 | Linux日本語デスクトップ
今日は「Linux/Ubuntu Studio 20.04 LTSを使い始めます」の話題です。
日常的に使うデスクトップPCは「Ubuntu Studio」です。Ubuntu Studio 14.04 LTSから安定して使っています。

Ubuntu Studioはインストール時に、言語選択で「日本語」を選択することにより、インストール後は調整なく日本語環境を使うことができます。とても簡単です。

今後、段々と開発ツールなどを整備していきます。クラウドからIoTまで、ほとんどの開発をこの上で行います。

■Linux Ubuntu Studio 20.04 LTS起動画面 

いつもアクセスありがとうございます。続きは不定期に投稿していきます。引続きよろしくお願いします。
コメント

linux/snapはアプリインストールの標準化を目指しています

2020-09-17 21:19:22 | AI,IoT,SensorNetworking
今日は「linux/snapはアプリインストールの標準化を目指しています」です。
Linuxはアプリケーションを導入する仕組みがディストリビューション(配布仕様)毎に異なります。やりたいことは同じなのに違うのです。

私は、UbuntuとCentOSを使いますが、よく使うシステム管理のツールは共通化します。そうしないと、操作性が異なりより多くのことを知ることになります。

その中で、ソフトウエア・パッケージのインストール等管理方法は共通化できないのです。似てて非なるもので管理する必要があります。

一方、Pythonを使うとPythonで走るソフトウエア・パッケージはpipを使ってインストールするとどのディストリビューションでも同じです。これは便利です。

snapはUbuntuを開発するCANONICALが支援して開発されているLinuxのディストリビューションに関係なく同じ手順でソフトウエアを管理する仕組みです。

まだ、沢山のソフトがあるわけではありませんが、とても便利です。CentOSもsnapをyumでインストールすれば使うことができるようになります。

開発環境をインストールするときに便利に使っています。


(base) takumi@tanistd:~$ snap list
Name Version Rev Tracking Publisher Notes
android-studio 4.0.1.0 91 latest/stable snapcrafters classic
arduino-mhall119 1.8.12 7 latest/stable mhall119 -
core 16-2.46.1 9993 latest/stable canonical✓ core
core18 20200724 1885 latest/stable canonical✓ base
deployer 0.2.2 45 latest/stable keygenqt -
gnome-3-28-1804 3.28.0-17-gde3d74c.de3d74c 128 latest/stable canonical✓ -
gtk-common-themes 0.1-36-gc75f853 1506 latest/stable canonical✓ -
gtk2-common-themes 0.1 13 latest/stable canonical✓ -
nextcloud 19.0.3snap1 23171 19/stable nextcloud✓ -
powershell 7.0.3 139 lts/stable microsoft-powershell✓ classic
snap-store 3.31.1+git187.84b64e0b 415 latest/stable canonical✓ -
spotify 1.1.26.501.gbe11e53b-15 41 latest/stable spotify✓ -
vlc 3.0.11 1700 latest/stable videolan✓ -
(base) takumi@tanistd:~$ sudo snap install hello-world
[sudo] takumi のパスワード:
hello-world 6.4 from Canonical✓ installed
(base) takumi@tanistd:~$ hello-world
Hello World!
(base) takumi@tanistd:~$

いつもアクセスありがとうございます。続きは不定期に投稿していきます。引続きよろしくお願いします。
コメント

Android Studio 4.01をLinux UbuntuStudioで立ち上げてみました

2020-09-15 07:48:48 | AI,IoT,SensorNetworking
今日は「Android Studio 4.01をLinux UbuntuStudioで立ち上げてみました」の話題です。IoT用途でAndroid上でのアプリ開発を始めました。

開発環境が立ち上がったので、紹介します。
私は日常的にLinux/Ubuntu Studioをデスクトップ環境として使っています。

■Andoidアプリの開発環境
Android Studioを選択しています。Windows、Mac、Linuxで使うことができます。

Android Studioでは開発言語としてKotlinとJavaを使うことができます。Andriod開発は、新しい言語であるKotlinに移行しつつあります。


Android Studioには画面開発環境、仮想マシンでのデバック環境が含まれています。仮想マシンには代表的なスマートフォンがあり、選択してインストールすることで立ち上がります。



いつもアクセスありがとうございます。続きは不定期に投稿していきます。引続きよろしくお願いします。
コメント

AndroidでのIoT開発を始めます

2020-09-14 17:55:05 | AI,IoT,SensorNetworking
今日は「AndroidでのIoT開発を始めます」の話題です。

■AndroidとIoT
Androidはスマートフォン用のOSとして広く普及しています。
ハードウエアはスマートホンやタブレットですから、画面がついていますし、携帯電話網、Wi-Fi、Bluetooth、GPSなどがついています。
IoT分野でも、タッチ画面のついたスマホやタブレットの方が良い場合も多々あります。

周辺装置とはBluetooth、Wi-Fi、USB等で接続します。
機器単体でSIMを使ってモバイル通信ができるので、周辺装置からのデータ収集ができれば、IoTデータをインターネット経由でクラウドに集約できます。

■AndroidはLinuxが起源
AndroidはLinuxをスマートフォン用に作り込んだOSで、Googleが配布しています。そのため、Linuxと親和性が高く、bashが動き、Pythonを使うこともでき、sshサーバやHttpサーバを動かすこともできます。

■Andriodの開発言語と開発ツール
Androidの標準の開発言語はJavaかKotolinです。開発はAndroid Studioを使います。Android Studioの中で仮想のデバイスを立ち上げて動作を確認できます。もちろん、スマホやタブレットを直接USBに接続して、実機デバッグも可能です。

■センサーデバイスとの連携
センサーデバイスからのデータ収集を行うには、Rspaberry PiとArdiunoを経由します。Raspberry Pi 4から処理能力が良くなりました。Ardiunoを使ってデータを収集し、そのデータを正規化するなどの前処理も十分可能です。


■Raspberry Piとモバイル網通信
匠技術研究所ではPCにモバイル通信用のSIMをつけて通信できるようにしています。同じ方法で、Raspberry Piもモバイル網と通信ができるようにしています。弊社はSIMも提供しているので、画面表示が不要なシステムは簡明なモバイル網直結型Raspberry Piを実装しています。


いつもアクセスありがとうございます。この情報は不定期に投稿していきます。
コメント

ヤマハ アクセスポイントWLX313をFast DFSモードで使う-第一回

2020-08-21 09:09:20 | Wi-Fiアクセスポイント
今日は「ヤマハ アクセスポイントWLX313をFast DFSモードで使う-第一回」です。

先日WLX313をFast DFSモードで設置しました。WLX302からの更新です。設置場所は空港が近いところです。

■ヤマハWLX313のFast DFSモード
Fast DFSモードとは、5G帯で航空や気象レーダを検出した際に自動的に無線チャネルをほぼ瞬時に切り替える機能です。レーダーの影響を受けやすい地域での5G帯のWi-Fi運用を楽にします。

■一般的な航空や気象レーダ回避機能(DFS)
これまでの一般的なWi-Fiアクセスポイントは航空や気象レーダを検出すると一分以上停波し、航空や気象レーダを検出しなくなると送波を再開します。この動きでは「無線が切れる」ことになります。

ヤマハWLX302のFast DFS機能は、この「一分以上停波」を回避します。

■ヤマハWLX313の情報分析機能
ヤマハWLX313を選んだ理由は、先の機能に加え、自己完結型で無線環境の分析がしやすいことです。先ずはデフォルトで設置して、環境を見ながらWi-Fiのパラメータを変えていきます。電波状況の把握がしやすく、この設置場所では数十のアクセスポイントが見えています。
もはや、電波干渉のないWi-Fi環境はなく、情報を把握してチューニングを行うことが大切です。



いつもアクセスありがとうございます。この情報は不定期に投稿していきます。
コメント

IoTデータ収集の軽量実装を始めました[第三回]

2020-08-14 07:37:01 | AI,IoT,SensorNetworking
今日は「IoTデータ収集の軽量実装を始めました[第三回]」。センサーの話題です。

■IoT観測機器そのものの稼働環境測定
IoTシステムでは、観測対象の機器のデータ収集と並行して、観測機器が自身の稼働環境監視を行います。周辺環境の気温、湿度、気圧等を計ります。半導体センサーは、一括してデータを出してくれるもので取集します。


いつもアクセスありがとうございます。引き続きよろしくお願いします。
コメント

IoTデータ収集の軽量実装を始めました[第二回]

2020-08-12 06:53:50 | AI,IoT,SensorNetworking
今日は、IoTを実装しているトピックスを紹介します。
今日の話題は「IoTデータ収集の軽量実装を始めました[第二回]」です。

IoTの実装は、データ化するところがたいへんです。
今回は、生データをクリーニングして、正規化する部分についてのヒントです。

■生データとは
IoT対象の機器が出力するデータです。今回入手するCSVデータは、監視対象機器の監視パネルの操作でコンパクトフラッシュメモリーに書かれます。

■生データを正規化する
この状態のデータは、機器単体の情報です。もともと他の機器と比較する形ではありません。例えば機器ごとにタイムスタンプの形式が違います。

"2020/8/12"と"2020-08-12"は日付として一致していますが、コンピュータが比較するときは異なる文字の並びなので単純には一致しません。もちろん比較する方法はいくつか考えられますが、比較のための変換プログラムが必要です。

それに加え、機器固有の様々なデータがあります。典型的には温度です。日本では摂氏℃ですが、海外製品では華氏℉の可能性もあります。華氏を入力して気づいたのですが、単位文字は機種依存文字です。単位を付記するにしても「化けない文字」でないと、後が困ります。

■生データの正規化プログラムを書く
何らかの方法で機器から取得したCSV内の表記を正規化するプログラムを書きます。単純にはタイムスタンプ表記を揃えることから始めます。

正規化の過程で生データの名前、形式、単位が決まっていき、仕様化されます。

今回のシステムでは、スクリプティング言語はPython3を使います。プログラムを実行する環境はbash/Linuxです。開発環境・実行環境も正規化します。

■正規化データのシステム連携
システム間はAPIを明確に定義することで、その両側で独立に開発を進めることができるようにします。

正規化したデータを、出力目的に応じたシステムごとに適材適所なデータ表現に変更し、他のデータと連携して情報に加工し出力します。

IoTで観測する対象のデータが正規化ができれば、分析はできたも同然です。


いつもアクセスありがとうございます。引き続きよろしくお願いします。
コメント

IoTデータ収集の軽量実装を始めました[第一回]

2020-08-10 10:02:50 | AI,IoT,SensorNetworking
こんにちは。いつもアクセスありがとうございます。今日は「IoTデータ収集の軽量実装を始めました[第一回]」についてです。

■背景
情報系のネットワーク構築・運用を行っているお客様にて、「生産系のIoT化」への取り組みが始まりました。

工場内のネットワーク化に加え、通信網を使ったデータ収集と、分析結果の表示ネットワークも担当します。

■先ずは全体設計
先ずは、全体設からです。API(システム間インターフェイス)を位置決めし、データフローを決めました。NoSQLデータを蓄積し、正規化したデータを業務分析系に渡します。

当方の役割では、情報収集ネットワーク関連機器とIoT機器の監視も必須なので、まずはそちらプロトタイプします。

■現場のとのすり合わせ
IoTを始めるにしても、現場はIoT前提に作っているわけでないので現場環境のIoTデータ連携の構築からですね。人手に頼らざるを得ない部分も必ずあります。ヒューマンエラーを起こさないように、簡明な実装が必須です。

「エクセルに書き出したものをS3にアップしてください」は良いけど、簡単にアップロードできる仕組みまで考える必要があります。

一方、集めたデータの利活用のためには、社内的に分析データに適切にアクセスできる仕組みづくりが必要です。これはこれで、デバイスの選択と、安全なアクセス経路の確立が必須ですね。

■軽量なIoT設計
匠技術研究所では、軽量なIoT設計を常に目指しています。
データを情報に変えるために、データフローとAPIを最初に決めます。
「段階的に実装するから、とりあえずこの機器の生データで分析しよう」は試作としては手っ取り早く良いことですが、次の機器、更に次の機器と追加したときに、システム全体に大きな手直しが継続し、開発が続かなくなります。
IoTのデータ収集は、環境に依存し理想的なものではありません。それをどう使いやすく、簡明な方法で取り込んで行くか。
メモリーカードにデータを書くシステムは、それしかできないのでどうするか、です。
解決方法を具体的に示し、実装できることがIoT系のシステム構築の肝要です。


コメント

ドコモ光+OCN/IPoEは接続簡単で高速です

2020-08-09 21:17:40 | 通信ネットワーク
お久しぶりです。きょうは「ドコモ光+OCN/IPoEは接続簡単で高速です」について紹介します。

■背景
事務所の引っ越しで回線を新設しました。事務所の回線は一般利用者の契約にしています。携帯電話の関係で今回は「ドコモ光+OCN/IPoE」を選択しました。

IPoE/IPv6を導入すると、ほとんどの場合、回線速度が向上することは、これまでの試験でも明確ですし、実際にお客様先でも良い結果が出ています。

そこで、一般家庭等と同じ、一般的な光回線+ISP契約申し込みで、IPoE/IPv6対応のISPを選択しました。OCNを選んだのは近年IPoEを基本契約に含め、追加料金が不要であり、HGW(ホームゲートウエイ)もWi-Fi込みで、インストールも簡単そうに見えたからです。

■インストール
ONUとHGWが別に送られてきました。ONUはドコモ光から、HGWはISPのOCNからです。光回線は一度開通済みの部屋で光コンセントがあるので、無派遣工事での開通です。

送られてきた機器の物理接続を完了して、ONUから電源を入れ、ランプが落ち着いたところで、HGWの電源を入れました。

HGWのランプも落ち着いたので、先ずは有線でノートPCをつなぎました。

■速度測定
測定したIPv4での通信速度の結果は、以下の通りです。仕事用としては十二分に高速であることが判ります。

■感想
家庭用なので、ケーブルをつなぐだけの簡単設定でした。ルーターの設定も「全く」していません。この簡便性は良いですね。自宅の家族の契約もこの契約に揃えようと思います。

もちろん、仕事柄企業ネットを作りますが、自社内VPNはIPv6に移行しているので、この回線で大丈夫です。

コメント

WSL2は極めてシンプル-Ubuntu 20.04.LTSを起動(その1)

2020-06-05 23:52:02 | Windowsの備忘録
今日は「WSL2は極めてシンプル-Ubuntu 20.04.LTSを起動(その1)」です。
WSL2を起動したところ「initとbashのみ」見えています。起動直後はこれだけです。
freeをすると、PCハードのメモリー領域がそのまま見えています。



takumi@DESKTOP-882HI3T:/mnt/c/Users/taniy$ free
total used free shared buff/cache available
Mem: 9703440 55592 9616440 68 31408 9493588
Swap: 3145728 0 3145728
takumi@DESKTOP-882HI3T:/mnt/c/Users/taniy$




コメント