情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

Linuxでインストール済みのPythonを簡単に調べる

2020-05-18 13:24:34 | python
今日の話題は「Linuxでインストール済みのPythonを簡単に調べる」です。
PythonはデフォルトでLinuxにインストールされますがそのバージョンを簡単に知る方法が" which python{,2,3}"です。

■Python3がインストールされている
$ which python{,2,3}
/usr/bin/python3

■Python2をインストールする
$ sudo apt install -y python2

■インストール済みのPythonのバージョンを確認する
$ which python{,2,3}
/usr/bin/python2
/usr/bin/python3

■それぞれの詳細なバージョンを知る
$ python2 -V
Python 2.7.18rc1
$ python3 -V
Python 3.8.2

■Windows上のUbuntu 20.04 LTSで実行しました
コメント

「Ubuntu 20.04 LTSではPython2は追加インストールに

2020-05-17 22:45:07 | python
今日は「Ubuntu 20.04 LTSではPython2は追加インストールに」です。
プログラム言語Pythonは、Python2からPython3への移行が進んでいます。一方、Python2のソフト資産が莫大にあります。実行環境を残すと移行が進まないことも確かです。

まさに「今日現在で使いたいソフトがPython2で作られていた」ので、python2とpip2をUbuntu 20.04 LTSにインストールしました。

私も、Python2で書いたコードの一部をPython3に書き直しており、新しいプログラムはPython3で書きます。

AI、IoT、通信分野のプログラムなのでPythonが適している分野でもあり、たくさんある様々な機能モジュールとコードを利用しています。Python2のメンテナンスが完全に停止されるとは言え、「Python2の実行環境」は当面残りますね。

Python2の実行環境維持についても、試したことをメモしていきます。
コメント