情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

Windows/PowerShellの開発環境はVisual Studio Codeから

2019-12-04 07:23:19 | システム開発
いつもアクセスありがとうございます。匠技術研究所の谷山亮治です。
今日のお題は「Windows/PowerShellの開発環境はVisual Studio Codeから」です。

ソフトウエアを開発する環境は、開発効率に大きな影響があります。まだ、Windows/PowerShellの開発は不慣れですが、VS Code + PowerShellアドオンでコードを書き、デバグしています。

もともと、PowerShell ISEという統合開発環境があり、Windowsで実行できます。Windows 7上にPowerShellとISEもインストールして使っています。
しかしながら、Windows 10上の最新のPowerShellではVS Code + PowerShellアドオンに移行しているようです。

VS Code + PowerShellアドオンであれば、Windows、macOS、Linuxでほぼ同じ環境になります。しかも、どのOSで書いても実行できます。

■Linux上でのPowerShell開発環境
Visual Studio CodeにMicrosoftが提供するPowerShell開発アドオンを追加。
左にはコマンドレット一覧、下にはPowerShellとbashが見えている。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Windows/PowerShellにはopenssh移植版ssh/scpあり

2019-12-03 19:22:02 | システム開発
いつもアクセスありがとうございます。匠技術研究所の谷山亮治です。
今日のお題は「Windows/PowerShellにはopenssh移植版ssh/scpあり」です。

WindowsのPowerShellを使ってシステム開発をしています。開発したソフトウエアをインストールするために、クラウドLinuxサーバに転送します。安全に転送するためにWindowsからssh/scpでコピーしています。ssh/scpはサーバー管理分野では広く使われており、業界標準ツールです。

これまでのWindowsは標準装備としてのsshコマンドがありませんでした。今のWindows 10にはssh/scpコマンドが「公式実装」されています。このコマンドは、広く普及しているオープンソース・プロダクトopensshの移植版です。

ssh/scpを持たないWindowsでは、これもオープンソース・プロダクトであるTeraTermが便利です。


PS C:\Users\taniy> ssh
usage: ssh [-46AaCfGgKkMNnqsTtVvXxYy] [-B bind_interface]
[-b bind_address] [-c cipher_spec] [-D [bind_address:]port]
[-E log_file] [-e escape_char] [-F configfile] [-I pkcs11]
[-i identity_file] [-J [user@]host[:port]] [-L address]
[-l login_name] [-m mac_spec] [-O ctl_cmd] [-o option] [-p port]
[-Q query_option] [-R address] [-S ctl_path] [-W host:port]
[-w local_tun[:remote_tun]] destination [command]

PS C:\Users\taniy> scp
usage: scp [-346BCpqrv] [-c cipher] [-F ssh_config] [-i identity_file]
[-l limit] [-o ssh_option] [-P port] [-S program] source ... target


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Linux,macOS,Windowsで動作するテキストエディタ"VS Code"

2018-01-16 22:43:17 | システム開発
匠技術研究所

Linux,macOS,Windowsで動作するテキストエディタ"VS Code"


いつもアクセスありがとうございます。匠技術研究所の谷山 亮治です。
今日はmacOS上のVisual Studio Code(以下、VS Code)で原稿を書いています。
VS CodeはMicrosoftがオープンソースで開発しMITライセンスで、Git上でソースコードつきて配布しているテキストエディタです。
VS Codeは30以上の様々なプログラミング言語に対応していることから、先の三つのOS上の様々な開発シーンで活用することができます。

Codeにbash/shプログラムを読み込んだところ、綺麗に色分けして表示しています。加えて、一度入力した変数など、繰り返し使う要素を、自動的に検出し表示する機能が、誤入力を大きく減らすことができます。タイピングが不正確な私には、とても助かる機能です。

近年のエディタの変化は素晴らしいですね。Linux上で、各種設定や、小さなプログラムを書くときは、とてもシンプルなnanoを使います。nanoはターミナル(コマンドプロンプト)環境では、とても重宝しています。一方、GUI環境では、このCodeが気に入りはじめました。

CodeにはGitと連携する機能がついており、これから試していきます。Gitはプログラムのソースコードや、テキストドキュメントをとりまとめておくには、とても便利な機能です。Git等ではテキストドキュメントをmarkdown形式で記述し、基本的な段組や、引用表記が楽にできます。Codeはmarkdown形式の記述を支援する機能も含まれており、ドキュメントを表示しながら編集を進めることができます。

社内ではGitLabを使った、コード管理をはじめていますが、Codeをフロントエンドにし、テキストドキュメントを含めて「単一ツール上で完結する」環境に育てていきます。またそれをお客様との情報提供基盤として活用したいと考えています。

また、テキストベースのブログは、GitやGitLabで十分できると感じ始めています。ソースコードのみならず、テキストの原稿作成をGit化するのも目標です。

Visual Studio Codeのインストール形式は、Microsoftが自社のサイトでWindows、macOS、Linux各OS用を配布しています。

匠技術研究所 谷山亮治
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PCインストール時にBIOS画面が起動しないときはRAMを確認

2015-09-06 13:13:08 | システム開発
匠技術研究所
PCインストール時にBIOS画面が起動しないときはRAMを確認


いつもアクセスありがとうございます。匠技術研究所の谷山 亮治です。
今回は「PCインストール時にBIOS画面が起動しないときはRAMを確認」です。

PCをインストールする際に「BIOSも見えない」ことがあります。
この場合、殆どはRAMの問題です。他に可能性があるのは、CPU、マザーボード(BIOSも含む)それに電源でしょうか。

昨日は、社内のPCの整理をしました。4台の小型PCの起動ができないとのことで、最終判断をするために稼働確認の実施です。BIOSが立ち上がるIntel NUCのBOXは、BIOSを最新に更新し、稼働確認を兼ねてLinuxをインストールし、正常起動を確認しました。

Intel NUCのうち、立ち上がらない一台はRAMが未装着でした。そこで、RAMを挿したのですが「低電圧対応SO-DIMM」が必須です。多くの低電圧対応RAMは、品番に”L"(Low voltage)が含まれています。RAMのソケットは共通なので、従前からの一般的な電圧のSO-DIMMを、余っているからと挿しても動かないのです。逆に低電圧対応SO-DIMMを一般電圧対応機に挿しても動きません。ただ、最近はRAMの方が賢くなり、両電圧対応製品がほぼ同じ価格で流通し始めています。
低電圧対応RAMを装着するとBIOSが起動。BIOSを最新版にアップデートして、SSDを装着してLinuxをインストール。他のIntel NUC同様に動作するようになりました。

もう一台のPCはShuttle製の小型PCです。これもこれまで、たくさん使ってきています。RAMは入っていますが、電源を入れてもBIOS画面は出ません。
そこで、RAMを抜き差ししてみますが、やっぱりだめです。RAMのスロットが二つあるので、二つとも挿して電源を入れると起動しました。結局、最初にRAMが挿してあったスロットは、どうもRAMを認識できないようです。このスロットは、ちょっと扱いにくい位置にあるので、RAMが挿しやすいスロットに移し替えて、BIOSの起動を確認。やはりLinuxをインストールして全体の動作を確認します。

RAMはピン数が多いので、接触不良も起こりえます。必ず、力を加えて、スロットの最深部まで押し込むことが肝要です。BIOSがあがらない時はRAMの抜き差し、スロットの変更など物理層の確認からになります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月21日(火)のつぶやき

2015-07-22 02:14:15 | システム開発

「総務省が「平成26年通信利用動向調査の結果」を公開」 goo.gl/gcy41C


事務所内のUSB扇風機を予防交換。地味に気流を作っています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

総務省が「平成26年通信利用動向調査の結果」を公開

2015-07-21 10:01:33 | システム開発
匠技術研究所
総務省が「平成26年通信利用動向調査の結果」を公開


いつもアクセスありがとうございます。匠技術研究所の谷山 亮治です。
今回は「総務省が「平成26年通信利用動向調査の結果」を公開」です。

毎年、総務省が「通信利用動向調査」を行い、その結果を公開しています。
次回以降の投稿で興味あるところを、ピックアップして解説します。

総務省の「通信利用動向調査」公開ページへ

資料の目次は以下のとおりです。

クリックで拡大


2015年の公開を知った中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月20日(月)のつぶやき

2015-07-21 02:11:57 | システム開発

東京駅は連休のせいか大混雑。八重洲地下街直通経路で帰りたいなぁ。


MVNOスマホでテザリングに切り替えて、投稿中。3G接続ですがSNSのネット接続では、全く問題ありません。快適です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月19日(日)のつぶやき

2015-07-20 02:11:42 | システム開発

連休も、二日目が終わろうとしています。今日明日は、家内不在につき、若干の家事にも取り組みました。チャキチャキと進まないのですね。これが。


@bori_so1 ありがとうございます。お役にたてて幸いです。


明日は、東京駅から秋葉原駅で子供の用事と、私の用事を済ませます。子供が大きくなって、行動がバラバラです。


「匠のIPネットワークの通信障害対応演習-入門編」を2015年8月15日(土)開催で計画中です。休み明けにヤマハ通信技術スクールのHPで情報を公開します。この講座はLinuxを使ってIP通信網の障害対応を行います。先ずは、環境作りと基礎固めを目指して演習します。...


zabbixで社内のルーター間通信の確認のために運用を開始しました。早速夜になってPing応答時間が長くなった経路を発見。やっぱり、自動監視は便利です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月17日(金)のつぶやき

2015-07-18 02:16:45 | システム開発

川崎市北部は薄日がさしたりしています。まだ不安定な天気です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月16日(木)のつぶやき

2015-07-17 02:15:46 | システム開発
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月15日(水)のつぶやき

2015-07-16 02:17:33 | システム開発

レイバンからの投稿の件、皆様ごめんなさい。ご迷惑をお掛けしました。先ほどパスワードのリセットを行いましたが、他に対処すべきことがあれば、教えていただければ助かります。引き続き、よろしくお願いします。

1 件 リツイートされました

レイバンからの投稿の件、ご迷惑をお掛けしました。パスワードのリセット,アプリ連携確認、投稿の削除を行いました。他に対処すべきことがあれば、教えていただければ助かります。引き続き、よろしくお願いします。


「"Ubuntu MATE for the Raspberry Pi 2"が公開されています」 goo.gl/U25SZs


浦和だ。今日は、真っ直ぐ事務所に戻ろう。


昨日は、渋谷の共有型時間貸しオフィスを社員打合せで利用。なかなか良かった。


マインドマップで、講演原稿取りまとめ中。電車の中は集中できるので、良いですね。


今日は、最後に「痛いこと」をしてしまった。人差し指と中指の根本付近にポットの熱湯を注いでしまったのです。たいへんな熱さで、思わず飛び上がりました。家に戻り、保冷剤で一時間くらい冷やしたところで、痛みが軽減しています。ふ~っ。ふ~っ。です。


川崎市北部は雨が降り始めました。あまり荒れないと良いのですが。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

"Ubuntu MATE for the Raspberry Pi 2"が公開されています

2015-07-15 09:30:02 | システム開発
匠技術研究所
"Ubuntu MATE for the Raspberry Pi 2"が公開されています


いつもアクセスありがとうございます。匠技術研究所の谷山 亮治です。
今回は「"Ubuntu MATE for the Raspberry Pi 2"が公開されています」です。

Raspberry Piは、教育を目的に開発されたコンピュータ・ボードです。
Raspberry Piのページへ

Raspberry Pi 2上で動くOSとしてRaspbian/Debian Wheezyが良く知られていますが、"Ubuntu MATE"がリリースされました。
これで、Raspberry Pi 2をLinux Desktopとして積極的に使うことができるようになります。
Ubuntu MATE(Raspberry Pi 2)のページへ(ダウンロードもこちら)

起動できたら、実際のスクリーンを公開します。



匠技術研究所ではRaspberry Piを使った小学生から高校生までのコンピュータ・スクール「タクテク」をこの8月より開講します。
直前のお知らせで恐縮ですが、タクテクXケミストリー・クエストで夏期講座の第一回説明会を開催します。またホームページでの案内も始まりました。

ケミストリー・クエストでの案内へ
神奈川産業Naviでの案内へ
タクテクのホームページへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Twitter不本意ツイート削除のお知らせ

2015-07-15 02:13:36 | システム開発
匠技術研究所の谷山 亮治です。 本URLでの投稿は、Twitterからの転送で、不本意なツイートを含んでいましたので記事内容を変更いたしました。受信された皆様には、ご迷惑をおかけいたし、お詫び申し上げます。 なお、当方はTwitter不本意投稿の対処として、Twitterで多くの方にご教示いただき、以下の対策を行いました。情報をご提供いただきました、皆様に感謝申し上げます。
1.パスワード変更
2.アプリ連携確認
3.投稿記事の削除
他に対策があればご教示いただければ幸です。 引き続き、よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月13日(月)のつぶやき

2015-07-14 02:18:23 | システム開発

今夜は、東京麹町で「CloudNetworkingの実際」の講演を行います。おかげさまで満席での開催です。クラウドを使うには、ネットワークのことを知る必要があります。このネットワークはどこにあり、何と接続しているかを理解するための話です。


「若年者向けSTEM教育「タクテク」を匠技術研究所が開講」 goo.gl/Fe0cNx


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月12日(日)のつぶやき

2015-07-13 02:13:27 | システム開発

今日は大阪の方をお迎えして、ネットワークの知識の整理を行いました。たいへん良く勉強されていますが、目の前のネットワークでは、複合的に様々なことが起こるので、一体何が起こっているのか知識と結びつかないのです。次回はzabbixでネットワーク上の機器の監視を行います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加