心の旅

やわらぎ住宅(株)の社長によるブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

北イタリア経済・産業視察~完結編~

2006年10月28日 | 海外視察
北イタリア視察は今回が最後です。

「マルコム」

MARCONのMARCOMショピングセンター(カルフール)、
CASTRORAMA(ホームセンター)は、
高速道路のインターチェンジのすぐそばにあり、
広大な敷地の中に複合施設(ショッピングセンター、ホームセンター、映画館など)が
入っていてまさに、アメリカを思わせる雰囲気でした。

イタリアらしさというよりも、少し残念ですが世界(アメリカ)の
スタンダードを見たような気がします。


「ヴェネツィア」



ヴェネツィアは、水の都でどこへ行くのにも歩くか、
水上タクシー(ボート)で行きます。



ムラーノ島で、ヴェネチアンガラスメーカーを
二ケ所見学しましたが、
1100℃~1300℃の窯の周りで熟練した職人がチームで
一つの商品(作品)をつくる様は、まさに芸術です。



イタリアのすぐれたものは、職人の卓越した技術と
デザイン性に見つけることができました。



フェラーリも芸術です。
大量生産のラインからはこのようなものは生まれません。

イタリアの食は、私には味が濃く、パスタ類も堅めでした。
日本でピザやパスタに使うタバスコや、パンにつけるバターは
通常はおいていません。
アメリカやイギリスに比べるとはるかに美味ですが、
やはり日本食が一番ですね。


“メイド・イン・イタリー”

メイド・イン・イタリーについては、
ジェトロレポートが詳細を報告しています。

イタリアの得意とする産地を生かした繊維、アパレル、皮革、
製靴、インテリア、家具、照明器具、陶器、電化製品、眼鏡、
貴金属・宝石、船舶、農産食品などは、
新興工業国(中国、ロシア、トルコ、インド)の方が
コスト面で有利であることは否めません。

しかし、産業用一般工作機械、特殊工作機械、
オートメーション機械特に生物医学、セキュリティ、
地球・宇宙探査部門、ロボット部門などは、
たいへん好調となってきているようです。

つまり、「メイド・イン・イタリー」の中での
世代交代が行われ、ファッションやハウスウエア関係は、
新興国のコスト競争力と著しい発展により衰退し、
新興国が織物、縫製、製靴、セラミック製造などを
生産するための工作機械が好調となり、
更に新興国が手を出せない生物医学、セキュリティ、
地球・宇宙探査部門、ロボット関連などの
機械オートメーション、電子などが今現在(2004年から)
「メイド・イン・イタリー」(多種・高品質機械生産が可能)
として成長し、その機能を発揮してきていると理解しました。

今回の視察は、日本も国際社会の中で地域を見据えながら
どのように進んでいくのか、「メイド・イン・イタリー」は、
非常に参考となり、今後の学ぶべき課題の
大きな布石となりました。


コメント

北イタリア経済・産業視察~ボローニャ編~

2006年10月26日 | 海外視察
前回のコモ編に引き続き北イタリア視察についてお送りします。

今回は「ボローニャ」です。

ボローニャでは、教会、大学そしてマルシェを見学。




建造物や街並みは、中世から引き継がれ
人だけが変わっているように見えました。




日本のように人や時代に合わせて
建物や街をスクラップ&ビルドするのではなく、
古いものを大切にする風潮がヨーロッパでは特徴的です。



また、ボローニャでは、包装機械メーカーのIMT社と、
オートバイメーカーのDUCATI MOTOR S.P.A社を
視察しましたが、日本に比べると
良い意味でのんびりしているように見えました。

イタリア人気質、すなわち、マイペースで
自分を失わずに仕事をしている感じでした。
コメント

北イタリア経済・産業視察~コモ編~

2006年10月19日 | 海外視察
前回に引き続き北イタリア視察についてお送りします。

今回は「コモ」です。

コモはミラノから電車で一時間半くらいの、湖のある街です。
高級別荘地で、観光地としても有名です。

高級シルクの産地(↓)でもあるコモでは、



高級リゾートの感覚で街並みが落ち着いていました。



都会のミラノとは一線を画していました。
ゼッケンをつけたフェラーリも連なって走っていました。
上質なイタリアといった雰囲気でした。

貴族の別荘、ホテル ヴィラ・デステでの昼食(ナポレオンの間)と
庭園は最高でした。



コモ湖を囲んで山の上まで家があり
景色そのものが付加価値になっていました。
雰囲気そのものが高付加価値を醸し出していました。


コメント

北イタリア経済・産業視察~ミラノ編~

2006年10月12日 | 海外視察


先月の10日~17日まで、北イタリアの経済や産業の視察に
行ってまいりましたので、その様子をご紹介致します。

まずは“ミラノ”から。


ミラノでは、街全体が中世の街並みが残っていて、
特にオペラで有名なスカラ座や、DUOMOのゴシック建築は圧巻で
市民や観光客でにぎわっている観光国であることを認識させられました。








イタリア人は、それぞれがみんなオシャレであると感じました。
何気なさそうですが、足の先から頭の先までバランス感覚よく、
それぞれの個性を発揮し全くスキがないように見えました。



車やバイクが、街にあふれている感じで国民として
車好きなのがよくわかりました。


但し、路上駐車があまりにも多すぎて
街の景観を損なっているかのように見えますが
これがイタリアなのかもしれません。


車の種類は、アメリカ車以外は、各国の車を見かけました。

あこがれのスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ、
マセラティ等)は、見かけなかったのが残念でした。



イタリアでは、一度建築したものは簡単に壊すことはできません。
ですからいつまでも昔の町並みが保たれます。




サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の「最後の晩餐」は、
往路の飛行機の中で「ダ・ヴィンチコード」
(イエスの末裔が女性であることをめぐる物語)
のことを思い出しながら見ました。


次回は、“コモ”をご紹介します。
コメント