ぷらりスナフキン~旨いもの探求徒然~


人生の楽しみの1つは美味しい食にて心と身体が満たされる事☆日々の飲食体験を綴ります☆どこへ行くかは…ケ・セラ・セラ~

一茶 iccha 宮城県仙台市

2018-01-08 16:43:31 | 喫茶店


何やら素敵なお店がオープン

日本茶をはじめとして、ハーブティーやフレーバーティー、お茶菓子、茶箱をリメイクしたインテリア茶箱などを扱っているようです

お茶の試飲やテイクアウトもできるよう



今日はプレオープンとのことで、グランドオープンは1月11日より

オープン記念に厳選茶葉がプレゼントされるようです

中華そば一休さんのお隣に、一茶

なんだか素敵


一茶 iccha
仙台市宮城野区宮城野一丁目1-35
022-355-6468
コメント

仙台福郎 仙台市

2016-05-26 07:29:28 | 喫茶店


ふくろうカフェ

前からすごく興味があり、今回ついにお邪魔することができました

最初にお出迎えしてくれたのは…
何故か子豚ちゃん

ふくろう以外にも、子豚や小猿、インコなどの小動物もいるみたい

いっぱいいる~



すごい目が大きくて澄んだ瞳に見つめられると…
表情が何とも可愛らしくて

店内のふくろう達は販売もされているそうで、この寧々ちゃんは家族が決まったそうで


大体いくらくらいなのか聴いてみたら、2、30万~が主流。しかしこの左側のパタゴニアわしミミズクさんは何と
120万

珍しい種ほど高額なそうです

なでなでは勿論で、手にのせたり、餌をあげたり出来ました

※餌は…


1番相性が良かったのがこの子


癒しのふくろうカフェ体験

おすすめです


フリードリンク制
フリータイム 大人1200円


住所:〒980-0811 仙台市青葉区一番町3-1-24 山一商店ビル4F
※地下鉄「仙台駅」徒歩5分
「広瀬通駅」徒歩3分
「あおば通駅」徒歩4分
マーブルロードおおまち(アーケード内)GUCCIビル隣、サイゼリアのビルの4階です
電話:022-217-2963(ふくろうさん)
営業時間:11:00~21:00
定休日:不定休
コメント

LE COULER DU VENT 仙台市

2016-04-26 07:51:09 | 喫茶店




森林に囲まれた
ひっそりと佇む喫茶店

開店してからもう、14~5年ほど経つんだそう



全窓が南向きに建てられているから、冬場や寒い時期でも日当たりが良いとか



室内はシャンデリアとアンティークな家具でお洒落にまとまり

木洩れ日があたたかなこの時期はバルコニー席もいい感じに



クラブハウスサンドウィッチ


ベーコン・レタス・トマト・鶏肉がカリッとトーストされたパンにサンド

和蜜柑のフレッシュなジュース

ピクルスとカスピ海ヨーグルトにマーマレードソース


これにコーヒー付き


ロイヤルミルクティーシナモン等のスパイスが効いた大人な味でした

大自然を満喫しながらteaを愉しむ…
何とも乙






LE COULER DU VENT
022-376-2136
宮城県仙台市泉区福岡字森下16
コメント

アドリア北出丸カフェ 福島県

2016-04-13 18:28:35 | 喫茶店





 1000年以上も前から飲まれ始めたとされるコーヒー。日本に伝わったのは、オランダ商人が長崎の出島に持ち込んだ江戸時代初めといわれています。
江戸時代は貴重なものとされ、しかも飲み物ではなく薬として扱われていたそうです。 例えば江戸末期のこと。会津藩や弘前藩などが蝦夷(北海道)の警備を命じられますが、寒さや野菜不足で水腫病に倒れる藩士が後を絶たず、幕府はその後の北方警備にはコーヒー豆を配給したとの記述が残されています。ということは、会津藩士や弘前藩士はコーヒーを最初に飲んだ庶民、といえるのかもしれません。ちなみに、コーヒーが飲み物として一般に広まるのは明治も終わりの頃です。


このようにコーヒーと浅からぬ縁がある会津で、私たちは、こだわりのコーヒーをお出ししています。 使用しているコーヒー豆は、オーストリア「ユリウス・マインル社」製のもの。マインル社は、ヨーロッパでも早くからコーヒーが普及したウィーンに1862年創業し、焙煎したコーヒー豆を世界で初めて販売した会社であり、高級コーヒーの代名詞になっています。


その魅力は、何といっても品質本意の姿勢にあります。コーヒー豆は味を保つことが難しいのですが、マインル社の豆は、高度な技法によって常に品質が維持されています。「高品質を標準とする」という姿勢が信頼を高め、欧米はもとより世界のコーヒーファンに愛されています。

 そんな本場のテイストを、日本の会津の地でも味わっていただきたいー。この想いから、アドリア北出丸カフェでは、その深い味わいと芳醇な香りを、最大限引き出してお出しすることにこだわっています。 ユリウス・マインル社を育んだウィーンは、美しい町並みが残る芸術と文化の都。著名な音楽家や画家にも愛された本格コーヒーを、心やすらぐ空間と時間の中で、どうぞお楽しみください。


すごくお洒落なお店



アドリア 北出丸カフェの建築は自然との調和を目指しました。

「自然への負担を限りなく少なくし、地球環境を大切にすること」。アドリア北出丸カフェの重要な建築テーマです。材料には木を用い、省エネルギーの配慮からも近年世界で注目されているKLHクロスラミナパネルを採用しました。 このパネルは、むくの挽き板を木の繊維が直角に交わるように重ね合わせたもので、機密性、断熱性が優れていることから省エネルギーな住宅づくりに適しているといわれています。欧州で開発されてこのパネルは、構造的にも安定性が多角最近では9階建てのマンションにも使われています。




本物との出会い、感動を超え充実感さえ憶える。

1000年のエネルギーを秘めたケヤキからは、凛とした空気感が漂う。 店内では、「水分神社(みくまりじんじゃ)の大ケヤキ」が皆様をお迎えしております。 この「ケヤキ」は、推定樹齢1000年の大木で、2008年まで天然記念物として奈良県東吉野村瀧野の水分神社の社殿裏にそびえておりました。1989年3月に天然記念物に指定された「ケヤキ」ですが2008年2月、縁あって会津若松のこの場所に旅してきました。内部まできれいな杢目を維持しているのは奇跡的なことで日本に二つと無い「大ケヤキ」と言われております。

この、欅の一枚板が圧倒的な存在感で~
立派

こだわりの一杯

美味でした




アドリア北出丸カフェ
0242-27-3600
福島県会津若松市追手町4-28 北出丸館1階
コメント

カフェ・ベローチェ 仙台市

2015-12-27 12:30:14 | 喫茶店

広々とした店内の喫茶店

みなさん、それぞれに会話をしたり本を読んだり
パソコンカチャカチャしたり…

ただ、煩くしている人はいなく
寛ぐには良さそう






サンドイッチの種類が豊富

小腹対策にバッチリ


アイスココア

ソフトクリームたっぷり




カフェ・ベローチェ 仙台南町通り店
宮城県仙台市青葉区中央3-8-33 ピースビル南町通り1F
コメント