信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

小江戸川越 七福神を巡る(その3)

2020年01月23日 | 寺社徘徊





お早うございます、信です。
昨日は寒い朝でしたが、晴れることはありませんでした。

通常なら菜種梅雨は3月末に現れる前線ですが、ここ数日、西日本から関東の南岸まで同じような前線が停滞しています。
大寒に菜種梅雨とは・・ 今年の異常気象を物語る天気図です。


さて1月12日の小江戸川越 七福神巡りウォーキング(その3)完結です。
連雀町 連馨寺を出て蔵の街・菓子屋横丁を通り抜けて新河岸川の畔にやって来ました。
人が多すぎて絵はありません。

第六番 見立寺です


1






ここは浄土宗 布袋様です


2







法然上人 13歳旅立ちの像がありました


3







五色幕が鮮やかです


4







布袋様を拝みます


5







布袋様は本堂にご遷座中


6






御朱印を頂く方もいらっしゃいました


7







お約束の水琴窟です


8







山茶花を楽しみながら


9







新河岸川の畔で一服です


10







江戸時代は水運交通の要衝


11







気の早い紅梅が咲いていました


12






見立寺から川越市駅方面に歩くこと10分
第七番、日蓮宗 妙昌寺です


13







立派な本堂です


14



この寺の謂れです 




記念スタンプを頂きました


15







もちろん水琴窟もちゃんとあります


16







無事、七福神リレー完歩です


17






この日は川越市の成人式のようでした
晴れ着の華やかな女性たちにも随分と会いました


18



小江戸川越 七福神ウォーキング、これでお終いです。

新春の香りのする川越路でした。


 撮影日: 1月12日
 撮影場所:川越市元町 見立寺・三光町 妙昌寺


明日からは大寒の秩父路です。

それでは皆様、ご機嫌よう。






コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 小江戸川越 七福神を巡る(... | トップ | 雪の秩父路を往く ~プロロ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2020-01-23 06:28:04
おはようございます。
小江戸川越の七福神巡り、新年の風景を楽しませていただきました。
宗祖法然上人の旅立ちの像、浄土宗檀信徒として
ありがたくお参りさせていただきました。
水琴窟が各寺にあるのですね。
振袖姿の新成人の後ろ姿が初々しいですね。

昨日の朝に、琵琶湖大橋近くの菜の花畑に行ってきました。
運良く比良の頂がうっすらと白くなっていました。
今日は朝から強めの雨です。
それにしても暖かい日が続きますね。
菜種梅雨 ()
2020-01-23 07:15:42
takayan師匠>

お早うございます。
今年はどうしたことでしょう
大寒の今、まるで菜種梅雨のような前線が停滞しています。
例年だと大陸の冬将軍、大寒気団が南下して来そうな時期ですが
一向に降りて来ませんね。
かわりにやってきたのは、新型肺炎という恐ろしいウィルスでした。
昨年のSAASみたいな事態にならないよう、祈るばかりです。

takayan師匠のお宅は浄土宗なのでしたね。
我が家は能登で強い浄土真宗の東本願寺派です。
とは云ってもお参りにも行っていませんが
今年は少しはお寺に行く機会も増えるでしょうか

早く冬らしいキーンと晴れた青空が見たいです。
コメント有難うございます。

コメントを投稿

寺社徘徊」カテゴリの最新記事