週刊碁ブログ

編集・整理班が紙面にはできない小ネタを語ります。読んでも、たぶん強くはなりません。

LeelaZero検討機能「Lizzie」導入方法

2018-06-23 16:07:00 | 編集・堀井(茨城/水瓶座)
2018年7月2日号(6月25日発売)で、話題の囲碁AI「LeelaZero」を特集します。



もはやAIは競う相手から、師とする時代。

LeelaZeroは知識さえあれば誰でも使うことが出来るオープンソースのAIということで注目を集めています。

AIに詳しい大橋拓文六段、いち早くLeelaZeroを導入した関航太郎初段に色々と話を聞きましたので、ぜひご覧ください!

読み終わる頃には、使いたくてウズウズすることと思います。

LeelaZeroの検討機能「Lizzie」を使う方法を載せますので参考にしてみてください。
(「okaoの囲碁研究所」様の記事から、管理人様の許可を得て一部引用させていただいております)

※大変申し訳ありませんが、個別の質問等は受けかねます。


【Lizzie・導入方法】

①動作環境の確認
64ビットオペレーティングシステムのPCでないと使えません。

②Java SE Development Kitのダウンロード

こちらから最新のものをダウンロードしてください。
ダウンロードする際、「Accept License Agreement(利用規約の同意)」のチェックを入れ、
Windowsの64bit対応のパソコンなら、「Windows x64」のものを選択して入れます。

③Lizzieのダウンロード
上記と同じように、こちらの最新のものをダウンロードします。
・GPU搭載PC:Lizzie.0.5.Windows.x64.GPU.zip
・GPUなしPC:Lizzie.0.5.Windows.x64.CPU.zip
GPUの有無によって入れるものが異なるのでご注意ください。

④networkの取得
こちらの下部に「Best Network Hash」という項目があります。
その中で最新のものをダウンロード、解凍せずに「network」という名前に変更します。
それを③でダウンロードしたファイルの中に入れるだけで大丈夫です。
※元々「network」のファイルはありますが、最新のものに更新した方が良いと思います。

⑤実行する前に確認事項が一点
「lizzie」のファイルにある「leelaz」をクリックしてみてください。
・何事もなく閉じた方
→動作条件を満たしているので、特に問題ありません。

・エラーが出てしまった方
こちらから「Visual Studio 2015のVisual C++ 再頒布可能パッケージ」をダウンロード。

⑥実行する

「lizzie」ファイルの中にある「Lizzie」をクリックすれば起動するはずです。

※編集室ではこの手順で動作することを確認していますが、お使いの環境によっては他にも手順を必要とすることもあります。
コメント

7冠特集号!

2017-10-21 18:57:49 | 編集・堀井(茨城/水瓶座)
突然ですが、これ↓は何でしょう?



週刊碁の「台割」と呼ばれるものです。

どのページにどのような記事を入れるかを示した設計図のようなもので、編集長が次週はどうするか毎週末悩み抜いて作成しております。

文字が小さい上にスマホのカメラで撮ったものなので見づらいかもしれませんが、実は今週号、この台割通りには作られていません。

なぜかと言えば、当然「井山7冠復帰」の超大物記事の影響です。

こちらの台割では名人戦第5局は4ページ分が取られていますが、実際の刷りではドドンと5ページに大幅アップ!

現場に取材に行った編集長が「この熱気を伝えるには4ページでは足りない!追加だ!」と急遽号令をかけた結果です。編集長は熱い男なのです。

1面を井山7冠の特大写真、2・3面を第5局の詳細解説、4面をインタビュー、5面を井山名言回顧録、というラインナップでお送りすることになりました。

しかし、当初より名人戦特集が1ページ増えたということは、その分当然消えゆくページもございます…。

楽しみにしていただいている方には大変申し訳ないのですが、アルファ碁自己対戦譜のページがお休みとなった次第です。

すみませんm(_ _)m

名人戦の裏では、井山7冠が先勝した王座戦開幕記事、先週から始まりました新講座「木部夏生の盤上キャンバス」では名人戦がテーマになっているなど、まさに7冠特集号に相応しいラインナップになっておりますので、ぜひご覧ください!

10月23日(月)発売です!
コメント

見出し余話

2017-10-02 15:40:08 | 編集・堀井(茨城/水瓶座)
本日2日発売の週刊碁、すでにお手にとっていただいた方もいらっしゃるでしょうか。

大人気の芝野虎丸七段が公式戦初優勝を成し遂げた竜星戦。その模様を1面で詳しく解説していますので、虎丸ファンは必見です!

そしてその裏では、残念ながら日本勢敗退となった三星火災杯の模様をお伝えしています。

今回は少しだけ制作の裏側をご紹介します。

海外棋戦で寂しい結果になると、悩ましいのが見出し。

あまり悲壮感を出し過ぎず、それでいて人目を惹きつける――そんなものがつけられると理想なのですが……。

今回の三星、初稿のメイン見出しは悩んだ末「涙の日本」。

しかし、編集長から案の定「悲しい見出しだなぁ。もう少しいいのない?」とダメ出しをくらいました。

色々と他の文言も考えたのですが、いいものが浮かばない。

そこで開き直り……。



↑この顔文字見出しはどうだ!?と提出!

ノリのいい編集長は「いいね!」と本気で同意してくれたのですが、周囲の反応は賛否両論。

「いいと思うんだけど、ダメかなぁ」と渋る編集長サイドの精神をへし折ったのはある高齢の校正さんの一言でした。

「てぃー…えー…てぃー?」

顔文字を認識できず、T、A、T、ただの3つのアルファベットの羅列と思われてしまいました。

そのように見える人がいるのでは、もはや争う余地もなく。

ボツ。



↑続いて初稿の「涙の日本」からもう少しやわらげ、「日本涙色」に。

泣き顔の絵文字をくっつけているところに、未練が垣間見えます…。

少しふざけているように見える、との意見から最終的には――。



↑現在発売中の本紙はこうなりました。

「涙」の文字が泣いている、というアクセントがついています。

いかがでしょうか? 一度、読者の皆様ならどんな見出しをつけるのか、聞いてみたいところです。

と、このように毎週悩みつつも、わいわい楽しく紙面を作っております(´∀`)
コメント

2000号!!

2017-04-05 10:59:31 | 編集・森本(東京・獅子座)
週刊碁が2000号を迎えました。
これも読者の皆さまのおかげと、編集一同感謝しております。


これが紙面でも触れている、第1号の刷版です。

素敵なお花も。日本棋院の1階ロビーにて飾っています。



今回は特別企画といたしまして
「棋士の逸品!プレゼント」を実施いたしました。

井山裕太棋聖が実際に手合で使用していたという扇子


など、貴重なものがそろいました。

棋士のブログやツイッタ―でも紹介されています。

三村智保九段からは、手合七つ道具のひとつウッドマッサージ棒。
三村九段のツイッターには実際使っている写真が。


中根直行九段からはサイン入りTシャツ。

中根九段と金賢貞四段のブログ
にご紹介いただきました。

実は紙面に掲載されている写真とは異なるもう一つのバージョンがありました。

写真はこちら。



ご協力ありがとうございます。

もちろん他にも豪華な逸品がたくさん。
応募方法など詳しくは紙面、もしくは電子版をご覧ください。

感謝感謝の2000号となりました。
これからも週刊碁をよろしくお願いいたします。




その他、今週のラインナップはこちら。

1、2、3面  十段戦五番勝負第2局・井山連勝
4面      棋戦ワイド(名人リーグ・井山3連勝&山下1敗キープ)
5面      棋戦ワイド(女流本因坊戦・鈴木8強、新人王戦・藤沢16強)
7面      棋戦ワイド(扇興杯・謝2回戦へ)
9面      碁界ネットワーク(合同表彰式)竜星戦
11面      観戦アシスト
12、13面    棋士の逸品プレゼント
14、15面    週刊碁の40年を振り返る
17面      プロ・アマ名人戦
18面      ベスポジを探せ
19面      アマ碁界ワイド(オールアマ団体戦、女流秀策杯、etc.)
20、21面    UEC杯コンピュータ大会(絶芸が優勝)
22面      囲碁進化論
23、24面    電聖戦・一力、AIに連敗


AIが一力七段に勝利した電聖戦も特集しています。
コメント

2月6日発売(2月13日号)井山準優勝

2017-02-06 18:20:30 | 編集・堀井(茨城/水瓶座)
編集室でインフルエンザが流行っております。

今週作業中に2人ダウンしてしまいました…。

皆様もお気をつけください。


今週の1面を飾るのは井山六冠です。
日中韓3ヵ国のナンバー1棋士が集まり、覇を競う棋戦「CCTV賀歳杯」。
中国の柯潔九段、韓国の朴廷桓九段、そして日本の井山裕太九段!

超豪華メンバーによる変則トーナメントの結果、優勝したのは柯潔九段でした。
しかし井山九段は1回戦で柯潔九段を堂々の内容で破っており、日本の力を存分に示しました。
決勝の再戦では惜しくも敗れましたが、並べごたえ十分の熱戦です。

また、柯潔九段、朴廷桓九段に世間を騒がす囲碁AI「Master」に対する思いも語ってもらっています。
ぜひご一読を!


1面の裏では女流棋聖戦第2局の様子をお伝えします。
第1局で敗れた牛初段。しかし本局では。「牛さんは強いという印象しかない」と局後に解説の小林覚九段に言わしめる会心の勝利をおさめました。
これで1―1のタイ。シリーズは俄然盛り上がります。


その他、今週のラインナップはこちら。

1、2、3面  CCTV賀歳杯日中韓争覇戦
4面      棋戦ワイド(名人リーグ・河野、張栩2勝目)
5面      棋戦ワイド(本因坊リーグ・本木首位に、碁聖戦・王立誠ベスト4)
7面      棋戦ワイド(新人王戦・六浦&内海2回戦へ)竜星戦
9面      観戦アシスト 序盤の三々入りの真意とは!?
10面      碁界ネットワーク(藤沢女流本因坊就位式、井山に秀哉賞)
11面      囲碁AI・Master解説会
13面      上達ハイウェー
15面      NHK杯(結城聡VS.村川大介)
16面      ベスポジを探せ
17面      アマ碁界ワイド(関東地区高校生大会、東日本大学OB・OG団体戦、etc.)
18面      張栩の囲碁進化論
20、19面    女流棋聖戦三番勝負第2局・牛タイに


好評連載中の「観戦アシスト 観戦のカンどころ」。
今週のテーマは序盤の三々入りです。
あまり早い段階で三々に入ると、厚くさせてしまうのであまりよくない。
そう教わった方もいると思います。
しかし黒1と打ったのは羽根直樹九段。何か意図があるはず…。

答えは紙面でお確かめください!
コメント

1月16日発売(1月23日号)ニュースグランプリ結果発表

2017-01-14 17:13:06 | 編集・堀井(茨城/水瓶座)
遅ればせながら、あけましておめでどうございます。

進化版アルファ碁が現れるなど、碁界は新年早々盛り上がりを見せています。

トップ棋士らに60連勝したという棋譜は、連載中の「囲碁進化論」において張栩九段が解説していく予定です。
楽しみにお待ちください。

ということで、何が起きるのか楽しみな2017年ですが、今週の週刊碁では2016年のおさらいをさせてもらっています。

当ブログでも告知させていただいた「碁界ニュースグランプリ2016」。ついに結果発表!

11位以下の順位がこちらになります↓

11位 柯潔、今年も活躍
12位 大西、新人王に
13位 成長続ける宝酒造杯
14位 二十四世本因坊秀芳、紫綬褒章受章
15位 年下の挑戦者
16位 棋戦優勝者選手権、治勲優勝
〃  13路盤プロアマトーナメント
18位 范、農心杯で7連勝
〃  ペア碁ワールドカップ
20位 丙級リーグ昇級
〃  牛の快挙


どうでしょう? ご投票いただいた項目はランクインしていますか?
ベスト10は、ぜひ紙面でご確認ください!


↑グランプリの20位にランクインした「牛の快挙」。
開幕が迫る女流棋聖戦三番勝負に挑戦する牛栄子初段にインタビューを行いました。
棋士の間では勉強熱心で知られ、高く評価されています。
牛栄子とはどんな棋士なのか、詳しく迫っていますのでご一読を!


その他、今週のラインナップはこちら。

1、2面    碁界ニュースグランプリ2016
3面      棋戦ワイド(女流名人リーグ・藤沢挑戦、十段戦・余決勝へ、碁聖戦・柳8強)
4面      棋戦ワイド(名人リーグ・山下&張白星)
5面      棋戦ワイド(本因坊リーグ・本木&黄3勝、天元戦・大西&李沂修&一力勝利)
7面      碁界ネットワーク(新人王戦・外柳開幕飾る、中部総本部打ち初め式)竜星戦
9面      新講座・観戦アシスト 観戦のカンどころ
10、11面    利民杯世界星鋭最強戦
13面      上達ハイウェー
15面      NHK杯(山下敬吾VS.羽根直樹)
16面      ベスポジを探せ
17面      アマ碁界ワイド(ジュニア囲碁パーク、伊勢崎少年少女大会、etc.)
18面      張栩の囲碁進化論
19面      蘇耀国九段が語る女流碁界
20面      女流棋聖戦直前牛栄子初段インタビュー

目次をご覧になって、気になるものがなかったでしょうか?

そう、今週から新講座が始まります。

その名も「軽快アシスト 観戦のカンどころ」

タイトル戦を観戦していて、疑問に思うことはありませんか?

「こう打つ一手ですね」と解説されているけれど、なぜなのかわからない。

プロには当然かもしれないけれど、もう少し詳しく教えてくれればなぁ、と。

そんなお悩みを解決するコーナーです!

講師に林漢傑七段をお招きして、読者目線で疑問を解決していきます!

今週のテーマはこちら↓


昨年の碁聖戦第2局。井山―村川(黒)戦から。
井山碁聖が白1と打ちこんだところ。深入りに見えてしまう方も多いはず。
どのような意図で井山碁聖がここに打ったのか!?

明日から即使える考え方をお教えします!


あらためまして、今年もホットなニュースをお伝えするべく努力してまいりますので、週刊碁をよろしくお願いいたします!
コメント

12月26日発売(1月2、9日合併号)ニュースグランプリ募集

2016-12-26 17:08:30 | 編集・堀井(茨城/水瓶座)
早いもので今年発売される週刊碁も、これで最後となりました。

碁界にとって歴史の転換点となる年だった、と言っても過言ではないと思います。

アルファ碁の登場、井山棋聖の7冠達成、一力七段&余七段ら若手のタイトル戦登場…。

多くの感動が、衝撃が、生まれました。

そんな中、皆様にとって最も印象に残った出来事は何でしょうか?

気になるところですよね。

ということで!

読者投票によって碁界の10大ニュースを決める企画、「碁界ニュースグランプリ」!

今年も募集させていただきます!

詳しくはこちらへ


1面ではニュースグランプリノミネートの中から、井山6冠に3つを選んでもらいました。
解答の内容は、井山6冠の目は世界に向いている、ということが伝わってくるもの。
何を選択したのかは紙面でお確かめください。


20面を飾るのも、井山6冠。
大関稔アマ本因坊とのプロ・アマ本因坊対抗戦をお伝えします。
アマ本因坊の他に学生タイトルを4つあわせ持つ、最強のアマに対し井山本因坊が2子を置かせて相対しました。
さすがに2子は厳しいと思われたのですが……。

その他、今週のラインナップはこちら。

1面      碁界ニュースグランプリ2016・井山が選ぶ3大ニュース
2面      碁界ニュースグランプリ2016ノミネート一覧
3面      棋戦ワイド(本因坊リーグ・黄2勝目)
4面      棋戦ワイド(天元戦・山下&洪2回戦へ)
5面      棋戦ワイド(碁聖戦・河野&依田ベスト8)
6、7面    プロ回顧
8面      幻庵若手棋士が見る古碁(鶴田和志三段)
10、11面    新春特別段位認定
14面      大橋拓文六段のアルファ碁分析
15面      ベスポジを探せ
17面      NHK杯(伊田篤史VS.本木克弥)
18面      碁界ネットワーク(ジャーナリストクラブ賞、新人王授賞式、関西新入段決定)
19面      アマ碁界ワイド(学生王座戦決勝、etc.)
21面      上達ハイウェー
22面      張栩の囲碁進化論
24、23面    プロ・アマ本因坊対抗戦


ちなみに2015年のニュースグランプリのベスト10はこのような感じでした。

①井山六冠復帰
 (四冠後退からの六冠復帰)
②棋聖戦新システム開始
 (リーグ戦と勝ち抜き戦による挑戦者決定システム)
③若手大躍進
 (本因坊リーグ参加者の半数が井山より年下、等)
④農心杯で一力3連勝
 (国際棋戦、久しぶりの朗報)
〃井山山下、年間16局
 (棋聖・本因坊・碁聖で対決。碁界記録)
⑥伊田大暴れ
 (十段・NHK杯と大活躍)
⑦戸島花さん活躍
 (囲碁大使として東奔西走)
⑧謝、女流三冠に
 (女流本因坊はフルセットの末の劇的勝利だった)
⑨藤沢、涙の一年
 (勝って涙、負けて涙の一年)
⑩中国ルールに井山泣く
 (思源杯世界名人争覇戦にて)

編集室の予想通りであったものもあれば、意外なものがランクインしたなぁと話題になったものもありました。
見返すと楽しいですね。

2016年のベスト10はどうなるのか、今から楽しみです。
皆様のご応募、お待ちしております!
コメント

12月12日発売(19日号)久々のリーグ

2016-12-10 17:30:38 | 編集・堀井(茨城/水瓶座)
皆様お久しぶりです。出張が続いたりすると、ついつい気が抜け更新を忘れてしまうブログ担当です。

とはいえ過ぎたことはサッパリ忘れ、さっそくですが12日発売の記事紹介を!


トップ記事は名人リーグ開幕特集!
タイトルを持ち続けていたため、久々にリーグ登場するあの男!
井山裕太六冠!
見事に初戦を勝利し、高尾紳路名人へのリベンジに燃えています。
リーグに臨む気構えなどを、終局直後の井山六冠に直撃取材! どうぞご覧ください。
写真は、夕食休憩直後の緊張感漂う一枚です。


もう一つのトップ記事はOVER40早碁トーナメント! 40歳以上のベテラン!?棋士達が雌雄を決す!
見事栄冠を勝ち取ったのは、先日40歳になり参加資格を得たばかりの高尾紳路名人。
決勝で加藤充志九段に快勝し、タイトルホルダーの貫禄を見せつけました。


その他、今週のラインナップはこちら。

1面      名人リーグ開幕・井山好発進
2面      棋戦ワイド(女流棋聖戦・牛栄子が挑戦者に、名人リーグ・黄翊祖勝利)
3面      棋戦ワイド(本因坊リーグ・山下初白星、碁聖戦・河野&高尾&柳2回戦へ)
4面      棋戦ワイド(天元戦・金秀俊前進、十段戦・今村&余ベスト4)
5面      團日本棋院理事長インタビュー
7面      碁界ネットワーク(名人就位式、中部新入段者に西岡さん、etc)
9面      幻庵若手棋士が見る古碁(奥田あや三段)
10、11面    国際アマペア碁選手権・韓国ペアV
13面      上達ハイウェー
14面      ベスポジを探せ
15面      NHK杯(張栩VS.山城宏)
16面      宝酒造杯全国大会
17面      アマ碁界ワイド(足立東高校の囲碁授業、etc)
18面      張栩の囲碁進化論
20、19面    OVER40早碁トーナメント・高尾優勝


さて、今週の週刊碁に関して一つ悲しいお知らせが…。
好評を博していた「たま碁ろう写真館」の姿がないのです。

もちろんコーナーが終了したわけではないのですが、皆様からお送りいただいた写真は先週号までですべて掲載し終わってしまったのです。

ということは今がチャンス!
今送っていただければ、即掲載! 今こそ秘蔵の写真を全国に自慢する好機!

ということで、「たま碁ろう写真館」の宛先はこちら!
〒102-0076 東京都千代田区五番町7の2 日本棋院週刊碁「たま碁ろう」係まで

メールならこちら!
shukango4@nihonkiin.or.jp

皆様の楽しい写真、お待ちしております!
コメント

10月31日発売(11月7日号)井山3連勝

2016-10-29 17:32:37 | 編集・堀井(茨城/水瓶座)
さすがは七冠、さすがは井山裕太、と言わざるをえません。

井山名人から見て2―3のスコアで迎えた名人戦第6局を、まさに磐石、といった内容で勝利しました。

これで決着は最終局へと持ち越し。

見ている側からすれば最高に面白いシリーズとなりました。


1面でお伝えする名人戦第6局は、井山名人のスピーディな布石が話題となりました。
その後のまとめ方も素晴らしく、名人の充実ぶりが見てとれる内容です。
ぜひ並べてご鑑賞ください。


もう一つトップを飾るのは、女流本因坊戦第4局。
藤沢里菜三段が2―1とリードしての一局です。
最終局へと望みを繋げたい謝依旻女流本因坊の粘りを封じ、藤沢三段が中押し勝ち。
シリーズスコア3―1で奪取となりました。

藤沢三段は昨年タイトルを奪われた悔しさをバネに、見事雪辱を果たしました。


その他、今週のラインナップはこちら。

1、2、3面  名人戦第6局・井山3連勝
4面      棋戦ワイド(棋聖戦挑決T・張栩準決勝へ)
5面      棋戦ワイド(十段戦・山下、志田ベスト8)
7面      棋戦ワイド(女流名人リーグ・加藤&青木2勝目)竜星戦
8面      日中韓三国精英戦・一力準優勝
9面      幻庵若手棋士が見る古碁・大淵浩太郎四段
10面      棋戦ワイド(女流棋聖戦・宮本&牛ベスト4)
11面      ASEAN囲碁研修レポート
13面      上達ハイウェー
15面      NHK杯(井山裕太VS.小林覚)
16面      ベスポジを探せ
17面      アマ碁界ワイド(囲碁プレミアム杯G1グランプリ、etc)
18面      張栩の囲碁進化論
20、19面    女流本因坊戦第4局・藤沢奪取


「たま碁ろう写真館」。ここで告知して果たして効果のほどはあるのだろうか……?と半信半疑でしたが、効果アリ!だと今週わかりました。

先日、ロッテ子ども大会にコアラのマーチくんと共に写っているような和やか写真でも何でも歓迎ですよ…と例を挙げてみたところ、かわいい子供達とコアラの3ショット写真をご投稿いただいたのです!

ブログとは無関係に送ってくださったのかもしれませんが、少し嬉しく思った次第です。

さっそく今週掲載させていただきましたので、よろしければご覧ください!

ということで、宛先はこちら!
〒102-0076 東京都千代田区五番町7の2 日本棋院週刊碁「たま碁ろう」係まで

メールならこちら!
shukango4@nihonkiin.or.jp

皆様の楽しい写真、お待ちしております!
コメント

10月24日発売(31日号)開幕!7冠VS.余&一力

2016-10-25 17:08:08 | 編集・堀井(茨城/水瓶座)
タイトル戦の秋、いよいよ本番です。

名人戦に加え、王座戦、天元戦が開幕しました。

「忙しいくらいの方が調子がいい」と語る井山七冠ですが、まさにその通りのようです。


王座戦第1局。挑戦者は関西の余正麒七段。
ヨセに入る段階では余七段の有望な形勢だったようですが、井山七冠の巧みな揺さぶりを前に損したようです。
最後は井山七冠の1目半勝ち。


天元戦第1局。挑むは一力遼七段。
こちらは井山七冠の読みの力が際立った一局となりました。
シノギの最中、一転して攻め合いにもちこむ強烈なカウンターを決め一気に勝利を手中に収めました。


若き2人の挑戦者に貫禄を示した井山七冠。
勝負は始まったばかりですが、やはり井山強しの印象が深まる1週間でした。


もう一つ、大きな記事としておかげ杯国際精鋭対抗戦を紹介しています。
日本は残念ながら4位に終わりましたが、伊田篤史八段が中国に一矢報いた熱戦譜などを掲載。ぜひ並べてみてください。
写真は閉会後の打ち上げで、自撮りを行う女子選手達。
戦いが終われば、仲良しなんですね。


その他、今週のラインナップはこちら。

1、2、3面  王座戦第1局・井山先勝
4面      棋戦ワイド(本因坊リーグ・羽根白星発進)
5面      棋戦ワイド(十段戦・余2回戦へ)
7面      棋戦ネットワーク(碁聖就位式、etc)竜星戦
9面      幻庵若手棋士が見る古碁(村松大樹六段)
10、11面    おかげ杯国際精鋭対抗戦・日本4位
13面      上達ハイウェー
15面      NHK杯(高尾紳路VS.林漢傑)
16面      ベスポジを探せ
17面      アマ碁界ワイド(こども棋聖戦、etc)
18面      張栩の囲碁進化論
20、19面    天元戦第1局・井山好発進


私はこの週、天元戦の取材に伺ったのですが、地元の囲碁ファンの方から「たま碁ろう写真館」というのはどんな写真でもいいの? 写真下手なんですよ…という心配の声をいただきました。

もちろんどんな写真でも大丈夫。
囲碁への思いを写真に込めて、編集室へとお送りください!

宛先はこちら!
〒102-0076 東京都千代田区五番町7の2 日本棋院週刊碁「たま碁ろう」係まで

メールならこちら!
shukango4@nihonkiin.or.jp

お待ちしております!
コメント