セレナ日和

猫のいる風景に魅せられて、猫に逢う旅をしています。

ラ・フランスのコンポート

2022-11-29 | おうちカフェ・パン・スイーツ

マルシェルで購入したラ・フランスで
コンポートを作りました。

 

まだ少し青みの残るレモンを庭からひとつ。
噛むと甘みを感じられる、スリランカのシナモンを一本。

 

ラ・フランスのコンポート作り方

〇ラ・フランス2個
〇水500㏄ 
〇白ワイン200㏄
〇レモン汁(レモン半分)
〇グラニュー糖100g
〇シナモンスティック1本(お味の決め手)

ラ・フランスの皮を剝き、半分又は4つ割にする。
(私はカットしたらすぐ、レモン汁につけています)
水・白ワイン・レモン汁・グラニュー糖・シナモンを
厚手の鍋に沸かし、砂糖が解けたら果実をそっと入れ、
灰汁を取りながら(落し蓋をして)弱火で15~20分。
火を止め、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。

※私はあと10分くらいのところで、シナモンを引き上げます。
材料は果実の大きさにより、加減します。

 

甘さ控えめで、ほんのりスパイスが香る、
贅沢で上品な大人のデザートです^^

 

包み紙を読んでみると・・・(抜粋しました)

ラ・フランスは形はでこぼこで外観が良くないため、
山形では「みだくなし」(不器量)とも言われているそうです。
しかし・・・(中略)
ロマンの香りを放ち、メルヘンの味がいっぱいの果実といえます。

 

数ある洋梨の中でも、「ラ・フランス」は、
とろけそうでありながらも歯ごたえがあり、
デザートに使えば高級感も増す、まさに果物の女王ですネ^^

 

わたちもたべたいにゃのですが、
せれにぃにがうしろにいるにゃの。

 

おやつ見守り隊セレナ登場~☆

 

そんなセレナも・・・ぺろ♪

 

昔、フルーツ盛り合わせの静物画と言うと、
葡萄やリンゴと一緒に、
必ず洋梨が入っていたような気がします。
西洋梨って、絵になりますよネ・・・

(=^v^=)

 

大玉ラ・フランス(2kg)

 

 


コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ラ・フランスとボジョレーヌ... | トップ | ラ・フランスのケーキを作り... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みーちゃん)
2022-11-29 21:34:28
黒いクッションと思ったらセレナちゃんでした(笑)
セレナちゃんがテーブルについてるの珍しいですよね。
レア写真かも。。。
フルーツって、ただそこにあるだけで絵になる気がします。
すごいですよね。
>みーちゃん♪ (abi)
2022-12-02 02:00:24
こんばんは(=^・^=)
お返事遅くなってしまいごめんなさい☆
そうそう、まるでクッションですね^^
この時は、クララが先に席についていたのに、セレナがクララを追い出し(笑)席に着いたのです。
追い出されたクララはテーブルの上に^^;
フルーツはキッチンのインテリアの一部のような存在ですね(=^v^=)

コメントを投稿

おうちカフェ・パン・スイーツ」カテゴリの最新記事