外国で一時的個人的無目的に暮らすということは

猫と酒とアルジャジーラな日々

2019年チュニジア・トルコ・イタリア旅行記(2)~チュニス2日目・其の一~

2019-10-09 17:03:50 | チュニジア

 

チュニス2日目の朝、9時半頃に朝食に行こうとドアを開けたら、廊下にいた掃除係らしき若い男の子(真面目そうな男前)が私を見て近寄り、出かけるのかと尋ねた。朝食を食べに行くところだと答えると、部屋を掃除したいと言うので、鍵を渡して1階に降りる。

 

朝食はパンと飲み物だけの簡素なものだったが、給仕のおじ様がにこやかで感じが良く、私がクロワッサンしか食べずにコッペパンみたいなのを食べ残したら、翌日からはクロワッサンを2個用意してくれた。方言が強くて、何を言われているのかよく分からないのが残念だったが…

 

コーヒーや紅茶はカウンターの中のおじ様に頼み、ジュースなどが欲しければコカ・コーラのロゴ入りの冷蔵庫から自分で取る方式。ジュースは別料金のようだった。

 

小学校風の薄いベニヤ板の椅子と机、なんとなく懐かしい

 

 

朝食を済ませ、廊下にいた掃除係の彼から鍵を受け取って部屋に戻り、綺麗になった部屋で2度寝する。朝が遅い私にとってホテルでの滞在は、掃除の時間に部屋を空けなければいけないことがネックなのだが、このホテルでは朝食をとっている間に掃除が終わっていたので、心置きなく2度寝することが出来た。掃除をするのが男性なので、下着の洗濯のタイミングや干す場所が微妙だったが・・・

 

11時頃、もっとゴロゴロしたいのを我慢して、勇気を出して出かける。私って、なんてエライんだろう。(「褒めて伸ばそう良い自分」運動推進中) 旧市街を目指して歩き出したのに、なぜか新市街の鉄道駅にたどり着いた。不思議だわ、宇宙人の仕業かしら?(単なる方向音痴や)

 

道すがら中央市場を通りかかったので、魚売り場を覗いてみた。チュニジアが地中海に面しているためか、いかにも新鮮な海の幸が豊富に並んでおり、それを男たちが下処理しつつ売りさばいていた。人出が多くて活気がある。よかった、午前中に出かけて・・・早起きは三文の徳とはこのことか。

 

正面入り口

 

鮮魚売り場の入り口

 

屋内の市場であまり自然光は入らないが、電球がたくさんぶら下がっていて、シャンデリアのように煌びやか。まるで舞踏会の会場のようだ。タイやヒラメが舞い踊るタイプの生臭い舞踏会。

 

新鮮さを見せるため、エラを見せる形でディスプレイされていた。アンマンの市場のハエのたかった不吉な匂いのする生魚と全然違う。

 

何か叫んでいるっぽい魚もいた。地球温暖化が導く恐ろしい結末を人類に警告しているのか。(妄想)

 

関係ないが、チュニジアでは私の知っている他のアラブの国と違って、眼鏡をかけた男性をよく見かけた。新聞や本を読む人が多そうなイメージ。

 

魚売り場の脇には植物コーナーもあり、その片隅でサビ猫さんたちがとぐろを巻いていた。

 

中央市場を出て、少し歩くとトラム(市電)のバルセロナ駅に着く。チュニジアなのにバルセロナ。何本かの路線がここに乗り入れており、主要な乗換駅となっている。

 

 

トラムのチケット売り場。降りる駅に寄って運賃が異なるので(2~30円程度だったが)、窓口の人にどこに行くか伝えて、言われた金額を払う。

 

 

周辺には市バスのターミナルもあった。ちなみに、着いた日に乗ったバスの運賃は0.5ディナール(20円弱)だった。乗ってから払う。

 

 

トラム駅から小さい公園を抜けて、隣接する鉄道駅に行ってみた。電車に乗るわけではなく、単なる見物だ。

 

公園でお出迎えしてくれた子。この子は目が白濁していた。目に問題を抱えてそうな猫は少なくなかった。不憫だ…

 

この子は大丈夫そう。

 

鉄道駅はバルセロナではなくて「チュニス駅」。けっこう広い。

 

 

見学を終えたら駅から出て、本来の目的地だった旧市街に向かい、道すがらスーク(市場・商店街)を眺める。この日はイスラム歴(ヒジュラ歴)の元旦だったが、普通に店が開いていて人通りが多く、非常に賑やかだった。

 

何を売っているのかよくわからない店。アラブあるある。

 

香水屋さん。アラブ人は男性も香水が好きだと思う。

 

乾物屋さん。唐辛子ペースト「ハリッサ」の本場だけあって、唐辛子を繋げて干したものをよく見かけた。右端の壁にかけてあるやつ。レイの代わりにも使えるね。

 

美味しそうなお菓子も色々ある。揚げ菓子が多い。

 

カラフルな小さいスプーン付きのパックで売られている。気配りが細かい。でもこのスプーンを使うと、きっと手がベタベタになる。

 

写真を撮っていたら、どうぞ、と差し出された。揚げてシロップに浸した系のお菓子。甘いけど美味しいけど甘い。

 

 

やがて旧市街のヘソ、ザイトゥーナ・モスク(グランドモスク)に面した広場に出た。ミナレットが遠くからも見えるので、方向音痴でも見つけやすい。この広場の周辺には、安食堂や食べ物・ジュースを売る店が並んでいる。

 

軽食の売店。お店の人が、「あらどうしよう、外国人観光客に写真撮られちゃった。私有名になっちゃうかしら」という感じのカメラ目線をくれた。

 

賑わっていた安食堂。入りたかったが、あまり食欲がなかったのでやめておいた。大きな胃が欲しい・・・

 

生ジュースが飲めるスタンドが2軒並んでいた。この隣はサンドイッチ売り場。

 

このミックスジュース(たしか桃・林檎・バナナ)を飲んでいる人が多かった。私も飲んでみたが、どろっとしていて甘すぎず、美味しかった。1.7ディナール(約65円)。旅行中はビタミンが不足しがちなので、こういう生ジュースをできるだけ毎日飲むよう心掛けている。

 

 

ジューススタンドのすぐそばのアイスクリーム屋さんらしき店。猫のお客さんが入ろうとしていた。

 

店内は薄暗く、誰もいない模様で、猫さんは思案顔

 

別の猫も登場。ここは猫スポットだった。

 

 

この後、ザイトゥーナ・モスクの脇から細い路地に伸びたスークを抜けて、フランス門に向かった。このスークは猫だらけだった。

 

(続く)

コメント

2019年チュニジア・トルコ・イタリア旅行記(2)~チュニス到着・宿探し編~

2019-10-01 05:14:27 | チュニジア

 

 

ようやくチュニス・カルタゴ空港に着いたのは、午後3時前だった。ドーハを発つのが4時間遅れたのに、到着は2時間半遅れ程度だったのが解せない。飛行機の運転手さん、びゅんびゅん飛ばしたのか。

 

チュニジア国旗がお出迎え。トルコ国旗と紛らわしいやつ。

 

チュニス空港のトイレには、ドーハ空港と同様に手動ウォッシュレット用のホースが付いているが、あちらとは違って使用済みペーパーを入れる容器がない。つまり、ペーパーをトイレに流してよい。私の一番好きなパターンのトイレだ。各国のトイレは私の関心事項の一つなので、ついつい写真を撮りがち。

 

 

長いこと待ってスーツケースを引き取った後、まず銀行のATMで現地通貨を引き出す。(あっさりお金が出て驚いた)その後通信会社のカウンターが集まっているところに行き、持参したSIMフリーのスマホ用にSIMカードを購入する。一番空いていた「オレンジ(Orange)」という会社のカウンターに行く。フランスの大手通信会社オレンジは、中東・アフリカでも良く普及しており、私はヨルダン在住時も利用していた。3GのSIMカードを11.5ディナール(約435円)で購入。約1週間の旅にはこれで十分だった。ヨルダンもSIMカードは安かったが(600円くらいだった気がする)、チュニジアはさらに安いのだ。12Gだともう少し高くなるが、たいした額ではない。チャージもできるプリペイド式なので便利だ。日本にもこういうSIMカードがあればいいのに・・・中東のSIMカードに慣れた身には、日本の携帯の契約システム(2年縛りとかなんやねん)は詐欺としか思えない。お店の人は親切で感じが良く、テキパキとSIMを携帯内部にセットしてくれる。

 

チュニスの空港でのSIMカード購入については、こちらに詳しく書かれている。

 

外に出てみたら、秋晴れの良い天気だった。気温も高すぎず爽やかな気候だ。真夏を避けたのは正解だった、ふふ・・・

 

空港から市内へは、あらかじめ調べておいた情報に従い、路線バスの635番に乗った。(こちらを参考にさせてもらった)

空港を背にして左斜め前に進み、車通りを渡ったところに屋根付きのバス停があった。もちろん時刻表などという些末な物は存在しない。この段階で「ああ、中東に帰って来たなあ」という感慨を新たにする。チュニジアは初めてだが、結局アラブ諸国の一つなので、知らない国に来た気がしない。むしろ懐かしい感じ。

 

ベンチに腰掛けてバスを待っている時、隣に座っていた若い女性に話しかけて、「ここに市内中心部に行くバスは来ますよね」と確かめたら、どこに行きたいのか聞いてくれたので、旧市街入り口のフランス門辺りでホテル探しをする予定だと告げると、「私もその近くに行くから教えてあげる」と言って、終点のチュニス・マリン駅(通称「マリーナ」)で一緒に降りてフランス門が見えるところまで連れて行ってくれた。新市街のメインストリート、ハビーブ・ブルギバ通りをまっすぐ行って、おそらく15分ほどだったと思う。彼女は空港で働いていて、勤務時間が終わって家に帰るところだったそうだ。アラビア語のチュニジア方言は、馴染みのない私にとってはかなり難解なのだが、彼女は比較的標準語に近い話し方をしてくれて、聞き取りやすかった。

 

フランス門のすぐそばの地球の歩き方に載っていた安宿「マルハバ・ホテル」に行って、部屋は空いているか聞いてみると、このホテルにはそもそもシャワー付きの部屋がないと言われた。近所に他に安ホテルはないかと聞くと、たくさんあるとのことなので、周辺でホテルの看板を探し、道端に立っているおじちゃんたちに質問したりしながら(「おじちゃん方式」と命名)、宿探しをする。私の希望はシャワー・トイレ付シングルなのだが、安いホテルはシャワー付きの部屋がないところや、満室のところが多かった。近くにあった「リヤド・ホテル」はシャワー付きの部屋は満室、「エルクドゥス・ホテル」も満室だった。このエルクドゥス・ホテルはシャワー付きの部屋が30ディナール(約1130円)だというので、翌日には空きがあるかと尋ねたら、「明日の朝来て」と言われた。後でホテルを移る時にもう一度ホテル探しをしてわかったのだが、チュニスの安ホテルは通常予約が出来ず、泊まりたい日のチェックアウトの時間帯(午前11時や12時など日本より遅め)以降に直接出向いて、空いているかどうか聞くしかないらしい。ちなみに、安ホテルはアラビア語・フランス語圏で、英語はあまり通じない。

 

歩いている時に、チュニジア初の猫に遭遇。停めてある車がイタリアのフィアットで、なんとなく嬉しい。

 

 

結局、フランス門付近の新市街側にある「オテル・ド・フランス」という一つ星ホテルに決めた。シャワー・朝食・エアコン・テレビ付きで1泊65ディナール(2500円弱)なので、私にとっては少し贅沢なのだが(びんぼーやねん)、道端のおっちゃんに「フランスホテルがいいぞ!」と強く勧められたし、疲れているので妥協することにした。後でチェックしたら、ここも地球の歩き方に載っていた。地球の歩き方の実力は、チュニスで何度も実感することになる。

 

フランスっぽい外見

 

部屋はこんな感じ。布団は古そうな気はしたが、全体に清潔で天井が高く、中庭に面していて静か。シングルを頼んでもツインまたはダブルルームをあてがわれるのは、アラブ諸国では普通。2人だと部屋代が半分になるわけだ。

 

中庭に大きな木が生えていて、小鳥たち(すずめ?)がそれをねぐらにしているらしく、夕暮れ時や朝は賑やかだった。(嬉しい)

 

少し休憩してからまた出かけて、夕食を食べに行く。旧市街に入った辺りで見かけた安食堂で、シャワルマサンドを注文する。日本ではケバブサンドとしてお馴染みのあれだが、チュニジアのはバゲット風のパンに挟まれ、フレンチフライが添えられていた。メニューもアラビア語・フランス語併記。さすがチュニジア、旧宗主国フランスの影響がバリバリに健在だ。

 

趣きのあるメニュー

 

シャワルマサンド、シュウェップスと合わせて4.5ディナール(約170円)。チュニジアの辛い唐辛子ソース「ハリッサ」を付けるかと聞かれて頷く。

 

安くて肉がたっぷりで美味しかったが、私には量が多すぎたので、半分は持ち帰り用に包んでもらう。ハリッサを付けなければ、肉部分を野良猫さんたちに振舞えたのだが、失敗した・・・お店の大柄な男性は、「あなたはお腹が小さいんだな、わしのはほらこの通り」と言って、スイカのように見事に膨らんだお腹を叩いて笑っていた。

 

お店を出てフランス門の方に向かうと、さっき食堂に顔を出した白っぽい綺麗な猫が歩いていたので、追いかけて写真を撮っていたら(もう暗くて私のカメラ・腕では上手く撮れなかったからボツ)、それを見ていた老人が「この猫はラティーファという名前なんだよ」と教えてくれる。近所で可愛がられているらしい。アラビア語でラティーファ(ラティーフの女性形)は「優しい」「親切な」という意味で、女性の名前に使われたりする。優子ちゃんだ。

 

夕食を終えても、私にはまだ重要な任務が残っている。それは酒を買うことだ。チュニジアやヨルダンなどのように飲酒が禁じられていない国でも、アラブの安食堂ではアルコールがないのが普通なので、お店でビールやワインを買ってホテルで部屋飲みするのが習慣なのだ。チュニジアではスーパーで酒が買える(ヨルダン等のスーパーでは買えない)との情報を得ているので、近くの「マガザン・ジェネラル」というスーパーに行く。しかし、それらしき棚にはノンアルコールビールしか見当たらない。

 

不吉な・・・

 

 

店員に聞くと、「金曜日はアルコール類の販売が法律で禁じられている」という。なんと・・・

 

チュニジアでは長年、公共の場でのヒジャーブ(イスラム教徒の女性が髪を覆うために使用する布)の着用が禁じられており、一夫一婦制が法律で定められているというから、私の中では「政教分離が進んだ国」というイメージが強かったのだが、まさか金曜日(イスラム教徒にとって聖なる日)のアルコール販売が禁止だとは・・・ヨルダンでもエジプトでも、断食月ラマダーン以外は毎日酒が買えたのに、なんてことだ。

 

念のために、疲れた足を引きずってもう一軒のスーパー「モノプリ(Monoprix)」にも行ってみたが、やはりなかった。「明日はあるよ」と言われたが、どうも不吉な気配が漂っている。しかし、ないものはしょうがないので、ノンアルコールビールを買って帰った。飲んでみたら、麦茶とビールを足してアルコールを飛ばしたような魂の抜けた味がした。

 

結局この日は、機内で飲んだハイネケン以外は酒抜きとなった。

 

 

夜のフランス門。ホテルも食堂もスーパーもみんなこの周辺だったので、この日だけで何度も通りかかった。

 

(続く)

 

コメント

2019年チュニジア・トルコ・イタリア旅行記(1)~カタール航空で出発編~

2019-09-28 05:01:27 | 旅行

 

8月末から9月にかけて、3週間ほどチュニジア・トルコ・イタリア3か国周遊の旅に出ていた。翻訳者という職業柄、語学力を錆びつかせないための自己研修という意味合いも大きかったが、基本的に今回の旅のテーマは「猫と酒」だった。

チュニジアではチュニスを拠点にし、カルタゴ遺跡や北西のアルジェリア国境の町タバルカにもちらっと行ってみた。トルコはイスタンブルのみ。イタリアでは、フィレンツェで友人たちと会ったりしてのんびり過ごしてから、南部バジリカータ州のマテーラ・アリアーノ・ポテンツァを巡った。もう全然若くない身で、しかも人より疲れやすいへなへな体質なのに、重いスーツケースを引きずって短期間であちこち移動するのはとっても大変だった…今後は一度に2か国までに抑えようと思う。

というわけで、これからしばらく、その旅行記を書いていく予定だ。今回は旅先で、毎日パソコンで備忘録をつけていたので、それを短くまとめて写真を添えればなんとかなるはず~

まあ、私のことだから、最後まで書けるかどうかは不明ですがね・・・

 

第1の目的地チュニスには、カタール航空で成田からドーハ経由で到着した。なぜカタール航空を選んだかと言うと、サウジやUAE等による封鎖に苦しんでいるカタールを、特にカタール航空を応援したいと常々思っていたからだ。それに私はカタールの衛星テレビ局アルジャジーラを深く愛しているので(猫と酒の次くらいに)、機内でアルジャジーラの生中継が視聴できるかもしれないと期待したのだ。実際に乗ってみると、機内エンターテイメントにはアルジャジーラのアの字もなかったが。なぜなんだ、カタール~

 

成田を夜出発して翌日の早朝にドーハに着き、チュニス行きに乗り継いで昼頃には到着するはずだった。

 

ドーハ行きの機内でサービスしてくれた客室乗務員の若い日本人女性は、「こんなフレンドリーな日本人のアテンダントさんがこの世に存在したのか!」と驚愕するレベルで人懐っこく、食事をサービスする時も「チキンがすっごくおススメなんですよ~」などとアドバイスしてくれた。それに従ってチキンを選んだら、特に美味しくなかったわけだが、おそらく何を選んでも大差なかったと思われる。ドーハ発チュニス行きの機内で出たラム肉のデミグラスソース・ポテトピューレ添えは美味しかったが、他はどうもイマイチで、美味しい機内食を提供したい!という意気込みは感じられなかった。赤ワインもアルゼンチン産のテンプラニーリョ種のもので、質が高いとは言い難い。但し、リキュール類としてベイリーズが置いてあったのは評価したい。食後に氷を入れたベイリーズをデザート代わりに楽しむなんて、優雅じゃないですか?エコノミークラスの小さな楽しみ、それは酒なのだ。(個人的な意見です)

 

隣に座ったのは筋肉隆々のブラジル人の若者で、柔道の選手だと言っていた。せっかくの機会なので、アマゾンの森林火災について聞いてみたら、「あんなのは毎年起こっている。大げさに騒ぎすぎだ。フランスなどはアマゾンの地下にある金とかを狙っているんだ」とのことだった。バリバリのボルソナロ大統領派らしい。彼はトイレに立つ時、通路側に座った私を起こさず、軽々と座席を飛び越えて音もたてずに着地するという技を見せた。

 

機内食の写真は上手く撮れなかったので省略。メニューのみ載せておく。読みにくいかもしれないが。

 

 

11時間のフライトの後、ドーハに到着。

 

 

ドーハ・ハマド国際空港の名物、電気スタンドに突き刺さった黄色い大熊に再会

 

この熊をデザインした人は一体何を意図していたのか

 

空港のトイレ。使用済みのペーパーを入れるための容器と手動ウォッシュレット用のホース付き。こういうトイレを見ると、「ああ、中東に帰ってきた~」という感慨がわく。

 

ドーハでの待ち時間は5時間のはずだったが、チュニス行きの便の出発が「技術的な理由」で4時間遅れたので、合計9時間待つことになった。カタール航空のチュニス行きの便が遅れるのは日常茶飯事のようで、利用者のチュニジア人たちが(私以外の外国人は見当たらなかった)「いつも遅れるじゃないか!ちゃんと理由を説明せず、毎回初めは『30分遅れる』などと言っておいて、結局2時間以上遅れる!」等と抗議していた。ようやくゲートが開いて連絡バスに乗ってからも、さらに「10分待機」と係員に言われたため、乗客たちが激怒して、バスから降りて係員に食って掛かる人も出てきた。そこに警察が登場して、最も激しく抗議していた男性をどこかに連行しようとしたので、人々の怒りがマックスになって大騒ぎになった。それを見て、「おお~さすがチュニジア人、革命の国の人たちだ~」と感激し、スマホで写真を撮ったら、警察の人たちに「写真撮影は禁止だ。削除しなさい。携帯が取り上げられてもいいのか!」と怒られた・・・のでやむなく消した。しくしく。連行された男性はしばらくしてから戻ってきて、バスはようやく動き出した。

 

警官がバスから去った後に1枚だけ撮った写真。ベレー帽の人が警官。

 

そんなわけで、予定を超える長旅になり、チュニスに着いた時には、よれよれだった。しかし、宿を予約していなかったので、宿探しから始めなければいけないのだった。

 

(続く)

 

 

コメント

イスタンブールの猫

2019-09-08 06:28:47 | トルコ

 

現在海外旅行中で、チュニジアのチュニスからトルコのイスタンブールに移動したので、また少しだけ猫写真をどうぞ~

 

エサをくれる人が来たことを感じとって眠りから覚めたネコさん。この後起き上がってこちらに来る。(スルタナメット広場)

 

1匹にあげていると、大抵別のネコも集まってくる。みんな勘が鋭い

 

これもスルタナメット。遺跡の一部っぽくなっていたミケちゃん

 

泊まっているホテルの隣の旅行代理店で、誰もいない隙に狼藉を働いている子を目撃。「み~た~な~」って態度。

 

この子はまだ小さいのに、独りぼっちで生きているみたいだった。がんばれ~

 

なんか、2年前に来た時より猫の数がずっと少ない気がするけど、気のせいだろうか・・・どきどき

 

コメント (2)

チュニジアの猫

2019-09-03 11:10:05 | チュニジア

 

現在旅行中で、チュニジアの首都チュニスに滞在している。

ちゃんとした記事は帰国してから書くとして(本当なのか)、少しだけ猫写真をアップ。

 

 

 

 

 

 

 

チュニスの旧市街、猫だらけで楽しい・・・

コメント