進化論(改)

まこと申し訳ない。
昼間に更新をしようと思ったんですがやっぱり忙しくてできなくて、
記事を一時保存したと思ったら投稿されてました。
結果、この半日まさかの無文字投稿ですよ。
ごめんウチのはそんな前衛的なブログじゃねえから!汗

今日は母校の高校でアルバイトでした。
うちの学校はSSH(スーパーサイエンスハイスクール)というのに認定されてるらしく、
高校生のうちから大学の研究室で実験させてもらえたりするんです。
そろそろ実験成果を論文形式でまとめるらしくて、
俺はその論文を添削するTA(ティーチングアシスタント)として雇われました。
まぁ、俺の方が添削して欲しいわ!まだ卒論何もできてないけど!
と言いたいところなんですがそこは一応先生らしくするということで…。

何より教育実習のときの生徒に会えるのが楽しみです。
今日久しぶりに学校へ行って、概ね生徒の反応が
「おお先生久しぶりじゃん☆…で、なんでいんの?」
で統一されてて笑えましたw
これから毎週土曜は母校に帰るつもり。
いい職場を見つけられて身に余る幸せです。
たっぷり若者の鋭気を吸い取ってきます。

バイトの関係もあって、久しぶりに実家へ帰りました。
なんというか、実家は気が抜けるというか、ほっとするというか、
ついついビールなんか飲んじゃって早寝しちゃっていけません。
まぁこういう時間が無いとダメになっちゃうのも確かですが(^^;

久々に、酔っ払って帰ったおとんとこたつで話をしておもしろかったです。
むかし、俺が人類進化論に行く!と言ったときに、
「猿から人間が進化したなんて理解ができん!」
と言われて必死に誤解を解こうとしたことがあったんですよ。

誤解している人が多いかと思うんですが、猿から人間に進化した、わけではないんです。
あくまで祖先は一緒だったけど途中で種が分かれた、つまり進化の隣人である、
というのが一応主流の見解なんです。
(それでも「猿は大昔からあまり変化していないだろう」という前提が無いと、
 今の猿を見て人間の進化の流れを論じることはできなくなるという問題は残るんですが)

酔った親父と話をしていてどういう流れか勉強の話になったんですが、
「バカはいかん。勉強するからこそのヒトなんや。
 このまんまでええか、と思ったやつらがニホンザルになったんや。」
「で、勉強したかったんやけど周りに流されて結局せんかったやつがチンパンジーになった。

確かにツッコみどころはあるんやけど…
だいたい合ってる。 しかもマジメに話すより断然おもろいww

ある日突然「サル学をやる!」と言い出した俺。
親父なりにその意義を考えたりしてくれていたのかもしれません。
いくつになっても、親父には敵う気がしないなぁ…。
コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

まずは現象から。

中間報告も終わって、久々に嵐山モンキーパークへ行きました。
こんだけウジウジ考えたんだから何か掴めるだろうと思ったんですが、
やはり相変わらず猿はわけわからんです。

第4位のオス(ハチゴー)の個体追跡をしていて、
そいつが高台の原っぱで一休みし始めたんですよ。
そしたら原っぱの向こう側からカエルちゃんと呼ばれるメスがこっち寄ってきたんです。
発情もしているし、ああハチゴーをfollowするんかなぁと思ったら、
いきなりバッと後ろを振り返ったんです。
違うオスでもいるんかと思ったんですが、俺の見る限り誰もおらず…。
カエルちゃんはまた少しこちらへ寄って来て、
またいきなりバッと後ろを振り返ったんです。でまたちょっとこっちへ寄る。
いかにも「追われているの!助けて!」と言わんばかりに。…町娘か!
結局その日のほとんどの時間、カエルちゃんはハチゴーの後ろをついて回ってました。

ハチゴーがグルーミングの誘いをかけると寄っていって毛づくろいをしてやるんですが、
あんまりハチゴーが素っ気なさすぎると「ギャッギャッ」と癇癪起こしたみたいに鳴き始めます。
(エストラスコールと呼ばれるものです)
一般的にニホンザルの交尾の相手選択はメス主体と言われてるんですが、
オスの側にも何か事情があるみたいですね。その日は結局交尾しなかったし。
………何が何だかわからない…(Lっぽく)<参考>


まぁそんなすぐわかるようになったら逆に怖いですよね。
一歩一歩階段を上ってると思うことにします!
できれば2段飛ばしくらいで駆け上がりたいなぁ(涙)

最近心理の話やホルモンの話を聞く機会が多くて、
それがまた奥が深くておもしろくて、
じゃあ俺のやってる社会生態って何なんだろう…と少し悩んでたんですが、
教授の山極さんから「まずは現象からだよマツモトくん。」と言われてはっとしました。
やっぱり俺はどうも妄想が激しすぎる頭でっかちなとこがあるようです。
まずは現象から、なんすよね。

でも、「追加の話はdiscussionですればいいから」とも言われて、
妄想しちゃいけないってわけじゃないんだぁと思ってちょっとホッとしました。
早く現象を捉えたいなと思いました。

まぁ、その現象を捉えられる気がまるでしないんすけどね(泣)
卒研提出まであと3か月くらいかぁ…。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一回生

久しぶりに昼間の大学構内を歩きました。
例の水性ペンを買いに北部食堂の階段を上がる途中、
俺の前には一回生らしき女の子がいました。
段差で俺の目線が彼女の靴の高さになったとき、
いかにも歩きにくそうな様子のハイヒールが眼に映りました。そのときに、

一回生 履きなれぬ ハイヒールの危うさ

みたいな言葉が浮かんできて、ふっと笑ってしまいました。
我ながらうまいこと言えたもんだと思いました。
こういう自己満足を感じるときは決まって調子がいいときです。
そう、言うなれば吉良吉影の爪がグイグイ伸びてるときのような!
(元ネタがわからない人はとりあえず『ジョジョの奇妙な冒険』を全巻amazonで注文しよう!)

ちなみにジョジョの奇妙な冒険第四部で一番好きなシーンは、
ボウリングの爪切りを馬鹿にされた吉良吉影が
そのカップルのアパートに乗り込んでいって、
彼氏を爆破しながら廊下を颯爽と歩いていくシーンです。
その後の「質問を質問で返すなあーっ!!」の問答も好きw

話が急ピッチで逸れました。
もう1つだけ、なかなか良く考え付いたと思う言葉を紹介します。

待ち合わせ 隣は誰を待つ人ぞ

なんつか、待ち合わせのときの所在なさったらないじゃないすか。
…そんな感じです。あくまでも自己満足なので汗
これも思いついた時はふって笑ってたと思います。
なんで、俺が勝手にひとりで笑いだしたときは気持ち悪がったりせず、
「あー、調子いいんだねぇ」と憐れんで思ってくれたらいいと思います!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

阿漕(違

研究室の学部生用デスクへ行ったら、
近くのソファーの上にアコースティックギターが置いてありました。
おお、触ってみてー!と思ったんですが、誰のか分からないので、
とりあえず弾いてみました(ぇ)
なんていうか、アコギって、持ったら意外と軽いですね!(素人の感想)
こういうときパッと何か1曲弾けたら気持ちいいだろうなぁと思いました…。
誰かの勝手に弾いちゃだめすけどね汗

違う日に知ったんですが、そのアコギはお隣のデスクの研究員さんのみたいです。
話の途中で「良かったらいつでも遊んでいいですよ」
と言ってもらいました。やた!これからはアコギも弾ける!
(「もうすでに遊んじゃいました、テヘ☆」とは言い出せず…。ごめんなさい。)



今日は第5回卒業研究中間報告がありました。
前日に大阪大学の友達といろいろ話をして(というか愚痴を聞いてもらって汗)、
その後徹夜して頭グルグルのままプリントを作って発表しました。
てか、報告会の前日は毎回徹夜に近い状態な気がします。
このギリギリにならんと動けない性分はなんとかならんでしょうか…。

もう無理!これ以上は待てない!と無意識に思ってるところまでリミットが迫った時、
それまでにちゃんと準備して考えてないと「まとめ」に入れないんですが、
もししっかりできていれば、自分の中で「イケる!」と思える瞬間が訪れる、
それがたまらなく気持ちいいんです。
リミット前に「まとめ」をやろうとすると、
頭ん中でまだパーツが揃ってないんじゃないか、熟成期間が足りないんじゃないか、
という思いに囚われてしまうんです。

以上、ギリギリマイペース野郎の言い訳でした。
や、わかってるんすよ!優柔不断じゃだめだって!
まず動いて作って、そっから叩き上げた方がいいものできる場合もあるって知ってます!
むしろこれからはそんな場合の方が多くなる気がしています。

でもなかなか変われないんだよな…。
まったく、阿漕な人間です。(意味違
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

自閉探索

ここ2日間まともに人と話をしていません(汗)

猿との(一方的な)会話すらしていません。
まぁ俺の発言の8割は「ごめんて!そんな怒るなって!」ですけど(悲涙)

家に引きこもっていろいろデータ整理したり考えまとめたりするんですが、
どうも考えてることが机上の空論に思えてしまいます。
フィールド出んと何してるねん、という思いに駆られます。

嵐山に行ったら行ったで、なんでもっと考えてから来んかってん、という思いに駆られます。
矛盾しています。自己矛盾です。



それもこれも、お気に入りの黒ペンのインクが切れたからだと思います!(えええっ)
オチへの持っていきかたが昨日と一緒だ!

や、俺の文房具への思い入れは相当なもんだと思うんすよ。
油性ペンの書き出しの悪さについて語らしたら、小一時間グチグチ言います。
loftの文房具売り場に行くとものすごいテンション上がります。
テスト前なんか、新しい文房具を使いたいがために勉強する、
みたいにモチベーション上げてましたからね。

だって、新しく浮かんだ発想を早くノートに書きたい!ってときに
インクの出が悪くてイ~~っ!ってなりたくないっしょ!新発想も台無しじゃん!
ペンは脳の中のうやむやをノートに取り出す仲介役なんだから、
そりゃあいいものを選びたくなるじゃないですか。

最近のお気に入りは水性ペン!です。
雨で濡れて消えた…ってことになりかねないので屋外では使わない方がいいんですが、
屋内では断然スラスラ書ける水性を優先してます。
なんだろうこう脳の中からグイグイ引っぱってくる感じ!
ノートに向かって構想がじわーっと染み出してく感じ!
たまらんです!!(興奮)
…大丈夫、気持ち悪いってのは重々承知してる!


明日は生協で黒ペンを買って帰ろう。そっから挽回するし!
ここからはステルスモモの独壇場っすよ!(昨日と同じ展開)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

洗濯日

意図してそうしたわけではないですが、
なんとはなしに土曜日は嵐山行かずに洗濯日、みたいになってます。
週のはじめから生活リズムがどんどん崩れていって、
木曜夜から金曜日にかけて破綻、土曜日に休息、という感じでしょうか(汗)

なので土曜日に雨が降るとものすごいテンション下がります。
今日はなんとか曇りで持ちこたえました。よくやった石原良純!(違うか)


下宿にはもちろん、観察対象になる猿はいないので(俺はいるがw)
フィールドノートの内容が溜まりつつあることだし、
そろそろエクセルとかにまとめていこうかと思い立ちました。
ノートを開いてみて
……な…何書いてるかわからん…だと…?(滝汗)

書いてる時は事象が目の前で起こってるから、
どうしても内容が簡略になりがちなんですよね。
初めの方とか特に、
「『敵対』ってまずどっちからどっちへの交渉なのさ!」みたいな感じです。

ヤクザル調査の時、隊長のフィールドノートをちらっと見たんですが、
同じ時間サルを見てるはずなのに俺の記述量の3倍くらいの内容でしたからね。
俺がノーマルのザクだとしたら隊長はシャアz(ry

何を書くのか焦点絞れてないのも問題なんですよね。
あれもこれも書こうという気で臨むと、どうしても「無理やん!」って諦めてしまうんです。
つまり、問題だらけなんですよね…(涙)



でもまぁ、いろいろ問題ありますけどね、全部が全部
風邪のせいだと思います!(ええっ)
もう治ったし、こっから挽回するし!リーチだし!そろそろまぜろよ!
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

逆転の発想。

今日も自転車を漕いで嵐山へ行きました。
今までは信号の望むまま、赤なら曲がる、青ならまっすぐという感じで
嵐山へのルートを探っておったわけですが、
最近これぞ黄金ルート!という道を選定するに至りまして!
45分あれば確実に下宿からモンキーパーグでたどり着けます。

しかし、まだまだ隠れた名通りが京都には存在しているはず!
これからはタイムを縮めるのみに止まらず、
立ち寄りたいお店等を加味した道をセレクションできるようになりたいです。
今日はらーめん食って帰るからこの道で、みたいな。
…何気ない日常に楽しさを見出すのは私得意です!
これくらいしか楽しみがないとか言うな


今日もまたオスを中心に観察してました。
観察しましたが、もうね、今まで何度も言ってますがね、もー限界ですよ。
猿わけわからん。
や、俺だって耐えたよ!よく耐えたよ!
子ザル同士が木の上で遊んでるなあと思っていたら、
そのうちの1匹がいきなり芝生まで転がってきて
ひとりで前回り受身し始めたこともありましたよ。
これはもう数理モデルとかの話じゃないよね、テンションの問題だよね。


大自然を前に、俺はあまりに無力だ…(間違った悩み)


でもね、どうにかまだ俺にもやれることがあると思ったよ。
一緒にテンション上げれば何かわかるかも!と思えたりもしましたよ。(間違った方法論)
でもね、もう限界です。



夕方頃、あるオスとメスが近接しているのを俺は見つけました。
オスはモモという群れ外オス、
メスは頭の白い毛が常に一本立ってるので、一部でキタロウと呼ばれている個体です。

この時期、いつもは群れの周縁部にいて滅多に見られないオスも、
割と群れの近くまでやってきます。
発情メスはそんなオスたちと交尾をしようと、
ちょっと群れから離れて行動します。

ああ、交尾しそうになってるなぁと思って俺はふたりに近づきました。しかし…



あれおかしいぞ、と。
他のオスと交尾しているところを上位のオスに見つかると、
メスは追い回されてしまいますので、
普通メスは恐る恐る近づいたり、近づいてもオスと関係ない方向を向いてたりします。
調子に乗ると交尾相手のオスから怒られることもあるし。

それがどうですか、がっちりキープか。とーさん!強い妖気を感じます!
なんか様子が違うなぁと思ったら、案の定これ↓ですよ。
(動画見れない人はごめんなさい。)



[クリックで再生]



まさかのオスメス逆マウンティング。
だめだ…どう考えればいいのか……わからない…!
職員さんに聞いてみたら、メスからのアプローチとして割とよくあることだそうで。
しかも、もっと大胆にアプローチするやつもいるとか…。

これくらいでめげてちゃフィールドワーカーは務まらんのでしょうね。
もっと長い時間猿に寄り添ってればある程度の理由付けができるようになるんだろうか。
もっともっとがんばって観察する!…しかないかなぁ(涙)
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

LIVE!

先日、教育実習の時の教え子のライブに行ってきました。
文化祭がインフルエンザで中止になってしまったためできなかったバンド演奏を
後日ライブハウスでやろうという感じの企画です。
実は俺にとって人生初ライブ見学でした。
慣れない電車(南海?御堂筋?地下鉄どれ??)を乗り継ぎ、大阪へ!



…感想からまず言うと。
みんなちょーかっこよかった。

ギターが、ベースが、ドラムが、キーボードが、
溶け合うっつうのかぶつかり合うっつうのか、やっぱバンドはいいわぁ。
懐かしいアニソンばっかりやるバンドもあったし、ビートルズやったりサザンやったりと
バンドごとに個性があって、どれも良かったです。あっと言う間の4時間でした。

俺も高校のころから音楽やっていれば…!
これまでの人生に後悔は無いと思っていますが、
後悔ではないけど…ちょっとしくじったかなぁと思います。
や、しかし俺にはこのストキャスがいる!
まだ遅くはないと信じて、ギター練習します。


でも、聞いてるだけでもじゅうぶんなくらい楽しかった↑↑
客のテンションが上がってくると演奏も熱くなってくるのがわかります。
聞き手とのやりとりみたいなのもまたライブの魅力なんでしょうね。
デトロイトメタルシティって漫画知ってますか?
あれなんか特に、バンドのメンバーが単体でおもしろいんじゃなくて、
熱烈過ぎるファンの理解と解釈がおもしろいんですよね。
「クラウザーさんのマイクフィッシングだー」「あっリリースしたぁ」みたいなww


ところで、最近更新が多いですね。自分でもびっくりしてますが。
念のため言っておきますが、決して
話し相手が猿しかいないからとかではないです。た、たぶん…。(たぶん!?)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

交尾期

嵐山モンキーパークの猿たちは交尾期の真っ最中です。
発情したメスは、意中のオスに向かってギャアギャアと鳴きたてます。
周縁オスは群れ内のオスに見つからないように、
少し広場から離れたところでメスと一緒に過ごします。
第一位のオスは前も言ったとおりイレズミのメスに夢中です。
しかしどうもニホンザルのメスは
群れ内の見慣れたオスを交尾の相手に選びたがらない傾向があるようです。
近親交配を避けるため、つまり親子や兄弟で交尾が行われないようにするため、
という答えが一応用意されてるのですが、
もっと至近的な要因が知りたいと思ってます。


俺は去年の後期にモンキーパークへ来ることがなかったので、
実質初めての交尾期観察です。

今日は本格的に風邪気味だったので行くのをやめようかと思ったのですが、
気合いを入れて自転車こいで嵐山まで行きました。
頑張った甲斐あって、いろいろ新しい発見がありました!
思わず「なるほど!」と一人で叫んでしまって、
近くにいたカップルさんに白い眼で見られましたが(汗)


何と言っても今日の一番の成果は
マウンティングから射精までの一連の流れを初めて観察できたことです。
本で読んでどういう状況になるかは知っていたんですが、実際見るのは初めてでした。
射精までいってるかどうかが一つ交尾の重要ポイントになるので、
猿の股の下を双眼鏡でガン見です。

…誰か、誰でもいいから、
俺の人生これで合ってるって言って(涙)
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

たい焼き論!

尻尾まであんこの詰まったたい焼きがさもお得で理想みたいに語られるのが嫌!
たい焼きってのは…!
頭から食べていって
最後に何も詰まってない尻尾を
あんこの余韻を感じつつ食べるのが至福なんでしょうが!
そんなにあんこが好きならあんこチンして食え!

それに、
白たい焼きなるものが最近流行っているようですが
そんなもんは言語道断!あれは一種のもち!
たい焼きってのは…!
あの内側の火が通ってるんだか通ってないんだかわからんむにょむにょした部分が
カリカリの部分に包まれてあるから良いんでしょうが!
そんなにもちもちが好きならもちチンして食え!

あとたい焼きってのは2つ買って、
1つはできたての熱々をすぐ食べる
もう1つは冷めたのをちょっと早いペースでぱくぱく食べるのが基本!
飲み物はお茶と牛乳のどちらもスタンバイOKにしておくこと!

私からは以上!
「たい焼きは尻尾から」「自分はカスタード派」等の異論は認める!
最後に付け加えておくが、たい焼き好きに悪い人間はいない!
初対面の人にはまずたい焼きが好きか聞いてみるとよい!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ