山口~北九州

下関に着いた時にはもう昼ごろでした。
やっぱ下関ならフグ!ということで、
近くの料理屋でうどんとフグを食べました。

ここでフグを何皿頼むか議論になったんですが、結局2皿頼むことに。
だって2人ずつ写真撮れば全員分頼んだように見えるじゃない?(浅知恵)
フグがテーブルに来た時はさすがに盛り上がったんですが、
一口食べて、全員の感想が
「まぁ・・・うまいっちゃあうまい?かな?
一緒に頼んだうどんがやたらおいしくて、
みんなうどんのダシばっか誉めてました。庶民・・・(涙)

その後博多経由で佐世保まで行こうと思ったんですが、
如何せん電車が少なすぎる。
特急使うのも嫌だったので、近くの武雄温泉へ行くことに決めました。

駅から少し歩けば、すぐ温泉街に出られました。
その一番奥、でかい竜宮城みたいな施設の温泉へ!
一番安い湯だったんですが、普通にくつろげました。
一風呂浴びて、ふと壁を見ると何やら文章が。


あいさつかわして
おじぎして
たのしく温泉
はいりましょう。

ちんちん洗ろて
しり洗ろて
きれいな身体で
はいりましょう。

じょうだん言って
わらわせて
一日笑顔で
すごしましょう。

武雄温泉唱歌


温泉の注意書きみたいに見えるんですけどね、俺はこれ読んで
なんか人生の在り方を見た気がしたね。深い。

風呂上りのコーヒー牛乳も飲み、
近くの売店でソフトクリームを買って食べながら駅へ向かいました。至福w

その後ちょうど帰省していた九州の友達に頼んで車を出してもらい、
ちゃんぽん・皿うどん・佐世保バーガーと全部食べきりました。至福ww

その日の宿なんですが、その九州の友達の実家に泊めてもらえることになりました。
お父さんもお母さんも気さくでやさしそうな人。
でもやっぱり気を遣わせてたみたいで、俺たちと話す時は普通だったんですが、
その九州の子と話す時は「・・・やけどよかね?」と方言に戻ってました。
このときが一番九州にいることを実感した(笑)

その夜は山口の旅の疲れもあってか、
夜更かしすることなく電気消してすぐ静かになりました。


旅先というのは、いわゆる「自分の居場所」を離れるわけですから
いつもより客観的に自己を見つめ直せるような気がします。
この夜はちょっと自分の事を考えました。
大学のこと、友達のこと、勉強のこと、将来のこと、結婚のこと(飛躍しすぎ)
そして寝ました。
今、この旅を楽しみたい。そう考えるに至ったような気がしました。


次の日の朝、
誰かの携帯の音が鳴り響きます。
・・・昼まで寝ていたいと思い直しました。


to be continued...



PS.写真は勇者からデータをもらい次第載せたいと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

帰ってきたドラえもん

で泣きました。
「ドラえもんが安心して未来に帰れないんだ!」
のところで泣きました。うん、この話は今全く関係無い。

西への旅行から帰ってきましたよ!
いやぁ、おもしろいことがあり過ぎました。
なんかもう笑いっぱなしでしたよw

まずは旅の始まりから。


夜の10時半ごろ、京都駅でみんなと合流。
待ち合わせ場所は決めてなかったんですが、
ウロウロしてたら会えました。
とりあえずテンションは↑↑。
ボケ合いのツッコミ合いが始まります。
いつもはポカーンとされがちなボケも、みんな見事に拾い合います。
思うに、理想的なパーティーだったんですよね。

勇者:旅の発案者にしてほぼ引率者。ボケもツッコミも程良くこなす大阪人。
   バイオリンの練習が嫌で嫌でたまらなくなったらしい。お嬢様か!

戦士:軽々と一線を踏み越える、ボケの切り込み隊長。
   ちなみにバスケのポジションはリアルにPG。

僧侶:行き過ぎたボケをツッコミでやさしく諭す、
   と見せかけて自分本位のボケでかぶせるお調子者。っていうか俺。

魔法使い:豊富な知識に裏打ちされたボケを放つ、言葉のスペシャリスト。
      藤岡弘、(探検隊時)のモノマネが激しくツボ(笑)


ドラクエ3で言うところの王道パーティー!
良い友を持ったもんです。理学部4組最高!

気が付いた時にはもう11時15分。
ワイワイ言いながら夜行バスに乗り込み、
後ろの席を陣取ってまたクスクスワイワイ(迷惑)
思っていたより座席も広くて、消灯から一度も起きることなく朝を迎えられました。
とは言え、朝の5時半には目覚めるわけですからやはり眠い。しんどい。
広島駅に着いて、バスから降りた第一声は
「よし、帰ろうか。」

どこかの喫茶店で朝ごはん、と思ったんですが、
休日の朝6時からやってる店があるはずもなく
しかたないのでマクドで済ませました。

広島ということで、この辺りから「じゃけん!じゃけん!」を連発してました。
・・・関西人って関西弁を中途半端にマネされると腹立つじゃないですか。
今思えば、広島の人はかなり腹立ってたと思います。
無駄に「○○じゃけん!」言うてましたから。(すいませんでした)

朝ごはんを食べ終わり、青春18切符を使って下関行きの電車に乗りました。
下関から九州へ向かう作戦です。


・・・・この作戦が失敗でした。
山口に入るまではそう時間はかからなかったんです。
そうなんですよ、この山口っ!!
初め海沿いを走ってたんですが、みるみるうちに電車は内陸へ。
農村の風景が3時間半ほど続きました。
勇者の持ってきたトランプで大富豪してたんですが途中で飽き、
最後の方はみんなもう衰弱してました。恐るべし、山口。

ここで「なんで広島行きのバスを取ったんだ?」ということになったんですが
勇者から衝撃のヒトコトが。

「え、広島って端っこじゃんか。山口って何?

_| ̄|○




続きはWebで!
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

命短し、

旅せよ乙女。

ということで今日から西へと旅立ちます。イェイ!
(まぁ乙女でなく純然たる漢なんですがこの際いいじゃない?)

大学の友達3人と博多辺りをブラブラしようかと思ってたんですが、
夜行バスが途中までのしか取れなかったんですよね。
というわけで明日の朝5時半に広島で放り出されます。
3月下旬とはいえ、まだ結構寒いよ・・・


予定としては青春18切符を使って
広島焼きなど食いつつ九州へ、
長浜らーめんなど食いつつ四国へ、
讃岐うどん食いつつ奈良へ帰ってきたいと思います。

宿なんかは一切決めてません。
安い宿が無かったらどうするんだ、と友達に聞いたところ

「・・・飲み明かせばいいんじゃね?」

ということでした。
内心、愛媛辺りで倒れるんじゃないかと思ってるんですがみんなには内緒にしてます。
どうなることやら・・・


とりあえず、「行ってきます!」
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

悪男子

京都から自転車で俺の家まで来てくれた友達がいました。
その子と一緒に薬師寺へ行ったときのこと。
モロ地元なんですが、そんなに行ったことはないんですよね。薬師寺。
その帰り際。




ふと立ち寄ったお手洗いの前に









・・・俺は入ってもいいですか?
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

エイプリル・フール

4月1日に誰かを騙そうなんて考えてはいないさ。

嘘をついていいのは1回だけなんだろう?


4月1日に限ったことじゃない。

今すぐ君を奪ってしまいたいのに

僕はまだ、自分に嘘をついているんだ。


臆病なApril fool。












そんなことを考えてて、しかも4月1日まで待ちきれてない俺はただのfool(意訳:アホ)です。
臆病なApril foolて。

いやしかし!誰もみな

その心に矛盾を孕んだエイプリルフールなn(以下略)
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

言葉にできない












コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

何事にも言える事なのかもしれないですが、
傘ってのは一本目が大事なんです。

1本目の傘にはなんだかんだ言って愛着が湧くモンです。
電車を降りる時なんかでも気遣って後ろを振り返ったりなんかして。
繋いだ手を離さないように。
時々振り返る、君の笑顔 みたいな。

でも1本目を失ってしまうとですね、途端に傘に対する愛着が消滅するんですよね。
電車でも振り返らない、地面を叩く、ぞんざいに傘立てへ放り捨てる。
こうも冷え切った関係になってしまうわけですよ。

その二本目がビニール傘だったりなんかすると、また余計に好きになれない。

しかも慣れない傘を傘立てへ入れたら
大抵どれが自分のかわからなくなるんですよね。
『これだよ、この傘の先の削れ具合は間違いなく俺のだよ。』

『いや待て!この柄の角ばり具合は俺のじゃない気がする・・・』
疑心暗鬼1名様ご案内ですよ。

でもここにきて一か八かのカケに出ることはできません。
だって適当に選んだこの傘が誰かの愛しい1本目の傘かもしれないんですよ!
1本目を失った悲しきビニール傘ユーザーを生み出してしまうのはあまりに不憫です。

こうして、いつもより冷たい雨に濡れて帰ったことが何度あったか。











最終的に何が言いたいかというと、
勤めてる塾に置いてある傘のうち、数本は俺のだと思うんです。
もう適当に持って帰ってもいいよね?ね?
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

カステラには断固牛乳。

お菓子の箱なんかには、よく乾燥剤やら脱酸素剤やらが入ってますよね。
昔はよくこれに水かけて遊んだものですが(※良い子も悪い子もマネしちゃだめ)
ちゃんと注意書きが書いてあるじゃないですか。
「食べてはいけません」は勿論のこと、中には発熱するものもありますから
「発熱注意!」だとか「発火の恐れがあります。水をかけないでください。」
などが書かれているはずです。

しかし、俺の買ったカステラに付いてた脱酸素剤には




「発熱しても心配ありません」
 

フォローのしかた合ってる!?( ̄□ ̄;)
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

グローバル。

冷たく澄んだ空気に自転車を漕ぐ足も自然と軽くなる、
そんな昼下がりの出来事でした。

俺はこれまた久々のらーめん屋(第二の故郷)へ帰ろう行こうとしていたんですよ。
時計台を横切りそろそろ付属図書館の入り口だという時、
後ろからの自転車に追いつかれ、並走するかたちになりました。
乗っていたのはボビー・オロゴンを小太りにしたような黒人留学生。

その人がしきりに後ろを気にしてたんですよ。
なんか俺迷惑なことしたかなぁと思っていたら、どうも違うようです。
見ているのは自分が乗っている自転車の後輪のようでした。
何度も何度も、後ろを振り返っては前を向きを繰り返しています。

なんで後輪気にしてるんだろう?
そう思って見ていると、その留学生がめっちゃ悲しそうに一言、

「クウキ、タリナイ・・・」

次の瞬間目があって、お互いなぜか照れ笑いしました。
言葉ひとつで人間ってこんなに分かり合えるもんなんですね。
うーん、なんだかこれってグローバル。

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

ジンギスカンだっちゃ。(ラム)

友達と京阪電車の三条あたりをぶらぶらしていたら、




おおお、なかなかキワドい店があったもんです。
絶対ラムちゃんを意識してますよね。うる星やつらの。
そう思ってふと下を見たら、なんとキャラクターがいました。
おそらくこいつがらむちゃんだ!!









・・・妙に腹立つ顔してんなー。



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ