自由に五七五

季語を意識して画像を1枚載せて楽しんで行くつもりです。
川柳もどきになるのはスタートが万流だったから。

玉蜀黍の花の開きを確かめる

2024年07月20日 | 写真俳句
 蒸し暑いけれど菜園の草取り。

薩摩芋、長芋、葱、カボチャなど草に埋もれている

葱も植え替えしなければ。その前に草取りして畝作りなど

 夕べは6時過ぎても30度超えていた。

多分今日はもっと上がるかと。

ワンコとの夕の散歩は暗くなってからにしようかな。
コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

病葉やうた唄ひだすあの頃の

2024年07月19日 | 写真俳句
 夏の盛りの桜並木に落ち葉、いつも思い出すのが

中曽根美樹、川は流れる。

梔子の花を見ると歌い出すのは渡哲也の歌。

朝なので声は出ないが口ずさみながらの散歩。

昨日も今日も似たような天気で今のところは晴れている。

関東、甲信などは梅雨明け、ここもそうだと思っても間違いない。

とにかく蒸し暑い。湿度計見ると80%近く。

とにかく日中は自重してやるしかない。
コメント (6)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

三か所も荒れ放題に明治草

2024年07月18日 | 写真俳句
鉄道草とも言いますが、荒れ地にするとすぐ伸びて

ご覧の通りの場所もありました。

散歩道の前畑、一か所には薔薇など手入れがよく

花、野菜など楽しめました。

先日の朝見かけた切りでその後何も植えてありません。

薔薇も抜き取られてしまいました。

もう一か所は朝夕、合羽着て手入れする場所、少し離れた林の影など

いま手入れする人おりません。

愛犬に「なんと言う名前」と良く聞かれました。

もうそれもありません。

一番端の無人だった家に車が三台。

入り口も舗装なおされ住むようになったのかな?


コメント (4)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

待宵草歩道の堺伸び上がる

2024年07月17日 | 写真俳句
待宵草が彼方此方で見られます。

以前よく見ていたのは復興団地になった田んぼ道でした。

その名残なのかいまも舗装になった道路際に見えます。

歩道と車道の境目にど根性です。

今が草の盛り散歩道に葛も咲き出してました。

伸びてはみ出し先っぽを車が引きちぎってます。

いつも気になっていた中学校の入り口付近

今年は県道ですが抜き取ったようです。
コメント (4)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

菜園のグラジオラスの咲き始め

2024年07月16日 | 写真俳句
 墓道に
 ムシムシしてすっきり晴れない梅雨空に

グラジオラスの色合いが鮮明です。

何色か植えたけれど今年は何色楽しめるか。

そろそろ植え替えが必要かもしれません。

 周辺の山百合も盛んですね。

墓道に支柱のあるのを見つけました。

これが無いと花の大きさに倒れてしまいます。

ライトアップしている公園もあるでしょうね。
コメント (6)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする