名刹・古刹・国宝・名塔を巡ります

五木寛之著「百寺巡礼」講談社刊
日本列島の北から南まで百の寺と百名塔を巡ります





広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国宝建築・福井 富山

2017年08月04日 | 日記

国宝建築・福井小浜の明通寺は806年坂上田村麻呂公により創建された

国宝・本堂は鎌倉時代正嘉二年(1258年)の上棟・ご本尊は薬師如来で降三世明王・深沙大将などの仏様も重要文化財です、国宝・三重塔は鎌倉時代文永七年の創建で軒の長さ大で実に見事な安定感です

若狭・神宮寺(本堂・重文です)奈良東大寺二月堂の修二会にお水送りをする閼伽井戸があります

富山・高岡 瑞龍寺は加賀百万石二代藩主 前田利長公により江戸時代・万治二年(1659年)の創建で国宝・伽藍と廻廊が見事・壮観です

国宝建築・福井 富山

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国宝建築・岐阜 | トップ | 国宝建築・長野 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事