日本刀鑑賞の基礎 by ZENZAI    刀剣女子のためにも

日本刀の魅力を再確認・・・刀のここを楽しむ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

刀 兼得 Kanenari Katana

2010-11-26 | 
刀 兼得


刀 銘 兼得



 関善定派の兼得(かねなり)の、天文頃の刀。一寸ほどの磨り上げで、現在は二尺三寸強。あまり耳にしない刀工名だが、この作品は出来優れており、美濃刀の優秀性が良く分かる。板目鍛えの地鉄は杢目と大きく流れる肌を交えて総体に小板目肌で詰み、繊細な地景が肌を強く起たせて躍動感があり、地沸が厚く付いて関映りで明るい。直刃湾れの焼刃は、小沸の帯が広く狭くと抑揚し、刃境には小沸のほつれが掛かり、刃中に砂流し、金線、小足が入り、一部これが二重刃状に見える。大和古伝を基調とする、善定派の特質が現れている。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
« 刀 兼杉 Kanesugi Katana | トップ | 短刀 兼房 Kanefusa Tanto »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事