ヒーリングルーム”祝祭” 0010110

”ハートの贈りもの”によるセッションのご案内:
ドロレス・キャノン式量子ヒーリング退行催眠療法
クリスタルボウル療法

ガイドからの贈りもの

2016-10-28 20:57:37 | ガイドからの贈りもの
私は時々、”あなたのガイドと出会う誘導瞑想”をやったり、AAマイケルのオラクルカードを引いています。
そこで見たビジョン。ガイドがくれたプレゼントや、その日、AAマイケルから送られたメッセージを綴っていきます。
また、最近は、予知的なビジョンや夢を見たり、ツインフレームからのメッセージを受け取ることも増えてきました。


2012年ごろ?
数年前に見た夢で、正確な日付は覚えていない。

我が家の玄関前の敷地に、円盤型のUFOが降りてきた。中から、男女のETが二人そろって出てきた。私の家の玄関をピンポーンと鳴らして、「プレゼントです」と言う。四角い小箱を手にしている。何かの装置らしく、それを、私の喉に取り付けてくれた。夢はそこまで。

今から思うに、この二人は5次元の私自身とツインフレームではないかな。双子のように、よく似た感じの男女だった。ワインレッドのジャンプスーツがとても印象的だった。当時、私の喉のチャクラを開く、あるいは情報発信とか真実を伝えるという私のミッションを活性化するために、やって来たのではないかと思える。


102516
明け方、夢からそのまま移行してビジョンを見た。リアルな体感がすごかった。

夢の中でトンネルに入ったら、何か箱のようなものに乗ったまま、どんどん加速していくのに気づいた。もはやトンネルではなく、それはポータルに変わっていた。縞々の狭いチューブの中を、すごいスピードで上昇していく。ジェットコースターみたい。飛ぶような感覚がリアルで、実際にめまいがした。「出口はどうなっているのだろう。何処へ出るのだろう。誰に会うのだろう」と、楽しみにしていたら。。

ポンと出たら、小さな空間だった。私は、歯科の処置椅子みたいな細いベッドに横たわっていた。左前にツインフレームが座っている。器具を手に、私の額、第3の目のところに、クリスタル(マカバの形)を埋め込む手術をしてくれた。夢はそこまで。

この日の午後から、額、第3の目の上の辺りが赤くなり、少し腫れてかゆくなった。

後日、気づいた。第3の目に入ったクリスタルは、宇宙、根源からやってくる高次の光を受け止めて、虹色に変える装置。アセンションに備えて、私の体内に、虹色の光を照射するためらしい。


100916
良いニュースにフォーカスしなさい、というメッセージ。こちらの記事で。


092016
私のミッションの前半が終わった、という夢。こちらの記事で。


090116
夢。友人と電車に乗って、郊外に出かけた。ある駅で電車から降りると、ホームでツインフレームが待っていてくれた。家に案内してくれるらしく、その後をついて行った。家というのは、郊外の緑地に立つタワーマンションらしい。一緒についてきてくれた友人は、AAマイケル。

夢はそこまで。その後、思い出した。その夜寝る前に瞑想しながらつぶやいたことを。。「故郷の星、故郷を見たいです」と。


072016
明け方、(私が忘れないように)夢から覚める直前に贈られた言葉が“Love is all that matters”.
泣けました。ツインフレームも主たるガイドの一人。

Love Is All That Matters
https://www.youtube.com/watch?v=ORRGq6J1SGk

Lost in a dance, waiting for a chance
All I really need was to love you
Night after night, searching for the light
You saved me, you gave me something I could feel

LOVE is all that matters faithful and forever
Keeping us together, LOVE is all we need
Prisoner of illusion, sentence is suspended
Loneliness is ended, LOVE has set me free

Dreams from the past, coming true at last
Never noticed how my life was changing
Now I can see all that LOVE can be
You saved me, you gave me something that was real

LOVE is all that matters faithful and forever
Keeping us together, LOVE is all we need
Prisoner of illusion, sentence is suspended
Loneliness is ended, LOVE has set me free

LOVE is all that matters faithful and forever
Keeping us together, LOVE is all we need
Prisoner of illusion, sentence is suspended
Loneliness is ended, LOVE has set me free


070716
朝方、目覚める直前に、シルバーの七芒星のペンダントが、上からすっと目の前に降りてきた。二つ横並びにつながっていて、右側が少し大きく、直径5~6センチ。左側が少し小さい。右が男性を表し、左が女性を表しているようだ。きれいなピンクの輪になったひもがついていて、首から下げるようになっている。星の光のラインは細く、きらきら光っている。降りてきた後ろの背景はぼやけているが、ブルーの美しい風景。海かな。ニューアースかな。目覚める直前に降りてきたということは、私に忘れさせないためだと思う。ツインフレームからのプレゼント。

この後、わかったこと。この星型はツインフレームの手のひらから出ている紫の星の光と同じ形。二つの星型を、私の額とハートに置くことで、彼のエネルギーを受け取れるようになる。


070416
同じ内容の夢を3回見た。

1と2.「この次元はすべて経験するための場」という言葉。ネガティブな存在を体験しても、光は常に受け取っている。中には、バンパイアの自分もいる。円陣。12人? ひとり一人を私は順に体験していく。

3.ふたたび同じく円陣。「今の次元は経験のための経験」という言葉。12人の人? 一人だけはっきり見える、がっしりした男性。私はその人に抱きついて、エネルギーを与えている。誘導している。ツインフレーム?

最近、円陣がよく出てくる気がする。12で構成される円陣? 何かの儀式?


090515
2015-9-5セッションのクライアントさんが、セッション中に私のガイドをチャネリングして下さいました。以下が、その時クライアントさんに視えていたビジョン、および受け取ってくれたメッセージです。

◆ガイドたち、同時に見えていたもの

あの時に来てくれたガイドは、創造主であるおじいさんとミカエル、そしてミカエルの周りに控える大勢の天使たちです。女性の姿をした人はおらず、みんな男性の姿でした。お話したとおり、ミカエルはとても大きく、それ以外の天使たちはみんなミカエルの写し身のようで、身体はミカエルよりも小さいですが男らしく堂々としていました。写し身といってもクローンではありません。みんなそれぞれ独立した存在です。ミカエルが3mくらい、それ以外の天使たちは180cmくらいと思っていただければ… それで行くと、おじいちゃんは160cmくらいかな? 天使たちは、3~4人とかの少人数ではなく、かといって、数百人単位の大部隊でもなかったです。10~20人くらいだと思いますが、はっきりした人数はわかりません。天使たちは言葉を発することなく、セッションを守ってくれていました。…って、あ、そうか!そうだったんだ。今自分で書いて気づきました。彼らはずっと、セッションを光で包んで守ってくれていた。おじいちゃんの守護や、なるでこさんの応援のためにあの時初めて来てくれたのかと思っていましたが、最初からずっとそこにいて、守ってくれていました。わあ~、改めて感謝です。天使のみなさん、おじいちゃん、ありがとうございます~!

そしてガイドの存在を感じ、おじいさんの姿を見ると同時に、大きな本棚のようなものが見えました。その本棚はひとつではなく、おじいさんの向こう側に何十にも重なって、無限に広がっていました。大きな図書館のようでした。その映像からして、このおじいさんは知恵かなにかを司る方なのかな?と思いましたが、そうではなくおじいさんはすべてを作った創造主であり、本棚はアカシック・レコードなども含む宇宙の叡智や知恵の集大成のようなもの、そのシンボルとして現れているのだと感じました。本棚は、おじいさんのメッセージを伝えている間ずっとそこにありました。

◆なるでこさんへのメッセージ

あなた(なるでこさん)の中にはすでに無限の知恵、叡智がある。あなたの求める答えは外側にはない。すべての答えはあなたの中にある。そして、あなたはそれを知っている。そのことを思い出しなさい。そして、すべての答えはあなたの中にある、ということを今一度、深く、深く、自分の中に浸透させなさい。自信を持って! というメッセージが、深い愛と尊敬とともに今、あらためて降りてきました。

創造主がなるでこさんに伝えたかったのは、シンプルにこのことではないでしょうか。セッションの最中ではなく今、このメッセージを伝えていることにも意味があると思います。本棚が現していたもの、それはなるでこさんの中にある無限の智慧と叡智、そのもの。あなたはいつでもここにアクセスできるよ、と。迷ったらいつでもここに来ていいんだよ、と。

セッションの中でも何度か伝えたかと思いますが、なるでこさんはずっと「教授」のイメージでした。小中高の先生ではなく大学の教授。つまり、ある程度成長した人々の魂を導く存在。まだ目覚めていない魂を導くのはもちろんですが、ある程度覚醒したライトワーカーたちを導く存在として、今回は転生してきているのかもしれません。

すでに何度も言われてきたことかと思いますが、なるでこさんご自身がとてもシニアな魂で、これまでも、様々な形で人々を導いてきた経験をお持ちです。今生でも、ブログや祝祭セッションを通じてそれを実現してくださっていることに、おじいちゃんや天使たちみんな、愛と尊敬を持ってとても感謝していました。

あなたはとても思慮深く、賢く、慎重だ。言葉選びひとつひとつにも神経を行き渡らせ、重要なメッセージを誤解なく伝えようとしていることを私たちは知っている。そして同時に、大胆さも持ち合わせている。新しい場所を自分で切り開き、恐れを手放し世の中のライトワーカーたちを結びつけ、彼らが新しい学びを得る場所を提供してくれた。そして貴方自身が、無限の愛にあふれている。とにかく自信を持って!大丈夫、なにも心配することはない。がんばりすぎなくていい、あなた自身が伝えることを楽しみ、喜びに満ちていることがとても重要だから。その感覚を忘れずにね!みんなあなたがやってきたことを見ているし、わかっているよ。ありがとう。

そんな愛情深くあたたかいなるでこさんへの応援を、セッション中ずっと感じていました。私自身も、その愛を受け取れてとても幸せでした(^^)

◆物理的な紙媒体としての「本」について

情報の取捨選択が大切である、というメッセージがありましたが、本を通じて発信されるメッセージはネットやテレビなどを通じて発信されるものとはエネルギーが異なり、余計な周波を含まない分、とても静かに人の心に響きます。そして、本がもたらしてくれるのはとても個人的な体験です。大勢の集合意識がいちどきに流れ込んでくるテレビやネットとは違い、本は作者と読者、一対一の個人的な対話であり、そこから広がる読者の創造の世界もとても個人的なものです。そして、本を読むことで広がる想像(創造)世界のエネルギーは個人を超えていきます。他の媒体でもこの体験は起きますが、本の場合は、より雑音が入りにくい。本を読むことで集団の意識やざわめきから一旦離れ、今生きている私、自分自身に静かに還ることができる。この第三密度の世界を生きる間、なにか迷いが生じた時や、雑音を消しひとりでじっくり何かと向き合いたいとき、本をうまく活用しなさい、というメッセージを創造主は伝えていたと思います。「本は昔からあなた(なるでこさん)の親友、友達だったね。」とおじいちゃんがにこにこしながら言っている姿も見えました(^^)

----------------------------------

セッション後も言いましたが、全体を通して、とにかく、なるでこさんを励ましたい! 勇気づけたい!というエネルギーが、ものすごかったんです(^^) それが伝えられたかどうかが、いちばん重要かも。がんばりすぎなくていい、あなた自身が伝えることを楽しみ、喜びに満ちていることがとても重要だから。というのも、すごーく大事なポイントだと思います! 
(Izumiさん、すばらしいメッセージを受け取ってくれてありがとう!創造主やマイケル、天使さんたちにも感謝です。from narudeko)


071515
昼間、うとうとしていて夢を見た。私が行く先々に一緒についてきて、私を守ってくれる人がいた。私は、彼からするとカスタマーにあたる立場にいるのだが、そのような関係を超えて、その人のことが気になってならなかった。安心できる、懐かしい、とても好ましい感覚を覚えた。いったい誰だったのだろう。ガイドだろうか。


061815
昨日の夢と関連しているのだろうか。。でも、これは夢ではなくて現実。昨日実際に起こった話。ある人とスカイプしていた。と、その人が途中から、私が、「すごいエネルギーを発散している」、と言い出した。その人は、他人のオーラ等が見える不思議さんだが、私が、「オレンジ?真っ赤?なエネルギーを発している」、と言うのだ。そして、自分でも、スカイプの画面に写る自分の映像を見て驚いた。私の頭の後ろに、光輪?が出ている! 私の頭の後ろで、頭の2~3倍の大きさの丸い黄金~赤銅色のような光の塊りがモワモワしているのだ。こう言ってはおこがましいが、よく、イエス様とか聖人を描いた絵で頭の後ろに描かれている光の円にそっくり。。スカイプ・カウンセリングをしていて、私からのエネルギーを遠隔で感じる人は多いが、自分で自分の映像として、エネルギーを見たのは初めてで、本当にびっくりした。ガイドが来ていたのだろうか。しかも、今日の人は、私のエネルギーから私のアカシックを読んだらしく、「あなたは、情報を広く広く伝えていくミッションを持っている。とても影響力のある人。キーパーソン。大勢の人の前に出るとか、本を書くとか。そんなお役目」、と言う。。いやあ、人前に出るのは好きではないけれど。でも、リーディングをしてもらうと、誰からも同じことを言われる。。その前の晩にも、夢の中で、「あなたは上からの情報を伝えるメッセンジャー」だと、こんこんと言われたばかり(笑)。。それを実行してきたつもりだけれど、最近また、このダメ押しは何なのだろうか。。この出来事もそうだけれど、6月に入ってから立て続けに、人との出会いやメールで、上からの指示と思われるメッセージをいくつも受け取っている。。たぶん、次の段階へ進め、と言われているのだろう。。


061715
2つの夢を見た。1つ目は、誰かから「あなたはメッセンジャーだ」と、繰り返し告げられていた。自分でもそれを確信していた。上のチームのメッセージを下に広める役目を担っているのだと思う。2つ目の夢は、明らかに劇場型の場所で大きな会議に出ていた。そこで、私は「自然の保護・保全」を強硬に主張していた。(*^-^) たぶん、ニューアースへの移行に関する会議なのだと思う。


060515
受け取りたくないエネルギーがやって来たので、どのように防御すれば良いか、AAマイケルに助けを求めた。すぐにやってきた答えは、「マジックミラー・シールド・プロテクション」。「自分の周囲をそれで囲みなさい」、と。つまり、中にいる自分からは、外側に愛と光を送れるが、外から中には何も入れない。ミラーなので反射して、そっくり相手に返ってゆく。私に向けたエネルギーがポジティブであれば、それがその人に返り、ネガティブであれば、それがその人に返る。なるほどね~! 自分で出したものを自分で受け取るわけだ。。これなら、私からは誰も傷つけなくて済む。感心した。早速適用したら、効果ばつぐん! マイケル、ありがとう! 頼りになります。


052215
明け方に、同じビジョンを2回見た。予知夢だと思う。最初に現れた後、一度目を覚ましたが、再び同じものが現れた。新聞の画面で、一つ一つの囲み記事の中身が、生きて動いている。すべてが同時に現在進行中。文字は読めない。日本語ではない。英語でもない。何処の文字だろう? 新聞の紙面一面で重要なニュースを伝えている感じだった。。ディスクロージャーだ!と、直感した。


051815
空に、人工地球バイオスフィアが出現した・・・ディスクロージャー予知夢。記事にした通り。


040615
夢。クリスタルのビーズで、自分のためにブレスレットを作っていた。アシュタル司令官が出てきて、これを混ぜるようにと、クリスタルのビーズを2,3個、手渡してくれた。。ふ~む。。このところ、クリスタルがよく出てくるね。


040515
夜中に目が覚めたら、ぴったり2:22。ずっと自分のエジプトの過去世について考えていた。ピンポン、てことかな。


040115
ビジョンと共に、繰り返し3回来たメッセージ。同じ晩に、寝ては起き、の繰り返しで3回夢を見て、3回同じメッセージが出てきた。
「光珠」の映像と共に(私が持っている7センチの透明な水晶玉にそっくり)、「これからは、これが導く」という言葉が聞こえた。とても強いメッセージ。3回も。。


033015
ちょっとセッション・コメントがビハインド。。キャッチアップを。
Write about your thoughts and feelings.


032915
う~ん、家庭内でエネルギーを取ったり取られたり。。
Believe and Trust.
Decided to be happy now.


032815
カードを混ぜていたら、天井に一瞬、鏡に反射したようにキラッと光る光が現れ、すぐに消えた。以前、購入した5色のアンダラ・クリスタルが家にやって来た時、彼らが順に天井に見せてくれた一瞬の光の照射と同じだった。やっぱり、マイケルだったね~。
Eternal love.


032715
凹むことがあって部屋にこもっていた。ベッドに寝て、泣きながら空を眺めていた。ふと気づくと、白い光虫(くらげ飛行機くん)が同時に5,6機やってきて、青空に線香花火の火花の形を描いてくれた。部屋から出て、オラクルカードを引いた。次の言葉だった。それからまもなく電話が来た。「今朝は悪かった。。」って。
This situation is already resolved.


032615
あることに不安があった。メッセージが「大丈夫」と後押ししてくれた。
Your home is protected by angels.


032515
セッションの受付開始の告知を出すことに決めた朝。
This is your life's purpose.


031415
「311・過去を書き換える瞑想」の成功を告げる明晰夢を見た。とってもクリアだった。


102714
(しばらくの間、何故か夜には起きていられなくて、瞑想中に寝落ちしていたのですが、、今日は朝方、鮮明なメッセージが来ました。福島瞑想の続きだったのでしょうか。)
大地から芽を出し、花を咲かせた一輪の紫のクロッカス
メッセージ:  待っていた時が来た。


100214
蝶の形のブローチ
メッセージ:  飛ばせてみせて。


093014
豆の芽(ジャックと豆の木)
メッセージ:  新しい現実を大きく育てよう。


092914
白いオーブと貝殻
メッセージ:  白いオーブは愛と光の光珠。ハートに入れておく。常にそれに意識を置いておかないと、固化して白い貝殻になってしまう。


092814
爪切り
メッセージ:  尖ったところを無くす(言葉で人を傷つけない)


092714
白い羽根がたくさん入った小箱
メッセージ:  祝福を分かち合う


092614
石英
メッセージ:  結晶化(あなたの思考が現実となる)


092514
天重
メッセージ:  pleasure/楽しみ(日々、肩の力を抜いて楽しむ、自分に課していた制限をなくす)
この日から、出てくるガイドはすべて同じ人物。青い制服のイケメンET。




夜中に鼻をつままれた!ミラクル

2016-02-03 17:41:28 | ガイドからの贈りもの
何といったらいいか、、昨夜、ミラクルなことが起こりました。(2016-2-2の〇〇さん、読んでますか~? じっちゃん、約束を守ってくれたのよ! (この後、クライアントさんから、お返事をいただきました。))

夜中、”鼻をつまんで起こされた”のです。”じっちゃん”に!

フフフ、、最初から説明しましょうね。

昨日は、”祝祭”セッションでした。やはり途中から、”じっちゃん”が出てこられました。

今回はお年を召した老人の姿ではなくて、若い男性でした。イエス様そっくりだけれど、もっと人間離れして、人間を超越して、究極の愛・やさしさの表情を浮かべた、すばらしい存在だったそうです。「本当にやさしそう、愛に満ちて」、クライアントさんは大感激しておられました。「なるでこさんに見せてあげたい!」と。「あれほどのやさしさは人間には見たことがない。人間にできる表情ではない。ネットを探しても、似た感じの人はとても見つけられない」と、おっしゃっていました。

その”じっちゃん?!”に、クライアントさんが抱えている問題や地球の状況に関して、いろいろと質問をしました。

今回のセッションでは、退行していった先の場面に、星が生まれてくる瞬間、というのがあったのです。宇宙の中に時空の裂け目のような場所があって、そこからムニュムニュと何かの柔らかい物質が出てくる、それが星へ育っていくというものでした。

星が生まれてくる時空の裂け目、その向こうに、私はとても興味を惹かれました。向こう側には何があるのだろう、星が生まれてくる場所というと創造主の領域ですから、そこはどうなっているのか、とっても見てみたかったんですね。

しかし、クライアントさんはそこへ入っていかれなかったんです。「そこへ入ることは私は許されていない」と言って。

その後、いつものように、じっちゃんが出てこられました。私に、「何でも質問していいよ」とおっしゃって下さったので、私は、「星が生まれてくる場所、時空の裂け目の向こうがどうなっているのか教えてほしい」、「見せてほしい」とお願いしたのです。

そうしたら、じっちゃんは、クライアントさんには、「まだ、そのレベルではないから見せられない」けど、私(なるでこ)には、「夢で見せてあげよう」と、約束して下さったのです。

うわ~、、びっくりポンでした。本当に夢で、その星が生まれてくる領域を見せてくれるのだろうか、創造の領域を見せてくれるのだろうかと大興奮、セッション後に、クライアントさんとその話で大いに盛り上がりました。

そして、昨晩、もうドキドキしながら、ベッドに入ったわけですよ。

しかし、問題が一つ。じっちゃんにもその時申し上げたのですが、私、夢を見てもほとんど忘れてしまうんですね。覚えていられないんです、すぐふたたび寝入っちゃう。だから、せっかく素晴らしい夢を見せていただいても、覚えていられるかどうかがとても心配。そこで、とりあえず2:22と4:44に目覚ましをかけ、そばにメモ帳も用意して眠りにつきました。

案の定、夢を見ているような、見ていないような、緊張してしまって、浅い眠りが続きました。軽い、日常的な夢は見た感じなのですが、覚えているほどの内容ではなく。

2回目の明け方に目覚めたときも、これと言って何も覚えていなかったので、「今晩ではないのだろう」とあきらめました。そして、いつものように、瞑想テープをセットして、瞑想に入りました。というか、それ、寝つきの悪い私にとって格好の睡眠導入法なんですね。毎晩、自分が作った瞑想テープや市販のものを、何かしらイヤホンで聞いて瞑想しながら寝るのが常です。そうすると、すぐに眠れるの。ハハハ、必ず寝落ち! その瞑想テープを最後まで聞けたことがなく、毎晩、夜中に、首にからまったイヤホンコードが不快で目が覚めます。

昨晩もそういうわけで、明け方から、そのパターン。適当に瞑想テープを選んで、それを聞きながら眠りにつきました。はい、瞑想するつもりはまったくなく、ぐっすり眠るつもりでした。(^○^)

そうして、寝入ったのですよ、いったん、気持ちよく。

そうしたら、どうしたことでしょう! 突然、鼻をつままれて、目が覚めたのです。絶対に、誰かに鼻をつままれた感覚がありました。でも、そこにいるのはワンコだけ。ワンコは足元に丸まってぐっすりのはず。

さらにその瞬間、耳に飛び込んできたのが、「あなたは大きな光に包まれています。お帰りなさい、ここがあなたの故郷です。」という瞑想テープの音声。

続いて、「あなたを愛する人があなたに会いに来ています」という音声が!

眠りにつく前に深く考えずに選んだ瞑想テープが、愛する故人に会いに行く「再会」のためのテープだったんですね。かつて一度くらい、それを使って、亡くなった父や大好きだったおじ・おばに会った(つもりの)ことがありますが、ふだんはまったく聞かないので、私にとって音声誘導の中身を覚えていないテープでした。だから突然、そんな音声が流れて、もうびっくり仰天! (でも、後から考えると、そのテープ、彼らに「選ばされた」んですね。(^_^))

夢うつつの変性意識の中で、鼻をつままれて起こされた瞬間は、そこからちょうど大きな光に包まれて、光の故郷に帰り、愛する人々に再会する場面が始まるところでした。そして今回、私を待っていてくれた人々は肉親ではなくて、ぞろぞろと出てきて下さったのは、何と白い光の存在たち、天使さんたち、そして”じっちゃん”だったんですよ。\(^▽^)/



白い光で包まれているので顔かたちはわからないのですが、彼らが天使たちであること、そして、その中のとりわけ大きな光の存在が、”じっちゃん”であることははっきりとわかりました。

そのころ、ようやく気が付いたんですね、私! じっちゃんが、昼間の約束を果たしてくれたこと、創造主の領域、星が生まれるところ、私たちが帰るところ、大きな光の故郷を、私に見せてくれたということを。

夢そのものではなかったけれど、ふだん私が瞑想テープを聞いていることを知っていて、それを使って、私に約束を果たしてくれたのでした。さらに念のいっていることに、寝落ちしている私を、”鼻をつまんで”起こしても下さいました。「おい、ここからが本番だよ、あなたに会うために来たんだよ、起きなさい」と。そういうことだったんですね。

感激しましたよ!!! じっちゃん、天使さまたち、大きな愛を本当に本当にありがとう!

その後、瞑想テープが終わるまで、星が生まれる時空の裂け目の向こうを見せてくれました。明るいグレーの特に何もない空間でしたが、「子宮だよ」という声が聞こえてきました。そう、星を生み出す領域は、創造主の”子宮”だったんですね。

さらに、その灰色の空間の天井にはポカッとした裂け目が見えて、そこから真っ青な空が覗いていました。子宮を出て生まれると、向こうの世界は青空なんだ、そんな風に感じました。

昼間のセッションでは、じっちゃんは地球のアセンションの話もして下さったので、「地球と私たちはその裂け目を通って青空の世界へ出て行くんだなあ」、そんな風にも思えました。

ということで、じっちゃんに、”鼻をつまんで”起こされちゃいましたよ。アハハ、こんな人も珍しいでしょ。(*´∇`*)

〇〇さん、というわけで、じっちゃんがあなたにいろいろアドバイスして下さったことも、全部本当なんですよ。がんばって下さいね~!

セッションレポートを読んで、「じっちゃんに会いたいなあと思った」方は、じっちゃんやマイケルに呼ばれていますよ。機会があったら、どうぞセッションにおいで下さい。