なにわノリダーのぬるい自転車日記

ロードバイクKUOTA KHARMAとJAMIS AURORAでの自転車日記。大阪、シカゴ、つくばを走る。

USTA 4.0 第三戦 & さらばシカゴ

2013-06-27 20:23:45 | テニス

三年八カ月の赴任が終わり、火曜日のフライトで帰国しました。

帰国前夜のUSTA第三戦は、僕のUSTA最終戦となりました。

MキャプテンとNo 2doublesで出場の予定でしたが、メンバーの変更があり、HさんとNo 3 doublesに出場。

Hさんとは二回組んでいますが、二度とも接戦で敗退。今回はリベンジといきたいところでした。

最初は楽勝の展開でしたが、相手もジリジリと調子をあげ、ストレートながら6-4,6-4の接戦での勝利でした。

Hさんが、スマッシュを打ち切り、ポーチを続けてミスを恐れず責めの姿勢を続けた事が勝ちにつながりました。またAさんもお忙しい中応援にきて頂きました。ありがとうございます。大変力になりました。やはり僕のサービスの時、手首がちがち固くなってるようです。今後なんとか治します〜 Aさんのmixガンバってね!

チームは2-2でNo 1 doublesの10代の若者コンビに勝負がかかりました。強敵相手にスーパータイブレークで惜敗。ストレークを打ち切った姿勢は見事でした。今後に期待しています。

さて約三年のUSTAの試合、

103試合  65勝38敗でした。

色々と思い出深い勝負がありました。

何とか勝ち越せたのはパートナーのみなさんのお陰です。

MキャプテンをはじめUSTAの皆さま、大変お世話になりました。
ぜひState優勝を勝ち取ってください。(楽しく、そしてまじめに、技術を磨いて、テニスを楽しむのがほんとの目標ですが、勝負事となると誰でも勝ちたいもんですね)



Mさん、Nさんをはじめシカゴ自転車部のみなさん、どうもありがとう。
人数も増えたことだし、今年は盛大にEvanston-Kenoshaの100マイルかましてください。


あと、Galenaの激坂&地ビールもお忘れなく。

さらばシカゴ~。
また逢う日まで。
お陰さまでこの数年は忘れられぬ思い出深い日々となりました。

テニス、自転車を続けている限り、またどこかでお会いすることになるとおもいます。
再会を楽しみにしています!!



 

 

 

 

コメント (6)

外テニスでこんがり

2013-06-23 22:42:20 | テニス



昨日はChineseの知り合いに誘われ、ダウンタウンでChinese tennis player主催のテニス大会に出場。
China townのすぐ南側。
あまりダウンタウンには来ないのだけど、2年前にシカゴマラソンで走ったコースの一部が近くにあり、その時のしんどい思いがフラッシュバック。

1セットマッチで4試合ほどやり、こんがり焼けてしまった。
USTAに出ている方も何名かいて、うちのチームのKキャプテンをみなさんご存じだった。




帰りは例によって渋滞。

夜はAさん宅で、USTAのテニスメンバーのパーティー。
みなさんが持ち寄った食事と必殺料理人Hさんのすしも絶品で、楽しい時を過ごさせてもらった。


コメント

のんびり観戦

2013-06-16 20:35:20 | テニス



早朝、知り合いが近所でUSTAの試合があるというので、Warmup相手と観戦がてら、出かけた。



公立高校のコートで、12面ある。1年前renewalしたばかりとのことで、かなりいいサーフェスでした。
村のコート、公立高校のコートは基本的にただで勝手に使っていいので、どこでもテニスができる環境です。
(ただし、テニスは屋外でできるシーズンは非常に限られレている)
20℃後半のかなり暑い天気でした。
1人でサーブをしていたおじさんとシングルスをしがてら、試合を観戦。



午後は家の片づけ。
BBQのすみが残っていたので、全部燃やして、焼けるものはがんがん焼く。
締めは、冷凍庫に眠っていた冷凍ししゃも。
かなり火が弱ったところで、遠赤外線でじっくり焼きました。

コメント (2)

Chicago Blues Festival

2013-06-11 21:45:51 | シカゴ



この前の日曜日Chicago Blues Festivalにゆきました。



入場料ただ。
それに最終日でT-shirtsが25ドルを10ドル引き!

ここまではいいのだが、ビールはチケット制。8ドルで12チケット。ひとつ50セントということはその時点で2ドルほど持ってかれている。
さらにバドワイザーの500cc缶が10チケット。。。。。。
のこり2枚のチケットどうすんねん。
というわけで実質1缶8ドルである。
しっかりもうけている。



椅子の会場にもはいれますが、みなさん芝生でのんびり。



いちおうエアギターとうことで。
いよいよ夏が来て、からっとした気持いい天気でした。



暗くなるとどんどんほ人が集まってきました。
アイスホッケーのBlackHawksが全米一を決めるStanley Cupに進出したので、ビルにGo Hawks
!の文字が。



謎の物体も飛来し、ミシガン湖からの気持良い風にふかれていました。

コメント

Algonquin ride

2013-06-11 01:23:33 | 自転車



garmin data
http://connect.garmin.com/activity/326191265




さて先週末土曜日、シカゴ地区日本人ライダーがなんと6名も集合。
Hoffman estateのForest preserveより出発。



日本でのテニス仲間で4月から赴任のTさんもつくばの有名店Matsunagaで購入ノルイガノで参加。



快晴、風なし、最高の天気でした~



5月から赴任のHさんはトレックの切れ味良さそうなバイクで、余裕の走り。
今後Mさんとマジ系ライドに流れそう。



前回足が攣って、路肩にころがっていたN氏も今日は余裕ですな。
この好天で各所にローディー集団が出現。
マジライドの集団も散見されました。



こちらはのんびりと。



60キロ弱走ってデポ地にゴール。
いいツーリングでした~

コメント

USTA 4.0 Men Summer 2戦目

2013-06-10 00:25:30 | テニス



USTA 4.0 Men Summer 2戦目はめづらしく朝11時。
Hanover ParkのCentre coutrtとの対戦。
試合は午後が多いのでやや拍子抜けの時間である。




我がチーム随一のきれいな技術のIさんとのコンビで、No1 Doublesで出場。
相手はなかなか百戦錬磨っぽい白人のおじさん。

ボレーは壁のように帰ってくるし、ボールのコース読みが良く、僕の決め球がどんどん切り返され、1セット目はあれよあれよで0-6でもってゆかれた。
これは最短の試合になるかも。
というところで、Iさんのギアが変わった。

得意のストロークに加え、あいてがセオリー通り、センターに球を集めるのを見抜いて、ポーチ。
ストロークは得意のバックハンドでパッシングショットを連発。

僕も相手がコースを読んで先に動くので、あえて相手に向けてショット打つようにして、展開が反転。
5-2と2セットリード。

ここからが昨今の僕の悪い癖がでて、ダブルフォーるとからゲームを落とし、5-5.
かなりヤバい展開である。

しかしながら、ここを踏ん張り、最後の僕のサーブもキープして、7-5で2セット目を撮り、10ポイントのスーパータイブレークへ。
気づくと3つのダブルスともスーパータイブレーク。

2セット目の勢いのまま9-4とマッチポイント。
ここからまた波乱。
9-6から、僕のサーブで、ファーストボレーをポーチされ、さらにまたまたダブルフォールト。
9-8でいやーーな展開。
ここでもIさんの芸術的ストロークで押し込み、最後は僕の切り返しボレーが真ん中にきまり、薄氷の勝利。

Iサンのお陰できつい相手にうれしい逆転勝利でした。

僕のサーブの弱さと決め球のなさを、Iさんの目の覚めるようなストロークとポーチで補ってもらいました。
Iさんは気持ちと技術で相手をねじ伏せたほんとにすばらしいプレーでした。

なんと3つのダブルス、1つのシングルスともスーパータイブレークを制し、さらにNo2 Singlesの高校卒業したばかりのHさんも渋いオヤジプレーヤーを正統派プレーでストレートで粉砕。
5-0の全勝でチームも勝利~

いよいよ運も向いてきたか!?





 

コメント

おやじのソロキャンプ ペニンシュラ州立公園-5

2013-06-02 21:58:37 | ロングライド



さてまたややさみしいソロキャンプの2泊目の話。
となりにいたカントリーをぎゃんぎゃんやってたグループはなぜか人数激減。
キャンピングカーとテントはあるのだが、誰もいない。
9時過ぎに2,3人帰ってきて、「Polar starを見にゆこう」と言って出て行ったが、そんなもん見えるのか?
空をみてると、久方ぶりの星だらけのそら。
Polar starは見えなかったが、すーーと流れ星が。



寒いせいか、昨日よりがっつり人が少なくなった。
でも数か所にたき火は見えるし、僕も寝ると寒いので大量の薪の前で粘ることにする。
ビールをぐいぐいやっているので、トイレにしばしば行くが、これがまた清潔で暖かい。
ほんとトイレで寝たいと思ったくらいである。

最後の他のテントサイトのたき火が消えて、僕も就寝、
今は10℃くらいあるようだが、寝袋のなかは寒く熟睡できず。
寝袋は+45F(8℃)のやつなのでOKなはずなのだが。。。。。。



なんとか朝を迎えた。やれやれ。
今日もいい天気である。



向こう正面の家族はあっさりテントサイトを畳んですでに出発していた。
隣の家族はなぜか2.3人だけ戻ってきていた。
ホテルにでも泊っていたのだろうか??



スパムを炒めて、あつあつあつのまま、pitaと一緒にたべる。
これに、オレンジとパイナップルの缶詰、カップスープで十分な朝食になった。



でこの後、また焚火の前で小一時間うとうとと至福の二度寝。



Masaサンに教わったコースで半島の東側に行こうかと思っていが、連日の凍えるキャンプで元気なく、公園内の散策に切り替え。



湖の水際はいい感じだけど、蚊がやたらといる。



ヨットとカヌー。
カヌーはやたらと腹筋が疲れるのでパス。



やることないので、石を投げて暇つぶす。
石は遠くに飛ばない。テニスのサーブが悪いわけだ。。



人っ子ひとりいないとレール。



舗装道路にもどる。ウイスコンシンの木は細長い。



ミシガン湖沿いに戻ってきた。



波が大きく上下していて、とても湖には見えない。
なんかうまい魚がいるんだろうか。。。。。。。

というわけでおやじのソロキャンプ完。

キャンプ+チャリはGood ideaだが、もう少し食と住を充実しなければ、チャリまでパワーが回らない。
チャリはやや不完全燃焼でしたが、焚火にビールは良かったです。
また懲りずにキャンプ&ツーリング、トライしたいです。

コメント

USTA Men 4.0 summer 第一戦

2013-06-02 21:29:36 | テニス



昨日はこのところの不安定な天気を反映し、夕方雷雨。
そのあときれいな虹がでていた。



さて今日はめずらしく朝からの1戦。
上位チームのVaughmとAuroraで対戦。

かなり勝率の良いHさんとNo3 Doublesへ。
1セット目は0-40,15-40が二回もありながらブレークし損ねて落としてしまった。
こう云うポイントで攻めの姿勢を示せなかったのが、またまた敗因。
2セット目はブレークポイントでとくにリターンを積極的に打って行って取り、最終セットへ。
10ポイントタイブレーク。
内容は押していたが、ほぼ決まったショットが相手の切り返しに遭い大事なポイントを3つ失い6-10で敗退。

守りに入って、ショット、特にボレーをしっかり押し込まなかったのと、ネットへの詰めが半歩遅かったのが敗因だ。
ちょっと体力的にきつかったかな。
その点、相手は開き直ったのと、最後まであきらめずに追いかけていた。

最後残ったのはS2のHさん。
相手のAfirican americanの若いプレーヤーは4.5か5.0クラスのサーブを繰り出す。
ファイナルセット8-10でおしくも敗退。

この2試合を落として、チームは0-5で大敗。

自分の試合では、並行陣(2人ボレー体制)でかなりのポイントを撮り、内容的には良かったし、面白かった。
決め球屋イージーなボレーをしっかり押し込むことが必要だ。
後はサーブ。肝心なところでダブルフォールトがあり、(合計3回)まだまだ、練習不足である。

初戦敗退だが、まだまだあきらめずに、勝利と技術の向上を目指してゆきたい。

コメント