なにわノリダーのぬるい自転車日記

ロードバイクKUOTA KHARMAとJAMIS AURORAでの自転車日記。大阪、シカゴ、つくばを走る。

極寒シカゴ湖上ライド第一弾 Independence Grove

2013-01-29 22:07:36 | 自転車



今日はなんと最高気温プラス16℃! Tシャツ短パンでおります。
記録更新の暖かさ、地球温暖化も極まれりと言う感じです。

さて先週末のお話。




先週はもちろんマイナス10℃以下を連発しておりましたので、そろそろ湖上も凍っているだろうと、湖上ライド第一弾を決行しました。



場所はちょっと近場ですが、湖上ライドははじめてのIndependence Grove。
公園になっていて、DesPlains River Trailも通っています。
そばをDes Plains Riverが流れていますので、もしかしたら川が凍っていて、初のRiverライドができるかとおもいましたが、まったく凍ってませんでした。


そりゃそうですよね。



公園ないのトレールから湖に侵入。
とりあえず凍っております。
ここは湖上釣りが禁止なのか、釣り人がいないので氷の厚さがわからず、岸の近くをそろそろと走りました。




初めのガーミンの地図ではそれほど湖を走ってないようですが、実際には湖岸付近の湖上をかなり走っています。
夏はボートで通過するはずの、橋の下をチャリで通過。



氷はしっかりしているようですし、深さもあまりなさそうなので、割れてもOkですね!?



雪は結構閉まっていて走りやすいです。
しかし、前方にぽっかりと空いた池を発見。
もちろん、自転車がある場所は湖上です。
トレールを走っていた奇特なおじさんに、[落ちるぞ――]と言われました。



このぽっかり空いた穴にはハクチョウが。



穴の近くの氷は意外にしっかりしています。
ただ、雪の締りの悪い部分がたまにあって、そこはバランスを崩すと滑ってしまいます。
一度派手にこけました。
やはりこのスパイクタイヤは3シーンズンつかいましたので、そろそろ換え時です。



気温はマイナス3℃。真冬用のバイクウエアに、スノーブーツ、スキーウエア、スキーグラブでしたが、足が寒くてスキーパンツを履くべきでした。



再度ざまーみろと言いながら別の橋の下を通過。



湖上をちんたら走っていると寒いので、上陸し、湖の周回のトレールへ。
自転車のタイヤの跡も結構あり、また、ランニングや散歩の方もいます。
氷点下でランニングなんてほんとに奇特な方がいらっしゃるものです。



ボート係留場を発見し、地上から湖上へ。



この辺は雪がしっかり締まって走りやすいです。
とりあえず、湖上ライド第一弾は小一時間で無事終了しました。

明日からまたマイナス12℃とかが並んでおりますので、週末の湖上ライドも可能かもしれません。
また新規な湖にトライしたいと思います。
さて地図でも見て次なるターゲットを思案します。

コメント (2)

USTA 7.5 combo 第4戦

2013-01-27 20:50:17 | テニス



2勝1敗で地区優勝王手をかけたわがチーム。
(今日はヒョウと、みぞれの荒れた天気でしたが、別の日の晴天時の写真を掲載)

僕は昨日4会対抗戦で組んだ、UさんとNo2 Doublesに出場。
相手が百戦錬磨の白人おじさん2人組み。フォアサイドのエリックさんには4.0Menで何度か対戦しています。
成績はどっこいどっこいか。
相手は2人ともサーブが良く、エリックさんはそれに加え思い切ったリターンがあります。
向こうが先に攻めてくるのでこちらはdefensiveにならざるを得ません。

1セット目はサーブが好調で4-1でリード。しかし、ここから締めがうまくいきません。
相手のサーブで0-40の絶好のブレークチャンスを3度連続のリターンミスでパー。
次のサーブもリードしながらブレークされました。ここが1セット目の第一のポイントでした。
4-4から、6-6のタイブレークに。
8-7でセットポイントを得ますが、そこから相手のサーブがバンバン深いところに決まり、8-10で持って行かれます。

2セット目はいきなりブレークではじまったものの、僕のサーブを2回連続ブレークされました。
サーブの安定のため、サーブ&ボレーを封印したので、相手のリターンが深い時にうまく返せません。
常に足を動かしてなければならないのですが、、、、、、
特に、バックサイドのサーブの時に、僕のバックハンド側のリターンが深く入るとなすすべなし。
クロスのストロークをもっと練習しなければなりません。
(まあ、10年以上、サーブ&ボレーしかしていないのでしょうがないですが。ただ、サーブは安定し今日もダブルファールとなし。)

しかし、前でのポーチをうまく使い、2セット目は6-5から相手のサーブをブレーク。7-5で取りました。

さてスーパータイブレーク。相手はアグレッシブにポーチに出てくるのに対し、こちらはラリーに持ち込めません。
あっという間に7-1に。結局4-10で破れました。

USTAのrating 4.0 と3.5のコンビの試合ですが、相手は両方とも4.0の中位より上の技量でした。
なんとか善戦した方だと思います。

その後反省会を行い、Uさんは出張ということでミシガンへ出発しました。
お疲れ様です。

私は家に帰り、このようにブログをかいておりますが、なにやら敗戦の悔しさがジワリとわいてきました。
まず現状のベストのプレーをしたので良かったと試合直後は思いましたが、色々思い出すにやはり、ストレートで勝てた試合でした。

思わず次のビールの栓をすぽりと抜いています。
今日はホップの苦みが一段としみいりますね~

(ボレー、サーブ、フォアのリターン、ロブが概ね安定し良かったので自信になりました。
バックハンドのクロスショットを重点的に練習すれば、もっと安定してゲームが取れると思いますので、課題があきらかになったのは収穫です。)

コメント (4)

シカゴ日本人テニスクラブ4会対抗戦

2013-01-26 21:39:22 | テニス


シカゴ日本人テニスクラブ4会対抗戦がありました。
男子、女子シングルス&ダブルス、ミックスダブルスの5試合。

出場メンバーがぎりぎりで、3決に回る予定で出場メンバーを組んでいましたが、直前&当日で強力メンバーが集まり、これは勝てるかも!?と思いました。

実際、女性陣とベテランのKさんの破竹の活躍により、予選リーグ一位通過。
決勝はがっぷり四つのいいゲームで4-1で勝利し、見事優勝しました。

これで当会はここ4戦中3回優勝となりました。
(以前もかなり優勝しているとのことです)

懇親が目的でありますが、なんのかんので結構集中した好ゲームが多く、半日楽しめました。

僕も決勝戦で、明日USTA7.5comboでペアのUさんと男子ダブルスで勝つことができ、弾みがつきました。
明日のUSTA7.5comboは優勝がかかった試合なので、ぜひいいプレーをして勝ちたいものです。
コメント (2)

クサヤを食べる

2013-01-25 21:10:56 | 自転車


朝起きると銀世界!
曇りなのでそれほどもでもないが、ちょっとほっこりした感じ(と言ってもこれが連続するとつらい)
気温もマイナス10℃くらいで風もなく、わりと暖かい(!?)。
なんせこのところマイナス19℃とかあったから。
主要道路には融雪剤がごろごろまいてあるのだが、それでも車の動きは鈍い。
試しにブレーキを踏むとABSが動くし、一度カーブ滑って、クルマの警告ランプが点灯。
通勤にはプラス10分以上かかった。

通勤の時に聞いているラジオでは、雪のために結構事故が起こっているようで、DJはシカゴの人は雪道のドライブになれているのか?という疑問を呈していた。
DJは「それりゃ雪のないバージニアの人に比べれば、慣れているけど、たまに雪の降るデンバーの人だとどっこいどっこいだねー。おれはオハイオ出身だけどシカゴの人に比べると全然雪になれてるよー」という結論でした。




さて、夜は全豪準決勝のフェデラーvsマーレー戦を観戦(再放送)。
フルセットでマーレーが辛くもかったが、グランドスラム最多の17勝を誇るフェデラーのエレガントなプレーが目立った。
ボールの球種や緩急、コースの多様さは現在のトップ選手にないものがある。
いまはみんな球種や球の起動が同じで、最後は身体能力の争いになる。
昔のような、曲芸、一発芸の技術を競うスポーツではなくなった。
かなりボーリングである。

フェデラーは全盛期の爆発的廻りこみフォアハンドがあれば、問題なく勝っていただろう。
フェデラーも昨今は若者を育てるとい視点もあるのではないかと思えてしまう。
と言う意味でマーレーにはフェデラーはまだまだだなあーと思ってるだろう。

決勝はジョコビッチとマーレー。それほど気持ちも動かないので、インターネットの再放送でみるかな。

今日は、極秘入手した新島さん「くさや」とメキシカンラガーの逸品Victoriaで観戦。
アメリカ広しといえども、クサヤを食いながら、テニスチャンネルを見ているのは俺だけどう。
わっはっは~
「うん、この味!」である日陰物のクサヤであるが、これが実に味わい深い。
伊豆七島のビーフジャーキーである。
すまぬ、すまぬとつぶやきつつ完食。

コメント (2)

まいなす17℃

2013-01-22 22:07:27 | Weblog



日本晴れですが、でました、1F = マイナス17℃
2年ぶりの寒波とのこと。


車に積んでいたペットボトルの水は凍ってるし、置き忘れた靴はばりばりに。

まあ最近は全豪オープンをみて引きこもりなので、問題ないですが。
ESPNのサイトでLiveやほとんどの録画をPCで見れるのですが、この前iPadでもESPNのアプリから見れるようになっていました。
錦織選手はフェレーロにスレートで負け。
かなり怪我が悪そうでした。3セット目気力でいい打ち合いがありました。
負けは負けですが、いくつか成長を感じさせるプレーがありました。今後まだまだ伸びそうです。

42歳の伊達選手の3回戦ダブルスも見ました。
フルセットで最後はタイブレーク7-5で負け。
内容は勝っていたし、押していたのでほんとに残念な負けでした。
結局終盤のポイントで何度かの伊達選手のリターンに対する相手の中国選手のポーチが効きました。
伊達選手のリターンだとそれほど引っかかるわけないのですが、どうも相手の捨て身の攻撃につきあった感じでした。

負けはしましたが、どちらがベテランかわからないほど、伊達選手の切れが良かったです。
今年の伊達選手のダブルスは注目ですね。

いづれにせよ42歳で、世界のベストプレーヤーがまじで戦うグランドスラム、シングスとダブルス3回戦は大記録ですね。
それにまだまだ行けそうなところがすごい。

僕もあやかってテニスも自転車もまだまだ進化したいものです。

コメント (2)

きわめてアリバイ的シカゴ寒中ライド&USTA 7.5 Combo

2013-01-20 20:38:34 | 自転車



朝起きたらマイナス11℃。久々に来ましたね~

ゴルフコースには人影なし。
僕がゴルフはやりませんが、風がないのでスキーウエア着たらプレーできそうです。

 近所の池の凍り具合を偵察がてら、散歩。




快晴だし、風がないので、なんとかなる!?
(ちょっと顔が痛いけど)



昨日は0℃越えだし、池の凍りは完全に凍っていません。
湖上ライドはちょっと待った方が良さそうです。



池のそばの小道で凍っている部分を発見。
湖上ライドの試走で走ってみます。



氷がしまっているので、しっかりグリップしますね。
しかし、このスパイクタイヤは3シーズン使ったのでそろそろ換えた方がいいかもしれません。

明日はマイナス20℃近くの予想です。
来週末あたり湖上ライド、出撃できそうです。

さて、午後はテニスのUSTA7.5Men Combo 3戦目。
相手の怪我で僕の試合はデフォ勝ち。
応援にまわりました。No1 No2 Doublesとも目を離せない熱戦でした。
見ていても力が入り、試合用のアミノバイタルのドリンクを1L近く飲んでしまいました。

No1は惜しくもスーパータイブレークで破れましたが、No2 Doublesがストレートで勝って、チームも勝ってトータル2勝1敗。
全5戦で3勝で優勝ですので、王手をかけました~


おまけ。USTAの試合の前後は子供のインドアサッカーリーグの送迎&観戦。
当たりの強い相手に2敗。
アイスホッケーのようなコートで、相手にガンガン壁にぶつけられてました。
いやはやスポーツ観戦の一日でした。(腕立てでもして寝ます)



コメント (4)

USTA 4.0 Men 11戦目

2013-01-19 21:36:10 | テニス



7勝3敗で迎えたFall seaoson最終戦。
vs Lake shore。
これに勝てば3位。
いつもは会場は郊外なのですが、今回はChicogoダウンタウンのやや北部。



なかなか巨大な施設で大きなラウンジにバーもあります。



天井は高いけど、人がたくさんいて結構うるさい。
テニスコートを取り巻く階上にランニングコースがある。
まあ天井が高いというのはロブを有効に使えるのでありがたい。

No1 DoublesでTさんと出場。
白人2人組。フォアサイドの左効きの方が、かなりうまそう。
すべてのショットがきれいである。

ただバックにサーブを入れるとあまりクロスに返ってこないので、基本的のサーブからのポーチの展開が有効だった。
また、相手は前に出てくるので、まず低いボールでボレーを打たせて、チャンスボールを前衛が叩く、または詰めたところをロブ。
これで完全にこちらのペースになった。
相手のセカンドサーブもかなりいいのだが、競ってくると思いっきりがなくなり、緩いサーブが来る。(この辺は僕も一緒なので、4.0のレートではいたしかたないが。。。。)

Tさんのクロスのサーブが切れて、全キープ。
僕も先週に続きサーブ&ボレーを封印して、サーブが安定し、1セット目5-1から落とした以外はキープ。
ダブルフォールトもナシ。
6-3、6-0と完勝。
サーブが安定するとどれだけ楽か。。
1時間ばかりで終了し、めったにない他の対戦を観戦。(いつももつれて自分が最後になる)

No3 DoublesのHさんX2のおじさンペア(失礼!)は、マッチョな若者2人をフルセットで撃破。
エースNさんはタフな相手にストレートで勝ち(今シーズン全勝!)

チームも勝ち8勝3敗で今シーズン終了です。
多分3位確定。
来シーズン(Winter)は来週から始まりますが、今度こそ優勝目指して頑張りたいです。
(育メンで忙しかった同級でポイントゲッターのMさん来季のフル出場期待しています。)





本日は最高気温7℃の異常な暖かさ。

外ではPaddle tennisというゴムボールを使った狭いコートでの面白いテニスをやってました。
はじめて見ましたが、結構白熱してました。

2013Fallシーズンは
4.0Men 6勝3敗
8.0mix 2勝1敗

序盤のサーブの不調からきた下位チーム相手のフルセットでの2敗が悔やまれますが、まずまずのシーズンでした。
チームもNさんのエースが不動で4.0のレーティングではすでに抜けた感があり、チームも後半はかなりいいプレーをしていたので来季が楽しみです。

明日は7.5 men comboのvsOrk Brook3戦目。
一勝一敗。3勝で優勝ですのでどちらが勝っても王手になる大事な試合です。
ぜひ勝ちたいものです。

明日からはマイナス16℃、マイナス18℃の極寒の予想! やれやれ。
でもこれで湖も凍ってそろそろ湖上ライドの季節になりますなあー。

コメント (2)

肩の打撲その後

2013-01-15 22:23:09 | テニス



おとといのテニスの試合で、はでに肩を金属のポールにぶつけたのだが、なんとか痛みも和らいできた。
もちろん年のせいでころんだのだが、何とかギリギリのところで真正面からぶつかるのを回避する運動神経は残っていたらしい。
試合中から無理をして、無理をしたことを後悔した。
Kキャプテンのメールで、相手チームは今シーズンは1勝しかしていない最下位から2番目のチームと知り、さらにがっくり。
てっきり同じ成績のチームと勘違いしていた。
(といってもかなりいいチームでした)

試合に勝ったり、自転車で速く遠くまで走ることはもちろんいいのだけれど、運動出来ること自体が楽しいことなので、無事これ名馬、細く長く運動を続けていきたいものである。

伊達選手が全豪オープンで12位のペトロワを撃破。42歳の最年長勝利をあげたらしい。
伊達選手のテニス自体はもともと好きではないので現役復帰後の試合を見たことはないのだが、今回はESN3のネットで録画が見れたらから、観戦した。

ペトロワが絶不調(どこか怪我でもしたのだろうか? 取りたててどこか痛そうな感じもなかったのだが。世界トップの選手でもこういことあるんですね)だったのが勝因だが、個性の少なくなった今のテニス界では、伊達選手のライジングで打つテニスはまずまず面白かった。

画像でみると子供と大人位の体格差がある感じがする。
42歳の華奢なアジア人が、178cmで筋骨隆々、12位の選手をグランドスラムで倒すとは、すごいことである。

「毎日 しかし、徹底的に体を鍛えることで生まれ変わった。昨年夏からトレーニング方法を大きく変えた。俗に言うウエートなどを使う筋トレではなく、バランスボールなどを使う「機能トレーニング」を導入。昨年後半は、テニスの練習は2日に1回に制限し、毎日、機能トレーニングに時間を費やした。」って書いてあった。
体幹トレーニングのことですかね。
昨年の錦織選手の快進撃もシカゴでの体幹トレーニングのお陰と言う話もあるし、これからは体幹トレですな。

ともあれ、これぞ中年の星。
2回戦ぜひとも突破してもらいたい。

しかし、南半球は真夏で暑そうでいいですな。
夏は北半球で、冬は南半球で、などという優雅な暮らしはできないものか。。。。。すし職人になるか。





 

コメント (2)

USTA4.0男子リーグ 10戦目

2013-01-13 21:16:55 | テニス



さて昼間に引き続きダブルヘッダー。
USTA4.0男子リーグ 10戦目。同じ3敗のRiver Trail。

再度強力ストローカーHさんとのコンビで、No2 Doublesへ出場。
白人おじさん2人組み。1人は左利きでサーブが切れる。

サーブキープのまま3-3へ。
僕は昼間と同じ、前衛で積極プレーをして、後衛では守りに徹する。
相手はネットにでてくるので、ボレーを打たして、次はロブの展開。

相手はファーストボレーがきっちり返ってくる。
やはり僕のストロークの精度が悪く、ロブもかなり叩かれた。
相手、救いはファーストサーブの確率が途中から落ちて、セカンドサーブはかなり緩いことだ。
さらに、つなぎのボレーはいいのだが、決め球ミスがあり、完全に攻められていないので、僕のサーブの際もベースラインにステイすることにした。

5-3とリードした際、相手のドロップボレーを取りに行ってバランスを崩し、足と手をすりむいて、肩をポールにぶつけてしまった。
年を考えないプレーはいかんね。
短い球はあきらめましょう。
そのれ程方は痛くないのだが、違和感が残り、Hさんのサーブの時に、バックボレーとスマッシュの決め球をミス。
5-5となる。
しかし、その後相手のサーブをブレーク。
相手の定番の短いボレーをセンターへたたいて、決め球を待つ作戦が功をそうす。
僕のサーブもキープして1セット7-5で先取。

2セット目も3-3の展開からブレーク。
僕のサーブをキープして5-3。
ここで相手のサーブ0-30からまくられ5-4。このあたりが甘かった。
しかし、Hさんがサーブをキープ。
マッチポイントは見事なセンターへのストロークエースでした。

7-5、6-4でストレート勝ち。
No1 Doublesは非常にいい試合でしたが、相手のボレーが当たりまくって落しましたが、シングルスがエースNさんと、若者(高校生)Hさんが取り、3-2でチームも勝利~
なんとか3位はキープできそうです。


しかし、肩はすり傷と軽い青丹で見た目はOkですが、年なのであとからじわじわと痛くなりそうで心配です。
現在、氷で冷やし中。
これ以上悪化しませんように。
ほんと怪我したらもともこもないので、ほんと気をつけよ。

おじさんコンビでなんとか1日2試合を二つとも勝つことができともあれ、よしよしですね。
課題のサーブゲームも5回の機会とも全キープ、ダブルフォールト1個と良かったです。
(しかし、日曜2試合はきついなあー。日本とは3連休かあ~ うらやましい)

コメント (2)

USTA combo 7.5 第二戦

2013-01-13 15:39:10 | テニス



昨日、最高気温10℃の妙な天気から、一挙に-10℃の世界へ。
クルマが氷漬けになってしまい、お湯をぶちかけてなんとか出陣。
途中でガスが少なくなり、ガソリンスタンドに行くも、給油口が開かず。
窓荒い用の石鹸でごしごしやって隙間の氷を溶かし、なんとか給油口を開ける。

USTA combo 7.5 第二戦。
USTA ratingの4.0と3.5の男子ペアの3ダブルスで対戦。
参加チームがわれわれとOak brookしかなく、合計5戦してリーグ優勝を決める。
前回は惜しくも、1-2で破れている。

2戦目は3.5のプレーヤーが足りず、1デフォ。
ここを勝たないと王手をかけられてしまう。

強力な両手バックハンドのストローカーHさんとのコンビでNo2 Doublesで出場。
相手はOak Brookキャプテンのグレゴリさんと白人若者ペア。
2人ともサービスが良い。

僕は先日久々に筋トレをしたせいか、どうも上半身が重い。
さらに昨日急遽ガットを張ったのだが、これがどうも合わない。
軽く降ると力負けするし、振るとアウト。
どうもいつも行くショップでたまにあるのだが、テンションが緩いようだ。

バックハンドのロブはアウトするし、フォアも振ればサイドアウト。
ストロークがぼろぼろである。

リターンの半分も返らなかったのではないか。
色々試したがこりゃだめだ、状態。
特に若い人のサーブは良く回転がかかっていて、それも僕の苦手なワイドへ弾みながら逃げてゆくので始末に負えない。

Hさんはそれでも切れずに、鋭いストロークを繰り出し、前に出てきた相手のボレーミスを誘っている。

僕のサーブは、先週に続きサーブ確立重視でサーブ&ボレーを封印。
ストロークが悪く、緩いテンションのお陰で得意のロブが浅くなったり、アウトしたりで、攻め手がなく。
4回で1回キープしたのみ。

ただダブルファールトは1回だけで、緩いテンションのお陰か、前衛のボレーが好調。
ポーチやボレー戦での切り返しで何度もエースを取る。
今日はこれが僕の唯一の得点源でした。
(サイドを4度も抜かれるが気にしない)


相手もすべてのショットが上手で特に穴がないのだが、決め球がなかった。
Hさんの鋭いストロークに押されていて、だんだん焦って来たのか決め球のミスも出てきて、こちらは常にリードの状況。

6-4、6-4のストレートで勝利~

No1DoublesのKキャプテンとエースNさんはさくっと勝って、チームも勝利。

対戦成績を1勝1敗の五分に戻しました。
さて来週どちらが勝って王手をかけるか!?




さてこのOak Brookにはマクドナルドの本社があるようです。
テニス会場の前もマクドナルド。
ここには高いビルもなく広い公園のようです。
さすがに世界マクドの本社ですから、周りにある高いビルのいくつかも本社ビルなのでしょう。
面白いことに、Mscdonalds corporationと書いてあるだけで、ここも周りもまったく例の店にあるマクドの看板がありません。

今夜は男子4.0リーグがありダブルヘッダーです。力残っているか?????


 

コメント (2)