ナジャハウス スタッフブログ

フラメンコ衣装制作・レンタルの「ナジャハウス」のスタッフブログです。

続・着物リフォーム

2011年10月29日 | たま
こんにちは、たまです。


前回の立川さんのブログで掲載されていました、着物のリフォームを担当させていただきました

縫い物が好きでこの仕事を選んだので、普段衣裳を縫っている時は楽しくてしかたがないのですが、

今回のリフォームさせて頂く着物が、お客様のお姉様の形見の品だという 事を聞き、
「私がやっていいのか?」
という思いから、急に怖くなってしまい、ハサミを入れようとする手が震えてきてしまいました

しかし、もし逆の立場で私がお客様だったら、
「自信のない人になんか作ってもらいたくない
と考え直し、精一杯作らせていただきました


いつかどこかで、あの服を着ているお客様を見かける日を夢見て、

日々精進していきたいと思いますっ o(^-^)o




---------------------------------------------------------
フラメンコ衣装・舞台衣装制作
ナジャハウス

〒143-0012
東京都 大田区 大森東 4-19-7
TEL:03-3765-3192
FAX:03-3765-3193
mail:naja@najahouse.com
URL:http://www.najahouse.com/
twitter:http://twitter.com/najahouse

メルマガ会員募集中
メールでご連絡いただくか、PCでご覧の方は、コチラ▽▽▽
http://www.najahouse.com/mailmagazine.html
---------------------------------------------------------
コメント

着物リフォーム

2011年10月28日 | 立川
立川です。
スタッフのたまちゃんが担当したご近所のおばあちゃんの着物の
リフォームがやっと終わり、今日、無事手渡すことができました。

おばあちゃんはお世辞にもハイカラさんとは言い難く、体型も完全に
崩れ、少し背中も曲がってきています。

メイクもしたことがないそうで、声もだみ声で脚もO脚に曲がり
全くお洒落には無関心に見えるのです。

そんなおばあちゃんは、脚が悪いからもう着物は着れないからと言って
地味な着物を2枚持ち込んで、ブラウスとかジャケットにリフォームして
欲しいとのご注文をしてくださいました。

たまちゃんと私はちょっと複雑でした。というのは、おばあちゃんは
見た目にもおしゃれさんではない上に言葉の端々に着るものなんて
楽でなきゃ絶対着ないという信念を感じたからです。

実際着ているものはそんなに高価なものではないけど、楽そうでした。

和服のリフォームなんて、結構大変なんです。着物を一度全部ほどいて
反物に戻し、それから改めて洋服用に裁断するのですが、生地幅が約30c
なので、広い生地から裁断するよりずっとやりづらいし、無駄も出ます。

結果、手間がかかり料金もそれなりになってしまいます。

そんな贅沢な服をこのおばあちゃんは着てくれるかなあ?お金は大丈夫なのかしら?
いろいろ心配ではありましたが、見積りを出してお値段の提示をしても
別に驚いていなかったので、それならがんばりましょう!ということで
注文を受けました。

たまちゃんは、一生懸命、楽な洋服のデザインを考え、型紙を作り
何度も何度もやり直しながら、時々残業しながらも、全く手を抜かずに
仕上げました。最後のボタンもなかなかイメージに合うものがなく
あちこちの手芸店をまわり、やっと見つけました。

たっぷりの分量、袖なしにして動きやすく



おばあちゃんは出来上がった服を着てみて大きなリアクションはなかったけれど
うれしそうでした。
そして実は、そのおばあちゃん手作りのものが大好きなんだって分りました。

バッグもお財布もメガネケースもみんなお友達の手作りなんだって、うれしそうに
全部披露してくれました。

満足してくれたのか、最後には、顔にハリとリフトアップの美容液まで
買ってくれました。ちゃんと毎日使ってくれるか心配ではありましたが
美容に少し関心を示してくれたことに私達は喜びを感じました。


私などは華やかな舞台衣装を作るのが好きでお客様も美しく見せるための
こだわりを持っているかたばかりなので、今回のようなおばあちゃんの
価値観が解らず苦労しましたが、一生懸命手作りしたことが伝わったのかも
しれませんね。

ご近所の年配の方々が最近は毎日のように洋服のお直しに来てくれるように
なりました。
なんとなく、地域の評判のお店になりつつあります。
でも私達はやはり舞台衣装のお店でやって行きたいので、
あまり宣伝はしないようにしていますが。

でも洋服のリフォームも楽しいお仕事ですよ。チャンチャン!
コメント

ナジャハウススタッフ作品自慢♪フィナーレ!

2011年10月20日 | アトリエ
こんにちは。

ナジャハウススタッフ自慢・ご案内役の朝倉です

長きにわたり、ご紹介して参りましたが、

ついに

ついに

フィナーレとなります


フィナーレを飾るスタッフは、【クリエイター】山崎さんをご紹介です

山崎さんはHPでもいくつか作品を載せていますが、
デザインも手掛けるナジャハウスで唯一の存在です

時々ブログでも、ダンスの事を記事にしていますが、
モダンダンスとバレエを習いに通っています

ですので、踊りやすさ、ラインへのこだわりなど、
自分の衣装制作中は後ろ姿が熱くなっていますよ

もちろん、通常の衣装制作(縫製)もしています。

最近は、作品も増え、【yamazaki world】を構築しつつあるのではないでしょうか

では、まずは、個人的な作品からいって見ましょう




左の作品は『深海魚』、右下の作品は『春の花』がテーマ
コンテンポラリーを意識した作品で、『深海魚』のほうは胸元に鱗(うろこ)のような装飾が、
写真にはありませんが、後ろには赤い背びれがついています。

『春の花』ほうは、やわらかく、可愛らしいイメージでした


お次は、ナジャハウスでの作品



右側のツーピースは一番最初にデザインした衣装なんです。




そして、つい最近出来あがりました新作です





黒地に赤のベロアを入れた衣装で、上の写真は衣装をクルクルまわしながら撮った写真です。




実は、私は知らなかったのですが、この衣装はとーーーーーーーっても時間がかかって
やっと生まれた衣装だそうです。

では、デザイナー山崎さんよりコメントを頂いておりますので、どうぞ。。。。



『デザイン画の時点。
 
 胸からウエストにかけての赤く切り替えたデザインは、何処かで目にしたものではなく、
 自分にしか出せないラインにし、スカート部分には、着る人の血が熱くなるような
 ボランテを付け、力強い作品にしたいと思っていました。

 しかし、実際作ってみると次から次へと問題が起こり、デザイン画の様には
 全くうまくいきませんでした。

 一つ目の失敗・・・ウエストの赤い切り替えの位置に誤算。

 思い描いていたイメージよりも切り替えの位置が下がった為、
 上半身は間が抜け、アンバランスになってしまいました。

 二つ目の失敗・・・スカートのボランテを付けたらミスマッチだった。

 シャープ感のあるウエストのデザインに対して、ボランテが可愛いテイストになってしまい、
 性格の違う者同士がケンカをしてしまいました。

 この時点でボランテ以外のデザインに変更した方が良いと思い、
 立川さんに相談し手を加えて頂きました。

 出来あがると、デザイン画とは別物になりましたが、
 なんとかバランスのとれた衣装に仕上がりました。  

 今回は、敗北感でいっぱいになりましたが、失敗することで私の中にデータとして残ったので、
 今後に生かせるようにしたいです。』


ざっとまとめた内容でしたが、相当苦労があったみたいですね

次の作品に期待大です
衣装は、一部を除き店頭に置いてありますので、実際に見て・試着出来ますし、
もちろん購入も可能です

ホームページにも載せていますので、ぜひご覧ください



さて、フィナーレとなった『スタッフ作品自慢』
またいつの日か、新たな自慢が出来るようにしたいものですね

作品が出来たら、ブログにも載せられたらと思います


それでは、またいつの日か
自慢をお披露目する日まで~~~~


---------------------------------------------------------
フラメンコ衣装・舞台衣装制作
ナジャハウス

〒143-0012
東京都 大田区 大森東 4-19-7
TEL:03-3765-3192
FAX:03-3765-3193
mail:naja@najahouse.com
URL:http://www.najahouse.com/
twitter:http://twitter.com/najahouse

メルマガ会員募集中
メールでご連絡いただくか、PCでご覧の方は、コチラ▽▽▽
http://www.najahouse.com/mailmagazine.html
---------------------------------------------------------
コメント

コンプレックスって何だろう?   その一 

2011年10月20日 | アトリエ
立川です。

コンプレックス・・・・日本語で劣等感って意味ですが、
私は「ないものねだり」だと思っています。

人間は人と比較してその違いに優越感を味わったり、劣等感を感じてしまったりするんですよね

でもみんなが、それぞれ非の打ちどころのないイケメンだったり美女だったりしたら
こんなつまらない世界はないですよね

他の人との違いは雪の結晶と同じ、神がくれた最高のプレゼントだと思います

自分の気持ちが楽になりたかったら、あるがままの自分を受け入れ、
その魅力を磨くことではないでしょうか?

でもでも  そうは言ってもやっぱり感じてしまうコンプレックス・・・神様は不公平だ



では、自分が勝手に感じているコンプレックスをチャームポイントに変えていきましょう

今回は【身長が小さくて、太っているタイプ】です。

このタイプのチャームポイントは何と言っても子犬のように
コロコロした可愛らしさでしょう

彼女達の満面の笑顔は本当に人を癒します。
ですから踊りの練習の前に満面の笑みの練習をしたほうがいいですよ。

するといつの間にか本当に心からの笑顔ができてきます。

コロコロ体型で顔がクールってなんだか似合わないしもったいないですよ


●踊りの演目としては、シギリージャやソレアのように深く重いものよりも、
アレグリアスやガロティンなど明るく軽快なものの方が魅力を出しやすいと思います。

●また、踊りのスタイルとしては、コロコロしているわりに機敏な動きが基本で、
ちょっとだけコミカルな動きが入るとグッときます(やり過ぎは逆効果ですが)

●メイクのアドバイスとしては、顔は小顔メイクでひとまわり小さく見せます。
若々しく健康的な効果を出すために、ピーチ色のチークを使い赤ちゃんの肌のように見せましょう

ヘアは、これはどのタイプも共通ですが、頭は小さくまとめます。

付ける花は大き過ぎないものを頭のてっぺんにつけるとよりキュートです
花が大きすぎると身長とのバランスが崩れるので注意してください。

また、ソレアやシギリージャのような重い曲には耳の後ろに付けるほうが落ち着きます。

●衣装は大きな腰やヒップを強調したマーメイドラインで
下に小さなボランテ(フリル)がたくさん付いているツーピースタイプがよく似合います。


<ブラウス(TBL-4-14)・・・¥26,250/スカート(TSK-45)・・・¥57,750>


<ブラウス(RBL-18-6 カシュクール)・・・¥8,400/スカート(RSK-21-1)・・・¥18,900
 ※こちらの衣装はレンタル衣装になります。価格は7泊8日の料金です。>



そして最後に大きなお尻をぷりぷり揺らしながら元気よく踊ってください
がりがりにやせた人や男性から見たら、よだれが出るほど魅力的に見えるのではないでしょうか


以上のアドバイスはあくまで一般的な人の場合で、これに当てはまらない人もたくさんいます。

そんな方には個別にアドバイスもしますし、メイク講習もやっています。

ご自分の魅力にまだ気づいていなくて、悶々としている方はお気軽にお問い合わせください。


次回は【ガリガリに痩せていて、舞台で貧弱に見えてしまうタイプ】について考えていきます。


衣装屋からしてみるとこのタイプが一番大変かもしれません。ではまた次回お会いしましょう。


=お悩みをご相談ください・あなたのお悩みに合わせてアドバイスいたします=
お問い合わせはコチラからお待ちしております。


---------------------------------------------------------
フラメンコ衣装・舞台衣装制作
ナジャハウス

〒143-0012
東京都 大田区 大森東 4-19-7
TEL:03-3765-3192
FAX:03-3765-3193
mail:naja@najahouse.com
URL:http://www.najahouse.com/
twitter:http://twitter.com/najahouse

メルマガ会員募集中
メールでご連絡いただくか、PCでご覧の方は、コチラ▽▽▽
http://www.najahouse.com/mailmagazine.html
---------------------------------------------------------
コメント

季節外れですが・・・

2011年10月15日 | 朝倉
こんにちは。朝倉です。

季節外れですが、、、、



オクラ美味しいですよね~


このオクラ実は、私の手のひらより大きいんです




爪楊枝と比べました




夏終りに撮ったので、なしと。。。




人参と。。。。




パー子と

このオクラは固くて食べられないそうで、パー子は食べられないと判断したのでしょう
いやな顔をされました。。。。





---------------------------------------------------------
フラメンコ衣装・舞台衣装制作
ナジャハウス

〒143-0012
東京都 大田区 大森東 4-19-7
TEL:03-3765-3192
FAX:03-3765-3193
mail:naja@najahouse.com
URL:http://www.najahouse.com/
twitter:http://twitter.com/najahouse

メルマガ会員募集中
メールでご連絡いただくか、PCでご覧の方は、コチラ▽▽▽
http://www.najahouse.com/mailmagazine.html
---------------------------------------------------------


コメント