ナジャハウス スタッフブログ

フラメンコ衣装制作・レンタルの「ナジャハウス」のスタッフブログです。

2023年度 断捨離セールのお知らせその2

2023年12月06日 | 新作発表会「naja naja]

 

皆さまこんにちは!

前回に引き続きマヌカン舞子が断捨離セールのご案内を

いたします。

本日11日にアミーゴス会員様にパスワードなどのご案内メールを

送りました。

ですが、かなりの人数の方がメールを受け取れていないようです。

スマホの迷惑メールに入っている場合は解除お願いします。

(naja@najahouse.com)

今回も断捨離セール商品の他に、アクセサリー小物、ペチコート

セミオーダーも含め、楽天に出品しているすべての商品の

20%オフのクーポンもプレゼントします。

(使えるのは12月16日、17日の2日間限りです)

クーポンの説明とURLもメールでお知らせするので

メールが届いていない方はご連絡くださいませ。

 

さて今回もセール商品のチラ見せですよ~

 

●個性的で可愛いチェック柄のツーピース

タンギージョとかファンダンゴなど明るい曲にピッタリですね!

●色違いになります。

 

●スタイリッシュなアメリカンスリーブの水玉ツーピース

ソレアポルブレリアとかティエントとかどうでしょうか?

 

●そして舞子着用のめちゃくちゃおしゃれなストライプのマーメイドスカート。

ストレッチがきいているのでストレスフリーで踊れます。

ガロティンにおすすめ!

以上の商品はどれも二日目にも販売しますのでお見逃しなく!

 

最後に楽天でオススメの新商品のご案内です。

こちらもクーポンで20%オフでご購入できますよ。

(イージオーダーなので納期は2週間ぐらい)

以下はセールの詳細となります。

さて、ここからがチェックポイントです♪

 

いつものように今回の2日間限りのセールはアミーゴス会員様限定となっております。

詳しくは会員様に直接メールでお知らせいたします。(12月11日になります)

 

キャンペーン商品は、期間中、すべての商品が表示価格の半額になります!

さらに、2日間で2枚以上のお買い上げの場合、合計金額の60%OFFとなります。

(お一人様5枚までとさせていただきます)

 

この機会にぜひアミーゴス会員にご入会されてはいかがですか?

こちらからどうぞ

 ************************************************************

セール期間/2022年12月16日(土曜日)AM10:00~12月17日(日曜日)PM8:00まで

(アミーゴス会員様へ直接メールにてお知らせしたパスワードでサイトへ入れます。)

着信拒否設定になっていると届きませんので会員様なのにご案内メールが

届かないようでしたらご連絡ください。

 *アトリエでの試着・販売はしておりません。

 ※セール品のため交換返品は固くお断りいたします。

*商品によっては1点ものもございます。その場合は先着順となりますのでご了承ください。

*まだまだ活用していただけるコンディションですが、

レンタル衣装として使用しておりましたので、それなりの使用感がございます。

その点を予めご了承ください。

*商品はすべて当社にてクリーニングを済ませ、保管しているものです。

*サイズのお直しは商品購入後、別料金にて承ります。

後日メールにてお問い合わせください。

*お支払・発送につきましては、ご注文後に当店からご案内メールを差し上げます。

お問い合わせ/TEL03-3765-3192  FAX03-3765-3193 

e-mail  naja@najahouse.com 

**************************************************************

それではまた次回。舞子でした~

 


コラボ撮影「舞魂の時」

2023年11月22日 | 新作発表会「naja naja]

立川です。

いつの間にか冬を感じる寒さですが紅葉は今が見ごろでしょうか。

 

今回はアーティスト3人のコラボを動画にしてみました。

私が敬愛と信頼を寄せる ダンサーのパロマこと小島慶子さん

カメラマンとしてピカいちの腕前を持つ大森有起さん、

そして長年衣装制作をひたすら続けているナジャハウスの立川の3人です。

私たちは長年フラメンコという業界で活動はしてきましたが、

そんなジャンルを超えた 表現者としての何かを求め、

葉山の海に繰り出し3人で最高の遊び時間に没頭しました。

私は長い間パロマの踊るための衣装を作り続けましたが、

今回の企画ではうまく言葉が見つけられないけど

彼女の守護霊が降りてくるような衣装にしたかったのです。

 

いつものように作り込んだ衣装ではなく自然とのハーモニーで

色んな表情を見せてくれる・・・・

風と戯れ、でこぼこの岩に翻弄されながら、

裸足の足は砂や波の心地よさを感じ、

じりじりと照り付ける太陽を浴び、

その中で彼女の魂の踊りを表現してもらえるような衣装にしたかったのです。

 

色々私なりに計算しながら作った衣装自体は抽象的でわけのわからない

作品ですが、自然の下で見せてくれた布は想像以上でまるで生き物のような

動きを見せてくれ興奮しながら動画を撮っていました。

 

カメラマンの大森さんは空の色、太陽の角度、海の反射する波の動きなど

プロならではの計算しながら何かが(守護霊?)が下りてきたパロマの動き

を夢中になって追いかけ撮影していました。

 

私は自分の記録として動画を撮っていただけなのですが、後で見てみると

パロマの自然体の踊りが素敵で、動画編集して皆様にもシェアすることにしました。

海の中で遊ぶサーファー?と砂浜で踊るパロマの対比も笑えますが、

それも不完全な面白さですね。

 

動画の画面には大森さんの写真も同時に載せていますが小さくて見えにくいので

拡大版をここで公開します。

大森さんの世界をご覧ください!

それではまた次回!立川でした。

 

PS

断捨離セールは12月の中頃を予定していますので

また告知メール送らせていただきます。


2023度レンタル新作衣装発表!

2023年06月07日 | 新作発表会「naja naja]

オラ~!こんにちは!

ナジャハウスのマヌカン舞子です。

2023年のレンタル衣装のご案内ができることに

とても幸せを感じます。

ナジャハウス自体は現在38年目となり

レンタル部門は28年目となります。

立川代表がレンタルを始めた時はフラメンコ業界には前例がなくて

手探りで少しずつシステムを作り、少しずつ衣装も増やし

どのような体型の人にも対応できるテクニックも身に付けました。

お客様の進化と変化に寄り添いながら今日まで頑張ってきたナジャハウスです。

そして今年2023年のラインナップはフラメンコダンサーに

愛され続ける水玉を中心に展開してみました。

舞子はダンサーではないけれど何故か水玉衣装を着ると

元気になります。

それでは公開しまーす!

 

⇓ 1 カラシ色に大きな水玉プリント。まるでマーブルチョコのようです。

 踊ると配色のブルーのインパクトが強く目を引く衣装です。

 アレグリアスとかタンゴ系の曲目にオススメ。

⇓ 2 色違いの黒地の水玉

 1とデザインは同じですがぐっと落ち着いた渋さを感じます。

 配色布も水玉に馴染むオリーブ系で重厚感ありますね。

 タラントスやソレア系がオススメ

⇓ 3.スモーキーピンクとブルーの水玉コンビ

 ややダークなピンクとブルーの水玉ですがアイボリーのレースを

 組み合わせることでとても大人可愛い衣装になりました。

 ピンク水玉のベストやボウタイと合わせると動きが出て元気いっぱいの

 衣装です。

 タンギージョやアレグリアス系にオススメ

⇓ 4.ピンクブラウスとグレー水玉のツーピース

 グレーのスカートは淡いピンクの水玉で、ウエストにはこれも

 ピンクの刺繍レースが縫いつけられてとてもお洒落!

 粋で洗練された大人の女性を感じます。そのうえ個性的で

 立川代表のお気に入りです。

 ガロティンやロンディーニャにオススメ

⇓ 5.レンガ色に白の水玉ツーピース

 舞子も着ている衣装です。大地を思わせるアースカラーの水玉に

 あえてモノトーンの花柄やストライプをチラリと混ぜることで

 他にはない面白い衣装になりました。

 アレグリアス系 グアヒーラなどにオススメ

⇓ 6.オリーブグリーンに白の水玉ツーピース

 5の色違い。気持ちが癒されるオリーブグリーンの水玉で

 取り外し可能なストライプのベルトがとてもお洒落です。

 タンゴ系 グアヒーラにオススメ

⇓ 7.真紅のソフトチュールのワンピース

 襟元にゆったりとしたフリルをあしらい、ウエストにはレースを貼った

 しっかりしたベルトで締めています。

 ボランテについているコサージュもポイントになって可愛いですね。

 グアヒーラやアレグリアス系にオススメ

⇓ 8.真紅のソフトチュールのワンピース

 こちらは7のワンピースにやはり真紅のレースシージョをつけました。

 全身赤に統一して鮮やかで情熱的な衣装にしました。

 カーニャやグアヒーラにオススメ

 

以上です。

ナジャハウステイストの水玉衣装いかがだったでしょうか?

常に大人の可愛いらしさやカッコよさを追求し、同時に

踊りやすさも追及し続けています。

こちらの衣装を毎回モデルをお願いしている前田 加奈子さんに

着ていただき衣装の動きを見ていただきたくYouTubeにアップしましたので

是非ご覧になってくださいね。

それではまた次回!舞子でした~


新ブランド「naja naja」コラボ撮影会 2023年

2023年05月06日 | 新作発表会「naja naja]

立川です。

3年前に小っちゃく立ち上げた新ブランド「naja naja」ですが

私たちなりに楽しみながら継続しています。

昨年よりプロカメラマンの大森有起さんとコラボ撮影会を企画して

衣装とモデルさん、そして大森さんの写真の世界観を表現した作品を

撮り続けています。

昨年はクララさんがモデルで登場しました。

今回モデルダンサーで選ばせていただいたのは脇川愛さん。

これから活躍するであろう若く元気なダンサーさんです。

現在アラサーではありますが、なんと5歳からフラメンコを始めているそうです。

なのでキャリアはご立派ですね。

彼女の突き抜けた明るさと笑顔に惹かれ、ナジャハウスの衣装を着たら

どんな雰囲気だせるのか?と私たちもワクワクでした。

 

そしてナジャハウスのデザイナーはおなじみになってきた

山ちゃんとコンちゃんです。その二人をサポートする形で私立川も参加し

忙しい合間を縫って三人で衣装を制作しました。

 

それではコンちゃんの衣装の紹介です。

コメント

ポップでカラフルなマーメイドラインのセクシードレスです。

あえて黒白の大きな水玉とカラフルな大きな水玉をぶつけて

大胆かつバランスの取れた衣装を目指しました。

色とりどりのフリンジの付いたシージョを合わせて、個性的で大胆に!

⇓ カラフルな大き目シージョに白、黒、赤、紫のフリンジを付けてユニークな動き

 を出しました。

⇓ にぎやかなシージョを外すとスッキリして

 ボディラインが協調された大胆な水玉衣装となります。

⇓ この衣装を愛さんに着ていただきソレアレス系の曲のイメージで

 ポージング。          photo by  yuki omori

 

次は山ちゃんの衣装を紹介します。

コメント

ダンサーさんが、心の中に太陽の光を感じながら、明るくキラキラしながら

グァヒーラを踊っている姿を想像して作品を作りました。

撮影時、太陽の光の下でモデルさんが衣装を着て踊っている姿は、

私のイメージそのものでした。

素材は全てレースでほんのり光を通します。

ブラウスを肩出しのタイプに変えました。

 

赤のラッセルレースと花柄レースの組み合わせ

⇓ デザイナーの山ちゃんからは、この衣装を着てもらうダンサーさんは

若くて明るくて可愛い人がいいですとリクエストがありました。

ということでこの衣装のイメージにぴったりの愛さんを選ばせていただいたのです。

素晴らしい晴天の下で愛さんものびのびとグアヒーラのイメージで

ポージングしてくれました!    photo by  yuki omori

足元の不安定な岩場に立ちながらも、大森さんの細かい注文にニコニコと

応じてくださる愛さんでした。

⇓ このくつろぎポーズは立川がリクエストしたのですが

愛さんがとてもチャーミングで大好きな写真です。

いかがでしたか?

それぞれのデザイナーたちの頭の中で描いているものを形にしてみると

なんか違う。生地を変えてやり直す。でもまだ違う。

本当にデザイナーと立川が納得できるまで何度でもやり直し

時間をかけて作り上げます。

そこは商売度外視で真剣に取り組んでいます。

そうやって出来上がった衣装をイメージのダンサーさんに着ていただく。

ダンサーさんも我々の遊び心満載の衣装を着ることでご自身も知らなかった

魅力を発見!

さらにそこにプロカメラマンの目線とテクニックが加わり

写真に魂が吹き込まれ、ダンサーさんも衣装もますます生き生きと

表現されます。

「naja naja」ナジャナジャというちょっと笑える名前のブランドは

みんなが真剣に遊ぶための場でもあります。

今回の衣装が気になりましたらお気軽にお問い合わせください。

こちらまでどうぞ

カメラマンの大森さん、ダンサーの愛さん 

デザイナーのコンちゃん、山ちゃんご苦労様でした。

それではまた次回! 立川でした

脇川 愛さんプロフィール

5歳よりアルテフラメンコ舞踊学院にてフラメンコを始める。

2008年〜2016年平富恵スペイン舞踊研究所にてスペイン舞踊全般を学び舞踊団員として公演に出演。

2012年、2013年文化庁主催、次代を担う子どもの文化芸術体験事業巡回公演に出演。

2017年より稲田進氏に師事。

2018年日本フラメンコ協会第27回新人公演準奨励賞受賞。

2020年より田村陽子氏に師事。

大学卒業後は渡西しながら多くの著名なアーティストから学び、

様々な舞踊経験を活かした独自のフラメンコスタイルを追求し、

映像作品や劇場、都内タブラオなどで活動を行っている。

 

 

 


あでやかなマントンを衣装にしました

2023年04月08日 | 新作発表会「naja naja]

立川です

2023年もあっという間に4月に突入です。

今年は花見もできず波乱に満ちた人生を

送っております。

さて、気分を整えて本日はマントン衣装のエピソードです。

マントンというのは一般的に100c~140cの正方形の布に

綺麗な手刺繍を施し、その周りにやはり手作業で糸を編み込んだフリンジが

付けられた大きなストールですね。

フラメンコをやっている方の多くがマントンを持っていますが

スペインの誇る工芸品といってもよいでしょう。

 

今回お客様が持ち込まれたマントンもとても美しく豪華なものでした。

実はこのマントンはお客様のお母さまのもので

ご自身はもう踊らなくなったので、娘さんに譲られたそうです。

ですのでかなりの年代物ですね。

糸で編み込んだフリンジ部分の劣化は激しく使えない状態でしたが

本体の刺繍部分は痛みも少なく綺麗で十分に使えるものでした。

 

マントンを衣装に作り変えるのはとても頭を使います。

まず、衣装のどの部分に花柄を持ってくるかを考えます。

なにも考えずに裁断するとあちこちに花柄の欠片が飛び散り

せっかくの刺繍が台無しになってしまいます。

しかも用尺が1辺が120cほどの正方形なので絶対に裁断の失敗は

許されません。

衣装の前、後ろ、脇の花柄刺繍の配置と柄を合わせをしっかり考えてから

いよいよ裁断です。

私は1点しかないマントンにハサミを入れる前には必ず

アーメンと唱え慎重に慎重に裁断します。

そして、パーツごとに柄合わせをしながら縫っていきます。

少しずつバランスを見ながら組み立てていきます。

花が大きいので大きな花の塊を一か所に集め、他は小花を置いて

メリハリをつけました。

 

そして完成したのがこちら

⇓ スカートの裾には内側にアクセントカラーで赤フリルをつけてみました。

⇓ 後ろも花の柄合わせをしてファスナーをつけています。

↓ 斜め切り替えの部分と袖口にはリリアン糸でできたフリンジを

取り付けてヒラヒラと動きが出るようにしています。

マントンの用尺はぎりぎりで残布はほとんど残っていません。

このようにドキドキな作業の連続ですが出来上がると

インパクトの強い格別な衣装になります。

今回のようにフリンジがボロボロで使えなくなったマントンも

このように衣装として美しく蘇り、お客様のお母さまも

きっと喜ばれていることでしょう!めでたし、めでたし

それではまた次回!

立川でした。