ナジャハウス スタッフブログ

フラメンコ衣装制作・レンタルの「ナジャハウス」のスタッフブログです。

najanajaシリーズ最終日(山ちゃん編)

2020年08月22日 | コーディネートについて

立川です。

本日は3人の新人デザイナーたちの作品紹介の最終日です。

最終回は山ちゃんの作品です。

作品コンセプト BY 山ちゃん

私が表現したくてたまらなかったのは、ジプシーフラメンコです。

草原で仲間達と踊っているイメージ。

でも、ボロボロの服を着ているのではなく、現代的にカッコ良く

オシャレにアレンジして舞台で映えるようにしました。

ジプシーと言えば、カラフルな花柄。

そして絶対にスカートには違う柄、違う色の配色でラインを強調させ

民族を、思わせるようなデザインにしたかったのです。

腰にはフレコ付きのジージョを巻きつけるのが私のこだわり。

ブラウスの袖にはふんだんにギャザーを入れて、柔らかくボリュームが

あって、ときめいてしまうような可愛いデザインにしました。

スカートは裾が持ち易い上、さばきをすると水玉のラインの動きに

目を奪われます。もちろん普段使いにも素敵です。

ブラウスとスカートセットでワンピース風にしても

別々でコーディネートしても、とっても可愛いくシルエットも綺麗なので

人と差をつけたいオシャレさんにオススメです。

それでは気分はジプシーの山ちゃんの作品をご覧ください。

 

ブラウスを取り替えてよりカジュアルに。

憧れのジプシー風衣装を作れて、そして着ることもできて幸せそうな山ちゃん。

 

この衣装は上下で¥77,000(税込)※アクセサリー等は含まれていません。

お客様のサイズに合わせて仕立てるセミオーダーです。

(生地の在庫状況では全く同じものにはならない場合もあります)

舞台で使う時には渋い色合いのペチコートを付けて

タンゴやブレリアスとか素敵

 

今回のnajanaja企画いかがだったでしょうか?

いかにもThe  Flamenco! って感じの舞台用衣装は普段には

着る勇気はなくても、今回の衣装ぐらいならとてもお洒落で

さりげなく目立ちますね。

コロナ騒動で当分舞台には立てなくても、気分だけはプチフラメンコで

お出かけしてはどうでしょう?

 

今回の衣装を仕立ててみたいという方はいつでもご連絡ください。

単品でのご注文、色違い、ちょこっとデザイン変更希望とか

ありましたらご相談ください。

それぞれの担当デザイナーがしっぽふりふり大喜びで応対いたします。

https://najahouse.jp/contact_form/

TEL 03-3765-3192

こちらの衣装もコロナ応援企画で9月20まではお値段が20%オフになります。

ご来店いただければみんなでにぎやかにお出迎えしちゃいます。

きっと楽しい時間になりますよ。

 

それでは最後は番外編写真です。

お揃いのマスクを作って、ハイポーズ!

それではまた次回!立川でした

 

 

 

 

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« ハーフの新人デザイナー ル... | トップ | フラメンコ衣装の花形 »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (aki)
2020-09-08 18:07:35
憲法改正を急ぐ理由を知って下さい
突然の書込み失礼致します。
この度は皆様に知って頂きたい事があり、誠に恐縮ですが書込ませて頂きました。

マスコミが大きく報じぬ中、連日中国の日本領海侵犯が激増し、尖閣侵略を狙っている現状を、
実際に侵略虐殺を受けるチベット等の姿と重ね今多くの方にどうか知って頂きたいです。

戦後日本を弱体化させる為、アメリカが作成した日本国憲法施行後、韓国が竹島を不法占拠し、その際日本の漁船を機関銃で襲撃し、多くの船員が死傷しました。

北朝鮮は国民を拉致し、日本全土を射程に入れるミサイルを数百発配備しており、尖閣には中国艦艇が侵犯する現状でも、憲法の縛りで日本は国を守る為の手出しが何一つ出来ません。

現在まで自衛隊と米軍の前に中国や北朝鮮の侵攻は抑えられて来ましたが、米軍がいつまでも守ってくれる保証は無く、時の政権により米軍が撤退してしまえば

攻撃されても憲法により敵基地攻撃能力が無い自衛隊のみでは、日本はチベットと同じ道を辿りかねません。

9条の様に非武装中立を宣言しても、平和的で軍事力の弱かったウイグル等を武力で侵略し、現在進行形で覇権拡大を行い「日本の領海を力で取る」と明言している中国や、

核ミサイルで日本を狙う北朝鮮、内部工作を行う韓国が尖閣等から侵略の触手を進めているからこそ、GHQの画策により戦う手足をもがれた現憲法を改正し、

自立した戦力と抑止力を持たなければ国民の命と領土は守れないという事を
中韓側に立ち国民を煽動する野党やメディアの姿と共に
一人でも多くの方に知り目覚めて頂きたいと切に思い貼らせて頂きます。
https://pachitou.com
長文、大変申し訳ありません。

コメントを投稿

コーディネートについて」カテゴリの最新記事