ナジャハウス スタッフブログ

フラメンコ衣装制作・レンタルの「ナジャハウス」のスタッフブログです。

マザーテレサ

2012年03月13日 | 佐々木
立川です
昨日は、あちこちで昨年の追悼イベントで日本中大賑わいだったようです。
大賑わいってなんだか不謹慎に聞こえるけど、どよーんと沈んでいるより
ずっと価値があり、すばらしいことです。

でもやはり昨日は町を歩きながら、去年のちょうど今ごろ地震が起こり
日本中大パニックになったんだなあ!と思うと、今の何事もなく平和な
街並みが不思議でもありました。

この1年でどのくらいの人々が変わることができたんだろう?
あんな目にあっても、人はなかなか、変わるための次の一歩が踏み出せず
自分の保身にエネルギーを費やしています。

ナジャハウスはまず第一歩を踏み出し始めました。
まず、自分たちが変わらないと周りを変えることはできません。
お客様を愛するためには、自分たちを愛さないとね。

つい最近、ナジャハウスのあるスタッフが次のように突然宣言しました。
「いきなりですが、私はこの仕事が大好きです。そして、皆さんの事も
大好きです」みんなちょっとびっくりして、どうリアクションしていいのか
分らない様子でしたが、じわ~っとハートが暖かくなってきて別のスタッフは
思わず、「私もです」

後で私はこっそりうれしくて泣きました。
決していい給料でもないのに・・・なんて、なんて・・・・・・

私はマザーテレサをとても尊敬していて、彼女のようになりたいと
心から思っています。
今日は私の心に響いた彼女の言葉をシェアさせてください。
(最近の人間はいかに愛の心が枯渇しているか・・・)

○愛の反対は憎しみではなく、無関心。

○わたしたちは 大きなことはできません。
ただ、小さなことを大きな愛でするだけです

○人間のほほえみ、人間のふれあいを忘れた人がいます。
これはとても大きな貧困です。

○一切れのパンではなく、多くの人は愛に、
小さなほほえみに飢えているのです。

○貧困をつくるのは神ではなく、私たち人間です。
私たちが分かち合わないからです

○この世の最大の不幸は、貧しさや病ではありません。
だれからも自分は必要とされていないと感じることです。




コメント

かわゆいお客様

2011年09月13日 | 佐々木

立川です。
昨日、我が家にお客様がありました。
それはこの子です!


にこちゃんです。せいいっぱい大人ぶってるけどまだ1カ月なの。

 

しましまのお布団の中でねんねです。
保護色になって、私はどこにいるでしょう?って丸わかりじゃあ!


う・う・う~ん  ち・ちょっと失礼!
一応、レディなんだから写さないでよ。



やっぱ人間様のふとももの上はおちつくなあ~
ごくらく!ごくらく

生まれてまだやっと1カ月の子猫「ニコ」ちゃんです。
私の22歳の甥っ子が知り合いからもらったらしく
さっそくお披露目にやってきました。

いやあ!もうかわいい~~~~ふわふわだあ~
軽い~~あったかいよお~~~肉球もやわらかいよお~~

すごい子猫パワーでした。ナジャハウスのスタッフも
皆大喜びで、だっこさせてあげると、とても幸せそうでした。

人間も動物も赤ちゃんの時期って人生最大のパワーを持っていますね。
癒しというパワーです。

コメント

またまた宝塚歌劇団

2011年07月13日 | 佐々木

立川です。
今日、またまた東京宝塚劇場に行ってきました。
演目は「美しき人生」
戦国武将石田三成と
織田信長の姪、茶々との悲恋物語。

前回観た「誰がために鐘はなる」の時と同じような
キャスティングとストーリー展開ですが、やっぱり
感動させられてしまい、涙ぽろぽろでした。

トップスターの大空祐飛がまたいいのです!
彼はいやいや彼女は私の親友の親戚なので
毎回、親友とその母親と観に行っているうちに
すっかりファンになってしまいました。

実は大空祐飛が初めてトップスターとしてデビュー
する直前にお父さんが亡くなって、一目、娘のこの
晴れ姿を父親に見せてあげたかった。と親友のお母さん
は舞台を観ながら泣いていました。

宝塚の魅力の一つに衣装があります。
全出演者の衣装がキラキラ豪華なのに、トップスターは
更に別格にゴージャスで他の出演者と大きく差をつけて
います。

そして衣装替えを何度も何度もするのですが、その早変わりの
見事な事!衣装はもちろんカツラから靴まで一瞬で着替えて
いますから、出演者も、楽屋の担当者も息をする暇もないこと
でしょう。

今日の演目で大空祐飛だけでも、20着ぐらい着替えて
いたと思います。
そして、ヒロインも同じくらい着替えていたし、その他の
70人ぐらいの出演者も10~15着は着替えていたと
思います。
いったい何百枚衣装が楽屋に用意されていたんでしょう!
ましてや、フィナーレのおなじみの大空さんの羽の衣装は
1着で畳2枚ぐらいのスペースが必要なのでは?

いやいやとんでもなく豪華絢爛ですわ!

ああ!一度でいいからあんな豪華なステージに立って
踊って歌ってみたいなあ!.....................

そんな自分を想像したとたん、思い切り噴き出して
しまいました。
やっぱ、私は地味に衣装を作っている方が向いています。

でも、宝塚を観た後は、やたら光りものを必要以上に
付けたくなりますね。コラコラ!




---------------------------------------------------------
フラメンコ衣装・舞台衣装制作
ナジャハウス

〒143-0012
東京都 大田区 大森東 4-19-7
TEL:03-3765-3192
FAX:03-3765-3193
mail:naja@najahouse.com
URL:http://www.najahouse.com/

メルマガ会員募集中
メールでご連絡いただくか、PCでご覧の方は、コチラ▽▽▽
http://www.najahouse.com/mailmagazine.html
---------------------------------------------------------
コメント

ご近所さんの服装

2011年04月30日 | 佐々木

私がここ大田区に移転してきて一番感じたことは、
この近隣に住んでいる方々はあまりお洒落に興味がないことです。
大田区というと、田園調布に代表されるセレブが住む町と
日本の技術大国を支える町工場のイメージとに分かれるようです。

ナジャハウスがあるここ大森東は町工場と同時に漁師町でもあり思い切り下町です。
しかし、近年は大きなマンションが立ち並び、会社員やOLさんも増えてきました。
とは言っても、その辺を歩いている人々でお洒落な人はなかなか見かけないですね。

男性はジャージーにつっかけ姿が目立つし、女性はエプロンしたままガニ股で自転車に
乗っているひとがけっこう多いですよお。
化粧もしないで体のラインも崩れて全く美しさを感じることができません。

何と言うか…女捨ててるなあって感じです。
女性なんだからもう少しお洒落してもいいんじゃない?って思うのは私だけ?

ナジャハウスの年配のお客様は皆さんとてもセンスもよくお洒落さんばかりなので、
よけいにそのように感じてしまうのかもしれません。

最近はご近所の方がお洋服のお直しにご来店くださるのですが、
持ち込まれるお洋服はファッション性はないけれど、体に合っていないのは許せないようで、
古くなった洋服でも、今の自分の体型に合わせようとします。

スーツの直しなんて、結構高くなるので今風のものを買った方が安くつくと思うのですが、
使えるものは直してでも使うという考え方をする方が多いのにはびっくりです。

高齢のおじいちゃん、おばあちゃんでも、ズボンがちょっとだぼついているだけなのですが、
それは不快なようで、きちんとお金を払ってお直しします。
とてもお洒落には見えないけれど、ちゃんとこだわりがあるのです。

私自身はお客様にできるだけハイセンスな衣裳を仕立ててさしあげることに生き甲斐を
感じるタイプなので機能重視のご近所さんに始めは戸惑いました。

でも最近はそんな価値観を認めながらも、少しづつお洒落な感覚も持っていただけるよう、
努力していこうかなと思い始めました。

そしていつの日か「最近、みんなきれいになったねえ」
なんて声が聞こえてくるようになったらうれしいな!





---------------------------------------------------------
フラメンコ衣装・舞台衣装制作
ナジャハウス

〒143-0012
東京都 大田区 大森東 4-19-7
TEL:03-3765-3192
FAX:03-3765-3193
mail:naja@najahouse.com
URL:http://www.najahouse.com/

メルマガ会員募集中
メールでご連絡いただくか、PCでご覧の方は、コチラ▽▽▽
http://www.najahouse.com/mailmagazine.html
---------------------------------------------------------

コメント

今年の桜

2011年04月16日 | 佐々木
こんにちは、たまです。


春真っ盛りですね(о^∇^о)


今年は、桜の満開の時期と私の休日のタイミングが合わず、
半分諦めていたのですが、やっぱり桜を見ないと始まりな感じがしないっ(>_


若干、葉桜になってしまっていましたが、今年も綺麗でした。(´∀`)


去年と同じ桜を同じ仲間と見れるって、とても幸せな事だったんですね…。





---------------------------------------------------------
フラメンコ衣装・舞台衣装制作
ナジャハウス

〒143-0012
東京都 大田区 大森東 4-19-7
TEL:03-3765-3192
FAX:03-3765-3193
mail:naja@najahouse.com
URL:http://www.najahouse.com/

メルマガ会員募集中
メールでご連絡いただくか、PCでご覧の方は、コチラ▽▽▽
http://www.najahouse.com/mailmagazine.html
---------------------------------------------------------
コメント