エミリーバレエスタジオ

我孫子市の少人数制バレエ教室です。
バレエスタジオのご案内や日々の出来事の日記など。

「初めて茶道講習会」をやりました❣️

2017年03月14日 | 習い事・バレエ

 




再投稿

写真を追加しました



「はじめて茶道」講習会をやりました




昨日の日曜日


いつもフラワーアレンジメントの講師を


お願いしております、


石原功子先生(有楽流茶道)に


教えていただきました。


茶道の歴史、お扇子を出してご挨拶の練習、


器の持ち方、箸の持ち方、お茶の立て方、


おもてなしの相手へのお茶の出し方、


お菓子の食べ方


沢山学びました

 

石原先生のお手本の動作を見ていた生徒たちの

雰囲気がピリッとした瞬間、空気が変わりました!

 


一人ずつ作法をやっているときに


「みんな、立ったり座ったりの動作が、


やはりバレエをやっているから綺麗だわ!


バレエで指先まで神経を使っているからお箸やお茶碗の持ち方も

綺麗だし、よく出来ました〜」と先生に褒められて

嬉しそうな顔をしていました。



正座も40分が限界みたい。(良く頑張っていた!)


途中、休憩タイムを入れながら2時間半


やりました〜


美味しい和菓子もいただけて、


















鶴屋吉信の和菓子を
一番人気の「椿」を先生が選んで下さり、高級だけどそれを教えるのも大切




終わった後で、干菓子を1人2個ずつとなり、ジャンケンして緊張感から解放され、

みんな「どれにしよう〜?!」と干菓子を取り囲んでいる様子






それぞれ何かを感じ取り、有意義な時間になったことでしょう❣️

まだ子供だから教えるのは早いとか(お茶が飲める飲めないは別として)

精神世界も含まれているものに年齢は関係ないと思っています。

お行儀も家庭で教えるのが第一ですが、

別の環境の場で、本物を身に付けている先生に教わることも大切さが

伝わるでしょう。

小さいころから触れさせて目で見せていくことが

自ら興味を持ち、学び、身に付けていくようになると

私は生徒を見てきて実感しております。

 


この学びを日常生活に

生かされていく事を願って


やっぱり、先生の動きは流れるようでさすがです

お茶の世界をわかりやすく、ご指導くださいました。

先生に感謝です。

 

後日、みんなで石原先生に

お礼のお手紙を書いてお届けしました。

大変喜んでくださいました。




お茶の世界もバレエと通じるものがあります。



また次回に繋げていきますよ〜





https://emillie_balletstudio.jimdo.com

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 背骨コンディショニング グル... | トップ | エミリーバレエスタジオホー... »
最近の画像もっと見る

習い事・バレエ」カテゴリの最新記事