みっくすじゅうす的生活

生活の中の「好き!」を集めて、ミキサーに入れて作ったみっくすじゅうす。
今日もいいことあるかもね!

たまには…

2019-09-22 04:44:00 | 写真・詩
「たまには…」

たまにはタイムトライアル

ゆっくりのんびりもいいけど

どれだけ早くできるか
どれだけ合理的にできるか

考えて
工夫して

たまにはタイムトライアル

まだこれだけ
身体は動かすことができるんだ

いざとなったら
やればできる子ちゃん

動くことがうれしい
動くことに感謝

毎日
いつも
はムリだけど

たまにはタイムトライアル

(晶子)

タイムトライアルも、毎日を楽しくする工夫だ。

今日も素敵な一日になりますように🎵
コメント

霜止みて苗出ずる

2019-09-21 21:53:00 | 言葉
穀雨 こくう
次候[四月二五日~二九日]

霜止みて苗出ずる
しもやみてなえいずる

霜が降りる心配がすっかりなくなり、稲の苗がすくすくと育つ頃です。
早いところでは田植えも始まり、農作業が急激に忙しくなっていく時期を迎えます。

「七十二候で楽しむ日本の暮らし」
         広田千悦子 より



「霜」の字、バランスがうまくいかなかった。
全体的に、字数が多かったのもあるが、きりっとした字にならなかった。

田んぼが整い出すと、新しい季節が始まるという気分になる。
少しずつ田んぼに水が入っていく頃だ。
苗が植えられる前の水の入った田んぼは、期間限定の水鏡。


お!今日で200枚になった!
1000枚目指すか?
コメント

あれも楽しいこれも楽しい

2019-09-21 04:44:00 | 写真・詩


「あれも楽しいこれも楽しい」

あれやこれや
色々やっておくといい

自分を楽しませるカードを 
色々持っているといい

あれにはまっていて
久しぶりにこれをやると
また楽しい

こればかりやっていると
またあれも新鮮になる

結局
あれも楽しいこれも楽しい

やらなければならないことを
一つやったら
カードを一枚

もう一つやったら
また別のカードを一枚

いつの間にか
あれこれできて
いい一日になる

あれも楽しいこれも楽しい
全部楽しい

(晶子)

結構多趣味な方だろう。
どれもこれも手軽なものが多いが。
遠くへ行かずとも、家の中にずっといなければならなくとも、あれやこれや楽しめるものを持っている。

自転車ばかり乗っていると、歩くことが新鮮になったり、自転車で近くを開拓すると、まだまだ知らない場所を見つけたりする。

自分なりの続けていくことや、自分で挑戦する目標を設定したり、できることはいくらでもある。

持っているカードで、どれだけ楽しむことができるかのゲームだ。


今日も素敵な一日になりますように🎵
コメント

葭始めて生ず

2019-09-20 15:19:00 | 言葉
穀雨 こくう
初候[四月二〇日~二四日]

葭始めて生ず
あしはじめてしょうず

~穀雨~
田畑を潤し穀物を育てる雨が降る。長引けば菜種梅雨と名がつく。春の終わりを告げる節気の一つ。藤など春の百花繚乱。

天地に緑あふれる頃、葦の若芽が冷たそうな水面からすっくと顔を出して揺れています。ようやく水辺にも生命が育つ季節がめぐってきたのです。

「七十二候で楽しむ日本の暮らし」
         広田千悦子 より



久しぶりに本番を書き直し。「葭」の字が納得いかず、このままで行こうかと思ったけど、練習がうまく書けただけに、悔しくてテイク2。
まあまあかな。
漢字の転折甘し。もっとぴしっと決めたいな~。
形に囚われると、線が甘くなり、線に囚われると、バランスが悪くなったり。
やっぱり音楽と共通点がある。
どちらも大事で、一つずつ意識しながら、練習していくしかない。

桜が終わってから、次から次へと花が咲き出す、華やかな季節。雨は生き物を育て、瑞々しく輝かせる。楽しみな季節だ。



おまけ
練習で書いた「葭」の字。
コメント

必要だったのは…

2019-09-20 04:44:00 | 写真・詩


「必要だったのは…」

あれもしたい
これもしたい

あれもしなきゃ
これもしなきゃ

ふと気がつくと
動けなくなっていた

手を動かそうとしても
身体を起こそうとしても
動かない

目を開けることができない

細胞全部の力で
自分の動きを止めようとしてるかのように

ハッと目を覚ます
動けた
起きれた

また身体は軽快に動き出す

必要だったのは眠ることだった

聞こえるのは鳥の声

さあまた動き出そう

(晶子)

どこも出かけられなくても
干したてのお布団でのお昼寝は
最高の幸せ✨

洗濯、掃除など、家のこともできたし、やりたいこともできた。

地味だけど、こういう一日も結構いい一日。

意外と身体は疲れていたのだ。


今日も素敵な一日になりますように🎵
コメント

虹始めて見る

2019-09-19 16:03:00 | 言葉
清明 せいめい
末候[四月一五日~一九日]

虹始めて見る
にじはじめてあらわる

大気に潤いが満ちてくると、空に虹があらわれはじめます。
朝に現れる虹は雨の予報、夕方に現れるのは晴れの前触れと言われます。

「七十二候で楽しむ日本の暮らし」
         広田千悦子 より



桜は葉桜に。あんなに、春が来るのを待ち焦がれていたのに、来たらあっという間。季節は一気に進み出し、花のリレーが始まる。
過ぎ去る春を寂しく思う暇もなく、季節は移り変わり、次の楽しみに繋げてくれる。


「虹」の字、シンプルなだけに、ほんの少しのバランスの失敗。もう1ミリ短くとか、もう1ミリ上にしたかったと、書き終わってから感じる。
やっぱりかな文字が頼りない。そろそろ、レッスンにおじゃましないと進めないかな。
ここ3ヶ月ほど、一度も行けず。
やりたいことが多すぎて、とにかく今できることを続ける。
また、タイミングが来るだろう。
コメント

名前をつけよう

2019-09-19 04:44:00 | 写真・詩


「名前をつけよう」

アンのマネして
道に名前をつけよう

自分の持っている物に
名前をつけよう

仲間の間で通じる
名前をつけよう

名前をつけると
かわいくなるから

名前をつけると
楽しくなるから

コピーライターのように
第一発見者のように

名前をつけよう

ほら
頭をひねってひねって…

(晶子)

あちこちの道に名前をつけている
「希望への道」
「みんなの心のふるさとへ続く道」
「木漏れ日の道」
「とおせんぼの道」
などなど。

二胡たちにも名前をつけている。

名前をつけるとおもしろい。
毎日を楽しむ工夫の一つだ。


今日も素敵な一日になりますように🎵

コメント

鴻雁北る

2019-09-18 22:52:00 | 言葉
清明 せいめい
次候[四月一〇日~一四日]

鴻雁北る
こうがんかえる

ツバメと入れ違いに日本に来ていた冬鳥と呼ばれる渡り鳥が子育てをするためにシベリアやアラスカなど北方へと渡っていきます。
四月一三日頃、一三歳になる子が知恵を授かるのに参詣する十三参が行われます。

「七十二候で楽しむ日本の暮らし」
         広田千悦子 より



「鴻」の字がなかなか見つからなかったから、手書き辞書アプリで、訓読みを調べたら、「ひしくい」と読む。でも「ひしくい」では変換できず。結局、「こう」でよく探して見つけた。

「雁」の字、形がとりにくかった。
「鴻」も真ん中の「工」の位置を、もう少しずらしたかったな。

十三歳は生まれて初めて十二支をひとめぐりした年齢。
なるほど、私は何回めぐった?(笑)

ジブリの映画でも、十三歳のキャラがよく出てくる。節目の年齢なのだろう。
大人への入口かな。
コメント

記憶

2019-09-18 04:44:00 | 写真・詩


「記憶」

その味を舌にのせ
思い出す

その音楽を聴いて
思い出す

その場所に行き
思い出す

その季節が来て
思い出す

その言葉を見て
思い出す

指が覚えている
声が覚えている
足が覚えている


記憶

それは生きてきた道
一つ一つの積み重ね

ときに切なくなる記憶もある
うっとりとする記憶もある

たった一度きりの記憶でも…

記憶はいつも
柔らかいものに包まれ
自分を抱きしめてくれる

記憶があるから
生きていける

ほんのときどき
自分を慰め

倒れそうになったとき
支えてくれる

記憶という
宝物

(晶子)

朝ドラで、死んでしまったお父さんお母さんの味を、妹が再現してくれ、記憶が蘇ってくる様子をやっていた。

幸せな記憶は、きっとずっと自分の心をあたためてくれるもの。

それが例え、一度きりのことであっても。

そんな記憶があることが幸せだ。

過去を振り返るな、前だけを見るのだという考え方は、確かにその通りだが、たまには過去を楽しむこともいいじゃないかなとも思う。


今日も素敵な一日になりますように🎵


写真は庭の隅に咲く、カラスウリの花。夜だけ咲く、不思議な花。
コメント

玄鳥至る

2019-09-17 22:18:00 | 言葉
清明 せいめい
初候[四月五日~九日] 

玄鳥至る
つばめきたる

清明
万物潔斎、すべてが清らかでいきいきとしてくる頃。染井吉野が盛りを迎え花見で賑わう。沖縄では墓前で清明祭を行う。

数千キロの旅を終えたツバメが日本に到着する頃です。新年度の始まりの緊張も、低く高く舞うツバメの動きにほぐれていきます。

「七十二候で楽しむ日本の暮らし」
         広田千悦子 より




文字を打ちながら、眠くて意識を失うと、せっかく打った字を消してしまったりしてる💦
何度同じことやってしまってるか。

字は少なめ。
比較的、形がとりやすい漢字だった。

桜が咲き乱れる頃。こんなところにも桜があったのだと、咲くとわかる。
桜が咲いたら、桜並木を自転車で駆け抜けたい💕
コメント