日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

九電会長と会食 安倍首相に憤り ― 官邸前抗議

2014-07-26 | 脱原発へ!放射能汚染と原子力発電

 首都圏反原発連合(反原連)は25日、首相官邸前抗議行動を行いました。川内(せんだい)原発再稼働を急ぐ九州電力会長らと会食して「川内はなんとかしますよ」といった安倍首相に対し、反原連のミサオ・レッドウルフさんは、「反原発・脱原発を求める7割以上の国民の意思に反して、こんなやり方で国策が決められるのは、政府のあり方としてもおかしい」と厳しく批判しました
                                           写真
                                           (写真)「川内再稼働反対、原発なくせ」とコールする人たち
                                                                        =25日、首相官邸前

 この日の参加者は2500人(主催者発表)。初めて参加した人が目立ちました。東京都渋谷区の男性(77)もそのひとり。「毒だとわかっているものを動かすなんて、とんでもない。気持ちだけでなく、行動が大事だ」と話します

 東京都内の女子学生(32)も初めて参加しました。「デモは怖いかなと思っていたけどそうではなかった。一度再稼働させると、ほかも次々に動かされてしまうのが怖い」

 長野県佐久市から参加した男性(61)も初参加。「原発事故が起これば土地も家も失い、家族もばらばらにされてしまう。命を奪われるに等しい。首相は国民の声に耳をかたむけるべきです」

 千葉県松戸市の女性(68)は「福島の事故が収束していないのに、なし崩し的に川内原発を再稼働させようというのはおかしい」。

 仕事が終わった後に必ず参加しているという東京都杉並区の男性(35)は「どうしてそこまでして(原発を)動かしたいのか理解できません。再稼働は断念すべきです」と力を込めました。

笠井、吉良氏 スピーチ

写真

(写真)「再稼働反対!」とコールする笠井氏と吉良氏=25日、国会正門前

 日本共産党の笠井亮衆院議員と吉良よし子参院議員は25日、原発ゼロを求める首相官邸前抗議行動に参加し、国会正門前でスピーチしました。

 吉良氏は、安倍首相が九州電力会長らと会食して川内原発(鹿児島県)の再稼働を「何とかしますよ」と発言したことを批判。「廃炉にするまでがんばろう」と訴えました。

 笠井氏は「再稼働ありきなんて認められない。安倍首相は官邸にいる資格がない。声を上げて、おひきとり願おう」と呼びかけました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大阪市議会 橋下維新政治ノー... | トップ | 「安倍暴走」で様変わり――メ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

脱原発へ!放射能汚染と原子力発電」カテゴリの最新記事