日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リアルタイム線量計 8割撤去方針 ― 県民多数から反対噴出

2018-09-13 | 脱原発へ!放射能汚染と原子力発電
“安心の根拠なのに”  東京電力の福島第1原発の事故から11日で7年半。事故後、福島県内各地に放射線監視装置(モニタリングポスト)が設置されました。そのうちリアルタイム線量測定システムの8割、約2400台を撤去するという原子力規制委員会の方針に、県民多数から反対の声が噴き出しています。(福島県・野崎勇雄) (写真)公園に設置されているリアルタイム線量 . . . 本文を読む
コメント

福島第一原発の核燃料の回収を3年先送り(1号・2号機プール)

2017-09-27 | 脱原発へ!放射能汚染と原子力発電
政府は26日の関係閣僚会議で、東京電力福島第1原発の廃炉工程表を2年ぶりに改定した。1、2号機の使用済み核燃料プールからの燃料取り出し開始を「2023年度めど」とし、3年先送りした。事故で溶け落ちた1~3号機の核燃料(燃料デブリ)の取り出しについては、来年度前半までとしていた最初に着手する原子炉の選定と工法決定を19年度中に遅らせた。21年の燃料デブリ取り出し開始は維持し、廃炉完了まで「30~40 . . . 本文を読む
コメント

東電かばう規制委に怒り 反原連官邸前

2017-09-16 | 脱原発へ!放射能汚染と原子力発電
首都圏反原発連合(反原連)は15日、首相官邸前抗議を行いました。原子力規制委員会が、福島第1原発事故を起こした東京電力について、柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)を運転する適格性があると容認しました。規制委員会が再稼働に“お墨付き”を与えたことに対し、参加者は「柏崎刈羽、再稼働反対」の声をあげました。  東京都江戸川区の女性(75)は、規制委員会の態度に「以前は&ldquo . . . 本文を読む
コメント

柏崎刈羽 東電の適格性容認 規制委が“お墨付き” 福島事故究明も不十分なまま 国民の声 置き去りに

2017-09-14 | 脱原発へ!放射能汚染と原子力発電
原子力規制委員会は13日、福島第1原発事故を起こした東京電力について、柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)を運転する適格性(資格)について、「技術的能力がないとする理由はない」と容認する確認結果を大筋で了承しました。適格性がないと考える多くの国民の声を置き去りにしたものです。 (写真)柏崎刈羽原発。手前から7、6、5号機(東電提供)  福島原発事故は収束せず、原 . . . 本文を読む
コメント

玄海再稼働反対 2500人 福岡でオール九州集会 // 九電本店前埋め尽くす

2017-08-28 | 脱原発へ!放射能汚染と原子力発電
玄海原発(佐賀県玄海町)の今冬以降の再稼働を狙い暴走する安倍政権と九州電力に対し、オール九州で再稼働ノーの民意を突き付けようと、「原発いらない!九州実行委員会」は27日、福岡市で集会を開きました。九州全域や韓国などから集まった2500人が、集会とデモ行進で再稼働反対の声を上げました。 (写真)九州電力本店前で玄海原発再稼働反対の声をあげる集会参加者=27日、福岡市 . . . 本文を読む
コメント

「核のゴミ」 処分場の押し付けに道理なし

2017-08-05 | 脱原発へ!放射能汚染と原子力発電
  原発の使用済み燃料から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分場について、政府は先月末、国土の約65%が「好ましい」とする「科学的特性マップ」を公表しました。今後、マップを活用した説明会を全国各地で行い、処分場立地に向けた調査を複数の自治体に申し入れたいとしています。 危険な廃棄物生んだ責任  国と電力会社は、原発利用を推し進め、処理困難な「核のゴミ」を大量に発生させてきました。その . . . 本文を読む
コメント

原水爆禁止科学者集会開く 高知 ― 禁止条約に日本参加を

2017-07-31 | 脱原発へ!放射能汚染と原子力発電
原水爆禁止2017年世界大会・科学者集会が30日、「核兵器禁止条約の締結と核被災者の救済をめざして」をテーマに高知市で開かれ、約100人が参加しました。                                                   (写真)山下氏の報告を聞く参加者                                          &nbs . . . 本文を読む
コメント

最終処分場「適地」公表 ― 社会的合意形成のため原発使用「即ゼロ」こそ

2017-07-29 | 脱原発へ!放射能汚染と原子力発電
 「核のゴミ」の最終処分地候補になりうる全国地図の公表は、「国が前面に立つ」として、政府のエネルギー基本計画(2014年4月)で示された地方への「核のゴミ」押し付けの具体化です。応募自治体を待つ方式では一向に進まないことから、政府があらかじめ「適地」を示し、政府が個別に申し入れる方式に変えました。  政府は公表した地図に基づいて国民の理解を得たいとしています。しかし、国民の間には最終処分場の合意 . . . 本文を読む
コメント

原発売るな動かすな 官邸前反原連  

2017-07-29 | 脱原発へ!放射能汚染と原子力発電
 首都圏反原発連合(反原連)は28日、首相官邸前抗議を行いました。  福島第1原発3号機の内部調査で原発事故の深刻さが改めて浮き彫りになる一方で、日印原子力協定が発効し、原発再稼働・輸出の暴走を強める安倍政権に対し、「原発売るな」「再稼働反対」の声をあげました。  横浜市からきた歌人の男性(57)は「原発の内部調査が行われたが、事故収束は見通せていない。原発が人間の手でコントロールできないこと . . . 本文を読む
コメント

世論に逆らう閣議決定許せぬ ― 原子力利用・考え方

2017-07-27 | 脱原発へ!放射能汚染と原子力発電
 内閣府の原子力委員会が「原子力利用に関する基本的考え方」を決定(20日)し、安倍晋三内閣が、「考え方」を「尊重する」と閣議決定(21日)しました。この夏から開始される「エネルギー基本計画」改定作業などに反映されるとみられます。「考え方」は、「原子力発電所の再稼働及び安定的な利用に取り組むことが必要」とするもので、再稼働反対、原発ゼロの日本を求める国民世論に真っ向から逆らうものです。 再稼働と安 . . . 本文を読む
コメント

***** お 知 ら せ *****

[ 行事・企画] [ 定例生活相談] [ 南区の住民運動]
[放射能汚染と原子力発電]
それぞれをクリックすると内容を見ることができます。