日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

韓国の文在寅大統領に志位委員長が祝辞

2017-05-13 | 諸外国との外交
  日本共産党の志位和夫委員長は11日、韓国の新しい大統領に就任した「共に民主党」の文在寅(ムンジェイン)氏に祝辞を送りました。笠井亮政策委員長・衆院議員が同日、在日韓国大使館を訪れ李俊揆(イジュンギュ)駐日大使、李熙燮(イヒソップ)公使に祝意を伝え、手渡しました。祝辞は以下の通りです。 ◇  大韓民国大統領  文在寅殿  あなたが大韓民国の第19代大統領に就任されたことを、心か . . . 本文を読む
コメント

「軍事的選択肢」評価は危険 ― 対北 安倍首相の姿勢を批判

2017-04-25 | 諸外国との外交
対北 安倍首相の姿勢を批判  日本共産党の小池晃書記局長は24日、国会内で記者会見し、安倍晋三首相が同日午前のトランプ米大統領との電話会談で、北朝鮮に対し「全ての選択肢がテーブルの上にあることを言葉と行動で示すトランプ氏の姿勢を高く評価した」としていることについて、「軍事力の行使を含む選択肢があるというトランプ政権の姿勢を高く評価するもので、大変問題だ」と批判しました。 ( . . . 本文を読む
コメント

北朝鮮問題 軍事的対応は危険 ― NHK討論 

2017-04-24 | 諸外国との外交
 日本共産党の笠井亮政策委員長は23日、NHK番組「日曜討論」に出席し、与野党の政策責任者と討論しました。この中で笠井氏は、北朝鮮情勢をめぐり、トランプ米政権が軍事的圧力と威嚇を強めていることについて「軍事対軍事のエスカレーションで暴発になりかねない」と警告し、「国際社会が一致して対話を通じて平和的・包括的な解決を図ることが大事になっている」と語りました。  笠井氏は、北朝鮮の核・ミサイル開発に . . . 本文を読む
コメント

米国は軍事的選択肢をとるな──外交交渉のなかで北朝鮮の非核化を

2017-04-20 | 諸外国との外交
                                 &n . . . 本文を読む
コメント

北朝鮮問題―「外交交渉のなかで非核化を迫れ」という提唱について

2017-02-20 | 諸外国との外交
 日本共産党の志位和夫委員長は19日、NHK番組「日曜討論」終了後、記者団が、「(志位氏は)NHK討論のなかで北朝鮮問題の対応について『外交交渉のなかで北朝鮮に非核化を迫れ』『それしか選択肢はない』と発言された。この意味と、こうした外交交渉をどういう形で訴えていくのか」と質問したのに対して、次のように答えました。 先制攻撃などの軍事力行使の選択肢は絶対にとってはならない――1994年の経験か . . . 本文を読む
コメント

日ロ領土問題 交渉方針の再検討を ― 戦後処理の不公正ただせ 衆院予算委

2017-02-04 | 諸外国との外交
 日本共産党の畠山和也議員は3日の衆院予算委員会で、日ロ領土問題に対する安倍晋三首相の外交姿勢をただし、戦後処理の不公正にメスを入れる交渉へ転換するよう迫りました。(論戦ハイライト)  畠山氏は、ロシアのプーチン大統領が昨年12月の日ロ首脳会談後の共同記者会見で、ヤルタ協定を根拠に「1945年の戦争ののち……『南クリル列島』(南千島)の島々をも取り戻した」と述べている . . . 本文を読む
コメント

「日米同盟第一」から対等・平等の関係に ― NHK日曜討論

2017-01-29 | 諸外国との外交
 日本共産党の笠井亮政策委員長は29日のNHK日曜討論で、与野党の政策責任者と討論しました。  「米国第一」を掲げ対日要求を強める姿勢の米トランプ新政権に対する対応が議論となり、自民・茂木敏充政調会長は「日米の同盟、絆を再確認して、さまざまな分野で日米関係を深化させていく」と表明。新政権がねらう日米自由貿易協定(FTA)交渉についても「排除しない」とし、「広い範囲でどう協力できるか議論していく」 . . . 本文を読む
コメント

トランプ米新大統領の就任にあたって

2017-01-26 | 諸外国との外交
一、トランプ米国新大統領は、就任演説で、「この瞬間から『米国第一』となる」とのべ、「貿易、税金、移民、外交」などのすべてでこの立場を貫くと宣言した。  世界最大の超大国であるアメリカのリーダーが、あらゆる問題で、「米国第一」と宣言することは、「すべての加盟国の主権平等の原則に基礎」をおく国連憲章の精神にも背いて、世界各国に米国政府の立場を強要する、いっそうあからさまな覇権主義的政策を強めるのでは . . . 本文を読む
コメント

志位委員長が程・中国大使と会談 ― 国際問題について、中国共産党の立場を

2017-01-14 | 諸外国との外交
 日本共産党の志位和夫委員長は12日、党本部で中国の程永華駐日大使の訪問を受け、会談しました。  程大使は、日本共産党第27回党大会決議案にあるいくつかの国際問題について、中国共産党の立場をのべました。それらについて、志位委員長は日本共産党の見解と立場を詳しく説明し、その内容を本国に伝えるよう要請しました。大使は伝えると応じました。  会談には、日本側から緒方靖夫副委員長、森原公敏国際委員会副 . . . 本文を読む
コメント

対ロ、対米、対中―“安倍外交”を根本から問う

2016-12-19 | 諸外国との外交
 日本共産党の志位和夫委員長は、18日放送のNHK日曜討論で、日ロ首脳会談(15、16両日)をはじめ安倍政権の外交をめぐって各党の代表と議論を交わしました。 日ロ首脳会談 大変だらしのない外交――ロシアが「領土問題は存在しない」と言うもとで、領土問題を脇に置けば一歩も前進しない  司会の島田敏男氏は日ロ首脳会談が「経済分野での関係強化が先行」し、「懸案の北方領土問題の解決と日ロ平和条約の . . . 本文を読む
コメント

***** お 知 ら せ *****

[ 行事・企画] [ 定例生活相談] [ 南区の住民運動]
[放射能汚染と原子力発電]
それぞれをクリックすると内容を見ることができます。