日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

国連安保理 「緊張緩和へ自制を」 ― 北朝鮮情勢 事務総長、各国に要請

2017-04-30 | 国際ニュース・世界情勢
 国連のグテレス事務総長は28日、国連安全保障理事会で開かれた北朝鮮の核兵器開発問題を協議する閣僚級会合で、北朝鮮の挑発行為と日米韓の軍事演習によって緊張が高まる北東アジア情勢を念頭に、「国際社会は緊張関係を管理し、緩和する取り組みを強めなければならない」と、各国に自制を求めました。協議を通じ、北朝鮮に対する制裁と対話の進め方をめぐって米中間の隔たりも浮き彫りになりました。  グテレス氏は、北朝 . . . 本文を読む
コメント

沖縄・辺野古で県民集会に3000人 - “あの日”を忘れない

2017-04-30 | 安保・沖縄を問う!アメリカの占領下か!
 米軍新基地建設工事に伴う護岸工事の強行などに抗議する「辺野古新基地建設阻止!共謀罪廃案!4・28屈辱の日を忘れない県民集会」(同実行委員会主催)が29日、沖縄県名護市辺野古の米海兵隊キャンプ・シュワブゲート前で開かれ、県内各地や県外から約3000人が参加しました。                (写真)がんばろうと唱和する「4・28屈辱の日を忘れない県民集会」の参加者              . . . 本文を読む
コメント

「共謀罪」 メールなどが監視されるシステムが提供? ― スノーデン未公開フィルの衝撃

2017-04-29 | 危険な安倍政権の軍国主義・国民弾圧許すな
 衝撃的です!米ジャーナリストらによるニュースサイトが公開した秘密文書のことです(24日)。  米国最大の諜報(ちょうほう)機関=国家安全保障局(NSA)が日本の情報機関に「エックスキースコア」という監視システムを提供していたことを明記していました  公開したサイトは「インターセプト」。米中央情報局(CIA)の元職員スノーデン氏を取材し、世界中の通信を傍受していたNSAの活動実態を暴露したグリ . . . 本文を読む
コメント

復興相「原発事故」触れず ― 所信表明を批判

2017-04-29 | 脱原発へ!放射能汚染と原子力発電
 衆参の復興特別委員会は28日、吉野正芳復興相に対する質疑を行い、日本共産党の高橋千鶴子衆院議員と岩渕友参院議員が認識をただしました。両議員が、東日本大震災について「東北でよかった」とした今村雅弘前復興相の暴言を厳しく批判し、いまも苦しみが続く被災地の声を突き付けたのに対し、吉野氏は従来の政府答弁から一歩もでない姿勢に終始しました。  暴言について高橋氏は「東北の人間の一人としてどんな言い訳をし . . . 本文を読む
コメント

「森友」音声記録 佐川局長 確認を拒否

2017-04-29 | 嘘とごまかし政治はいずれ崩壊する
 「報道されている音声記録についての確認は控えさせていただきたい」―。「森友学園」の籠池泰典前理事長らが財務省の田村嘉啓国有財産審理室長らと面会した際のものとされる音声記録について、同省の佐川宣寿理財局長からこんな開き直りが飛び出しました。28日の衆院財務金融委員会での日本共産党の宮本徹議員への答弁です。  宮本氏は「これだけ国民が疑念をもっているのに調べようともしない。全体の奉仕者たる公務員に . . . 本文を読む
コメント

鉄道路線廃止に歯止めを ― “市場任せ”から転換

2017-04-29 | 日本共産党は
 日本共産党の笠井亮政策委員長は28日、国会内で会見し、政策提案「鉄道路線廃止に歯止めをかけ、住民の足と地方再生の基盤を守るために―国が全国の鉄道網を維持し、未来に引き継ぐために責任を果たす」を発表しました。調査などに取り組んできた関係国会議員が同席しました。  鉄道路線廃止が相次ぐ根本には、国鉄分割民営化による“市場任せ”があります。これを転換し、国が路線維持に取り組む . . . 本文を読む
コメント

対北朝鮮 被害想定が警告する軍事力行使の危険性

2017-04-29 | 国際ニュース・世界情勢
 核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対して、トランプ米政権は「全ての選択肢がテーブルの上にある」として軍事力行使も排除していません。安倍晋三首相らは「評価」すると述べ、歓迎の姿勢すら表明。しかし多くの人々が、仮に朝鮮半島で戦争が起きれば、破滅的な結果をもたらすと警告しています。 全面戦争の選択肢も  1994年、当時のクリントン米政権が、先制攻撃も含む軍事的選択肢を検討しました。  元ワシント . . . 本文を読む
コメント

翁長知事 政府の態度を批判 ― 当事者能力を持ちえず

2017-04-29 | 日本共産党は広範な組織や団体・市民と連携
 沖縄県の翁長知事は28日の記者会見で、昨年のオスプレイ墜落事故後も原因究明がないまま6日で飛行再開したことなどに触れ、「すべてにわたって、日本政府が当事者能力を持ちえず、物事が進んでいく意味で沖縄基地問題が変わっていない。こういう悲しい出来事がまた起こりうる」と警鐘を鳴らしました。  この日はサンフランシスコ講和条約が発効し沖縄が本土から切り離され米統治下におかれた「屈辱の日」。2013年に政 . . . 本文を読む
コメント

自治体の臨時職員待遇 ― 任用空白の解消を

2017-04-29 | 人権・生存権・労働者の権利を守ろう
 日本共産党の田村貴昭議員は20日の衆院総務委員会で、福岡県の臨時保育士の事例をもとに、地方自治体の臨時・非常勤職員の「任用の空白」解消と待遇の改善を求めました。  多くの地方自治体では、非正規職員の再任用の際に一定期間働けなくする「空白期間」を設けています。田村氏は、総務省の実態調査で、空白期間を設ける理由として「継続任用と見られないため」との回答が最も多かったと指摘し、空白期間の解消を求めま . . . 本文を読む
コメント

経済制裁の強化と外交的措置の追求 米国の対北朝鮮共同声明に注目

2017-04-28 | 国際ニュース・世界情勢
 日本共産党の志位和夫委員長は27日、国会内で記者会見し、北朝鮮対応をめぐりトランプ米政権が26日に発表した「共同声明」について「内容に注目している」と表明しました。 (写真)記者会見する志位和夫委員長=27日、国会内  トランプ政権は26日、上下両院の全議員を対象に北朝鮮問題に対する政権の方針を説明。その後、ティラーソン国務長官、マティス国防長官、コーツ国 . . . 本文を読む
コメント

***** お 知 ら せ *****

[ 行事・企画] [ 定例生活相談] [ 南区の住民運動]
[放射能汚染と原子力発電]
それぞれをクリックすると内容を見ることができます。