歩き日記

登山道情報・ウォーキングコース情報・愛犬とのウォーキング・生き物・植物・音楽など

紅葉を訪ねてえびの高原池めぐり

2009年10月31日 | Weblog
山の案内 歩き日記

 根子岳に登る予定で計画を練っていたところ、家内から「紅葉を見たいね」と先手を打たれ、「えびの高原」を訪ねた。日曜日、文化の日と地域活動で休めないの根子岳の紅葉は諦めるしかない。残念である。

 8寺30分出発予定であったが、いつもの如く女性陣の準備の遅れで9時30分発となった。出発が遅いので駐車場が空いているかなと心配になる。高千穂河原経由でえびの高原に向かう。今年の紅葉は鮮やかさがいまいちだねと話しながら、何度か車を駐め紅葉を楽しみながらのドライブする。

 

 湯之野登山口、新湯登山口の駐車場は満杯だ。大浪池登山口の近くの道路沿いには車がずらりと並び、登山口駐車場も満杯だ。すごい車の数である。

 11時20分えびの高原に着く。こちらも車だらけで、有料駐車場は渋滞、道路沿いには、車が駐車され狭い1車線状態になって、対向車との離合が大変である。

 山好きは、駐車のマナーを守ることが大事である。交通の支障になるような駐車はやめたい。登山者だけでなく一般観光客そうである。混雑するときは第2駐車場を開放するだが、今回は閉鎖されている。管理事務所の怠慢かと思いながら、昼食場所を求めて車を走らす。



 不動池から露天風呂を過ぎ、小林方面に数キロ下ったところに、広い空き地があったのでおにぎり昼食とする。随行者は家内、娘、ナンシーさん、レットさんだ。男1、女4である。

 昼食の後、女性陣から、えびの高原のお店を散策し足湯に入りたいと言うので、引き返すことにする。有料駐車場から数キロ南の空き地に車を駐め、えびの高原へ歩いて向かう。私は、許可を得て池めぐりをする。

 当然、随行者はレットさんだけである。失敗したこと・・・糞処理スコップを忘れてしまい、レットさんの糞処理で木の枝で穴堀に苦労しtました。浅く埋めたことに反省。m(_ _)m

 池めぐりにコースもたくさんの観光客であふれている。とりあえずは二湖パノラマ展望台へ、六観音池の周辺の鮮やかね紅葉が目に飛び込んでくる。感動!!、レットさんをモデルに撮影し、六観音御池を目指す。今日は時間制約があるので白鳥山には登らない。

 

六観音御池にはたくさんのカメラマンと観光客で混雑している。六観音御池の撮影は2時分以降が良い。今、1時45分、ちょっと早いようだ。韓国岳は霞、池は風で波があり、撮影条件は良くない。 



 六観音池からの帰路、カメラと三脚を背負った、たくさんのカメラマンに出会う。六観音池の混雑ぶりを想像すると、撮影ポイント確保が大変だろうと思いながら六観音池から不動池を経て韓国岳を撮影しながら家族の待つ車に急ぐ。

 

 2時頃、登山道を歩いていると、救急車か、パトロールか、サイレンが聞こえる。小学生が韓国岳で、遭難のニュースを聞き愕然とした。一刻も早く救出されることを切に祈っている。、

コメント   この記事についてブログを書く
« 鞍岳・ツームシ山に登る | トップ | 立冬の正応寺を訪ねる »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事