歩き日記

登山道情報・ウォーキングコース情報・愛犬とのウォーキング・生き物・植物・音楽など

新燃岳噴火で都城市降灰

2011年01月28日 | Weblog
山の案内 歩き日記

 27日/15時41分、1959年以来52年ぶりに爆発的噴火が発生し、南東方向に火山灰が流れ、大量の火山灰が都城市に降灰しました。「ザーザー」と不気味な降灰音が屋根からして瞬く間に都城市は真っ白になりました。28日現在も降灰は続いています。

 画像は27日17時30分頃撮影した小林市内です。

 画像は、28日7時50頃撮影した高原町です。

 画像左は28日、7時30分頃撮影した都城市高崎町です。画像右は28日17時40分頃撮影した高原町です。

 画像左は28日7時20分頃、都城市内の画像です。火山灰の粉塵が舞い上がり視界不良です。画像右は28日7時30分頃の都城市高崎町です。不思議なことに都城市高崎町、西諸県郡高原町、小林市は降灰がなく快適に走れました。

 画像は、28日17時20分頃の都城市内です。27日は、18時頃同じ場所を走ったのですが、暗くて先が見えず、ノロノロ運転で渋滞していました。降灰時の夜の運転は慎重な運転が求められます。

 降灰時に運転すると車の屋根から「ザーザー」と不気味な音が聞こえます。家に帰ると車庫に入れ、すぐに水で洗い流しました。

 桜島の周辺の皆さんの苦労が実感できました。さて今日はどうなることやら。行ってきます。(^_^)

 新燃岳火口ライブ(大浪池) 新燃岳ライブ(猪子石)

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 初登りは高千穂峰(霧島東神... | トップ | 鰐塚山にわにつか渓谷登山口... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事