歩き日記

登山道情報・ウォーキングコース情報・愛犬とのウォーキング・生き物・植物・音楽など

郷愁を誘われる小林市東方の風景

2012年11月27日 | Weblog
  山の案内 歩き日記

 所用で小林市東方を訪れた時、郷愁を誘う風景に出会えましたので、紹介します。郷愁を誘われる、撮影ポイントが、たくさんあったのですが、時間がなく、一枚しか撮影できませんでした。

 村のあちこちに、たわわに赤い柿の実がなっている柿の木があり、昔みたいに柿をちぎり、干し柿にしたり、熟れた柿を食べたり、しないのかなと、思い、ちょっと感傷的になりました。

 同行者から「この柿が猿の餌になり、猿害の一因になっています」と、「里に暮らす猿は、栄養状態が良くなり、通常3~4年に1回の出産が、1~2年に1回になり、死亡率も低くなり、猿の数が増えた」と、聞きました。

コメント   この記事についてブログを書く
« レットさんサービス登山(烏... | トップ | ナポリタンスパゲッティを食... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事