歩き日記

登山道情報・ウォーキングコース情報・愛犬とのウォーキング・生き物・植物・音楽など

都城市高城町(石山観音池・日和城)を歩く

2011年02月26日 | Weblog
山の案内 歩き日記 今日の猫たち 高城町コースの案内 

 久しぶりのウォーキングだ。コースは都城市高城町総合運動公園を起点に石山観音池、リフト山、中池、古墳群、日和城跡、後藤家商家を巡るコースだ。(総歩行距離11.6km・楽歩時間4時間18分(撮影記録・休憩・昼食時間含む)

☆(A)8:27→8:43(B)8:49→9:10(D)9:12→9:15(リフト管理棟)9:22→9:25(E)→9:31(展望台)9:35→9:45(リフト山)10:06→10:20(F)→(D)→10:40(G)10:50→中池→11:08(H)→11:15(J)11:18→11:35(日和城跡)12:03→12:10(高城神社)12:15→伊集院家→12:23(旧後藤商家)12:27→12:45(A)

 総合運動公園は都城市内から30分弱で着く。A地点(総合運動公園)8:10着。運動公園駐車場は中学校テニス大会、その他イベントで沢山の車が駐車していた。

 準備をして8時27分歩行開始。A地点から桜並木の下、降灰をざくざくと踏みしめながら歩く。レットさんも軽快にしっぽをたて歩いている。手づくり故郷賞を平成2年に受賞している。またふるさとの坂道30選にも選ばれている。

 約1.2kmの桜並木を下り登り下るとB地点(石山観音池公園)に着く。石山観音池公園は、桜の名所で、桜が咲く頃は沢山の観光客で賑わう。石山観音池は農業用ため池である。石山旅館に知人がいるので紹介する。

 観音池には沢山のカモメが池面に気持ち良さそうに浮かんでいた。望遠レンズをもってないので、アップ写真は撮影できない。道路沿いには、椿、山茶花、梅が咲いて、春の陽気を感じながら歩く。

 今日は暑くもなく寒くもなく最高の日和だ。公園からC地点(市道)分岐に着く。ここを右折し広域農道を目指す。

 市道沿いには、長いゴーカートコースが工事中であった。C地点から緩やかに下り登るとD地点(広域農道)分岐に着く。この広域農道は朝霧ロードと命名されている。広域農道の歩道を下り平坦になるとリフト乗り場が見える。

 管理棟に立ち寄り「リフトの下を直登したいのですが、良いですか」と聞いたところ「禁止になっていますが、駐車場の端に遊歩道の入口がありますのでそこから登ってください」と親切教えてもらった。

 またゴーカートのことについて、聞いたところ、完成は3月予定で、距離は1kmとのことであった。教えられたとおりE地点からリフト山に登ることにする。山名は勝手にリフト山(さん)と命名する。

 E地点から短く平坦部を歩くと急坂擬木段登りとなる。このコースはアスレチックコースにもなっており、沢山のアスレチックポイントが点在している。

 急坂途中に展望台があるので立ち寄る。霧島連山、都城盆地が一望できる。「最高won!」、擬木段から、ガレ場登山道になるとスライダーと同じコースをしばらく歩く。スライダーと別れ、やや急坂の林の中を歩くとリスト山山頂に着く。

 リスト山山頂には展望場がある。そこに登りお茶タイムとする。展望台からの眺めは絶景だ。都城市内・鹿児島・小林・えびの方面が一望できる。視界が良ければ桜島等の山々が見えるだろう。風景を満喫しリフト停留所行くことにする。

 リフト停留所でリフトに乗り、レットさんと下ろうと思ったが、管理人がいないので諦めて記念撮影し遊歩道を下ることにする。「リフト乗れないよ」「won・・・・・・」

 停留所から、急坂遊歩道を下る、伐採されたススキ原や短い森の中を歩く。道標、目印テープはないので、風景を見ながら勘を頼りに下る。迷う心配はないけどね。(^_^)v

 遊歩道の進路をふさぐ、伐採され倒された竹を取り除きながら歩くと、老人ホームが見えてきた。老人ホームの高い法肩を歩いていると、でかい犬が敷地内を歩いている。慌ててレットを抱き上げる。その犬は、高い法面を軽々と登ってきた。

 目を離さないように暫く対峙し、首輪の名札をみると「ゴン太です。よろしく」と書いてある。思わず笑ってしうまった。「ゴン太お帰り」と言って下るとF地点(広域農道)に着く。ゴン太は法肩で寂しく見送っていた。

 F地点から広域農道を歩く。公園を過ぎると歩道がなくなるので、車に注意して歩こう。 広域農道の長い坂道を下り鞍部に着くと、G地点(中池遊歩道)入口に着く。階段を上り平坦な遊歩道を歩くと、ふれあい橋の分岐に出会う。

 

 ふれあい橋に立ち寄り中池を撮影後、引き返し分岐から階段を下り登ると、遊歩道は、平坦になり駐車場に着く。そこを左折すると市道にでる。

 小池沿いの平坦市道を歩き急坂を登ると、H地点(広域農道)に着く。ここから畑地帯を走る広域農道を下るとI地点に着く。ここからほぼ平坦な狭い農道を歩くとJ地点に着く。

 J地点には、県指定高城古墳・髪長姫像が立っている。畜舎の臭いが強いので髪長姫像を撮影し、J地点から下りK地点(広域農道)へ、ここを下り立喰交差点を右折する。立喰・・・名前がおもしろい。(^_^)

 立喰交差点から県道47号を歩くとN地点(日和城跡・高城郷土資料館)を左折し、狭い坂道を上り裏から日和城跡に着く。

 日和城跡(月山日和城)には高城町郷土資料館のお城がある。ここでパンとゆで卵、リンゴ、コーヒーの昼食タイムだ。熱いコーヒーが旨い。レットさんに補給食を与え、レットさんをモデルに撮影する。城跡を出発し、O地点を右折し次の目的地、高城神社を目指す。

 ※城跡には沢山の記念碑がある。ひとつひとつ由来を調べればおもしろかもね(^o^)

 

 高城神社で高城町名の由来が分かるんでないかと、期待して急坂階段を登ったが、由来の看板もなく期待はずれであった。高城町内には、武家門があり、歴史散策コースになっている。

 その中のひとつが伊集院邸腕木門が見られる。伊集院邸から市道を歩くと、広大な後藤本家屋敷の中には大きな家屋が数戸建っている。何坪あるんだろう?

 後藤本家沿いを歩くとQ地点(県道47号)に着く。ここを曲がってすぐに旧後藤商家に着く。今、「商家ひなまつり」が開催されてる。後藤商家付近には、武家門等の史跡がたくさんあるので史跡巡りをしたらおもいしろいかもね。(^_^)v

 平坦な県道47号の仲町交差点を右折する。レットさん元気がない。苦手なアスファルト舗装歩きだから疲れたのだろう。歩きは遅くなり、時々止まる。

 お疲れレットさんを抱っこし、最後の坂道を上り、桜並木の下りを歩くとA地点(高城総合運動公園)に着く。リスト山にも登れたし、楽しいウォーキングでした。帰りレットさんは鼾をかいて気持ち良さそうに眠っていました。

コメント   この記事についてブログを書く
« レットの近況とリディア、ル... | トップ | えびの高原池めぐりと白鳥山... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事