雲の上には宇宙(そら)

 雪国越後にて、30年ぶりに天体写真に再チャレンジ!

紅(R200SS)勝て!白(VC200L)勝て! 春の銀河対決

2015年06月04日 | 機材
昨年9月、ネットで中古のVC200L反射鏡筒を衝動買いしてしまいました。
ポチッた理由については
 で書いているのですが、
衝動買いしてしまった言い訳けめいたものでした。

あれから早9ケ月間、大変な苦労をして、なんとか春の系外銀河の撮影に使う事ができました。
問題は、もともと同じ口径のR200SSを持っていながら購入した意味があったのかどうか?

そこでVC200Lで撮影した春の銀河を、過去にR200SSで撮影したものと比較してみることに。
果たして、長焦点のVC200Lの優位性が確認できるのかどうか? 


比較用画像は、銀河部分を切り出したものです。
各画像クリックで全体画像を表示します。(元画像の25%サイズで表示)

NGC 2903 (しし座)
銀河の細部の描写は、長焦点のVC200L の方が有利か?

M81 & M82 (おおぐま座)
VC200L の方はISO800では露光時間が不足しています

M109 (おおぐま座)
星像はVC200Lの方が小さいが、淡い部分の写りは・・

M106 (りょうけん座)
VC200Lの方が焦点距離は短いが ISO800では、露光時間が不足している

マルカリアンチェーン (おとめ座)
撮影時の空の条件はVC200Lの方が良好でした

NGC 4565 (かみのけ座)
純正エクステンダーを付けたR200SSの方も なかなか健闘しています。

M63 ひまわり銀河 (りょうけん座)
星像はVC200Lの方が鋭いが、R200SS+純正エクステンダーも健闘

M 51 子持ち銀河 (りょうけん座)
周辺部の収差は大きいが、銀河部分はR200SS+純正エクステンダーも大健闘では

M101 車輪銀河 (おおぐま座)
周辺部の流れが無ければ、R200SS+純正エクステンダーが一番のように思えます

撮影鏡筒以外の共通DATA: Cooled 60D ガイド鏡GS-60S タカハシEM-200USD PHDまたはPHD2 Guiding ステライメージ7 

皆さんの判定はどちらに上がったでしょう?

メジャーな春の銀河で比較しましたが、撮影時の空の条件やガイドの良否によっても
大きな影響が出ます。
今回はVC200Lにレデューサーを装着したための劣化もあるかも知れません。
別の機会にレデューサー無し画像での比較もやってみたいと思います。


================================================
この8月にビクセンからR200SS用の
新型コマコレクターが発売になるようです。
価格が本体鏡筒価格の約半分であること、
既に他社のコマコレクタ(MPCC)も持っている事から
どうするか悩んでしまいます。
それより、現在販売中止の純正エクステンダーの
収差が改善されたものがあれば、VC200Lは購入しなくて済んだかも・・

500本を超えるこれまでの全記事リストは、 こちら から。
雲上くもがみ
ブログランキング参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ ←いつもポチッとありがとうございます。
にほんブログ村

==========================================

コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 5月の庭に咲いた勝手連の花たち | トップ | ひぃらいた、ひぃらいた 土... »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (びっけパパ)
2015-06-04 08:23:48
どれもこれも惚れ惚れみてしまいました。
紅組も白組も素晴らしいです。
しいていえば紅組+純正エクステンダーでしょうか。
空の状態や露光条件が違うので一概には比較できないのでしょうけど。
Unknown (テナー)
2015-06-04 12:58:05
こんにちは
紅白銀河対決とは無謀なというか紅白つけ難い
企画と拝見する前は思っていました、が・・・・
拝見しポイントを付けてみるとまさかの7対2・・・・
身贔屓ポイントも入れてR200SSにポイントが集中してしまいました。
改めて長時間露光の効果、エクステンダーの装着効果をこの対決で感じ取る
事が出来、逆に感謝です。
VC200Lのクオリティを探り良質の画像をこれからも見せて下さい。
独断と、身贔屓に凝り固まったコメントとしてご容赦を!
ツツジとサツキ (さすけ)
2015-06-04 13:08:59
さすけにとってはツツジとサツキです。両方ともきれい。けど違いはわかりません(^。^)。
比較するにも気象条件(シーイングなど)、時間帯(薄明など)の違いもありますもんね。
でも撮影対象はまだまだありそうです。どちらでも構わないのでどんどん撮って下さ~い。




R200SSの汎用性が際立つ (雲上(くもがみ))
2015-06-04 14:32:27
びっけパパさん こんにちは。
こうやって比べて見るとせっかく追加購入したVC200Lの画像の優位性が
今一はっきりと見えてきません。(ちょっと残念)
その点、R200SSの汎用性(短焦点からエクステンダーを付けての長焦点まで)が際立ちます。
VC200Lの特性を引き出すには、ブレを含めたシビアな追尾が求められそうです。
VC200Lは眠れる○○ ? (雲上(くもがみ))
2015-06-04 14:43:39
テナーさんもお持ちのR200SSの汎用性が評価される結果になったのでは。
残念ながら純正エクステンダーは現在販売中止なのですが、
周辺部の流れがあってもその分中心部の切れ味はグッドです。
ほんと、コマコレクタよりエクステンダーの新型が発売されるといいのに。
でもこのままVC200Lを”眠れる○○”にしておくのは惜しい。
R200SSにも出番がきた (雲上(くもがみ))
2015-06-04 14:57:22
さすけさん わたしも正直なところずっと見比べていると
明確な優劣はつけにくいです。
ただ あえて同じ口径のものをポチった以上、
VC200Lには明確なちがいを見せて欲しかった。
これからは夏物の星雲シーズンになってきますので、
R200SSも登場してきます。
月の比較 (さすけ)
2015-06-04 17:42:08
月の比較もして下さい(^。^)。
どう撮って、どう処理したか、も重要なんでしょうね。比較ってむつかしいですよ、やっぱり。
■R200SS
http://u999u.info/lutc
■VC200L
http://u999u.info/lutn

追伸:
R200SSの記事にコメントがないのが・・・。去年の8月以降はコメント0はありません。だってさすけが入り浸ってるから。そのかわりコメントの品質が落ちている(゜_゜;)。
コメント歓迎 (雲上(くもがみ))
2015-06-04 18:48:13
さすけさん ご要望に応えて
月のほかにも土星とか星雲とかも比較して見る予定です。
VC200Lにもいいところが見つかるといいな。

ブログやってるとコメントないとさみしい。
Unknown (のんた)
2015-06-07 07:59:29
雲上さんおはようございます。
同じくVC200LとR200SSを使っていますので悩みは同じです。こうして比べてみるとR200SSとあまり変わらないですね。日本では1000mmを越える長焦点での撮影は気流や風の影響を受けるためあまり意味がないと亜言われていますが、まさにその通りの結果でしょうか。自分も最近はFの暗いVCは作品にするのが厳しいなあと思っています。その点R200SSはF4と明るく、コレクターPHでは若干ですがさらに明るくなるので楽しみです。(MPCCmark3使っていますが、青の色収差があるようで、ピントの位置が青だけ異なります。そんなことあるかな?)
突き進めべきか、それとも・・ (雲上(くもがみ))
2015-06-07 10:53:46
のんたさん こんにちは。
ポチってしまったVC200Lはまだ半年程度なのですが、
ずいぶん苦労させてもらってます。(笑)
おかげさまでタワみによる流れの他に、ブレの問題まで見えてきました。
たしかに大気の流れはあきらめるしかないのですが、
使っているEM-200USD(これも中古購入)の頃の赤道儀には
モーターの回転ムラがある事がタカハシのHPに書いてありました。
ブレの原因はどうやらこれのようです。
やはりR200SSを主体に戻るか、もしくはVC200Lの能力を発揮させるために
赤道儀の更改につきすすむか悩んでおります。
(MPCCの青の色収差には気がつきませんでした。)

コメントを投稿

機材」カテゴリの最新記事