雲の上には宇宙(そら)

 雪国越後にて、30年ぶりに天体写真に再チャレンジ!

ひぃらいた、ひぃらいた 土星の輪が・・

2015年06月06日 | 天体写真(月・惑星・彗星)
この時期、日が替わる頃に南天の空に顔を見せるさそり座。
今年はさそりの頭の部分が少しにぎやかになっております。

土星のいるさそり座頭部
中央付近の赤い星は アンタレス
DATA: 2015/05/23am 1時20分ころ TAMRON Zoom(f50mmF4) ISO1600 4分×8 KissDX(SEO-SP2) TOAST Pro

先月26日に無謀にも上弦の月の全面動画モザイクを撮影したあと、
デジ一眼をビデオカメラに変えて南中してまもない土星の撮影を行いました。

2015年5月の 土星
( 上が北の方向 )
DATA: 2015/05/26 23時50分ころ VC200L+NLV20mm SONY HDR-CX170 
録画時間2分10秒(950/3,897フレーム)をRegiStack6で処理 タカハシEM-200

月の撮影ではシィーイングはまあまあだったので期待していたのですが・・
低空のためか、ちょっとがっかりな結果でした。
惑星撮影のスキルも録画時間も不足しているようです。

土星の輪がずいぶん開いていますが、2017年に開きは最大になるそうです。
ここ数年、土星は南天にいるため撮影機会は木星に比べて少ないのですが、
調べてみたら2012年からのビデオ画像が残っていました。
ここにきてRegiStack6の処理方法が少し見えてきましたので、処理し直してみました。

撮影年の新しいものから順に遡って掲載します。

2014年 5月
2014/05/10 R200SS+NLV 9mm 録画時間5分24秒(2,400/9,717フレーム) 他は2015と同じ

2013年 5月
2013/05/17 R200SS+NLV 9mm 録画時間1分47秒(1,000/3,222フレーム) 他は2015と同じ

2012年 6月
2012/06/14 R200SS+NLV 9mm 録画時間3分 8秒(1,400/5,637フレーム) 他は2015と同じ

4年間でずいぶん輪がひらいた事がわかります。
処理方法は同じなのに、録画時間の一番短い2013年の画像がもっとも鮮明に見えます。
惑星のような拡大撮影ではいかに空の状態(シィーイング)に左右されるかがわかります。

処理手順は まずVutialDubmodでサイズ変更とAVIファイルに変換します。
サイズ変更は「映像」メニューの「フィルター」で行います。 (HD表示に合わせ、縦・横比率を変えています)

そのあとのRegiStack6の処理画面です。
使用するフレーム数は録画フレームの中からBestな1/3~1/4を目安にしました。

================================================
今回の土星の撮影では長焦点のVC200Lの優位性を
確認することはできませんでした。
むしろ短焦点のR200SSが惑星の拡大撮影でも
十分実用に耐える事がわかります。

500本を超えるこれまでの全記事リストは、 こちら から。
雲上くもがみ
ブログランキング参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ ←いつもポチッとありがとうございます。
にほんブログ村

==========================================

コメント (12)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 紅(R200SS)勝て!白(VC200L)... | トップ | 星雲&長焦点対決 紅(R200SS... »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
並べて鑑賞 (さすけ)
2015-06-06 09:01:37
「土星のいるさそり座頭部」、左下に猫の手も見えます。ここら辺が明るく見えるのは市街地の光害(ひかりがい、って言うみたいですね)でしょうか。
前回記事もそうですが、過去のものと比較して並べてもらうとおもしろいです。いつもは検索で過去のものを探して「さすけはR200ssがいいかな」とやっています。600記事もあるので「このブログ内の検索」に助けられてます。
土星、カッシーニの間隙?までみれるんだからすごいですよね。星のふるさと館にいるIさんが「館の望遠鏡でカッシーニが見えた」と言っていたのを思い出しました。やっぱり写真てすごい。
こちらカッシーニ! (山口のじぃ)
2015-06-06 09:04:28
ここまで御開帳されてたんですねぇ。
こらカブリ付きで見に・・・いや撮らなアカン!
ハッハハハッハハ!!
私は先入観か、2012年ぐらいの開き加減がしっくりきます。
でも動画撮影苦手やからなぁ。雲上さんの御開帳画像見て、満足しますぅ。
口径65㎝で見てみたい (雲上(くもがみ))
2015-06-06 10:01:21
さすけさんの言われるとおり、画像の左下あたりが
高速のI/Cや市街地のあかりでカブっています。
わたしは「星のふるさと館」の65㎝で土星や木星を見た事はないのですが、
大口径でも空気のゆらぎで実力が発揮できないのでしょうね。
カッシーニの間隙はRegistaxの処理画面でわかるように、
処理前のビデオ画像でははっきりわかりません。

土星の輪を見て・・ (雲上(くもがみ))
2015-06-06 10:09:23
山口のじぃさま 最近体調はいかがですか?
当方もここにきて
 「土星の輪を見て歳月の過ぎたるを知る」
の心境になってきております。
身体の動くうちにもう少し頑張らなくちゃ。
Unknown (おりおん)
2015-06-06 16:34:20
土星が見頃、撮り頃ですねー。
私はもう撮ることがないと思うので、たっぷり拝見させていただきました。
ええ、綺麗に撮る自信がないんですよ(笑)

こうして見ると、開き具合がよくわかりますね。
2017年が最大なんですね。
今夜は大阪は快晴でして、ちょうど天文台で「土星観察会」があるんです。
木星、金星も見頃なので忙しくなりそうです。
まもなく出勤、行ってきま〜す。
おでかけですかぁ (雲上(くもがみ))
2015-06-06 18:31:35
おりおんさん これから出勤って?夜勤勤務とかされてたんでしたっけ。
それともまだ月の出が早いので撮影でないとすると、
観察会のお手伝いですか。ごくろうさまです。

もうずっと直接望遠鏡をのぞいてないですね。
今回の土星もビデオカメラのモニタごしでしか見ていません。(笑)

Unknown (テナー)
2015-06-06 18:44:49
こんにちは
惑星はシーイングが一番の条件でしょうか!
最大のご開帳時期なので一度は見るか撮るかしておきたい
ですね。
15年周期だと次のご開帳は無理かも!
せめて輪っかの無くなる頃までは夜遊び続けたいですね。
輪っかが見えなくなるのは・・ (雲上(くもがみ))
2015-06-06 21:34:42
テナーさん こんばんは。
月もそうですが、すごい惑星写真を撮る人はシィーングの
良い夜をひたすら待つのでしょうね。
次の輪っかが見えなくなるのは・・10年後くらいですか。
わぁ、そのころまで頑張れるか自信ないなぁ。
Unknown (びっけパパ)
2015-06-07 12:24:03
輪が開くと土星らしい姿になりますね。
2017年が最大ということはしばらくは見頃ですね。
数年前、輪が見えなくなった時にはさみしかったです。
惑星はRegiStaxなんですよね。
うまく使えないんで敬遠気味です。
ま、他のソフトも使いこなせているのかと言われると。。。
開きすぎという意見も (雲上(くもがみ))
2015-06-07 13:34:07
びっけパパさん こんにちは。
惑星の中でも土星は輪があるから特別なんでしょうね。
RegiStackは私も苦手だったんですが、
いきなり惑星写真のベテランの方の設定をまねて混乱していたようです。
最近、デフォルト設定から始めたらそれなりの画像が得られるようになりました。
とりあえずデフォルト設定でお試しを。

コメントを投稿

天体写真(月・惑星・彗星)」カテゴリの最新記事