雲の上には宇宙(そら)

 雪国越後にて、30年ぶりに天体写真に再チャレンジ!

さらば火星、たっぷり別れの3時間(10月27日)

2020年10月29日 | 天体写真(月・惑星・彗星)
地球が火星を追い越した最接近の日は10月6日。
その一週間前の9月29日(am)に撮る事はできたのですが、
最接近前後は晴れなかったため撮る事はできませんでした。
最接近から2週間たってやっと晴れてくれたのですが、
新月期だったので、星雲・系外銀河を優先して撮影。

そして27日夜に、遠ざかる火星撮影のチャンスが訪れました。

この夜の予報では19時ころから24時ころまでは雲が切れそうで、
月齢10を過ぎた明るい月があるため星雲・系外銀河の撮影は無理。
火星が南中するのは22時半頃なので それまで木星、土星、月を動画撮影。

火星の動画撮影は、南中する20分前から開始しました。
運よく予報より雲が出るのが遅かったため、1時ころまで撮影を続けられました。

ほぼ10分間隔で3分間の動画撮影を処理した画像です。

最接近から3週間後の火星
撮影DATA:2020/10/27 20:07’~25:03’ 3分録画 ×18 VixenVC200L Explore Scientific 3x フォーカルエクステンダー
ZWO ADC1.25" 大気分散プリズム ZWO ASI 224MC タカハシ EM200Temma2M赤道儀




今回も上の画像でGIFアニメを作成しました。
火星の自転3時間分です ↓
左下の白点は南極冠です
(注1)時々画像がボケるのは薄雲通貨のため・・・・・・
(注2)途中でADCを取り付けたため画像の回転角が変化
10/30 22:25 画像の回転角を補正した画像に差し替え

参考に今回の3時間分の画像で見える火星の地名です。
撮影開始時 ↓
撮影終了時 ↓

00時25分ころの撮影風景です。
少し薄雲が見えますが、このあと雲が広がって1時を過ぎた頃に撤収しました。

この夜のシィーングは良い方でしたが、画像処理では疑似輪郭が目立ちました。
火星画像の疑似輪郭については「天文ガイド 11月号」にその処理方法が載っていました。
フォトッショップを使う手法だったのですが、私は持っていないので
手持ちのペイントソフトでもっと簡単にやってみました。

編集後記の後にその手順を載せておきましたので、興味のある方はご覧ください。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
惑星画像の疑似輪郭について天文ガイドの記事によると
原因は光の回析現象によるもので、すでに撮影画像に写り込んでいるとの事。
私は画像処理の段階で発生しているものだと思ってました。
画像処理でより目立つようになるという事のようです。

地球は火星に2年2ヶ月ごとに近づきますが、
この後5回の接近では次回の視直径17.2秒角が最高で、
もう”最接近”と騒がれることはずっと無いでしょう。
( この夜の視直径は20.8秒角 )
70代のわたしにとっては まさに「さらば火星」です。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へにほんブログ村
いつもポチッとありがとうございます。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

わたしの 火星画像 疑似輪郭 補正手順

私が使ったのは〇十年前に買った PaintShopPro です。
今回 天文ガイドの記事を参考に考え出したシンプルな方法です。

手順1RegiStaxのウェーブレット処理で疑似輪郭の発生した画像と
ウェーブレット処理前の画像を用意
最初は軽めのウェーブレット処理の画像を使いましたが、処理なしの方が効果大

手順2ウェーブレットなし画像 を円形で部分選択
( 選択範囲をボカして選択すること )

手順3)選択範囲を反転してから、コピー

手順4疑似輪郭の発生している画像貼り付け
( 画像全体の範囲が合うように貼り付け位置を調整 )

手順5)画像範囲がぴったし合えば完成

以上です
コメント (2)

「一期一会」の気持ちで、さんかく座 M33銀河

2020年10月26日 | 天体写真(系外銀河)
前回記事の編集後記にも書いたのですが、
70代に入ったことから「天体写真」撮影に対する考え方を少し変えてみました。

これまでは 滅多に星が見れない越後の空だけに、
たまに晴れたときには 一晩にできるだけ多くの対象を撮って
ブログ記事用の画像をストックする というものでした。
多いときには一晩に4から5タイトル、当然一つの撮影対象にかける露光時間は限られる訳で、
メジャーな対象を中心に毎年同じように繰り返し撮ってきました。

70代に入って、「庭撮り」とは言え この先あと何夜徹夜で撮影ができるのか?
(「防犯灯隠し箱」をかぶせるために いつまで電柱に上れるのか?)
を考えた時
どうせ撮るなら この対象は「今回が最後」くらいの気持ちで撮影すべきではないかと。

そんな「一期一会」の気持ちで、
可能な限り一タイトルの露光時間を増やして撮った さんかく座 M33銀河 です。

M33 銀河  (さんかく座)  
M33(NGC 598):距離 300万光年 視等級 5.7等級  視直径 73’×45’ 渦巻銀河 
( 画像クリックで 元画像の30%サイズで表示します )
( ほぼノートリミング 上方向が 北 になります )
撮影DATA : 2020/10/ 20 23:06’~  Vixen VC200L+レデューサーHD(合成f=1,386mm)
露出 10分 × 16枚 + 分 × 枚 ISO 6400 LPS-D1 EOS 6D (HKIR改造)
タカハシ EM-200 Temma2M マイクロガイドスコープ 60 ToupCam ステラショット2
ガイドが暴れた画像があったため10分露光は合計21枚、3時ころまで約4時間かけて撮影

トリミングで銀河部分をクローズアップした画像です。 ↓

この夜は早い時間はモヤがあったものの、日が替わった頃から次第に透明度が良くなりました。

0時を過ぎた頃の おりおんショット(撮影中の空)です。 ↓
( 画像クリックで星座名を表示します )
固定撮影30秒×6枚コンポジット処理
ちょうどM33の撮影開始したころに火星が南中していました。
最接近から2週間を過ぎた火星も気になったのですが、二兎を追う事はやめました。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
「一期一会」撮影の総露光時間の目安は3時間にしているのですが、
その結果 一晩に撮れる対象は2タイトルくらいになります。
また南天低い対象では3時間の露光は無理でしょう。
そんな場合は 何夜かに分けて撮影する事になるのですが、
越後の空はそんなに甘くない・・

いま我が家の庭で咲いているのは 夏の暑さを生き延びたリンドウ です

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へにほんブログ村
いつもポチッとありがとうございます。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
コメント (2)

”まゆ”というより、酸味ただよう「うめぼし」星雲

2020年10月23日 | 天体写真(星雲・星団)
9月に続き 10月の新月期も撮れずに終わるかとあきらめていたところ、
18日には 日が替わる夜半前まで晴れてくれました。
( その夜に撮った 網状星雲・東側前回記事 を参照 )
さらに一日おいて20日には 夕方から徐々に雲が切れて朝まで晴れてくれました。

この夜も早々設営を終えて、早い時間から撮影を開始しました。

IC 5146 まゆ星雲  (はくちょう座)  
IC5146 まゆ星雲:距離 3300光年 視等級 7等級  視直径 12’ 反射・輝線星雲 
( 画像クリックで 元画像の25%サイズで表示します )
( ほぼノートリミング 上方向が 北 になります )
撮影DATA : 2020/10/ 20 19:07’~  Vixen VC200L+レデューサーHD(合成f=1,386mm)
露出 10分 × 16枚 + 分 × 枚 ISO 6400 LPS-D1 EOS 6D (HKIR改造)
タカハシ EM-200 Temma2M マイクロガイドスコープ 60 ToupCam ステラショット2

星雲部分をトリミングしてみました。 ↓
( 縮小率50% )
”まゆ” というと、蚕(かいこ)のまゆ の形が頭に浮かのですが 色合いを含めて 和名はやはり「うめぼし」では?

今回の撮影開始時刻は19時07分。(この夜の薄明終了は18時30分)
撮影画像の canon Digital Photo Professional 4 のヒストグラムです。


10分露光の1枚目と19枚目を比較すると、
深夜前でも3時間で徐々に空が暗くなっている事がわかります。 ←(灯火の影響)
それでもヒストグラムのピークが背景の空の明るさであることを考えると
明らかな露光オーバーで、
星の色にいたってはすべて白く飛んじゃうと思って2分露光も加えています。
ただcanon DPPの「ガンマ調整」でのヒストグラムを見ると
RAWモードなら諧調幅にまだ余裕があるようにも見えます。
10分露光の1枚目 をDPPの「ガンマ調整」で「リニア」を選択して表示

この夜21時少し前の おりおんショット(撮影中の空)です。
( 画像クリックで星座名を表示します )
30秒固定撮影 6枚をコンポジット処理

次回は この夜のメインタイトル さんかく座 M33銀河 の予定です。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
まもなく天体写真を再開して10年目に入ろうとしています。
同じころに天体写真ブログを始めているのですが、
ここにきて撮影に対する考え方を変えてみようと思っています。
これまではたまに晴れたときは たくさん撮ってブログのストック画像に。
その結果、毎年同じようなものを繰り返し撮ってきました。
70代に入った今、この先の事を考えると・・
”繰り返し”ではなく、この対象はもう撮らなくていいくらいの
一期一会」の気持ちで行こうと・・
要は 一タイトルあたりの露光時間を増やそう という事なんですけどね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へにほんブログ村
いつもポチッとありがとうございます。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
コメント

もう「竜頭蛇尾」とは 呼ばない網状星雲(東側)

2020年10月20日 | 天体写真(星雲・星団)
10月の新月期も撮れずに終わると思っていたのですが・・

新月を1日過ぎた18日夜のSCW雲予報はスリリングなものでした。
夕方は雲なしなのですが 23時ころには西から槍のような雲が ↓
この後は全天雲に覆われるというパターンなのですが、
流れてくる雲の南北ズレにより、撮れる時間か大きく変化します。

それならばできるだけ早く撮影を開始すれば1タイトルは撮れるだろうと、
早い時間に設営を終えて、
電柱にも明るいうちに上って「防犯灯隠し箱」をかぶせておきました。


その結果、夕飯前の18時44分には撮影開始。
そんな早い時間で空は大丈夫か?なのですが、この夜の薄明の終わりは18時34分。
ただ灯火の影響はひどいはずなので、1タイトルを時間の限り撮る作戦で。

結局 予報より早い22時を過ぎたころにガイド星が突然消えて撤収しました。

この夜の唯一の成果です。
NGC 6992 網状星雲 東側  (はくちょう座)  
NGC6992:距離 1600光年 視等級 8等級  視直径 60’ 散光星雲(超新星残骸) 
( 画像クリックで 元画像の30%サイズで表示します )
( ほぼノートリミング 上方向が 北 になります )
撮影DATA : 2020/10/ 18 18:44’~  Vixen VC200L+レデューサーHD(合成f=1,386mm)
露出 10分 × 17枚 + 分 × 枚 ISO 6400 LPS-D1 EOS 6D (HKIR改造)
タカハシ EM-200 Temma2M マイクロガイドスコープ 60 ToupCam ステラショット2
網状星雲の東側を単独で撮ったのは3年ぶりでした

網状星雲・西側(NGC6960) には「魔女のほうき星雲」というニックネームがあるそうですが、
この東側についてはあまり聞かないので 以前『竜頭蛇尾星雲』と呼んだ事があります。
ただ今回は露光時間を稼いだせいでこれまで以上に細部が写りました。
その結果”蛇尾(ダビ)”というより、”蝦(エビ)の尾”のイメージに見えてきました。

竜の頭 部分
( 画像クリックで元画像の50%サイズで表示します )

私には 蝦(エビ)の尻尾 に見える部分

早い時間なので、団地内につき灯火対策は必須です。
 A・・今年引っ越してこられたお向かいさん用遮蔽パネル B・・お隣さんの玄関灯用  C・・近くの公園の防犯灯用

20時半頃の おりおんショット(ただいま撮影中の空)です。
( 画像クリックで星座名を表示します )
(注)肉眼でこう見えるわけではありません。( 固定撮影 60秒露光×6枚コンポジット処理 )

一日おいた今夜(20日)は一晩中晴れる予報が出ています。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
もう火星は離れつつあります。
この夜も予報が外れれば火星も・・と思っていたのですが、
撮影機材を取り換える時間ロス。
導入・ピント合わせの時間ロス。
あげくにシィーング不良だったらと考えると・・
滅多に晴れない越後の空だけにリスクは避けたいのが本音。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へにほんブログ村
いつもポチッとありがとうございます。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
コメント (2)

「星の文化祭」展示写真、今年は早々プリント完了

2020年10月15日 | 天体写真よろず話
今年も上越清里 星のふるさと館主催の「星の文化祭」が近づいてきました。

第10回 星の文化祭
10月31日(土)~11月16日(日)
詳細はこちら → 星のふるさと館 HP

先月末に ふるさと館スタッフのHさんから今年も写真展示の依頼をいただいていました。
私は 「星の文化祭」は 第1回から参加しており、今年で連続10年目になります。

本来なら写真締め切りまでひと月あるので、
10月の新月期に傑作を撮って・・もあったのですが、
まったく撮れそうな気配がないので
早々にあきらめてプリントに取りかかりました。

今年の越後は例年にも増して雲が多く、星が撮れた夜は月平均一夜あるかどうか。
それでも今年は「天文ガイド ・ビギナーの部」 に2回入選したこともあり、
なんとか かき集めて合計で大小11枚のパネルを作成しました。

↑ 昼間に仏間に並べたのですが パネル表面への写りこみがひどく、障子窓を新聞紙で覆って撮影

星のふるさと館 の展示でも ”写りこみ” が悩みの種です。 ↓
展示会場の2階の学習室です (昨年の私の展示コーナー)

以下、今年の展示写真をパネルサイズ別に紹介します。

■ A2 パネル ■
(A3用紙上下2枚に分けてプリントし、アルミテープで貼り合わせ)

(左) ・スーパームーン2020 [ 2020/ 4/ 7 撮影 ]  *天文ガイド7月号 ビギナーの部 初入選
(右) ・部分日食 [ 2020/ 6/21 撮影 ]  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ A3ノビ 額縁 ■
( 写り込みがひどかったので、画像部分をはめ込み合成しています )
(上段 左) ・網状星雲(西側) [ 2020/ 8/19 撮影 ]  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(上段 中) ・いて座の三つ子星雲 [ 2020/ 5/29am 撮影 ]  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(上段 右) ・M81 & M82 [ 2020/ 3/18 撮影 ]  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(下段 左) ・M16わし星雲 [ 2020/ 8/19 撮影 ]  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(下段 右) ・M20 三裂星雲 [ 2020/ 8/19 撮影 ]  *天文ガイド11月号 ビギナーの部 2回目入選

■ A3 パネル ■
( 写り込みがひどかったので、画像部分をはめ込み合成しています )
下段 左から
ヒッパルス谷周辺(月齢10.1) [ 2020/ 4/ 3 撮影 ] ・・・・・・・
同一夜の三惑星(動画処理の効果) [ 2020/ 9/23 撮影 ] ・・・・
去り行くネオワイズ彗星(C/2020 F3) [ 2020/ 8/ 1 撮影 ]
M51 子持ち銀河 [ 2020/ 4/ 14 撮影 ] ・・・・・・

新月期に入っていますが 今月もまったく撮れないので、画像のはめ込み合成で時間つぶし。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今夜の予報はずっと薄雲ありだったのですが、
それでも夕方の雲の様子が気になってチェック。
秋らしいと言えば秋らしい雲?
庭撮りですが あきらめて機材の設営はしませんでした。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へにほんブログ村
いつもポチッとありがとうございます。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
コメント (2)

ランキング参加してます

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

応援(クリック)してね


天体写真 ブログランキングへ