雲の上には宇宙(そら)

 雪国越後にて、30年ぶりに天体写真に再チャレンジ!

NGC4565”針”銀河(かみのけ座) [ステラショット3 再始動]

2024年05月22日 | 天体写真(系外銀河)
今回からはステラシット3アップデータ3.0fインストール後の2夜目の撮影画像になります。

すでにブログ掲載済みの一夜目(5/ 2夜)に続いて、その翌日も晴れてくれました。
この夜(5/ 3夜)の一タイトル目は前夜と同じ おおぐま座の系外銀河NGC2841で、
繊細な銀河の構造を出すための追加露光の意味合いがありました。
撮影画像については前日の撮影分と合わせて画像処理を行ったものを
掲載済みですので省略させていただきます。
2夜分合わせた画像のブログ記事は
こちら → おおぐま座の銀河NGC2841 (再始動! ステラショット3 )

この夜2タイトル目に選んだのは、M(メシエ)No.はついていないものの わたしのお気に入りの かみのけ座のNGC4565
銀河側面から見た細長い姿から”針”(ニードル)銀河の別名があります。
毎年欠かさず撮っている銀河ですが、
今回はステラショット3がZWO社CMOSカメラのカラーバランス問題に対処できたことから
心機一転 撮りなおすことにしました。

 NGC 4565 針 (ニードル) 銀河 (かみのけ座) 
( 元画像の50%縮小で ほとんどトリミングなし )
( 上 が 北 になっています )
撮影DATA : 2024/ 5/ 3 21:57’~ Vixen VC200L(レデユーサーHD) (合成fl=1386㎜)
露出 6分 ×12枚 (総露光時間72分)Gain150  Offset 8 ホワイトバランス(R50%・B50%) LPS-D1フィルター ASI533MC Pro(冷却-10℃)
 タカハシ EM-200 Temma2M  ステラショット3(導入・オートガイド・撮影) ステライメージ9(画像処理)
ダーク・フラット処理は新しく作成し直したものを使っています

ガイドが安定せず 20枚撮影した内の6割しか使えませんでした。
今後(来年以降?)の追加露光に期待して、今回は強めの処理を控えました。

これだけではさみしいので、昨年デジ一眼EOS6Dで一回り広い範囲を撮った画像になります。 ↓
撮影時のブログ記事および撮影DATAは こちら → 月が沈んで、ニードル銀河 NGC4565


撮影時の空の状態がわかる恒例の「只今撮影中ショット」になります。 ↓
( 鏡筒の向いた方角に見える小さなが今回の撮影範囲です )
2024年 5月 3日 22時08分~ Tamron Zoom(fl17mm F2.8)30秒×6枚 ISO1600 
ソフトフィルター使用 kiss DX(SEO-SP2) 三脚固定撮影


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
我が家の”勝手連”の花たちは今アヤメが最盛期で、芍薬(シャクヤク)の華も開きだしました。
大好きな白い芍薬の華、今年は少し小ぶりですが白は二輪咲いてくれました。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へにほんブログ村
いつもポチッとありがとうございます。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

上弦前(月齢6.3)の月・上弦後(月齢9.3)の月

2024年05月19日 | 天体写真(月・惑星・彗星)
まだ今月撮影した系外銀河の画像ストックもあるのですが、
今回は14日と17日夕に撮影した上弦の月 前・後の画像になります。

月の写真はずいぶん久しぶりで、前回ブログ記事に掲載した昨年10月以来になります。
わたしの場合、下弦の月~新月~上弦の月までが ”新月期” で星雲や銀河の撮影を優先しているのですが、
今回は上弦の月前後であっても、この時期は夜が明けるのが早く、
月が沈んでからの撮影はあきらめて早い時間帯に月の撮影だけを行ったものです。

撮影方法は長焦点のVC200L鏡筒とASI533MC ProのCMOSカメラで静止画撮影、
コンポジット・ウェーブレット処理AViStackを使用しています。
月面の揺れが少ないようなら、更にエクステンダーで1.4倍、2倍に拡大して撮影します。
残念ながら上弦の月を挟んだ二夜ともシィーング不良で更なる拡大は断念しました。

まずは 上弦の月前夜
今回は高輝度部の飽和に注意しながらASI533MCのユニティゲインのGain100で撮影しています。
(クリック箇所により北部・南部に分けて 元画像の50%サイズで表示)
撮影DATA : 2024/ 5/ 14 20:26’ Vixen VC200L(合成fl=1,800㎜)
露出0.025秒(1/40秒相当) × 48枚 ×2モザイク Gain100 ASI533MC Pro(冷却0℃) タカハシ EM-200 Temma2M  
ステラショット3(導入・撮影) ステライメージ9(画像変換・トーンカーブ) AviStack(コンポジット・ウェーブレット処理)
マイクロソフト Image Comosite Editor(モザイク結合)

続いて 上弦の月 2日後の月
(クリック箇所により北部・南部に分けて 元画像の50%サイズで表示)
撮影DATA : 2024/ 5/ 17 20:42’ Vixen VC200L(合成fl=1,800㎜)
露出0.02秒(1/50秒相当) × 32枚(北部)・× 28枚(南部) ×2モザイク Gain100 ASI533MC Pro(冷却0℃) タカハシ EM-200 Temma2M  
以下 前の画像と 同じ

前回10月の検証結果から、ASI533MC & AViStackでの撮影および画像処理も効率的に行えるようになったので、
たまには良好なシィーングで、エクステンダーで更なる拡大撮影を行い
2x3モザイクなどで撮れる夜があるといいのですが ・・

結局 重い撮影機材を設営してライブビューで見てからはじめて その夜のシィーングの良否がわかるというのがつらい。
今回は2夜とも5段階評価で”2”というのがわたしの判定でした。


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
日本海側への寒冷渦の通過で風が強い日が続き、
「かたてま野菜」の植え付けが遅れていたのですが
一昨日に日が傾いたころになってようやく植えることができました。
AKIYAMAさんからいただいた26代目の ”宇宙キューリ” もいざ大地に。
宇宙キューリ”は強い日差しが苦手かも?と聞いたので、日除け用に買ってきた いぼなしキューリ の苗も植えました

”宇宙キューリ”と言っても、26代も前の先祖の記憶はもうないでしょうね。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へにほんブログ村
いつもポチッとありがとうございます。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

M16『創造の柱』 南中前撮影に挑戦! [ステラショット3 再始動その4]

2024年05月15日 | 天体写真(星雲・星団)
今回はゴールデンウィークさなかの5月2日夜(正確には3日早朝)に撮った最後の4タイトル目になります。
前回掲載の球状星団M5の撮影を終えたのが2時少し前で、この夜の薄明が始まるのが3時12分。
ずいぶん夜が短くなってきて、残りの時間で何を撮るか悩んだ末に
我が家の「庭撮り」ではほとんど試したことのない、南中前の南天の夏の星雲に挑戦してみました。
狙うは、M16わしイーグル星雲内にある
HST(ハッブル宇宙望遠鏡)の画像で有名になった『創造の柱』です。

記事後半に掲載した恒例の「只今撮影中」ショットを見てもらうとわかるのですが、
我が家の裏口付近の設置場所から南方向には、敷地内に桜の木と電柱が立っており
撮影の重大な妨げとなっております。
M16が家の壁から姿を現し、電柱を通過して薄明が始まるまでに撮影できた総露光時間1時間30分の画像です。

今回も『創造の柱』の等倍切り出し画像から掲載します。 ↓
 『創造の柱』 M16(NGC6611)(へび座) 
この夜はシィーングに恵まれたのか これまででで一番の画像となりました

トリミングなしの全体画像と撮影DATAはこちらになります。
( 元画像の50%縮小でトリミングなし )
( 上 が 北 になっています )
撮影DATA : 2024/ 5/ 3 02:05’~ Vixen VC200L(レデユーサーHD) (合成fl=1386㎜)
露出 6分 ×15枚 (総露光時間90分)Gain150  Offset 8 ホワイトバランス(R50%・B50%) LPS-D1フィルター ASI533MC Pro(冷却-10℃)
 タカハシ EM-200 Temma2M  ステラショット3(導入・オートガイド・撮影) ステライメージ9(画像処理)
ダーク・フラット処理は新しく作成し直したものを使っています

昨年6月に同じCMOSカメラで撮影した『創造の柱』の画像があります。
( 元画像の50%縮小でトリミングなし )
こちらもVC200L鏡筒での撮影ですが、レデューサーなしの長焦点で撮影しています
こちらの画像のブログ記事および撮影DATAは ⇒ 鼻息荒く『創造の柱』に挑んだものの ・・
昨年の記事を読むと、より長焦点にもかかわらず今年の画像に劣るのは 薄雲が最大の原因だったようです。


撮影時の空の状態の他「庭撮り」の環境もわかる恒例の「只今撮影中ショット」になります。 ↓
( 鏡筒の向いた方角に見える小さなが今回の撮影範囲です )
2024年 5月 3日 02時52分~ Tamron Zoom(fl17mm F2.8)30秒×6枚 ISO1600 
ソフトフィルター使用 kiss DX(SEO-SP2) 三脚固定撮影

これまでは、南天の対象を撮るには南中を過ぎて電柱通過後から撮影を行っていました。
ただ今回は夏の星雲が南中する頃には薄明が始まってしまうため、
思い切って南中前からの撮影に挑戦してみました。


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
我が家の「かたてま野菜」今年はぐっとこらえてまだ植え付けていません。
一雨あったので昨日マルチングだけ済ませました。
そんな折に 「星のふるさと館」スタッフでもあられる
AKIYAMAさんが 種から育てた野菜苗を持ってきていただきました。
その中に「宇宙キューリ」なる代物が。
話によると、日本初の女性宇宙飛行士 向井千秋さんが 宇宙で実験に使ったキューリの子孫で
いただいた経過は聞いてないものの、AKIYAMAさんが毎年種を育てて26代目になるそうな
接ぎ苗のキューリしか経験の無い雲上(くもがみ)、プレッシャーがかかります。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へにほんブログ村
いつもポチッとありがとうございます。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

球状星団M5(へび座) [ステラショット3 再始動その3]

2024年05月12日 | 天体写真(星雲・星団)
今回はステラショット3アップデータ3.0fインストール後の最初の夜に撮った3タイトル目になります。

この時期(5月)は春の系外銀河が目白押しなのですが、日が替わるころの時間帯になると
りょうけん座からおとめ座にかけての系外銀河は南中を過ぎて西に傾いて行きます。
春から夏の撮影対象に変わってゆくこの時間帯に撮ったのはへび座の球状星団M5です。
明るさではヘルクレス座の球状星団M13にも勝るといわれています。

今回は星数10万個と言われているこの球状星団の等倍切り出し画像から掲載します。 ↓
 球状星団 M5(NGC5904)(へび座) 
今回はシィーングにも恵まれたのか ガイドも安定し、星が良く分離しています

トリミングなしの全体画像と撮影DATAはこちらになります。
( 元画像の50%縮小でトリミングなし )
( 上 が 北 になっています )
撮影DATA : 2024/ 5/ 3 00:25’~ Vixen VC200L(レデユーサーHD) (合成fl=1386㎜)
露出 6分 ×14枚 (総露光時間84分)Gain150  Offset 8 ホワイトバランス(R50%・B50%) LPS-D1フィルター ASI533MC Pro(冷却-10℃)
 タカハシ EM-200 Temma2M  ステラショット3(導入・オートガイド・撮影) ステライメージ9(画像処理)
ダーク・フラット処理は新しく作成し直したものを使っています

3年前にフルサイズデジ一眼EOS6Dで撮影したM5の画像です。
(縮小なしで最初の画像と同じ範囲を切り出しています)
6Dのピクセルサイズが大きいため、VC200L鏡筒でレデューサーなしの長焦点で撮影しています
更に星の色を残すため、10分・3分・1分の3段階露光で撮影しています
こちらの画像のブログ記事および撮影DATAは ⇒ M5リベンジ撮影で、北天の大花火三発打ち上げ完了。
( M3M13との比較も行っています )
 

撮影時の空の状態もわかる恒例の「只今撮影中ショット」になります。 ↓
( 鏡筒の向いた方角に見える小さなが今回の撮影範囲です )
2024年 5月 3日 00時44分~ Tamron Zoom(fl17mm F2.8)30秒×7枚 ISO1600 
ソフトフィルター使用 kiss DX(SEO-SP2) 三脚固定撮影


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
雲上(くもがみ)が担当の、我が家の「かたてま野菜」。
今年はまだ苗の植え付けを行っていません。
夏野菜専門で、毎年早々に収穫を終えてしまうので、
今年はまだ野菜苗を買うのをぐっとこらえております。
次に一雨来たらマルチングして植え付けする予定です。
5月に3夜ほど徹夜撮影したりで、庭の勝手連の花たちを見てやれませんでした、今年もきれいにシャクナゲ。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へにほんブログ村
いつもポチッとありがとうございます。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

M64黒眼銀河 (かみのけ座) [ステラショット3再始動その2]

2024年05月09日 | 天体写真(系外銀河)
今回もステラショット3アップデータ3.0fインスト-ル後の撮影画像です。
撮影したのは5月2日夜で、前回のおおぐま座のNGC2841銀河に続いてこの夜2タイトル目の銀河です。

かみのけ座の通称ブラックアイ銀河のニックネームを持つ個性的な系外銀河をご覧ください。

 M64 黒眼銀河 (NGC4826)(かみのけ座) 
( 元画像の50%縮小でトリミングなし )
( 上 が 北 になっています )
撮影DATA : 2024/ 5/ 2 22:09’~ Vixen VC200L(レデユーサーHD) (合成fl=1386㎜)
露出 6分 ×20枚 (総露光時間120分)Gain150  Offset 8 ホワイトバランス(R50%・B50%) LPS-D1フィルター ASI533MC Pro(冷却-10℃)
 タカハシ EM-200 Temma2M  ステラショット3(導入・オートガイド・撮影) ステライメージ9(画像処理)
ダーク・フラット処理は新しく作成し直したものを使っています

中央の銀河部分を縮小なしで切り出した画像です。 ↓
銀河周辺の淡い部分も出そうとした結果、””眼というより”色”の瞳に見えています。
シィーングも良かったのか、撮影画像すべてガイド良好でした。

これまでのベスト画像、4年前の3月フルサイズデジ一眼EOS6Dで撮ったM64です。↓
(縮小なしで上の画像と同じ範囲を切り出しています)
同じVC200L鏡筒ですがレデユーサーなしの長焦点でで撮影、総露光時間は3時間15分
こちらの全体画像および撮影DATAはこちら → かみのけ座 黒眼M64(フルサイズだから長焦点)

今回の撮影画像と比較すると高精細で低ノイズのASI533MC Proの優位性がよくわかります。
これで別夜の追加露光を加えれば、更にダイナミックな画像が期待できます。

撮影時の空の状態もわかる恒例の「只今撮影中ショット」になります。 ↓
( 鏡筒の向いた方角に見える小さなが今回の撮影範囲です )
2024年 5月 2日 22時36分~ Tamron Zoom(fl17mm F2.8)30秒×7枚 ISO1600 
ソフトフィルター使用 kiss DX(SEO-SP2) 三脚固定撮影


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
最近 機材撤収時にのぞき込んで見た主鏡の汚れが気になっていました。
中古で入手したVC200L鏡筒はこれまで2回ほど主鏡の洗浄を行っているのですが、
調べたら前回洗ったのが6年前だったことがわかりました。
そこで昨日この機会に(どの機会?)主鏡洗浄を行いました。
今回は光軸がずれるのが嫌だったため、鏡筒後部は分解せずに
そのまま主鏡のみ洗う事にしました。
一回目の主鏡洗浄時のブログ記事を参照しながら、水が入って困るところを養生
これまで同様 完全に汚れまで取れたわけではないのですが、
気持ちはスッキリしました。
1回目の洗浄の記事 → 後悔先に立たず。(VC200L主鏡洗浄)・・・・・・
2回目の洗浄の記事 → VC200L主鏡洗浄(月に一夜の星空に備えて)


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へにほんブログ村
いつもポチッとありがとうございます。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ランキング参加してます

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

応援(クリック)してね


天体写真 ブログランキングへ