雲の上には宇宙(そら)

 雪国越後にて、30年ぶりに天体写真に再チャレンジ!

PHD2 マニュアルディザリングでM51子持ち銀河を撮る

2018年03月29日 | 天体写真(系外銀河)
14日早朝に撮った画像がまだ残っていました。
PHD2 Guidingマニュアルディザリングで撮ったおなじみの 子持ち銀河M51 です。

子持ち銀河 M51  (りょうけん座)
(  画像クリックで 元画像の30%まで拡大表示できます  ほぼノートリミング )
(  になります )
撮影DATA : 2018/ 3/14 02:40’~  Vixen VC200L+ レデューサーHD (合成f=1,380mm F7.9 )
露出 20分 × 枚 + 分 ×  ISO 3200 LPS-D2 FIL Cooled 60D (冷却 オフ CCD温度 約+8℃)
タカハシ EM-200 Temma2M マイクロガイドスコープ 60 ToupCam PHD2Guiding ステライメージ7
* PHD 2でマニュアルディザリング(Raのみ)を実施
有名な割には小さめの銀河です。
銀河部分をトリミングで拡大しました。 
新レデューサーHD と 新光害カットフィルター(LPS-D2) の相乗効果か、銀河内の赤いH2領域が以前よりすっきり写っています

薄明が始まったため枚数が稼げなかったのですが、実はディザリング後のグラフに気を取られ
露光を開始するのを忘れて20分間無駄にしました。
たかが一枚ですが、20分露光になると されど一枚です。(もったいない!)

こんな手間をかけて行ったディザリングですが、その見返りはあるのでしょうか?
同じ対象を同じ条件でディザリングの有り無しで撮って比較すればいいんでしょうけど・・

そんな事ができるほど晴れてくれないので、今回の撮影画像を使って疑似的に比較してみました。
( 背景ノイズが目立つようにコントラストを強調してあります )
いずれもダーク処理、フラット処理(フラットダーク含む)した画像を加算平均しています
ダーク・フラット処理を行っているため違いが目立ちにくいのですが、
少ない枚数でもディザリング効果で 背景がなめらかになっていることはわかります。
もっとも実際の撮影画像も鏡筒のたわみなどにより 大なり小なり星が動いているので
天然ディザリングがかかっている事になります。
ただし直線的なガイドエラーで 刷毛ではいたようなノイズが残ることがあります

ついでにディザリングとは関係ない こんな比較もやってみました。
20分露光・5分露光の1枚画像ですが、たっぷり露光は思いのほかS/N が改善されるようです。

撮影中のおりおんショットです。
透明度は3~2+(5段階評価)でした  TAMRON Zoom(f17mmF2.8) 露光30秒×5枚 ISO1600 kissDX(SEO-SP2)


===================================================
せっかく無料のPHD2でもディザリングができる事がわかったのに、
実はここにきて 山口のじぃさま おすすめの ステラショット
体験版をダウンロードして検証してみました。
予想以上にうまくいったので、次回以降の記事でその内容を報告します。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へにほんブログ村
いつもポチッとありがとうございます。
===================================================
コメント (10)

今回も時間稼ぎの上弦の月

2018年03月27日 | 天体写真(月・惑星・彗星)
まだ13日夜に撮った系外銀河の画像も残っているのですが、
25日夜 ステラショット(体験版) の検証前に撮った 上弦の月 を先にお見せします。

この夜は2時ころにならないと明るい月が沈んでくれないので、検証までの時間稼ぎに撮ったものです。

上弦の月 (月齢 7.9)
画像クリック個所に応じて、モザイク結合前の画像(35%縮小)を拡大表示します

今回も月の天体写真での慣例に従って 上が南になっています
撮影DATA: 2018/ 3/ 25 18:56’~  Vixen VC200L+canon2.0x(合成f=3,600mm F18 )
露出 1/30秒 x24枚 x3モザイク ISO 800 kissX2 タカハシ EM-200 Temma2M AviStackでコンポジット

すこしモヤった空だったのですが、月のゆれは少なめでした。
そこでガイド用カメラを使った動画撮影もやってみました。

以下の画像は動画処理したものをモザイク結合したものです。
共通DATA : 2018/ 3/25 19時30分ころ VC200L+canon2.0x(合成f=3,600㎜)
TOUPTEK1200KMA 1分間の動画(約600フレーム)をRegiStax6で処理
Image Composite Editor(マイクロソフト) で モザイク結合

( 元画像の50%表示 )
A.夜明けを迎える 直線の壁 (3枚モザイク)

B.アペニン山脈 から アルプス谷 (4枚モザイク)

動画処理した画像はまだあるのですが、これ以上ブログが長くなると ・・

===================================================
満月期に入ったので撮影画像は温存したいのですが
月の写真だけはできるだけ早めに掲載しないといけないような気が。
ステラショットの検証結果が気になりますが、
オートガイドの精度などまだ結果の分析が未了です。
別途 記事掲載いたします。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へにほんブログ村
いつもポチッとありがとうございます。
===================================================
コメント (2)

さらに窮屈になった しし座銀河トリオ

2018年03月25日 | 天体写真(系外銀河)
13日夜、2タイトル目に撮ったのは しし座銀河トリオ
3つの銀河を収めるため 縦構図で撮っています。

しし座 銀河トリオ  
(  画像クリックで 元画像の30%まで拡大表示できます  ほぼノートリミング )
(  になります )
撮影DATA : 2018/ 3/13 23:49’~  Vixen VC200L+ レデューサーHD (合成f=1,380mm F7.9 )
露出 20分 × 枚 + 分 ×  ISO 3200 LPS-D2 FIL Cooled 60D (冷却 オフ CCD温度 約+10℃)
タカハシ EM-200 Temma2M マイクロガイドスコープ 60 ToupCam PHD2Guiding ステライメージ7
* PHD 2でマニュアルディザリング(Raのみ)を実施
(南)側の銀河 上からM66 M65、右(北)側の銀河はNGC3628です。
 北側の銀河は少し暗いせいかメシエさんは見逃したようです。

南側の2つの銀河だけをトリミング拡大してみました。
( 上が北になるように変更してあります )

PHD2でディザリング(Raのみ)をかけたおかげか、
彩度をかなり上げた(130%)のですが処理後も画像がノイズっぽくならずに なめらかです。

星の位置合わせをせずにそのまま重ねた画像です。 
今回は Raのみディザリング をかけていますので、上下(東西)方向に星が動いています

レデューサーが変わったことにより以前より写野が狭くなり、銀河トリオはますます窮屈な画になりました。
以前のレデューサーで撮った画像です。 

露光時間はほぼ同じなのですが 以前より画像に こってり感 が出せたような・・

撮影中盤のころの様子です。
しし座は大きいわりには肉眼では見えにくい星座だと思います TamronZoom(F17mmF2.8) 30秒露光×5枚  kissDX(SEO-SP2)

===================================================
ステラショット体験版の検証をおこなおうと昨夜設営したのですが、
雲が切れるのを待っている間に雨に降られてしまいました。
今夜、もう一度チャレンジしてみます。

自宅裏庭の白梅と隣家の紅梅がコラボレーション

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へにほんブログ村
いつもポチッとありがとうございます。
===================================================
コメント (2)

初ショットNGC2146銀河 と 増光した超新星(きりん座)

2018年03月22日 | 天体写真(系外銀河)
やっと冬ごもりから抜け、10日・12日と星が顔を見せてくれました。
ただ久々に撮影はできたものの 空の状態が悪くいずれも途中で撤収。
ラッキーにも 3度目の正直で翌13日は朝まで徹夜で撮影することができました。

透明度も前日よりは良さそうだったので早い時間帯から撮影することに。
主だった撮影対象は早い時間から西に傾いてしまって・・(21時50分頃の西空)
夕食後まだ灯火で明るい午後9時前から撮影開始したのですが、
何を撮るか さんざん悩みました。

結局 西に傾いた派手な冬の対象はあきらめ、北天の系外銀河の中から
2日に超新星が発見されたきりん座の NGC2146 に決定。
超新星は 写ればもうけもの くらいの気持ちだったのですが・・
NGC 2146  (きりん座)
(  画像クリックで 元画像の30%まで拡大表示できます  ほぼノートリミング )
(  になります )
撮影DATA : 2018/ 3/13 20:50’~  Vixen VC200L+ レデューサーHD (合成f=1,380mm F7.9 )
露出 20分 × 枚 + 分 ×  ISO 3200 LPS-D2 FIL Cooled 60D (冷却 オフ CCD温度 約+10℃)
タカハシ EM-200 Temma2M マイクロガイドスコープ 60 ToupCam PHD2Guiding ステライメージ7
* PHD 2でマニュアルディザリング(Raのみ)を実施
透明度が良かったせいか、早い時間帯の割には予想以上の写りでした。
画像の中央部分を拡大トリミングしてみました。
なんと、写ればもうけもの と思っていた超新星 2018zd がやや青っぽく明るく輝いています。
板垣さんが2日に発見された時は17.8等でしたが、今回の画像では13等級台まで明るくなっています。
( 検索してみたところ18日現在も13.5等級の明るさを維持 )
(お詫び) 記事掲載時 超新星を2018zと記載していましたが 2018z の誤りでした 

ステラナビゲーターのDSS画像取得で得た超新星出現前の NGC2146 付近です。

今回も PHD2マニュアル ディザリング で撮影していますが、この夜は「(Ra)のみディザー」で、
ディザー後のガイド安定までの時間を1分以内に短縮できました。

ディザリングの有無による処理画像の比較はまだ行っていないのですが、
苦労の末、オートガイドの精度が許容範囲内までに向上した現行システムでは
ディザリングが残存ノイズの平坦化に役立っていることは明らかです。

恒例の おりおんショット(撮影中風景)を忘れるところでした。
前日のおりおんショットよりは透明度がましな事がわかります 30秒露光×5枚コンポジット

===================================================
この夜は、今回の画像を含め、薄明まで3対象撮影できました。
まもなく満月期を迎えることを考えれば もう少し画像を温存したいところですが、
超新星がまだ明るい内にと、早々(?)ブログ更新しました。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へにほんブログ村
いつもポチッとありがとうございます。
===================================================
コメント

北斗七星見えずとも 撮り続けた銀河コンビ(おおぐま座)

2018年03月20日 | 天体写真(系外銀河)
12日夜、かに星雲の後に撮ったのは南中からまもない
おおぐま座のM81M82の銀河コンビでした。

この夜は予報通り 時間とともに透明度が悪くなり、撮影開始時には透明度2以下(5段階評価)
( 画像クリックで星座線入りで表示します )
20分露光の1枚目を撮ったころで 北斗七星がかろうじて見えるような空でした (5枚コンポジット)

20分露光7枚目を撮影するころには、肉眼(老眼)では北斗七星も見えなくなったので撮影中止。
この夜は 薄明を待たずに2時前には撤収しました。

もったいないので ひどい画像も全部使って画像処理したものです。
M81 & M82  (おおぐま座)
(  画像クリックで 元画像の25%まで拡大表示できます  ほぼノートリミング )
(  になります )
撮影DATA : 2018/ 3/12 22:40’~  Vixen VC200L+ レデューサーHD (合成f=1,380mm F7.9 )
露出 20分 × 枚 + 分 ×  ISO 3200 LPS-D2 FIL Cooled 60D (冷却 オフ CCD温度 約+5℃)
タカハシ EM-200 Temma2M マイクロガイドスコープ 60 ToupCam PHD2Guiding ステライメージ7
* PHD 2でマニュアルディザリングを実施
普段なら撮らないようなひどい空だったので こんなものでしょう。

実は撮影ノートには撮影時の空の 透明度 も記録しているのですが
その評価がますます ファジー になってきています。
もともとの評価基準も
透明度  ・・・これまで見たこともないような素晴らしい星空
透明度  ・・・北極星がいつもより明るく見える・・・・・・・・・・
透明度  ・・・北極星が普通に見える・・・・・・・・・・・・・・・・・・
透明度  ・・・北極星がなんとか見える・・・・・・・・・・・・・・・・
透明度  ・・・北極星が見えるような気がする・・・・・・・・・・・
と、ファジー なのですが
ここにきて
老眼が進んで星がますます見づらくなった
明るい部屋との往復で目が慣れない・・・・
ことから
客観的な記録として おりおんショット(撮影時の様子)は必ず撮るようにしています。

いつもなら撮影しないような空でも撮影を強行した理由の一つに
PHD2 によるマニュアル ディザリングの検証があります。
今回はPHD2の露光時間を1秒(前回は2秒)に変更して
ディザー後の安定するまでの時間の短縮を狙いました。

撮影画像を位置合わせなしでコンポジットしたものです。(等倍トリミング)
( 画像クリックで全体画像を表示 )
安定までの平均時間は1分30秒ほどでしたが、
ディザリングの方向にDec(南北方向)が含まれると3分前後かかることもありました。
ガイド安定までの時間をもっと短縮する方法としては
赤経(Ra)のみ ディザー
最大移動量を 5ピクセルから 3ピクセルに
が考えられます。

翌13日も星が見えたので検証しています。
その成果と検証結果については次回以降の記事で

===================================================
フキノトウの初物をいただいてから日がたつので
様子を見に行きたいのですが、
寒くて出かける気になりません。
雪の消えた家の庭に 1本だけ顔を出していたフキノトウ
( むろんとって食べたりはしません )

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へにほんブログ村
いつもポチッとありがとうございます。
===================================================
コメント (2)

ランキング参加してます

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

応援(クリック)してね


天体写真 ブログランキングへ