見出し画像

【ニュースサイト】宮崎信行の国会傍聴記

岡山5区の花咲宏基さん、体を張って小沢グループから政調会長を守る 党人として

[画像]衆院予算委員会で質問に立った花咲宏基さん、2012年2月20日、衆議院インターネット審議中継から。

 岡山5区(総社市・笠岡市・新見市などや倉敷市の一部など)選出(比例中国ブロックで復活)の民主党衆院議員、花咲宏基さんが、身を張って政調会長を守っていたことが分かりました。これは、2012年6月19日(火)、台風が迫る中、民主党本部地下1階で開かれた民主党政策調査会(前原誠司会長)と社会保障と税の一体改革調査会(細川律夫会長)および税制調査会(党税調、藤井裕久会長)の合同会議
の席上。

 総理・代表が政治生命をかける社会保障と税の一体改革法案の衆院での法案修正協議を受けた6月15日の3党合意について、説明と承認を得る会議でした。このときは、前原政調会長が一任を宣言した後に、ひな壇後ろから脱出しましたが、おそらく民主党と隣接する参議院の敷地に移動したと思われます。しかし、小沢グループはこの場所に議員を配置しておらず、本気で一体改革法案の3党合意の承認を阻止しようとしたものではないと思われます。

 政調会長が一任の取り付けと会議の終了を宣言すると、小沢グループ2人が乱暴狼藉を働こうとしてか、ひな壇の政調会長に向かって猛ダッシュをかけました。これを見つけた花咲さんは自らの右肩を瞬発的に差し出して、小沢グループをブロック。これにより、日大野球部出身で体の大きい小沢グループが跪きました。この姿を見て、花咲さんの左に座っていた阿知波吉信衆院議員(岐阜5区)が花咲さんごと押し出したところ、後ろから来た2人目の小沢グループがつかみかかりました。2人目の小沢グループは東大法学部を卒業し財閥系の商社マンでしたが、何を思ったか小沢一郎政治塾の門を叩いてしまい奥さんが子どもを連れて実家に帰ったため、ある意味では「失う物が何もない」議員。この小沢グループが花咲さんと阿知波さんの胸ぐらをつかもうとしたところ、前原政調会長が脱出したことに気づき、「あーっ!」と大声を出して、その場に崩れ落ちました。

 党人として、花咲さんの頼もしさを感じさせた場面でした。

 1期生の花咲さんは党内の評価が高く、本予算審議で起用されました。2月20日(月)です。このときの議事録です。予算委員長は11期生の中井洽さんです。

[国会議事録データベースから引用始め]

○中井委員長 これにて佐々木君の質疑は終了いたしました。

 次に、花咲(はなさか)宏基君。

○花咲委員 民主党の花咲宏基でございます。おはようございます。

 委員長、花咲(はなさか)ではなくて、花咲(はなさき)でございます。

○中井委員長 ごめんなさい。

○花咲委員 よろしくお願いします。

 本日は……(発言する者あり)そうですね、花咲かじいさんの花咲(はなさき)でございますが、本日は質問の機会をいただきまして、心より感謝を申し上げます。

 [引用おわり]

 このように、中井委員長が「ハナサカ宏基君」と間違えて指名したところ、すばやく、「ハナサキです」と言い直しています。ベテラン相手になかなかできることではありません。一方で、自民党から「ハナサカじいさんだ!」とのヤジが飛び、「そうですね花咲か爺さんの花咲(ハナサキ)です」と切り返しています。まさに3党協議の時代にふさわしい政治家です。

 民主党幹事長だった岡田克也さんは、副総理になる前の、民主党最高顧問時代に、花咲さんの地元を訪れて、「次は大変厳しい選挙になる」としながらも花咲さんを国会に送り戻してほしいとしています。花咲さんは前回、加藤勝信さんに敗れて、比例復活しています。仮に次回も自民党公認が加藤勝信さんなら、3党協議体制になってからの加藤さんの活躍を見ていると、当選確率は0%です。しかし花咲さんはついています。岡山5区は自民党はコスタリカなので、次回は村田吉隆・元国家公安委員長が出馬します。村田さんは第45期衆議院では自民党調査局長として小沢一郎さんや鳩山由紀夫さんの地元を現地調査するなどしていますが、その後はあまり国会での活躍を見受けられません。ちょっとヘラヘラしたところもあるし、加藤後援会の応援があるとはいえ、「もうそろそろ良いのではないか」という地元の声もあるのではないでしょうか。

 猪突猛進で、政調会長を体を張って守った花咲さん。政策より前に、人間として信頼に値する方です。テレビジョンでは消費税法案反対者が英雄のように取り上げられていますが、こうやった縁の下の力持ちがいてこそ政党政治は初めて成り立ちます。

 それにしても、自民党議員が見れば、「テレビカメラがないところで、乱闘してどうする」ということになるでしょう。そういう幼い民主党、花咲さんのような子供の頃の情熱を持った大人が党人として、第46期衆議院では野党かもしれませんが、作り上げていって欲しいと感じます。民主党にはまだまだ人材がいます。

 ちゃんと見ている人間はほかにもいます。岡山5区のみなさまの良識に期待します。

 頑張れ!民主党の花咲爺さん(お兄さん?)、花咲宏基(はなさき・ひろき)さん!頑張れ! 

[お知らせ1]

 会員制ブログで今後の政治日程とそのポイントを解説しています。

 今後の政治日程 by 下町の太陽

 最初の1ヶ月は無料で試し読みできます。取材資金にもなりますので、ぜひご協力下さい。

[お知らせ2]

 「国会傍聴取材支援基金」を設けました。他メディアにはない国会審議を中心とした政治の流れをこのブログで伝えていきます。質素倹約に努めていますが、交通費などがかかります。

 「国会傍聴取材支援基金」の創設とご協力のお願い

 ご協力いただきますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

[お知らせおわり]

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「第180通常国会(2012年1月~9月)一体改革」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事