おとろ日記

サンデー毎日な日々の生活を綴っています

雨の季節はやはり紫陽花ですね!・・・ガクアジサイ カシワバアジサイ アナベル等 

2019年06月16日 07時09分28秒 | 

 関東地区では梅雨入りしたようですが 当地でもそろそろではないでしょうか?
雨に似合う花といえば 何はさておき「紫陽花」で 我家の庭でも色々な種類が咲いています。

 まずは 私の好きな「ガクアジサイ」ですが 古典的な品種とは言え 最近は花色も多様化していますね。

 

 

 次は 花色の変化が楽しめる巨大房の「カシワバアジサイ」です。

 

 

 同じく花色が変化する「アナベル」で  ドッチボール程度の大きさです。

 

 こちらは 一般的な種類に見えますが「アキイロアジサイ」という 品種で このなま咲き続けて秋には赤く色付くそうです。

 

 最後は 紫陽花の一種と思い撮ってみたのですが 妻に聞くと別種で「ペンタス」という花だそうです。

 

 

 蒸し暑い気候は歓迎しませんが そんな時でも 一服の清涼剤とも言えるのが 紫陽花ではないでしょうか?

 長く楽しめるのもこの花の良いところですね。

 

 

 

 

 

コメント

見上げると あの白い大きな花が!・・・タイサンボク ヤマボウシ

2019年06月12日 07時06分56秒 | 

 今年もあの印象的な花の季節になりました。
散歩道のいつもの場所に差し掛かると 頭上に白い大きな花が!

 

 北米原産の「タイサンボク」で 直径20cmもの大きな花を咲かせ 樹木は20m程の高さまで成長するそうです。

 こんな感じで つぼみから 徐々に開いていきます。

 

 こちらは 公園で見かけた花で 一見ハナミズキ風ですが 季節的にズレており 調べてみると「ヤマボウシ」でした。

 

 花弁のような白い部分は 総苞(葉が変形したもの)で 中心のゴルフボール状部分が花だそうです。

 

 花に特別関心があるわけではありませんが いつもの場所で 毎年見かける花に出会うとホッとします。

 ただし タイサンボクは開花後1~2日で茶色に変色してしまいますね。 

 

  

 

 

コメント

清楚な小輪から華やかな大輪まで!・・・クレマチス テッセン

2019年06月06日 07時09分11秒 | 

 我家の庭で 色々な「クレマチス」が咲き続けています。
この花 世界中に約300種が分布しているそうで 花姿も一重から八重まで様々です。

 まずは 小輪(約2~3cm)の「メアリーローズ」から!

 

 次は 形が可愛い「ベルタイプ」です。

 

 続いては 昔から良く見かけていた「テッセン」です。
我々の年代では慣れた呼び名ですが クレマチス全体を指さず 正式にはテッセンはクレマチスの一品種らしいです。

 

 こちらの白い花は「シロマンエ」という品種だそうです。

 

 

 存在感抜群の大輪(10cm強)「ジョセフィーヌ」も沢山咲いています。

 

 これも中々華やかな品種「 カルセドニー」です。

 

 他には こんな品種も!

 

 

 可憐なものから豪華なものまで 多種多様です。

 花弁に見える部分はガクで 花もちが良く長く楽しめるのもこの花の特徴らしいです。 

 

 

 

コメント

雑草? いえいえ立派な観賞花です!・・・トキワツユクサ ドクダミ ナヨクサフジ 

2019年06月02日 07時07分33秒 | 

 散歩道でこの時期楽しみにしている 野花があります。
それは「トキワツユクサ」で 毎年公園の竹藪近くに群生しているのですが 年々勢力を増してきているようです。

 

 見た目が可愛く 雄しべの周りに 綿毛のような白い毛が出来るのが特徴です。

 

 次は 繁殖力の強い「ドクダミ」で いたるところに見られます。

 

 

 我家の庭にも 知らぬ間に進入してきていました。

 

 

 川堤を紫に染めているのは「ナヨクサフジ」です。

 

 マメ科の雑草らしいのですが 中々の美しさですね。

 

 

 いずれも 分類上は雑草なのでしょうが 充分鑑賞に値し 存在感があります。

 最近では栽培種も野生化しているものが多く 庭草と雑草の境目が無くなってきているように思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

今年は仲間も一緒に咲いてくれました!・・・セッコク デンドロビウム

2019年05月19日 07時05分04秒 | 

 心待ちしていた山野草の「セッコク」が 今年も清楚な花を・・・
庭木に移植して 2015年に初めて花をつけてから 毎年この時期に開花するようになりました。

 

 でも 逆サイドの北側から見るとこんな感じで 殆ど花が見えません。 花も太陽光が好きなのでしょうね。 

 

 

  例年と違うのは いつもは冬場に咲くこのランが セッコクに合わせて花を咲かせています。
セツコクに良く似ていますが ノビル系「デンドロビウム」の一種で セッコクと交配させた品種とのことで 納得!

 

 マキの木が気に入ったのか セッコクは5年間続けて咲いてくれたので  もう大丈夫そうです。

 この後 まだ頼りないフウランが咲いてくれるのを楽しみに待ちたいと思います。


 

 

 

コメント

さすが大阪 バラも早い!・・・中之島バラ園

2019年05月13日 07時15分55秒 | 

 大阪に出かけた際に 中之島公園のバラの様子を覗いてみました。
我家のバラは ようやく咲き始めたところですが こちらのバラ園では・・・

 

 殆どのバラが開花しており  最早満開が近い感じです。
オフィス街のど真ん中にありますので バックには高層ビルが・・・

 

 

 こちらは歴史的建造物である「大阪中央公会堂」とのコラボです。

 

 

 堂島川を背景にパチリ!

 

 

 やはり 大阪は奈良より相当暖かいのでしょうね。

 バラの開花も7~10日程度早いようです。 

 

 

 


 

 

コメント

今年も道端に可憐な青い花が!・・・マツバウンラン サギゴケ

2019年05月03日 07時34分58秒 | 

 新元号である「令和」が穏やかにスタートしました。  深刻な災害等が少ない良き時代になることを願います!
新天皇陛下は登山を愛され 酒も好まれるとのことで より親しみを感じております。 

   さて 散歩中に 今年もあの可憐な花が咲いているのを発見!
ひょっとして 私の好きなあの花かなと近づいて見ると やはり「マツバウンラン」でした。

 

 この花 北米原産の帰化植物で芝生を好むそうですが  草原にスッと立つ姿が可愛いですね。 

 

 また 山すそでは別の青い花が 咲いていました。

 

 こちらは「サギゴケ」で これも群生していると中々の景色です。

 

 

 今回紹介した青い花は 野草とは思えない可憐さです。

 庭で栽培されることもあるようですが やはり野の置く方が似合うのでは? 

 

 

 

 

コメント

ゴールデンウイークが近づくとこの花が!・・・藤 

2019年04月27日 07時49分27秒 | 

 ゴールデンウイークも間近になり いよいよ平成も残りわずかになってきました。
この時期 散歩道では棚から垂れ下がる「藤」の花が見られるようになってきました。

 これは 近くの公園ですが そこそこの花数です。 

 

 いつも通る美術館でも 日に日に花数を増やしています。 

 

 別の場所では 白い花も咲いています。 

 

 

 藤の花の文様は 着物や帯に良く使われますが 優雅で日本的な花ですね。

 連休明け頃までは楽しめそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

庭の片隅でひっそりと咲く花!・・・山野草 フリチラリア スミレ

2019年04月25日 07時01分43秒 | 

 我家の庭の目立たない場所に 乙女を連想させる清楚な花が咲いています。
一つは 妻が大切に育てている山野草の「フリチラリア・メレアグリス」で 一輪のみの開花ですが 結構な存在感です。
バイモの仲間のようで 花弁の内側には模様が入っています。

 

 背面に咲く「ニリンソウ」もまだまだ元気です。

 

 

 これから 道端や野辺で良く見られる「スミレ」も庭のあちこちで咲いてきました。
まずは「ヒゴスミレ」で 白い色の花言葉は”あどけない恋”だそうです。 

 

 次は葉にあじがある「銅葉のスミレ」で 紫色の花言葉は”貞節”と言うそうで タカラズカ歌劇を連想させます。

 

 こちらは 名前は不明ですが勝手に咲いてきたスミレのようです。

 

 桜のような華やかさはなく 足元にひっそりと咲く小さな花々ではありますが 可憐で癒されます。

 

 

コメント

川堤の桜が今年も見事に!・・・秋篠川 桜並木

2019年04月11日 07時40分57秒 | 

 秋篠川の桜並木が 今年も見事に咲き揃いました。
今年は途中の花冷えもあり 例年より見頃が長く続いており 特にこの前の土日は沢山の見物客で賑わっていました。

 

 

 川原に咲く黄色の「ヒメリュウキンカ」も 良いコントラストになっています。

 

 

 お気に入りの場所からの桜並木も 中々のものです。

 

 

 川面に映り込んだ桜も 風情がありますね。

 

 

 水面に落ちた花びらが溜まった場所もあり・・・

 

 

 ここの桜は 植えられてから20数年経ち 花を楽しむには丁度良い年数なのでしょう。

 桜祭りも開催され 花見客も年々増えてきているようですよ。   

 

  

 

 

 

コメント