おとろ日記

サンデー毎日な日々の生活を綴っています

メダカの産卵床作ってみました!・・・不織布たわし シュロ皮

2018年08月21日 08時11分19秒 | 日記

 飼育しているメダカの水槽を覗いてみると おなかの大きい個体が数匹いるようです。
今年の5月に生まれたばかりの幼魚なのに もはや卵を抱いているのでは?

 メダカは水温が高いと育ちが早く 生後2~3か月で産卵することもあるとのことです。

 

 普段は産卵のためのホテイアオイを入れているのですが 今年は枯らしてしまいました。
そこで 代わりとなる「産卵床」はないかと考え ネットで調べてみると・・・

 100円均一ショップで入手できる素材で 簡単に作れそうなので早速トライしてみました。

 材料は 「ポリエステル不織布のたわし」と 子供がプールで使用する「ポリエチレン発泡体のプールスティック」のみです。 

 

 たわしは適当な大きさで 上部を少し残した短冊状にカットし プールスティックは3cm程に輪切りします。

 

 次に 短冊をくるくると巻いて 浮輪の穴に差し込めば出来上がり!

 

 

 完成品を水槽に入れて見ましたが あまり嫌がってはいないようです。 

 

 古株メダカ飼育鉢にも 浮かべておきました。

 

 念のため 天然物である「シュロ皮の産卵床」も試作して これも水槽に入れました。

 

 プラスチック製の産卵床は枯れることもなく 虫等も付かないので管理が容易です。

 いっぱい卵を産み付けてくれるかな?   楽しみに待ちたいと思います。

 

 

 

 

コメント

実家で珍しい丹波野菜をゲット!・・・スイカ メロン マクワ 地這いキューリ等

2018年08月19日 07時56分30秒 | 日記

 お盆に実家を訪れた際に 丹波野菜を沢山貰ってきました。
兄が丹精込めて育てた地元野菜で 少し珍しいものも含まれていました。

 このスイカは直径30cmもあろうかという大玉で 冷蔵庫に入れるのも中々・・・

 

 切ってみると 予想通り良く熟れており 甘あ~い!

 

 これはウリ科の野菜(果物)3種で「マクワウリ(黄色)」と「虎ウリ(縞模様)」と「〇〇メロン(白色)」のようです。 ・・・

 

 品種はわかりませんが メロンは中々良い匂いがしており カットしてみると 正にメロンで これも食べ頃になっていました。

 

 トラ瓜は 漬物にすると美味しいのですが 薄くスライスして茗荷と合わせ酢の物にしてみると・・・
果肉が柔らかく 結構いけました。

 

 これは「地這いキューリ」という古典的な品種で 放置するとかなりの大きさになり 瓜のような食感になります。
通常のキューリは 支柱を立てて つるを誘引する立体栽培ですが このキューリは つるが地面を這うように伸び 敷き藁等の
上に実が育つ 昔ながらの栽培方法なのです。

 

 この大きさならキューリそのものですので ジャガイモとマヨネーズで和えてみました。

 

 懐かしい野菜も多く しばらく楽しんでいただきたいと思います。

 ありがとうございました。

 

 

コメント

奈良にもあります「大文字焼き」!・・・慰霊送り火 高円山

2018年08月17日 07時28分47秒 | 日記

 盆の送り火としては 関西では京都の五山送り火が有名ですが 奈良でも「大文字焼き」が毎年8月15日に行われています。
京都のように色々な形は無いのですが 若草山の南にある高円山の中腹に 大の字が浮かび上がります。
 この行事 終戦記念日に 戦没者の慰霊と世界平和を祈るために 1961年より毎年実施されています。

 ビューポイントとしては 奈良らしい建物である 大仏殿 浮見堂 朱雀門等を手前に見れる場所が定番なのですが 混みます。
そこで 散歩コースでもある近くの公園の高台から見ることにし 虫よけ器具を腰につけ 懐中電灯を手に いざ出発!

 ところが 到着すると 見学者の姿はなく 私一人だけでした。
8時になると 遠くの山に火が入り始めました。

 

 火床の数は 煩悩に合わせ108個あり 字の大きさは最も長い2画目が164mもあるそうです。

 

 

 で 写真を撮っているこの場所はというと 昼間はこんな感じの公園です。

 

 約6km先に 大文字焼きの点火場所があります。

 

 重装備で出かけたので 蒸し暑くはありましたが 良く見えて満足!

 高台まで登らないと見えませんが 混むこともなく 見学の穴場ではないでしょうか。

 

コメント

ささやかに果実が実ってきました!・・・イチジク ブルーベリー 姫リンゴ等 

2018年08月15日 07時11分28秒 | 日記

 我家の庭は花が中心で 果樹は花の邪魔にならない裏庭で ささやかに植わっているだけなのですが・・・
それでも「イチジク」が 今年も実をつけてくれました。

 

 ここ数年は外れなく そこそこの成果なのですが 冬場の思い切った剪定と 結実してからの水遣り(妻の)が効いているのかも?

 

 色付いてきたものを収穫し 初物をいただいてみました。

 

 とろっと甘く 美味しい。  鳥やアリとの戦いにはなりますが 順次熟してくるので楽しみです。

 

 数はさほどないのですが「ブルーベリー」も熟してきました。

 

 

 他には 収穫はまだまだ先になりますが「姫リンゴ」も それなりの実をつけてくれています。

 

 果物ではありませんが 今「茗荷」が最盛期を迎えています。

 

 「ミニトマト」は そろそろ終わりのようです。

 

 やはり果実は 楽しみが大きいですね。

 見た目はさほど立派でなくとも 取り立てを食べると感慨もひとしおです。

コメント

我家の庭に咲く 夏の白い花!・・・カノコユリ ノリウツギ

2018年08月13日 08時00分00秒 | 

 庭の片隅に 夏の花である「カノコユリ」が咲き揃ってきました。
鹿の子模様のない 白い花ですが それなりの花数です。

 

 

 虹でも出ないかと 背後にシャワー水を撒いてみましたが そう上手くは行きませんね。

 

 もう一つの白い花は「ノリウツギ」で 咲きだしてからかなり経ちますが 長期間花持ちするようです。(9月まではOK)
アジサイの仲間のようですが こちらは梅雨時ではなく 夏の暑い時期に花を咲かせます。

 

 

 花色が白から→ピンク→ワインレッドと変化する品種もあるようですが 我家ではあまり変わらないようです。

 

 いずれも 夏の花が少ない時期に咲いてくれるので 重宝しています。

 また白い花は 涼しげで良いですね。

コメント

男の料理教室「防災食」!・・・鯖缶カレー ヒジキ 切り干し大根等

2018年08月11日 07時43分58秒 | クッキング

 今月の料理教室 テーマは「防災食」!
台風シーズンを迎え 非常食として 缶詰や簡易干し野菜を利用し 火や水の使用を最小限に抑えるレシピでした。

 まずは「ご飯」ですが ポリ袋にお茶椀1杯分の米とペットボトルのほうじ茶を入れ 袋の上部を結び 沸かした湯の中で
20分茹でてから 火を止め15分蒸らすと 一人分の茶飯が出来上がります。

 

 続いて ご飯に合わせる「鯖缶カレー」を作りましたが 鯖の水煮缶と粗くきざんだカレールー トマトジュース 水をポリ袋に入れ
上記と同じく湯の中で20分茹でたものを ご飯にかけると出来上がりです。
 トマトジュースが程よいコクを出してくれます。

 

 次は「ひじきの和え物」ですが 缶詰のみで出来上がり ひじき水煮缶 大豆水煮缶 ツナ缶 をボウルに入れて和えるだけです。

 

 こちらも簡単「切り干し大根の酢の物」で 切り干し大根 カットワカメ 先程使用した鯖の水煮缶の残り汁をポリ袋に入れ
酢と 少量の砂糖・水で味を調え 軽く揉み味をなじませるだけです。

 

 スープは「ミネストローネ」で 焼きとり缶 冷蔵庫の残り野菜 乾燥マカロニを 無塩トマトジュース・水で煮るだけです。

 

 デザートは「レアチーズケーキ」で お菓子のオレオクッキーを砕いて 溶かしバターを足したものをケーキ型の底に敷きつめ
その上に クリームチーズ ヨーグルト 生クリームが主となるケーキ生地を流し込み 冷蔵庫で冷やし固めます。

 

 カットして器に盛れば 立派なデザートが出来上がりました。

 

 本日の防災食は 缶詰とポリ袋を多用したレシピで 洗い物も少なく出来上がり 環境に優しい楽ちん調理!

 トータルカロリーは デザート込みで1,063kcalとやや高めになりましたが 美味しく頂きました。

コメント

今年も行ってきました「びわ湖大花火」!・・・虹色の旅へ 滋賀・びわ湖

2018年08月09日 07時11分55秒 | お出かけ

 昨年参加して 非常に良かった「びわ湖大花火」のバスツアーに今年も参加しました。

 近鉄高の原駅を15:30に出発し 途中 京都南の桂川インターでトイレ休憩をとり 花火会場である大津に向かったのですが・・・

 

 京都府と滋賀県との県境あたりで大渋滞!  バスが全く進まなくなってしまいました。

 

 それでも 何とか花火が始まる直前に会場である琵琶湖競艇場に到着!  19:30打ち上げ開始ですが周りは真っ暗。
眼前には水面が広がり ライトアップされた噴水や 琵琶湖遊覧の目玉である外輪船のミシガン?も・・・

 

 程なく花火が始まりました。 ここの花火は連射が多く中々の迫力です。
滋賀県では観光キャンペーンとして「虹色の旅へ 滋賀・びわ湖」が展開中で 花火も虹色に合わせた7つのテーマで企画されていました。

 

 

 

 しかしながら 花火写真は難しく 美しさが十分に伝えられないのが残念!

 

 

 

 ほぼ1時間で 約1万発の打ち上げが終了しましたが ここの花火は涼しく 虫も来ないので快適です。

 もう少し早い時間に到着して 明るいうちに周りの景色が見られるとより良かったのですが まずまず満足!

 帰路もスタート直後に若干の渋滞はありましたが 高速に乗るとスイスイで 2時間弱で高の原駅に戻ってきました。
 

コメント

季節外れの返り咲き!・・・藤の花 モミジアオイ フヨウ

2018年08月07日 08時12分19秒 | 

 早朝散歩で いつもの美術館の前を通りかかると この暑さの中で何と「藤の花」が返り咲き!
通常は実を付ける時期なのですが 棚一面に結構の花を咲かせていました。  何か得したような気分!

 

 

 公園では 人目を惹く真っ赤な「モミジアオイ」が今年も大きな花を・・・

 

 

 上記花の仲間である「フヨウ」も 散歩道で良く見かけます。

 

 

 夏場は ヒマワリのような 原色系で 大きくて目立つ色の花が似合います。

 早朝歩きでも汗ばむこの時期 花を見かけると ホットしますね。

コメント

今日のワンコ 初体験にビビリまくり!・・・小春初散歩

2018年08月05日 07時37分06秒 | 日記

 柴犬小春も生後100日を過ぎ 混合ワクチン 狂犬病等の予防注射が全て終わりました。
そこで いよいよ散歩OKとなり 近くの公園で慣らしておこうと考えたのですが・・・

 まず 玄関の階段が降りられず リードで引っぱるも一歩も動きません。

 

 

 抱きかかえて 何とか家の外に出ましたが・・・

 

 次は 道路を走る車等が怖くて歩けず こうなりました。

 

 で 何とか近くの公園の駐車場まで到着!

 

 しばらく 歩かせていると 別の犬が登場し これにも参った!
早くお家に帰りたいと 全力で引っぱります。

 

 

 やっと出られて ヤレヤレ!

 

 家の敷地内では やりたい放題で手に負えないのですが・・・

 初めての外出とは言え 意外と内弁慶で臆病なのかも?

 徐々に慣れてくるとは思いますが ビビリまくりの初散歩でした。

コメント

京都伏見桃山を歩く!・・・伏見桃山城 明治天皇御陵

2018年08月03日 07時18分28秒 | ハイキング

 ハイキング仲間との月例会で 伏見桃山周辺を歩きました。
桃山御陵前駅を起点に 周辺の神社 お寺 天皇御陵 お城等を巡るコースで 住宅地の中を歩き出しました。

 

 最初に乃木将軍を祀る「乃木神社」にお参りしました。
将軍は日露戦争での武勲が知られていますが 学問を通して人道の奥義 真髄を極めた生き方が たぐい稀な人だったようです。

 

 境内には 国家に詠まれている この石も・・・

 

 この地域には天皇陵が点在し 崇高 光明 桓武天皇陵等も寄りましたが 何といっても「明治天皇御陵」の規模が凄い。
参道だけでも1km以上はありそうです。

 

 

 これまで見た天皇陵の中でも 最大であり 約250段の石段を登った高台にあり 伏見市内が一望できます。

 

 次の寄り道は「伏見桃山城」で  正門 お城共にカッコイイ建造物ではありますが・・・
実は 今は閉園してしまった元遊園地の目玉施設として 昭和39年に建築された模擬天守閣なのです。 
それでも 伏見のシンボルとして 引き継がれています。 残念ながら 耐震基準より天守閣へは登れません。

 

 

 次に訪れた「海宝寺」は 黄檗宗の寺院で 伊達政宗邸の跡と言われています。

 

 庭に残る 政宗公のお手植えと言い伝えられる古木が 中々の風格です。

 

 最後は「藤森神社」で ここは勝運の神様で 5月には馬の曲乗り神事が行われているそうです。

 

 その後 京阪墨染駅まで歩き 電車で2駅のスタート地点まで戻り 商店街の居酒屋で反省会。 そのあとカラオケを少し・・・

 

 当日は 暑い中 そこそこ歩きましたが その分ビールが格別でした。

 トータル歩数は 約20,000歩でした。

 

 

 

 

コメント