おとろ日記

サンデー毎日な日々の生活を綴っています

初夏の天王寺区ぶらり歩き!・・・吉祥寺 一心寺 天王寺公園 四天王寺等

2019年05月27日 07時12分42秒 | ハイキング

 近鉄ハイキング企画に 歩き仲間と参加し 大阪天王寺区の名所・旧跡を巡りました。
この日は 7月並みの真夏日で こまめに水分補給しながらの炎天下街中歩きでした。

 上本町駅からスタートし 大阪国際交流センターを見学後「吉祥寺」に到着。

 

 ここは討ち入りで知られる赤穂浪士ゆかりの寺で 12月には大阪義士祭が開催され 境内に四十七士の像が設置されています。

 

 

 次に立ち寄ったのは  菅原道真を祀る「安居神社」で 境内には大阪夏の陣で戦死した真田幸村の記念碑も建てられています。

 

 メイン道路から逸れて 裏道に廻るとこんな坂道も多くありました。

 

 

 続いては国道25号線沿いの「一心寺」で ここまで来ると高層ビル(300m)のアベノハルカスも近くに見えます。

 

 

 境内で見かけた微笑ましい「ドバト」の姿ですが 求愛行動でしょうか? 

 

 

 天王寺公園では 池の噴水の向こうにビルが林立しています。

 

 

 池の対岸からは「通天閣」がクッキリと・・・

 

 

 最後に訪れたのは 聖徳太子が建立した日本仏法最初の官寺である「四天王寺」でした。

 

 

 さすがに立派な 五重塔や伽藍が見られました。

 

 

 その後 鶴橋駅まで戻り 仕上げは鶴橋名物焼肉で良く冷えたビール!

 暑かっただけに 生き返りました。

 脱落者もなく無事歩けて良かった !  本日の歩数は約1万5千歩でした。

 

 

コメント

花鳥の会で出会った野花と生き物!・・・ニワゼキショウ ミヤコグサ ユウゲショウ ヒバリ等

2019年05月17日 07時11分58秒 | ハイキング

 花鳥の会でサギのコロニーを満喫した後は 平城宮跡へと向かいました。
野辺に咲く草花や風景を楽しみながらの のんびりハイキング! 

 途中 色々な野花に出会いましたが その内のいくつかを紹介しますと・・・
まずは「ニワゼキショウ」ですが 白系とピンク系の2種類が見つかりました。

 

 次は「ミヤコグサ」でしょうか? 鮮やかな黄色で花の形も面白いですね。

 

 

 同じ黄色でもこちらは「ニガナ」かな? 群生していました。

 

 続いては「ユウゲショウ」! 午後に咲くことからこの名が付いたようですが 実際は午前中から咲いていました。

 

 

 花以外では 沢山のカメが面白い格好で日向ぼっこ!   親ガメ の背中に子ガメを乗せて・・・

 

 玄関先に オシャレに花を飾られたお家も・・・

 

 

  そうこうしているうちに「平城宮跡」に到着!
久しぶりに古代庭園を復元させた「東院庭園」を ボランティアガイドさんの懇切丁寧な説明を聞きながら 見学しました。

 

 花鳥の会ですので この鳥(鳳凰)も撮っておきました。

 

 

 他には 葦原で「オオヨシキリ」がしきりに鳴いているのですが 中々良い場所にでてきてくれません。
ピンボケですが何とか撮れたものです。

 

 こちらは「ヒバリ」で ポーズをとってくれました。

 

 

 赤い葉っぱで 垣根に良く見られる「ベニカナメモチ」も花を咲かせ・・・ 滅多に花は目にしないのですが。

 

 

 今回の花鳥の会は 珍しい野鳥の生態や 見逃しがちな野花をじっくり観察でき 良い企画でした。 

 その後 いつものように西大寺の居酒屋で反省会! 本日の歩数は通常のハイキングより若干少なめの18,000歩! 

 

 

 

 

コメント

万博記念公園を散策!・・・自然文化園 国立民族学博物館 日本庭園

2019年04月23日 06時49分22秒 | ハイキング

 会社OB会ハイキングで 太陽の塔内部を見学してから 万博記念公園内を散策!
まずは「自然文化園」に向かい 満開のチューリップが咲く公園広場で思い思いに昼食休憩をとりました。

 

 ここからも 花壇越しに太陽の塔が見えています。

  

 次に訪れたのは「国立民族学博物館」で ここは文化人類学・民族学の研究活動と その成果を展示する博物館をもった研究所なのです。
館内には 世界中の諸民族の生活を知る衣食住の生活用品や標本等が 膨大な量集められ展示されています。
 地域ごとに区分けされ 見学順路としてはオセアニアを出発して東回りで世界を一周し 最後に日本にたどり着く構成となっていました。

 

 その後は「日本庭園」をのんびりと散策! 

 

 これは 池の向こう側からの眺めで 太陽の塔と観覧車が見えています。

 

 

 その後 現地解散となりましたが いつもの歩き仲間と千里中央駅周辺で軽く一杯!

 本日は大して歩いた感覚はなかったのですが 家に帰り着くと約2万歩になっていました。

 

コメント

「酒蔵みてある記」で忍者の里の大田酒造へ!・・・伊賀鉄道 上野市駅 清酒半蔵 

2019年03月26日 07時53分47秒 | ハイキング

 近鉄ハイキング「酒蔵みてある記」企画に参加し 伊賀市の大田酒造を訪問しました。
スタート地点は伊賀鉄道の上野市駅でしたが 市町村統合で上野市は現在は無くなり 伊賀市となっています。

 当地は「伊賀忍者」の里であり 駅にもあちこちに忍者が登場しPRされています。

 

 電車も 女忍者である「くノ一」が描かれたユニークなものでした。

 

 近鉄職員の方からコース地図を頂き ハイキング開始しましたが 途中立ち寄った「愛宕神社」にも社殿内に忍者の神様が祀られ
「忍者神社」の看板が揚げられていました。 

 

 遠くに 奈良・大阪の山々を眺めながら のどかな 田園の中をのんびりと歩いていくと・・・

 

 目的地である「大田酒造」に到着しました。

 

 こちらの清酒「半蔵」は 伊賀忍者の頭領であった 服部半蔵に由来しているとのことでした。
試飲コーナーでは 蔵元自慢の 純米生原酒や大吟醸酒の飲み比べをさせて頂き 抽選で酒粕もゲットしました。

 

 酒蔵で 試飲+立ち飲み等で1時間強楽しんだ後は ゴールである伊賀鉄道「猪田道駅」に向かって歩き出しました。
道端には「つくし」の群生が見られたり・・・

 

 木津川に差しかかると 増水時には水没する「沈下橋」が設けられていました。

 

 ゴール地点到着後は 電車で上野市駅まで戻り 居酒屋で懇親会!
酒蔵で既にできあがった仲間もいましたが いつものように楽しく飲んで歓談しました。 

 今回は三重県の酒蔵で 出発地までの道程は遠かったのですが 忍者の里の雰囲気を満喫しながらのハイキングとなりました。

 良い酒 良い歩き(約25,000歩)が楽しめた一日でした。

コメント

「酒蔵みてある記」で奈良豊澤酒造へ!・・・近鉄ハイキング 平城宮跡 大安寺等

2019年02月04日 07時35分26秒 | ハイキング

 近鉄の「酒蔵みてある記」企画に参加し ハイキング仲間と「奈良豊澤酒造」を見学しました。
こちらのメーカーは 近鉄電車の主要駅(近鉄奈良 大和西大寺 大阪難波)の駅ナカに直営立吞み居酒屋を出されており
いつもお世話になっているなじみの酒屋さんで 毎年のように見学しており 私としては3回目の訪問となりました。

 今回のスタート地点は いつもの天理駅とは異なり 大和西大寺駅近くの「平城宮跡資料館前」でした。
受付場所に到着すると 既に参加者の長蛇の列が・・・   好天だったこともあり2,000名以上参加されたそうです。

 

 まずは 大極殿 朱雀門を近くに見ながら平城宮跡を通り抜け・・・

 

 佐保川沿いを歩き 最初の立ち寄り場所である「大安寺」に到着しました。

 

 このお寺は 癌封じの寺として信仰を集め 6月の笹酒祭りでは竹筒に入った癌封じの笹酒が振るまわれます。

 

 境内で見つけた 燈籠に置かれただるまは この寺で売られている「おみくじ」のようですが ユニークで面白いですね。

 

 続いて すぐ近くにある「八幡神社」を通過し・・・

 

 目的地である「奈良豊澤酒造」に到着しました。

 

 酒造工場内を見学後 看板酒である「豊祝」を始め各種お酒の試飲をさせていただき・・・
お楽しみ抽選会では 仲間の一人に酒粕が当たり 他にも全員にワンカップの豊祝も配られるという大サービス!

 

 こちらで小一時間滞在し ほろ酔い気分になってから 帯解駅よりJR奈良駅に向かい・・・

 

 いつものように 駅前の居酒屋で昼飲み懇親会!   その後 カラオケ!

 本日の歩数は約23,000歩で 充実したハイキングでした。

コメント

東大阪ハイキング 神社を巡ってラグビーの聖地へ!・・・都留彌神社 吉田春日神社 花園ラグビー場等

2019年01月15日 08時01分25秒 | ハイキング

 近鉄ハイキング 東大阪散策の続きです。
布施駅から東花園駅までを 途中の神社を参拝しながら 花園ラグビー場に向かう約8kmの行程でした。

 布施戎神社を後にしてから最初に立ち寄ったのは「都留彌神社」で 大正3年までは布施戎神社の場所に有ったそうです。

 

 ここで 先にブログで紹介した魔除けのハートマークである「猪目」を発見!

 

 他の神社でも 同じような場所に猪目が見られました。 やはり神社にはよく有るようです。

 

 おまけですが 昼食で立ち寄った公園にいたドバトにも 口ばしの上にハートマークがあることに気付きました。

 

 次の神社は「子守神社跡」で 現在は小さな地蔵堂と石燈籠のみが残っています。

 

 その後「石田神社」を参拝してから・・・

 

 ラグビー神社と呼ばれている「吉田春日神社」に参拝! 本殿にはシンボルのラグビーボールが祀られていました。

 

 多くの神社を巡った後 最終目的地である「花園ラグビー場」に到着!
ここでは先日 高校ラグビーの決勝戦が行われ 地元大阪桐蔭高校が横浜の桐蔭学院高校に競り勝ち初優勝しました。

 

 スタジアムは閉鎖され中は見られませんでしたが 周囲には練習グラウンド等が多数ありラグビーの聖地に相応しい施設でした。

 

 仕上げは 東花園駅周辺の中華料理店にて懇親会!  その後奈良に戻ってもう一杯!

 二次会も含めた本日のハイキング 歩数は約24,000歩となっていました。

 

 

コメント

今年の一番福はえべっさんから!・・・布施戎神社 福娘さん

2019年01月13日 07時51分12秒 | ハイキング

 ハイキング仲間との今年初歩きは 近鉄の企画に参加して 東大阪市を散策しました。
タイトルは「布施戎からラグビーの聖地花園へトライ!!」となっており まずは布施駅からスタートしました。

 

 神社への参道である駅前商店街を通り抜けると・・・

 

 ほどなく 布施戎神社に到着!

 

 何が日本一かと境内を見渡すと 立派な鋳造のえびす像が配され これが日本で一番大きいと言われています。

 

 この日は「十日えびす」の期間中で 巫女さん装束の「福娘さん」が商売繁盛の福笹等を販売されていました。

 

 カメラを向けると 笑顔で応えてくださいました。 ありがとう!

 

 えべっさんで今年の一番福を授かってから 花園ラグビー場を目指して歩き出しました。

 途中 いくつかの神社を巡りましたが その様子は次回報告します。

 

 

コメント

榛原で大衆演劇を楽しむ!・・・やまと座 あぶらや 墨坂神社

2018年12月11日 08時01分35秒 | ハイキング

 ハイキング仲間との宿泊忘年会を終え 翌朝は遅めの朝食を取ってからチェックアウトしました。
当日の予定は 榛原駅周辺の散策と 芝居小屋での大衆演劇の観劇でした。

 まずは温泉旅館から 榛原駅の方向に歩き出しました。
正面に「大和富士」と呼ばれる標高816mの額井岳(ぬかいだけ)の美しい山容が臨めます。

 

 最初に訪れたのは 江戸時代の旧旅籠である「あぶらや」でした。
ここは伊勢本街道と伊勢街道の分岐点に位置し 当時は宿場町として栄えていたそうです。

 

 内部は一般公開されていますが 昔の旅籠の様子がそのまま保存されており 当時の食事膳等も再現されていました。

 

 次に 宇陀川沿いにある「墨坂神社」に立ち寄りました。

 

 

 美しい神社で 境内には波動水と呼ばれる御神水が湧き出しており パワースポットにもなっているそうです。 

 

 その後 榛原駅近くに移動し お好み焼き屋で昼食を摂ってから メインイベントの大衆演劇場に向かいました。
榛原駅からすぐの所にある「やまと座」は平成16年4月にオープンし 客席170席 花道もある本格的な造りの劇場です。

 

 当日の舞台は 歌謡舞踊や人情劇が約3時間に渡って上演されました。
予約していたこともあり 前から2列目の舞台に近い良い席で見ることができました。

 

 

 大衆演劇は最近人気で 今回上演された劇団も来年度の予定は全て埋まっているとのことでした。 

 劇場の広さも丁度よい加減で 舞台と客席の触れ合い 華やかさ 迫力等大満足!!!

 大衆演劇の楽しさを見直し 余韻を残しながら今回のハイキングを終えました。

 

 


  

コメント

渓谷ハイキングを楽しむ!・・・三重県 赤目四十八滝 渓流と巨石群 

2018年12月09日 08時10分59秒 | ハイキング

 ハイキングサークルの今年最後の企画は 渓谷ハイキングと忘年会でした。
三重県名張市の「赤目四十八滝」の渓谷を 多くの滝を見ながらゆっくりと歩いてから 温泉で忘年会を行うというものです。

 近鉄赤目口駅からバスで滝の入り口まで移動し 国定公園に指定されている赤目渓谷に入っていきました。 

 

 入口は「日本サンショウウオセンター」にもなっており 多くのサンショウウオが飼育展示されています。
生きた化石ともいわれており 中には推定年齢65歳以上で約1m 10数kgもある大物もいました。

 

 渓流沿いの散策道を歩きだすと すぐに滝に出くわしました。

 

 よく整備された道を進んでいくと 木の生えた珍しい岩や 百畳岩と呼ばれる巨大な岩盤も登場し中々の景観です。  

 

 多くの滝が存在する赤目四十八滝の中でも 特に見所とされている五つの滝(赤目五瀑)を紹介しますと・・・

(その1 不動滝 落差15m)

 

 

(その2 千手滝 落差15m)

 

 

(その3 布曳滝 落差30m)

 

 

(その4 荷担滝 落差8m)

 

 

(その5 琵琶滝 落差15m)

 

 約3.3kmの道程で 20個以上の滝を確認し 最後の滝を見ながら昼食をとってから 来た道を引き返しました。
行きは登りで約2時間かかりましたが 帰りは約1.5時間で入口まで戻れました。

 

 

 その後 忘年会の会場である温泉宿にチェックインしました。

 

 

 ヌルヌル湯の温泉で疲れを癒してから サークルの年度末総会を開催し 今年度の活動報告と来年度の計画を論じ合いました。
忘年会に移行してからは アンコウ鍋等の食事・宴席 カラオケ カラオケルームに移っての続き 戻っての部屋飲みと際限なく続き・・・     何時頃か? 各自飲み疲れて眠りに就きました。 

 翌日はまた楽しみの企画があったのですが その様子は次回報告します。

 

 

 

 

コメント

比叡山麓坂本を歩く(その2)!・・・日吉大社 旧竹林院 鏡紅葉

2018年12月01日 07時47分07秒 | ハイキング

 西教寺を見学後 次の目的地に向かいましたが 途中の高台から琵琶湖が見渡せます。

 

 山王さんの愛称で親しまれている「日吉大社」に到着し 山の神様が祀られる東本宮より参拝しました。
当大社は 全国3,800余の分霊社(日吉 日枝 山王神社)の総本宮であり 春に開催される山王祭は湖国三大祭に数えられています。

 

 続いて 西本宮を参拝しましたが こちらは国家鎮守の神様が祀られています。

 

 よく見ると 軒下の四隅でお猿さんが屋根を支えています。 
これは神猿(まさる)と呼ばれ「魔が去る・何よりも勝る」に因んで 魔除けの象徴とされているそうです。

 

 また 境内には約3,000本のもみじがあり 関西でも有名な紅葉の名所としても知られています。
神仏習合の合掌鳥居とも呼ばれる「山王鳥居」と紅葉のコラボが絵になります。

 

 次に訪れたのは 里坊の一つである「旧竹林園」でした。

 

 ここは 庭園と茶室と四阿(あずまや)が巧みに配置され 凛とした趣ある情景を創り出しています。

 

 庭に面した漆塗り机に映る紅葉が なんとも良い感じ!

 

 紅葉を堪能した後は 比叡山坂本駅に戻り解散しました。

 今回のハイキングは 紅葉の一番良い時期に 歴史を今に伝える史跡豊かな坂本の町並みを散策でき 良い企画でした。

 解散後有志で京都駅周辺の居酒屋でご苦労さん会!  本日の歩数は約2万歩でした。

 

コメント