きらくなたてものや

楽しむ、楽しい、いえづくり、まちづくり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

玄関の格子戸

2007年12月20日 | 鎌倉く邸
今日現場に、
建具屋の新井さん登場。

今日は、
外部建具を取り付けに来ました。

まずは、
こちらも大いに
できあがりを楽しみにしていた
玄関の格子戸。

私は、
カマクラというと、
どういうわけか、
武骨な井桁格子
という印象があって、

また建て主も
ゴツイので(笑)、

その井桁格子を
彼風に、仕立ててみました。

昔の家は、
格子で家の
職と風格を
表しましたからね。

しばらくじっと、
その格子を眺めていると、
目の錯覚で
格子の交点が沈んで見え、
玄関へと吸い込まれそうな
感じがします。

そして近くで見ると、
陰影が幻想的な印象。

重厚で奥ゆかしい、とは、
まさに彼らしい玄関といえそうです。
(誉め過ぎ?)

コメント   この記事についてブログを書く
« 玄関土間製作中 | トップ | 職人たちとボウネンカイ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鎌倉く邸」カテゴリの最新記事