君影荘日記

東京の片隅の、小さな家の日記です。

あのね

2011-10-31 08:22:13 | 
あのね
パソコンで調べものをしていると近くに寄ってきて私の足を前足でカリカリする。「なあに?」って聞いても無言。「あのね。」って今にもしゃべりたそうな表情なんだけど、何も言わない。抱き上げて一緒にパソコン見たけど、本当は何がしたかったのかなぁ。(は)の頭の中が見えるといいのだけど。(ゆ)


キッチンの工夫

2011-10-30 19:21:11 | 家事
キッチンの工夫
キッチンのたわしやブラシ、ささらを置くのに、テラコッタの鉢の受け皿や、小さな焼き物の植木鉢を使っている。どちらも吸水性があるから、使った後、そのままのせるだけ。ホームセンターで買った板切れにバーナーで焦げ目をつけて、それにまとめてのせる。雑然としないし、温かみのある雰囲気も出せる気がする。(ゆ)


箱根菊、満開

2011-10-29 06:43:09 | 
箱根菊、満開
箱根菊が満開になった。秋色に変わる庭で輝いている。


準備できてるわ!

2011-10-28 10:00:25 | 
準備できてるわ!
最近、私達が洋服を着替え始めると、自らハウスして、寂しそうな顔で見つめる。「会社行くんでしょ!準備できてるわ!」っていう感じ。休日でどちらか一人だけが出かける準備をしている時も、ハウスすることもある。健気で抱きしたくなる。でも、時々、忘れ物をしたときに戻ると、カーペットの上であれって顔をする。実は、私達が出るときだけの寂しいポーズて、意外とのびのびとやってるのかも。そうだといいな。(ゆ)


大皿

2011-10-27 08:53:17 | 
大皿
水屋箪笥の上に義母からもらった大皿を飾っている。織部焼なのか、壺屋焼なのか、今一つわかっていないのだが、深い緑色がとても気に入っている。お客様が来た時に、ドーンと出す料理のお皿としても重宝する。ローストポークにトマトやレタスなどの生野菜を添えたり、カツオの混ぜ寿司を盛ったり、たっぷり作ったパスタを入れたり。この緑色が料理を引き立ててくれるのだ。この緑を特徴とする織部焼を創ったのは、古田織部という人らしい。この緑を器にしようと思った織部さん、すごいと思う。(ゆ)